引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは

引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは

投稿日:2022/06/14

引越しで賃貸物件の契約をする際、連帯保証人の設定を求められることがあります。連帯保証人は民法上で借主と同等の責任を負うことになっていて、滞納された家賃などを肩代わりしなければならなりません。少子高齢化が進む近年、連帯保証人を頼める人がいないというケースも多く最近では賃貸保証会社を利用することで契約できる物件が多くなっています。では賃貸保証会社とはどのような会社なのでしょうか。

INDEX


  1. そもそも連帯保証人とは?保証人との違いは
  2. 賃貸保証会社とは
    1. 賃貸保証会社を利用するといくらかかる?
    2. 賃貸保証会社の利用には審査がある

  3. 賃貸保証会社を利用するメリットとデメリット
    1. 賃貸保証会社を利用するメリット
    2. 賃貸保証会社を利用するデメリット

  4. 賃貸保証会社は自分で選べる?

そもそも連帯保証人とは?保証人との違いは

『連帯保証人』というのは借主の債務を連帯して保証する人のことを指します。賃貸物件においては借主が家賃や修理費用などを支払わなかった場合、連帯保証人が代わりに支払う必要があります。また、設備を破損したときの修理費用や退去時の原状回復費用を借主が支払わなかったときも、その支払いを肩代わりしなければなりません。単なる慣習ではなく法的な効力を持つ制度であることも理解しておきましょう。

連帯保証人と『保証人』との違いは3つあります。まず、保証人の場合、家主が支払いを求めてきたとき「まずは借主に請求してください」と主張することができますが、連帯保証人はできないことになっています。

また、借主に支払能力があるときや財産があるとき、保証人は裁判所にその差し押さえなどを請求することができますが、連帯保証人はできません。「家賃は支払わないけれど、車を持っている、仕事はしている」というときも連帯保証人には支払い義務があるのです。

さらに保証人が複数いる場合、支払うべき額をその人数で割って支払うのが一般的ですが、連帯保証人はすべての金額を支払う必要があります。

このように連帯保証人は保証人よりも重い責任を負っています。賃貸物件の契約で起こりうる最大のリスクは家賃を回収できないこと。これは家主にとって大きなリスクですから、賃貸契約では連帯保証人の設定を求められるのです。

賃貸保証会社とは

賃貸保証会社とは、借主がなんらかの事情によって家賃を滞納したときに家賃を保証する会社です。 家賃が支払われない場合、連帯保証人の代わりとなって賃貸保証会社が家賃を立て替えて支払ってくれる、督促を自ら行う必要がないなど、大家さんとしては大きな安心につながるといえます。

保証の対象は賃貸保証会社のプランによって異なりますが、家賃のほか管理費や共益費、駐車場代、違約金や損害費用、さらには滞納が裁判になったときの裁判費用などが含まれていることもあります。

連帯保証人を設定するか、賃貸保証会社を利用するかは大家さんや不動産管理会社が決定します。 連帯保証人は責任が重く親族でない限り引き受けてくれる人が少ない、そもそも頼める家族がいないという人が多い最近では、賃貸保証会社を利用する大家さんや動産管理会社が増えているのです。

賃貸保証会社を利用するといくらかかる?

賃貸保証会社を利用する場合、家賃の金額に応じた保証料を借主が支払う必要があります。 まず、契約時に家賃の0.5~1か月分を支払い、その後は年間で約1~2万円の保証料を支払うというのが一般的です。ただし、入居後の保証料支払いについては年間であったり、月々の家賃に上乗せされる形だったりと、利用する賃貸保証会社によって異なります。

例えば、 家賃9.5万円のある物件の場合、初回保証料は賃料等の0.5ヶ月で47,500円、継続保証料として年間12,000円。家賃5.5万円の物件では、初回保証料が賃料1か月分で55,000円、その後は毎月1,200円の支払いという具合です。

賃貸保証会社の利用には審査がある

賃貸保証会社を利用する際には、支払い能力があるかどうかの審査が行われます。審査は主に書類で行われます。一般的な必要書類は以下の通りです。

・身分証明書のコピー(運転免許証や保険証など)
・収入証明書類(源泉徴収表や納税証明書など)
・勤務先の在籍証明書

その他、業種や職種、雇用形態や勤続年数、年齢や家族構成、収入と家賃のバランス、車のローンなどの借入があるかどうか、過去に支払いを滞納したことがないかなども確認されます。本人確認として電話がかかってくるので、出られるようにしておきましょう。審査には1週間程度かかることがほとんどです。

