> > 引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?

引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/03/29

 

引っ越しの際、家具と並んで大きな荷物となるのが布団です。濡らしたり、汚したりしないよう上手に梱包し、運ぶにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。

【目次】


  1. 引っ越し時の布団の梱包&運び方

    1. 引越し業者が提供してくれる布団袋も
    2. 布団を運ぶときの注意点


  2. 引越し時のベッドの運び方

    1. ベッドの分解、組み立ては引越し業者にまかせよう
    2. 分解、再組み立てができないベッドがある?


  3. 引越しの際に布団やベッドを処分する場合

    1. 新しく布団を購入する店で引き取ってもらう
    2. 布団やベッドを一番、安く処分する方法
    3. ハート引越センターの不用品の無料引き取りサービス


引っ越し時の布団の梱包&運び方

単身引越しなどで、布団の数が少ない場合、ヒモなどで結んで運ぼうと考えている方もいるかもしれません。でも、ヒモで結んだだけで布団がむき出しになっている場合、運送中のトラックの中で汚れたり、天気が悪いときに濡れてしまったりすることが考えられます。

新居で快適な眠りにつくためにも、布団を運ぶときは専用の布団袋を用意して梱包するようにしましょう。

引越し業者が提供してくれる布団袋も

引っ越しの際に便利なのが、Amazonや楽天などで売られている布団運搬袋。ボストンバッグのような形で持ちやすいものが多く、自力で引っ越しするという方にもぴったりです。

引越し業者の中には梱包資材として、不燃紙でできた布団袋を提供してくれるところも。枚数に限りがあることも考えられるので、事前に何枚提供してもらえるか確認し、ご家族全員分が揃うようにしておきましょう。

布団の梱包。布団袋への上手な入れ方

布団袋に布団を入れるときには、ちょっとしたコツがあります。布団をたたんだら、掛布団、毛布、掛布団の順で重ね、上から布団袋をかぶせるようにしてみてください。こうすると、簡単に入れることができます。

その後、ひっくり返して上下を逆にしておけば、掛け布団が潰れることもありません。

特に羽毛布団を運ぶときは必ず一番、上にくるように注意してくださいね。

布団を運ぶときの注意点

布団は壊れ物でないためあまり神経質になる必要はありませんが、以下のポイントだけ注意するようにしてください。

羽毛布団は圧縮しない

羽毛布団はかさばる荷物の代表格。便利な圧縮袋を使ってコンパクトに梱包したいところですが、羽毛布団は圧縮しないようにしましょう。

羽毛布団を圧縮すると、ダウンの部分がつぶれてカサが減り、ふわふわ感が損なわれてしまします。また、羽毛の軸の部分が折れて生地にささり、穴が開いて中身が飛び出すことも考えられます。

一度、圧縮して壊れた羽毛は元に戻りません。空気を含ませることができなくなって温かさを感じなくなり、布団の寿命自体が短くなってしまいます。羽毛布団を運ぶ際には購入した時についてきた袋に入れるか、羽毛布団専用の運搬袋を用意しましょう。

なお、圧縮袋に入れて圧縮をかけずに置いておくのは OK です。コンパクトに運搬収納したい時はクルクルと丸めてロール状にしてもいいでしょう。

雨の日は上からビニールをかけて

引っ越し当日、雨が降っている場合、布団袋を閉める前に一番上にゴミ袋などの大きめのビニールをのせておくとよいでしょう。布団袋は入れ口がチャックタイプのものと、ヒモで結んで止めるタイプのものがありますが、ヒモタイプのものは特に注意いてくださいね。

壊れものを入れない

ふかふかの布団の間に、壊れ物を入れて運ぼうと考えている方はいませんか?でも、布団は柔らかいものだけに引っ越し業者が運ぶ際、上に物を重ねられたり、ポンと投げられたりすることが考えられます。

ついつい緩衝材代わりに布団の間に物をしのばせたくなりますが、これは避けるようにしましょう。

引越し時のベッドの運び方

ベッドの分解、組み立ては引越し業者にまかせよう

「分解しなくても、玄関や部屋の入り口部分からベッドを出すことができそう」というときも、分解できるタイプのベッドは分解することをおすすめします。なぜなら運搬時にネジなどで留められている部分に負担がかかるからです。

また、大きなベッドを引きずったり、斜めにして運んだりすると 床や壁に傷をつけてしまうことが考えられます。ベッドの分解や組み立てはそれほど難しいものではありませんので、引越し業者にまかせましょう。

分解、再組み立てができないベッドがある?

