引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは

引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは

投稿日:2020/08/28

さまざまな家電を運ぶことになる引越し。家電のなかには、運搬する前に準備が必要なものがあるということをご存じでしょうか。そのひとつが冷蔵庫です。 ここでは引っ越しの時に冷蔵庫を運んでもらう場合の注意点や自分でやっておくべき準備について分かりやすく説明していきます。新居に冷蔵庫を持っていく予定の方や自力引越しで冷蔵庫だけ運送会社に運んでもらう予定の方は参考にしてくてみださいね。

INDEX


  1. 冷蔵庫を新居に運ぶときに必要な2つの準備

    1. 冷蔵庫の中身の整理
    2. 前日までに電源を抜いて霜取りと水抜きを!


  2. 新居で冷蔵庫を設置してからの注意点

    1. 新居についたら1時間程度待ってから電源を入れよう
    2. 食材を入れるのは冷蔵庫内がしっかり冷えてから!


  3. 冷蔵庫を自力で運ぶことはできる?

    1. 冷蔵庫を横にすると故障の原因にも
    2. 冷蔵庫を横にして運ぶときの注意点
    3. 自力引越しなら、冷蔵庫だけ運搬してもらう方法も


  4. 冷蔵庫を廃棄するときの注意点

    1. 引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする?まとめ


冷蔵庫を新居に運ぶときに必要な2つの準備

引っ越し当日までに必要な準備は大きく分けて以下の2つがあります。

  • ・冷蔵庫の中身の整理
  • ・霜取りと水抜き

冷蔵庫の中身の整理

まずは冷蔵庫の中身を整理、処分していきます。中身が入った状態のままでは引越し業者は冷蔵庫を運搬してくれません。常温で保存できる調味料や加工された食品はダンボールなどに詰めて運んでもらうことができますが、生鮮食料品は運んでもらえないので注意してくださいね。

ポイントは引越し当日までに冷蔵庫の中身が空になるように食材などを計画的に消費または処分していくこと。特に冷凍食品や自分で冷凍した食材は早めに消費するようにしましょう。新しい食材の購入は引越しの1週間くらい前から控えるのがベストです。

冷蔵庫のなかには賞味期限が切れた食材や調味料などが入れたままになっていることもあるので、引越しの機会にそれらを一掃してしまいましょう。引越し前、最後に生ごみを出せる日がいつなのか必ず確認して、確実にいらないものを捨てられるようにすることも大切です。

前日までに電源を抜いて霜取りと水抜きを!

冷蔵庫の電源が入った状態では冷却器が常に稼働しているため、冷蔵庫内部に霜がついています。この霜が完全に溶けていないと運搬中に水漏れが起きてしまう恐れがあるため、引っ越し前日までに電源を抜き霜を溶かす「霜取り」と溶けた水を抜く「水抜き」という作業が必要になります。

季節にもよりますが、霜が完全に溶けるには半日程度の時間が必要です。前日の昼くらいには霜取りをはじめましょう。まずは溶けた水で床を汚さないよう、冷蔵庫の周りに古いバスタオルなどを敷いておきます。電源を抜いたら冷蔵庫のドアを開けておきましょう。

しばらくたつと内部の霜が溶けて「蒸発皿」に水が溜まります。この水を捨てれば水抜き完了です。蒸発皿の位置は冷蔵庫の下や背面など機種によって異なり、蒸発皿を外せない機種もあるため引越しの1週間くらい前には蒸発皿の位置を確認しておくとよいでしょう。

 

なお、最近の冷蔵庫は自動で下鳥ができる霜取り機能が付いているものもあります。使用している冷蔵庫の機種を確認のうえ、霜取りの方法も確かめておきましょう。

新居で冷蔵庫を設置してからの注意点

新居に到着後、冷蔵庫を設置したら食材をすぐに入れようと考えていませんか?冷蔵庫を運び終わったら以下、2つの点にも注意するようにしましょう。

新居についたら1時間程度待ってから電源を入れよう

冷蔵庫の内部には冷却に必要なオイルが内蔵されています。運搬中に冷蔵庫を斜めにすることでオイルが移動してしまうことがあるため、オイルが元の位置に戻るまで待ってから電源を入れるようにします。新居に到着し冷蔵庫を設置したあと、1時間程度待ってから電源を入れると安心です。

食材を入れるのは冷蔵庫内がしっかり冷えてから!

