> > 引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?

引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/03/29

 

引っ越しの際、家具と並んで大きな荷物となるのが布団です。濡らしたり、汚したりしないよう上手に梱包し、運ぶにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。

INDEX


  1. 引っ越し時の布団の梱包&運び方

    1. 引越し業者が提供してくれる布団袋も
    2. 布団を運ぶときの注意点


  2. 引越し時のベッドの運び方

    1. ベッドの分解、組み立ては引越し業者にまかせよう
    2. 分解、再組み立てができないベッドがある?


  3. 引越しの際に布団やベッドを処分する場合

    1. 新しく布団を購入する店で引き取ってもらう
    2. 布団やベッドを一番、安く処分する方法
    3. ハート引越センターの不用品の無料引き取りサービス


引っ越し時の布団の梱包&運び方

単身引越しなどで、布団の数が少ない場合、ヒモなどで結んで運ぼうと考えている方もいるかもしれません。でも、ヒモで結んだだけで布団がむき出しになっている場合、運送中のトラックの中で汚れたり、天気が悪いときに濡れてしまったりすることが考えられます。

新居で快適な眠りにつくためにも、布団を運ぶときは専用の布団袋を用意して梱包するようにしましょう。

引越し業者が提供してくれる布団袋も

引っ越しの際に便利なのが、Amazonや楽天などで売られている布団運搬袋。ボストンバッグのような形で持ちやすいものが多く、自力で引っ越しするという方にもぴったりです。

引越し業者の中には梱包資材として、不燃紙でできた布団袋を提供してくれるところも。枚数に限りがあることも考えられるので、事前に何枚提供してもらえるか確認し、ご家族全員分が揃うようにしておきましょう。

布団の梱包。布団袋への上手な入れ方

布団袋に布団を入れるときには、ちょっとしたコツがあります。布団をたたんだら、掛布団、毛布、掛布団の順で重ね、上から布団袋をかぶせるようにしてみてください。こうすると、簡単に入れることができます。

その後、ひっくり返して上下を逆にしておけば、掛け布団が潰れることもありません。

特に羽毛布団を運ぶときは必ず一番、上にくるように注意してくださいね。

布団を運ぶときの注意点

布団は壊れ物でないためあまり神経質になる必要はありませんが、以下のポイントだけ注意するようにしてください。

羽毛布団は圧縮しない

羽毛布団はかさばる荷物の代表格。便利な圧縮袋を使ってコンパクトに梱包したいところですが、羽毛布団は圧縮しないようにしましょう。

羽毛布団を圧縮すると、ダウンの部分がつぶれてカサが減り、ふわふわ感が損なわれてしまします。また、羽毛の軸の部分が折れて生地にささり、穴が開いて中身が飛び出すことも考えられます。

一度、圧縮して壊れた羽毛は元に戻りません。空気を含ませることができなくなって温かさを感じなくなり、布団の寿命自体が短くなってしまいます。羽毛布団を運ぶ際には購入した時についてきた袋に入れるか、羽毛布団専用の運搬袋を用意しましょう。

なお、圧縮袋に入れて圧縮をかけずに置いておくのは OK です。コンパクトに運搬収納したい時はクルクルと丸めてロール状にしてもいいでしょう。

雨の日は上からビニールをかけて

引っ越し当日、雨が降っている場合、布団袋を閉める前に一番上にゴミ袋などの大きめのビニールをのせておくとよいでしょう。布団袋は入れ口がチャックタイプのものと、ヒモで結んで止めるタイプのものがありますが、ヒモタイプのものは特に注意いてくださいね。

壊れものを入れない

ふかふかの布団の間に、壊れ物を入れて運ぼうと考えている方はいませんか?でも、布団は柔らかいものだけに引っ越し業者が運ぶ際、上に物を重ねられたり、ポンと投げられたりすることが考えられます。

ついつい緩衝材代わりに布団の間に物をしのばせたくなりますが、これは避けるようにしましょう。

引越し時のベッドの運び方

ベッドの分解、組み立ては引越し業者にまかせよう

「分解しなくても、玄関や部屋の入り口部分からベッドを出すことができそう」というときも、分解できるタイプのベッドは分解することをおすすめします。なぜなら運搬時にネジなどで留められている部分に負担がかかるからです。

また、大きなベッドを引きずったり、斜めにして運んだりすると 床や壁に傷をつけてしまうことが考えられます。ベッドの分解や組み立てはそれほど難しいものではありませんので、引越し業者にまかせましょう。

分解、再組み立てができないベッドがある?

 

組み立て式のベッドの中には、一旦組み立てたものを分解して再組立することを想定して作られていないものがあります。

IKEAのベッドや家具の分解再組み立ては断る引越し業者も

例えば人気のIKEAのベッド。一部の商品のなかには、分解した際にネジ穴やパーツとパーツの間に隙間ができてしまい、再度組み立てても本来の機能を取り戻せないものがあるそうです。

引越し業者の中にはトラブルを防ぐために IKEA の家具の分解再組み立ては行わない、あるいは運搬はしても破損した場合、補償の対象外になるというところも。 IKEA の家具全てが対象というわけではないようですが、分解式のベッドや家具がある場合、訪問見積もりの際、引っ越し業者に運搬してもらえるか確認しましょう。

イケア引越しパック、家具の分解・再組立てのみのサービスのある職人引越しセンター

職人引越しセンター

引用:職人引越しセンター https://www.shokuninmoving.com/ikea-moving/

 

対応エリアは関東1都6県のみとなっていますが、IKEA家具の分解、引越し、再組立てを含めて作業を行う、「イケア引越しパック」また、IKEAの家具の分解、再組み立てだけを実施してくれるサービスがあります。これなら、引っ越し作業自体は別の業者に頼んでしまったというケースでも安心ですね。

引越し業者にマットレスは運んでもらえる?