 

組み立て式のベッドの中には、一旦組み立てたものを分解して再組立することを想定して作られていないものがあります。

IKEAのベッドや家具の分解再組み立ては断る引越し業者も

例えば人気のIKEAのベッド。一部の商品のなかには、分解した際にネジ穴やパーツとパーツの間に隙間ができてしまい、再度組み立てても本来の機能を取り戻せないものがあるそうです。

引越し業者の中にはトラブルを防ぐために IKEA の家具の分解再組み立ては行わない、あるいは運搬はしても破損した場合、補償の対象外になるというところも。 IKEA の家具全てが対象というわけではないようですが、分解式のベッドや家具がある場合、訪問見積もりの際、引っ越し業者に運搬してもらえるか確認しましょう。

イケア引越しパック、家具の分解・再組立てのみのサービスのある職人引越しセンター

職人引越しセンター

引用:職人引越しセンター https://www.shokuninmoving.com/ikea-moving/

 

対応エリアは関東1都6県のみとなっていますが、IKEA家具の分解、引越し、再組立てを含めて作業を行う、「イケア引越しパック」また、IKEAの家具の分解、再組み立てだけを実施してくれるサービスがあります。これなら、引っ越し作業自体は別の業者に頼んでしまったというケースでも安心ですね。

引越し業者にマットレスは運んでもらえる?

折りたためないタイプのキングサイズやダブルベッドのマットレスは引っ越し時運搬する際に別途料金がかかることがあります。見積もり時に確認しましょう。

運搬する料金が高い、マットレスが古いのでお金をかけたくないという場合、古いマットレスを処分して新しいものを購入してもいいでしょう。送料無料で配送してくれるショップを選べば節約につながります。

引越しの際に布団やベッドを処分する場合

古い布団やベッドを引っ越し前に処分したいという場合、どんな方法があるでしょうか。

・粗大ごみに出す

・引越し業者に処分してもらう

・不用品回収業者に依頼する

・リサイクルショップに引き取ってもらう

布団やベッドフレームなどは、未使用のものや使用感のないもの以外、リサイクルショップで買取やフリマアプリでの売却が難しいのが実状です。また、引越し業者や不用品回収業者に依頼しても回収費用がかかってしまいます。

新しく布団を購入する店で引き取ってもらう

布団の販売店の中には、新しい布団を購入した場合に限って、古い布団を無料で引き取ってくれるところがあります。引っ越しのタイミングで布団を買い替えたい人はこうしたショップを探してみてもいいでしょう。

布団やベッドを一番、安く処分する方法

布団やベッドフレーム、マットレスなどを処分したい場合、自治体に粗大ゴミとして回収してもらうのが最も安く処分できる方法です。

 

例えば、横浜市の場合、布団やベッドなどの粗大ごみ回収料金は以下の通りとなっています。

・布団(マットレス2枚まで)200円

・ベッド(枠のみ)1,000円

・ベッドマットレス(スプリング無し)1,000円

ハート引越センターの不用品の無料引き取りサービス

ハート引っ越しセンターには、担当者が訪問見積もり時に不要品の確認を行い、無料で引き取りをしてくれるサービスがあります。布団やベッドなどの場合コンディションによっては有料になることがあるかもしれませんが、まずは見積もり時に担当者に確認してみてはいかがでしょうか。

ハート引越センター

引用:ハート引越センター http://www.hikkoshi8100.com/content/option/disuse.html

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

引越し依頼完了でスマホ収納3ヶ月無料キャンペーン

投稿日:2019/03/29

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しのとき忘れやすい照明器具。照明器具の運び方、取り付け・取り外し方法は?
引っ越しの際の照明器具の取り付け、取り外しの方法や梱包、運び方などについて詳しく説明しています。
引っ越し後、すぐにやるべきゴキブリ対策!
ゴキブリ対策は引っ越し後すぐにすべし!必見!ゴキブリ対策の方法について詳しく説明していきます。
引っ越し時の壁紙張り替え費用の支払いは義務?費用の相場を知っておこう
引っ越し時の壁紙張替えの費用についてのすべてをまとめてみました。
引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?
引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。
携帯電話やスマホの引越し手続き。新居を決めるときにチェックすべきポイント
引越し先でもスマホや携帯電話をスムーズに使用するための手続きや、新居での通信状況についてまとめました。
使いかけの調味料はどうする?台所用品の荷造りで抑えるべきポイント
食材や台所用品、台所の家電、家具などの荷造りで抑えておくべきポイントをまとめました。
引越しときのテレビの梱包。映らない場合の対処法や解約について
テレビを運ぶ際の正しい梱包方法や注意点、処分の方法、転居後の配線や設置方法についてまとめています。
引越し作業時間や見積もりにかかる時間を省いて効率的に進める方法とは
引越しのために必要な時間を短縮し、体力的にも楽をしたい人に向けたサービスを紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
引越し時の食器・皿(割れ物)などを梱包するコツ
引越し時に役に立つ食器類の梱包の仕方をご紹介。
自分で引越しをすると本当に安い?自力引越しの注意点
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
荷造りマニュアル 引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でポイントを貯める 引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。
生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
整理、整頓、収納はココが違う 『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
引越し当日の心構え 覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
必須アイテム 大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日すること 引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。
引越しにかかる費用(賃貸編) 引越しにかかる費用(賃貸編)-物件選び~新生活-
引越しは何かと費用がかかります。事前に予定を立てて準備をしておきましょう。
一人暮らしの準備 一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引越し業者ごとの強みを知ろう! 引越し業者ごとの強みを知ろう!
女性向けプランや、近距離引越し、不用品買取など引越業者それぞれの強みや特徴をチェック!

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。