冷蔵庫の中が冷えるまでには3~4時間程度の時間がかかります。庫内が十分に冷える前に食材を入れると傷んでしまう恐れがあるため、庫内がしっかり冷えてから中身を入れるようにしましょう。

冷蔵庫を自力で運ぶことはできる?

中身を出して霜取りと水抜きを確実に行えば冷蔵庫を自力で運ぶことも可能です。その際はドアや引き出しが運搬中に開かないように、養生テープなどで固定して毛布のような厚手の生地で養生しておきましょう。

冷蔵庫を横にすると故障の原因にも

冷蔵庫自力で運ぶときは、冷蔵庫を横にしないようにするのがポイント。冷蔵庫を横にすると内蔵されているオイルが冷却システムに入り込み、故障の原因になるからです。 階段を降りるときやトラックから降ろすときなど一時的に斜めにする程度は問題ありませんが、完全に横に倒して積み込むことはおすすめできません。

冷蔵庫を横にして運ぶときの注意点

冷蔵庫を横にしないとトラックや車に積み込むことができない場合は、毛布など厚手の生地で冷蔵庫を養生した上で、背面ではなく側面が下になるように積み込みます。新居に到着したら半日程度電源を入れずに放置し、オイルが内蔵されていた位置に戻るのを待つ必要があります。

ただし、この方法でも絶対に冷蔵庫が故障しないとは言い切れません。引っ越し作業の前にメーカーに問い合わせて横にして運搬するときの注意点を確かめておくことをおすすめします。自力で運ぶ際に内部のオイルが流れ出て故障する……ということもありますので、運搬作業に慣れた引っ越し業者に依頼するのが無難でしょう。

自力引越しなら、冷蔵庫だけ運搬してもらう方法も

運送会社に依頼すれば冷蔵庫だけを運んでもらうことも可能です。自力で引っ越しを考えているけれど大型家電だけを運んでもらいたいという方は家電や家具だけを運んでもらうプランを利用するといいでしょう。

 

冷蔵庫を廃棄するときの注意点

引越しのタイミングで、これまで使用していた冷蔵庫を廃棄したいという場合、早めの準備が必要になります。冷蔵庫はクーラーやテレビ、洗濯機などと同様「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」に基づいて廃棄する必要があるからです。

冷蔵庫を新調する場合、新しい冷蔵庫を購入した家電店に古い冷蔵庫の引き取りを依頼することができます。 廃棄のみしたい場合は冷蔵庫を購入した店舗に問い合わせてどのようにすればいいか確認しましょう。

郵便局振込方式で料金を支払い、指定引取場所に直接持ち込むという方法もあります。指定場所や料金の支払い方法については、自治体のHPなどで確認することができます。支払う料金はリサイクル料金(冷蔵庫の場合、4,000~6,000円程度)のほか、小売業者が設定する収集・運搬料金の合計額です。

 

 

 

 

引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする?まとめ

冷蔵庫は家電のなかでも新居に到着後すぐに使えないと困るもののひとつです。運搬の方法によっては故障してしまう恐れもあるため、事前にしっかりと準備し、慎重に運ぶようにすしましょう。引越し業者や運送業者は冷蔵庫の運搬にも慣れているので、不安な方はプロにお任せすることをお勧めします。

LIFULL引越し

【LIFULL引越し編集部】この記事の作成・編集を担当。引越し業者の一括見積もりサービスを提供しているLIFULL引越し公式編集部です。引越しに役立つ情報をご紹介しています。