折りたためないタイプのキングサイズやダブルベッドのマットレスは引っ越し時運搬する際に別途料金がかかることがあります。見積もり時に確認しましょう。

運搬する料金が高い、マットレスが古いのでお金をかけたくないという場合、古いマットレスを処分して新しいものを購入してもいいでしょう。送料無料で配送してくれるショップを選べば節約につながります。

引越しの際に布団やベッドを処分する場合

古い布団やベッドを引っ越し前に処分したいという場合、どんな方法があるでしょうか。

・粗大ごみに出す

・引越し業者に処分してもらう

・不用品回収業者に依頼する

・リサイクルショップに引き取ってもらう

布団やベッドフレームなどは、未使用のものや使用感のないもの以外、リサイクルショップで買取やフリマアプリでの売却が難しいのが実状です。また、引越し業者や不用品回収業者に依頼しても回収費用がかかってしまいます。

新しく布団を購入する店で引き取ってもらう

布団の販売店の中には、新しい布団を購入した場合に限って、古い布団を無料で引き取ってくれるところがあります。引っ越しのタイミングで布団を買い替えたい人はこうしたショップを探してみてもいいでしょう。

布団やベッドを一番、安く処分する方法

布団やベッドフレーム、マットレスなどを処分したい場合、自治体に粗大ゴミとして回収してもらうのが最も安く処分できる方法です。

 

例えば、横浜市の場合、布団やベッドなどの粗大ごみ回収料金は以下の通りとなっています。

・布団(マットレス2枚まで)200円

・ベッド(枠のみ)1,000円

・ベッドマットレス(スプリング無し)1,000円

ハート引越センターの不用品の無料引き取りサービス

ハート引っ越しセンターには、担当者が訪問見積もり時に不要品の確認を行い、無料で引き取りをしてくれるサービスがあります。布団やベッドなどの場合コンディションによっては有料になることがあるかもしれませんが、まずは見積もり時に担当者に確認してみてはいかがでしょうか。

ハート引越センター

引用:ハート引越センター http://www.hikkoshi8100.com/content/option/disuse.html

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2019/03/29

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

2020年3月4月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
ルームシェアのトラブル例。引越しの前に注意する点は?
ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。
今年はどうなる?2020年引越し難民予測!
ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。
ルームシェアでの税金・世帯主は?家賃補助や住宅手当は
ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。
ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?
ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。
就職・転勤をされる方へ一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。
ロフトベッド、二段ベッドの引っ越しはできる?費用は?
ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。
引っ越し先に大切なぬいぐるみや人形を持っていくときの注意点
ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。
引っ越し先でプリンターの印刷ができないとき、どうすればいい?
プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。
ウォーターサーバーの引っ越し。新居でウォーターサーバーを契約するなら
引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。
高級ロードバイクや自転車ありの引っ越し。引っ越し業者に依頼できる?
自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。
ごみ屋敷化してしまった家からの引越し。引っ越し業者に依頼できる?
ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。
自分で引越荷物をレンタカーやレンタル軽トラックで運ぶのはお得?
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ゴミの種類 [まとめ]引越しゴミの回収や処分・廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
知らないと損する?引っ越しで受けられる補助金や助成金まとめ 
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。
引っ越し先の立地条件と周辺環境、これだけはチェックしよう!
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。
新築分譲マンションへの一斉入居、なにが大変?
一斉入居について詳しく説明していきます。
無職や転職直後でも引っ越しできる?賃貸契約を交わす条件とは
無職や転職直後のタイミングでも引越しはできるのかについて詳しく紹介していきます。
引越しに犬を連れていくとき。出発前、移動中、到着後に気をつけることとは
引っ越しの際、できるだけ犬にストレスがかからないようにするために注意するべい点や新居到着後に気をつけてあげたいポイントなどをまとめてご紹介します。
引っ越し先でうさぎやハムスターを飼うときの物件探しや運搬方法について
うさぎやハムスターといった小動物を連れた物件探しの注意点や引っ越しの際の注意したいポイントについてお話ししていきます。
引越しを機にミニマリストを目指すコツとは?
引っ越しをきっかけにミニマリストを目指すための荷物の減らし方や最低限残しておきたいものについてまとめています。
シングルマザーの引越しで必要な費用や手当などの手続きとは
シングルマザーの皆さんが引越しをする負担を軽くする方法について説明していきます。
引越し前、新居が決まったら確認&採寸するポイント
新居のサイズを採寸しておくべき理由やポイント、確認しておくべき点についてご紹介していきます。
引っ越しの際、手荷物として自分で持っていくものリスト
ここでは引越しのときに手荷物として自分で持っていくと便利なものについてまとめてみました。
引越しでフィギュアを運ぶ。オタクグッズの運搬や処分で気をつけること
引越しの際に注意したいフィギュアなどの運び方や処分の方法などについてまとめてご紹介します。
引越し当日の昼食のスケジュール。夕食の準備は?
引っ越し当日の朝食、昼食、夕食の用意のしかたや引越し業者のスタッフへするべき配慮などについて詳しく説明していきます。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。