賃貸保証会社を利用するメリットとデメリット

連帯保証人を頼むことができない人にとってメリットが大きいように感じる賃貸保証会社ですが、利用するデメリットはないのでしょうか。改めて賃貸保証会社を利用するメリットとデメリットをあげてみます。

賃貸保証会社を利用するメリット

・連帯保証人を探す必要がない
・敷金が安くなる可能性がある

借りる側にとって大きなメリットとなるのが、連帯保証人を探す必要がないということ。高齢で連帯保証人を頼める家族がいない人や非正規雇用などの収入が不安定な人でも賃貸物件の契約がしやすくなっています。

ただし、物件によっては連帯保証人が設定できても、賃貸保証会社の利用を求められることがあります。この場合、礼金や敷金を安くしてもらえないか交渉する余地があるといえるでしょう。

また、修理費用などを支払わない場合も賃貸保証会社が立て替え払いをしてくれるので、家を貸す側も余分に敷金を預かる必要がありません。その分、敷金が安くすむ物件もあるでしょう。

賃貸保証会社を利用するデメリット

・保証料や更新料がかかる
・家賃を滞納したときにトラブルが起こることも

デメリットのひとつはやはり保証料がかかるということ。入居後は月額、多くても数千円ですが毎月の固定費が高くなることに。物件によっては入居時に家賃1か月分を保証料として支払わなくてはならないものもあり、その分初期費用が高くなります。また、賃貸契約の更新時には更新料も必要です。

賃貸保証会社を利用する場合、原則として1ヵ月でも家賃を滞納したらすぐに督促が行われます。すぐに内容証明が送られてきて、信用情報に傷がつくという恐れも。例え1カ月でも滞納したという情報が残ってしまうため、将来的にローンを組んだり、新たに賃貸契約をすることが難しくなったりする可能性もあります。

支払わなかった家賃は賃貸保証会社が肩代わりしてくれるというわけではなく、その後も督促は行われるので注意しましょう。

もし「今月は家賃の支払いが難しい」となったら、すぐに大家さんや不動産管理会社に連絡し、相談するようにしましょう。「保証会社が立て替え払いしてくれるから」とそのままにしておくと、家賃の滞納が記録として残り、信用情報に傷がついてしまいます。

賃貸保証会社は自分で選べる?

賃貸保証会社の利用料や評判を調べて、自分で選ぶことはできるのでしょうか。一般的に どの賃貸保証会社を利用するかは大家さんや不動産管理会社が決定するため、自分で指定するということはできません。

もし自分で利用したい賃貸保証会社がある場合、 事前に利用が可能かどうか大家さんや不動産管理会社に相談してみるようにしましょう。

まとめ

連帯保証人をお願いするのは家族であっても気が重いもの。賃貸保証会社は 連帯保証人を頼むことができない人にとって心強い制度ですが、支払いの負担は生じます。状況によってはトラブルに発展することもあるため、引っ越しで賃貸物件を借りるときは無理なく支払いできる家賃の物件を選ぶことが大切です。

また、URのように家賃は若干高めであるものの、連帯保証人の設定や賃貸保証会社の利用を求められない物件を選ぶという方法もあるので賃貸保証会社の利用を避けたいという人は検討してみてくださいね。

LIFULL引越し

【LIFULL引越し編集部】この記事の作成・編集を担当。引越し業者の一括見積もりサービスを提供しているLIFULL引越し公式編集部です。引越しに役立つ情報をご紹介しています。