引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/08/28

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは
ここでは連帯保証人と賃貸保証会社とはどのような会社なのか詳しく説明していきます。
梅雨が来る前にしておきたい!引っ越し先の結露対策
ここでは本格的な梅雨が来る前にしておきたい、結露対策について詳しく紹介していきます。
引っ越し後、すぐにやっておきたいこと&用意しておきたいアイテムとは
ここでは家具や家電を設置してから「あれをやっておけばよかった」と後悔しないように、引っ越し後すぐにしておくべき最低限の作業と掃除に必要なアイテムをまとめました。
引っ越しの賃貸物件選び。妥協してもいい&ダメなポイントとは
ここでは引っ越し先の賃貸物件選びをする際、妥協してもいい条件と妥協するべきでない条件について詳しく説明していきます。
コロナ禍の家トレ。引っ越し先にホームジムを作るときの注意点とは
ここではトレーニング初心者の方が自宅にホームジムを設置するときや家トレに適した引っ越し先の選び方について詳しく説明していきます。引っ越し先で本格的な家トレをしたい!という方は是非、チェックしてみてくださいね。
引越しで考えたい・在宅ワークやオンラインレッスンでも快適なネット環境とは
ここでは引っ越し先を探すときに確認したい新居で導入されている回線の調べ方やいま使っている回線がそのまま使えるかどうかの確認方法、新しいインターネット回線を契約するときのポイントなどについて詳しく説明していきます。
UR賃貸住宅や公社の賃貸への引っ越し・メリットとデメリット、審査の違いは?
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
新型コロナワクチン、3回目接種の前後に引越しをするときの注意点
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?
引越しの際、カードローンなどを利用して引っ越し費用を支払う場合のメリットとデメリットをまとめました。
話題の子育て世帯への臨時特別給付金引越してももらえる?
ここでは、この子育て世帯への臨時特別給付金はどんな世帯がもらえるのか、また、令和2年度中に引越しをしてももらうことができるのかなどについて詳しく説明していきます。
引越し難民、2022年繁忙期はどうなる?
2月下旬から4月にかけては引越しの繁忙期となりますが、来年の引越し情報を詳しく紹介します。
【最新】コロナ禍における引越しのあいさつと粗品選び
ここでは新規感染者が減っている今だから注意したい引越し時の近所へのあいさつの仕方と最適な粗品選びについて詳しく紹介していきます。
2021年~2022年、年末年始の引越しで安くなる日はいつ?
ここでは2021年から2022年にかけての年末年始期間でいつ引越し料金が安くなるか詳しく解説していきます。
青色申告をする個人事業主が引越しの際注意すること
ここでは確定申告をする方が引っ越しで住所が変わったときに必要な手続きや必要な書類について詳しく説明していきます。
引越しした年の年末調整。注意することは?
ここでは引っ越しした年の年末調整で注意する点について詳しく紹介していきます。
引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
12月の引越しは安い?年末に引っ越しをする際の注意点とは
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しする際に必要な病院関連の手続きとは
ここでは、治療中の病気があるときやかかりつけの医療機関が変わるときなど、引越し前に必要な手続きやあらかじめ調べておくべきことを詳しく紹介していきます。
11月の引越しは高い?安い?
ここでは11月の引越し料金の相場や10月に引っ越すならいつが安いかなどについて詳しく説明していきます。
10月の引越しは高い?安い日はいつ?
ここでは10月の引越しにおける安くなるタイミングと高くなるタイミングについて詳しく紹介していきます。
9月の引越しは高くなる?
ここでは、9月の引越し料金がどのくらいになるか、その相場や安い時期と高い時期について詳しく紹介していきます。
2021年の引越しするのに良い日
ここでは2021年、引越しをするのに縁起がいい日についてまとめました。
引越し先でワクチンの接種は受けられる?
ここではワクチン接種の前後に引越しをした場合、どうなるのかについて詳しく説明していきます。
自然災害に備えた引っ越し先の選び方
ここでは検討している引っ越し先の災害危険度の調べ方や引越し先が決まったらしておきたい災害対策について説明していきます。
8月の引越しは安い?高い?猛暑の引越し作業で注意すること
ここでは引越しの訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
2021年7月の引越し。引越し料金が安い時期はいつ?
ここでは7月の引越し料金の相場と7月に引越しするメリット、引っ越しする時の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの際、ダンボールに入れてはいけない&入れないほうがいいものとは
ここでは引越し作業の際、ダンボールに入れてはいけないものや、ダンボールに入れなくていいものについて詳しく説明していきます。
首都圏での引越し、オリンピックの前と後、どちらがいい?
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
契約前に必ずチェック!引っ越し先の賃貸物件で後悔したこと
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
2021年、コロナ禍の家探し。賃貸物件の家賃は下がる?
コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか!?

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。