引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?

引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?

投稿日:2022/02/08

 

引っ越しをするときは、引越し業者に支払う代金のほか、新しい家具や家電の購入費用、不動産会社に支払う初期費用などなにかと出費がかさむもの。特に不動産会社に支払う手数料や敷金、礼金などのいわゆる初期費用が思っていたよりも高くなる例が少なくありません。

引越しに備えて計画的に貯金をしていれば問題はありませんが、まとまったお金が足りない場合、カードローンなどを利用して引っ越し費用を支払うことはできるのでしょうか。

INDEX


  1. 引っ越しの初期費用の明細と相場

  2. 引っ越し費用にカードローンは使える?

    1. 引っ越し費用にカードローンを使うメリット
    2. 引っ越し費用にカードローンを使うデメリット
    3. 引っ越し費用にカードローンを使うときの注意点


  3. 引っ越しの費用をフリーローンで支払うことも可能

    1. 引っ越しの初期費用を抑える方法


  4. 引っ越し費用にローンを使用する前に考えたいこと

  1. 引っ越し費用にフリーローンを使うメリット
  2. 引っ越し費用にフリーローンを使うデメリット


引っ越しの初期費用の明細と相場

まず引っ越しの初期費用がどのくらいかかるのかをおさらいしておきましょう。引越しの初期費用総額の目安は『家賃の4~6か月分程度』。家賃が6万円の物件であれば、24万円から36万円程度が相場ということになります。内訳は以下の通りです。

 

敷金

賃貸契約が終了して部屋を退去する際、原状回復費用として使用されます。目安は家賃の1か月分で実際にかかった原状回復費用より多い場合は返金されます。

礼金

賃貸物件を所有している大家さんへお礼の意味で支払われる費用です。こちらも家賃の一か月分が目安となりますが、最近では礼金なしの物件が増えています。引越しの初期費用を少しでも抑えたいなら、礼金なしの物件を探してみてはいかがでしょうか。

仲介手数料

不動産会社に支払う手数料です。契約手続きや物件探しのサポート、内覧の案内などにかかる費用と考えればいいでしょう。金額は不動産会社によって異なりますが、家賃の半分から1ヶ月分が目安となります。

注意したいのが仲介手数料には消費税がかかるということ。家賃6万円の物件であれば不動産手数料は33,000~66,000円になるということです。仲介手数料が無料という物件もあるので、チェックしてみましょう。

前家賃

契約後に翌月分の家賃を前払いします。月の途中で入居する場合には家賃を日割り計算し、前家賃と合わせて支払います。例えば家賃6万円の物件に前月の20日から入居する場合、60,000÷31×11=21,285円(日割り家賃)と翌月の家賃で81,285円が目安です。

火災保険料

火災や水漏れ、その他のトラブルで生じた損害に対して支払われる保険に加入します。不動産会社が指定した損害保険会社の保険に加入するのが一般的で、一人暮らしの物件であれば1.5万円程度が相場です。

保証料

連帯保証人を付けられない場合に使用する保証会社に支払う費用です。家賃の3割~1か月分程度が相場となります。

引っ越し会社に支払う費用

一人暮らしの場合、3~5万円程度が目安となりますが、3~4月の繁忙期に引っ越しをする場合、費用が倍になることもあります。早めに見積もりを依頼して少しでも安い引越し業者を押さえておきましょう。

新しい家具や家電の購入費用

洗濯機や冷蔵庫なども大きな家電はすでに使用しているものを運んでもらうより、新居で新しいものを買った方が安いことも多いです。どちらが得になるか十分に検討して決めましょう。

引っ越し費用にカードローンは使える?