引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2022/06/14

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは
ここでは連帯保証人と賃貸保証会社とはどのような会社なのか詳しく説明していきます。
梅雨が来る前にしておきたい!引っ越し先の結露対策
ここでは本格的な梅雨が来る前にしておきたい、結露対策について詳しく紹介していきます。
引っ越し後、すぐにやっておきたいこと&用意しておきたいアイテムとは
ここでは家具や家電を設置してから「あれをやっておけばよかった」と後悔しないように、引っ越し後すぐにしておくべき最低限の作業と掃除に必要なアイテムをまとめました。
引っ越しの賃貸物件選び。妥協してもいい&ダメなポイントとは
ここでは引っ越し先の賃貸物件選びをする際、妥協してもいい条件と妥協するべきでない条件について詳しく説明していきます。
コロナ禍の家トレ。引っ越し先にホームジムを作るときの注意点とは
ここではトレーニング初心者の方が自宅にホームジムを設置するときや家トレに適した引っ越し先の選び方について詳しく説明していきます。引っ越し先で本格的な家トレをしたい!という方は是非、チェックしてみてくださいね。
引越しで考えたい・在宅ワークやオンラインレッスンでも快適なネット環境とは
ここでは引っ越し先を探すときに確認したい新居で導入されている回線の調べ方やいま使っている回線がそのまま使えるかどうかの確認方法、新しいインターネット回線を契約するときのポイントなどについて詳しく説明していきます。
UR賃貸住宅や公社の賃貸への引っ越し・メリットとデメリット、審査の違いは?
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
新型コロナワクチン、3回目接種の前後に引越しをするときの注意点
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?
引越しの際、カードローンなどを利用して引っ越し費用を支払う場合のメリットとデメリットをまとめました。
話題の子育て世帯への臨時特別給付金引越してももらえる?
ここでは、この子育て世帯への臨時特別給付金はどんな世帯がもらえるのか、また、令和2年度中に引越しをしてももらうことができるのかなどについて詳しく説明していきます。
引越し難民、2022年繁忙期はどうなる?
2月下旬から4月にかけては引越しの繁忙期となりますが、来年の引越し情報を詳しく紹介します。
【最新】コロナ禍における引越しのあいさつと粗品選び
ここでは新規感染者が減っている今だから注意したい引越し時の近所へのあいさつの仕方と最適な粗品選びについて詳しく紹介していきます。
2021年~2022年、年末年始の引越しで安くなる日はいつ?
ここでは2021年から2022年にかけての年末年始期間でいつ引越し料金が安くなるか詳しく解説していきます。
青色申告をする個人事業主が引越しの際注意すること
ここでは確定申告をする方が引っ越しで住所が変わったときに必要な手続きや必要な書類について詳しく説明していきます。
引越しした年の年末調整。注意することは?
ここでは引っ越しした年の年末調整で注意する点について詳しく紹介していきます。
引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
12月の引越しは安い?年末に引っ越しをする際の注意点とは
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しする際に必要な病院関連の手続きとは
ここでは、治療中の病気があるときやかかりつけの医療機関が変わるときなど、引越し前に必要な手続きやあらかじめ調べておくべきことを詳しく紹介していきます。
11月の引越しは高い?安い?
ここでは11月の引越し料金の相場や10月に引っ越すならいつが安いかなどについて詳しく説明していきます。
10月の引越しは高い?安い日はいつ?
ここでは10月の引越しにおける安くなるタイミングと高くなるタイミングについて詳しく紹介していきます。
9月の引越しは高くなる?
ここでは、9月の引越し料金がどのくらいになるか、その相場や安い時期と高い時期について詳しく紹介していきます。
2021年の引越しするのに良い日
ここでは2021年、引越しをするのに縁起がいい日についてまとめました。
引越し先でワクチンの接種は受けられる?
ここではワクチン接種の前後に引越しをした場合、どうなるのかについて詳しく説明していきます。
自然災害に備えた引っ越し先の選び方
ここでは検討している引っ越し先の災害危険度の調べ方や引越し先が決まったらしておきたい災害対策について説明していきます。
8月の引越しは安い?高い?猛暑の引越し作業で注意すること
ここでは引越しの訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
2021年7月の引越し。引越し料金が安い時期はいつ?
ここでは7月の引越し料金の相場と7月に引越しするメリット、引っ越しする時の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの際、ダンボールに入れてはいけない&入れないほうがいいものとは
ここでは引越し作業の際、ダンボールに入れてはいけないものや、ダンボールに入れなくていいものについて詳しく説明していきます。
首都圏での引越し、オリンピックの前と後、どちらがいい?
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
契約前に必ずチェック!引っ越し先の賃貸物件で後悔したこと
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
2021年、コロナ禍の家探し。賃貸物件の家賃は下がる?
コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか!?

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。