消費者金融会社や銀行のカードローンは利用目的が自由なので、引っ越し費用の支払いに使用することができます。引っ越し費用にカードローンを使うメリットとデメリットを紹介しましょう。

引っ越し費用にカードローンを使うメリット

・最短で即日融資が可能
・30日間は利息が発生しない業者もある
・限度額内であれば、追加の借り入れもOK
・契約がWEBで完結するところも

引っ越し費用にカードローンを使うデメリット

・フリーローンに比べると金利が高い

カードローンを使う最大のメリットは、すぐに融資が受けられるという点でしょう。「明日までに初期費用を用意しなくてはならない」というときには役に立つはずです。

また「次の給料が入れば、すぐに返済できる」という人は30日間無利息という消費者金融を利用すれば、銀行のフリーローンよりも安く融資を受けられます。短期間で返済できる人にはおすすめです。

引っ越し費用にカードローンを使うときの注意点

カードローンはフリーローンに比べると金利が高いため、必要以上の金額を借りないようにすることが大切です。また、限度額内であれば追加の借り入れができるため、家電や家具が足りなくなった」など、都度利用していると気がついたときには借入額が大きくなっていた……ということも考えられます。

引っ越しの費用をフリーローンで支払うことも可能

銀行などの金融機関が取り扱う個人向けのローンが『フリーローン』です。住宅購入やマイカーの購入にローンを組むと同様、融資を受ける際に「引っ越しに使用する」という目的を申告します。使用目的は自由なので、引っ越し費用に使うことももちろん可能です。

引っ越し費用にフリーローンを使うメリット

・カードローンに比べて金利が安い
・追加融資不可なので返済計画が立てやすい

引っ越し費用にフリーローンを使うデメリット

・審査に一週間程度時間がかかる
・追加融資は受けられない

フリーローンはカードローンに比べると金利が安くなっています。追加融資は受けられないので、借り過ぎを防ぐことができ、返済計画が立てやすいのがメリットです。ただし、フリーローンは融資を受けるまでに一週間程度の審査期間が必要です。急いで引越し費用を用意しなければならないという場合は不向きでしょう。

引っ越し費用にローンを使用する前に考えたいこと

引っ越し費用が足りないとき、安易にローンを使用することはおすすめできません。まずは引っ越しの初期費用を抑えることができないか検討してみましょう。

引っ越しの初期費用を抑える方法

・引っ越し時期をずらして引っ越し費用を安くする
・不要な荷物を減らして引っ越し費用を安くする
・引っ越し業者を使わずに引っ越しする
・敷金、礼金、仲介手数料がかからないor安い物件を選ぶ
・初期費用の分割払いに対応している不動産会社を探す
・家賃が安い物件を探す
・引越し時期をずらして貯金を増やす
・自治体で引っ越し費用や家賃の助成が受けられないか調べてみる

これらのポイントを抑えて引っ越しの時期や借りる物件、不動産会社を選べば引っ越しの初期費用を抑えることができます。そのうえで『足りない金額のみをローンで補填する』ことを前提にローンの使用を考えてみましょう。消費者金融のサイトでは返済シミュレーションができるところもあるので、是非利用してみてください。

LIFULL引越し

【LIFULL引越し編集部】この記事の作成・編集を担当。引越し業者の一括見積もりサービスを提供しているLIFULL引越し公式編集部です。引越しに役立つ情報をご紹介しています。


引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2022/02/08

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは
ここでは連帯保証人と賃貸保証会社とはどのような会社なのか詳しく説明していきます。
梅雨が来る前にしておきたい!引っ越し先の結露対策
ここでは本格的な梅雨が来る前にしておきたい、結露対策について詳しく紹介していきます。
引っ越し後、すぐにやっておきたいこと&用意しておきたいアイテムとは
ここでは家具や家電を設置してから「あれをやっておけばよかった」と後悔しないように、引っ越し後すぐにしておくべき最低限の作業と掃除に必要なアイテムをまとめました。
引っ越しの賃貸物件選び。妥協してもいい&ダメなポイントとは
ここでは引っ越し先の賃貸物件選びをする際、妥協してもいい条件と妥協するべきでない条件について詳しく説明していきます。
コロナ禍の家トレ。引っ越し先にホームジムを作るときの注意点とは
ここではトレーニング初心者の方が自宅にホームジムを設置するときや家トレに適した引っ越し先の選び方について詳しく説明していきます。引っ越し先で本格的な家トレをしたい!という方は是非、チェックしてみてくださいね。
引越しで考えたい・在宅ワークやオンラインレッスンでも快適なネット環境とは
ここでは引っ越し先を探すときに確認したい新居で導入されている回線の調べ方やいま使っている回線がそのまま使えるかどうかの確認方法、新しいインターネット回線を契約するときのポイントなどについて詳しく説明していきます。
UR賃貸住宅や公社の賃貸への引っ越し・メリットとデメリット、審査の違いは?
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
新型コロナワクチン、3回目接種の前後に引越しをするときの注意点
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?
引越しの際、カードローンなどを利用して引っ越し費用を支払う場合のメリットとデメリットをまとめました。
話題の子育て世帯への臨時特別給付金引越してももらえる?
ここでは、この子育て世帯への臨時特別給付金はどんな世帯がもらえるのか、また、令和2年度中に引越しをしてももらうことができるのかなどについて詳しく説明していきます。
引越し難民、2022年繁忙期はどうなる?
2月下旬から4月にかけては引越しの繁忙期となりますが、来年の引越し情報を詳しく紹介します。
【最新】コロナ禍における引越しのあいさつと粗品選び
ここでは新規感染者が減っている今だから注意したい引越し時の近所へのあいさつの仕方と最適な粗品選びについて詳しく紹介していきます。
2021年~2022年、年末年始の引越しで安くなる日はいつ?
ここでは2021年から2022年にかけての年末年始期間でいつ引越し料金が安くなるか詳しく解説していきます。
青色申告をする個人事業主が引越しの際注意すること
ここでは確定申告をする方が引っ越しで住所が変わったときに必要な手続きや必要な書類について詳しく説明していきます。
引越しした年の年末調整。注意することは?
ここでは引っ越しした年の年末調整で注意する点について詳しく紹介していきます。
引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
12月の引越しは安い?年末に引っ越しをする際の注意点とは
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しする際に必要な病院関連の手続きとは
ここでは、治療中の病気があるときやかかりつけの医療機関が変わるときなど、引越し前に必要な手続きやあらかじめ調べておくべきことを詳しく紹介していきます。
11月の引越しは高い?安い?
ここでは11月の引越し料金の相場や10月に引っ越すならいつが安いかなどについて詳しく説明していきます。
10月の引越しは高い?安い日はいつ?
ここでは10月の引越しにおける安くなるタイミングと高くなるタイミングについて詳しく紹介していきます。
9月の引越しは高くなる?
ここでは、9月の引越し料金がどのくらいになるか、その相場や安い時期と高い時期について詳しく紹介していきます。
2021年の引越しするのに良い日
ここでは2021年、引越しをするのに縁起がいい日についてまとめました。
引越し先でワクチンの接種は受けられる?
ここではワクチン接種の前後に引越しをした場合、どうなるのかについて詳しく説明していきます。
自然災害に備えた引っ越し先の選び方
ここでは検討している引っ越し先の災害危険度の調べ方や引越し先が決まったらしておきたい災害対策について説明していきます。
8月の引越しは安い?高い?猛暑の引越し作業で注意すること
ここでは引越しの訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
2021年7月の引越し。引越し料金が安い時期はいつ?
ここでは7月の引越し料金の相場と7月に引越しするメリット、引っ越しする時の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの際、ダンボールに入れてはいけない&入れないほうがいいものとは
ここでは引越し作業の際、ダンボールに入れてはいけないものや、ダンボールに入れなくていいものについて詳しく説明していきます。
首都圏での引越し、オリンピックの前と後、どちらがいい?
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
契約前に必ずチェック!引っ越し先の賃貸物件で後悔したこと
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
2021年、コロナ禍の家探し。賃貸物件の家賃は下がる?
コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか!?

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。