引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?

引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?

投稿日:2021/10/22

皆さんは引っ越し先を選ぶとき、どんなポイントを重視していますか?家賃や部屋の広さのほか、勤務先までの距離、病院や学校などへのアクセスがいいか、買い物に不便さがないかなど住環境がいいかという点も重視するのではないでしょうか。できるだけ暮らしやすい場所を選びたいという方に検討してほしいのがコンパクトシティと呼ばれる街です。

「コンパクトシティって聞いたことがあるけど具体的にどんなものなのか知らない」

「コンパクトシティという言葉をはじめて聞いた」

という方のために、ここでは引っ越し先として候補にあげたいコンパクトシティについて詳しく説明していきます。 住みやすい街を探している方、必見です!

INDEX


  1. コンパクトシティとは

  2. コンパクトシティのメリット

    1. 生活しやすい
    2. 移動時間が短くなる
    3. 地域経済が活性化する
    4. 公共サービスが充実している
    5. インフラが充実している
    6. 環境にやさしい


  3. コンパクトシティのデメリット

    1. 中心地の地価・家賃が上がる
    2. 中心地の物価が上がる
    3. 個人商店の経営が難しくなる
    4. 騒音の問題が起こりやすい


  4. コンパクトシティはこんな人におすすめ

    1. 子育て世代
    2. 高齢者世帯
    3. 公共サービスやインフラが充実した場所に住みたい


コンパクトシティとは

コンパクトシティとは、駅周辺のような中心市街地にショッピングモールなどの商業施設や、学校・病院といった公共施設を集約し、その中心市街地と居住区域を含む郊外を公共交通機関で行き来できるように考えられた街づくりの方法です。

コンパクトシティの目的は、人口減少や高齢化が進むなかでも地域として持続的に成長しながら、生活の質を維持していくこと。商業施設や公共施設を集約させることで、自治体の財政負担の抑制や地域経済の持続的成長などが実現できるとされています。

また、中心地の人口が減少し郊外の人口が増えるドーナツ化現象の抑制、郊外に施設や建物が無秩序に作られて街としての機能が低下するといった問題の防止などもコンパクトシティづくりの重要な目的です。

コンパクトシティのメリット

コンパクトシティのメリットとデメリットを見てみましょう。

生活しやすい

コンパクトシティでは、車がなくても商業施設や公共施設に行けます。高齢者の方でも公共交通機関や徒歩で外出できるというのは大きなメリットとなるでしょう。健康増進にもつながりそうですね。車がほぼ、必要ないため一人暮らしの人にとっても住みやすいと言えます。

移動時間が短くなる

公共交通機関が整備されているため、移動時間が短くなります。通勤の負担が減って生産性の向上にもつながります。

地域経済が活性化する

人口密度が高い中心地の商業施設には来店者数が多く、経済的に成功しやすいと言えます。

多くの店が出店することで、地域が活気づくと同時に労働の機会も増えることに。これにより地域全体の経済が活性化します。

公共サービスが充実している

公共施設が集約されると、人件費や運営費が削減されます。これによって自治体の公共サービスの質が向上します。

インフラが充実している

居住区域と集約された公共施設や商業施設を結ぶため、バスの本数増え、住宅地までバスが通るなど、交通の便が良くなります。道路や下水道の管理もしやすく、財政面の負担抑制にも有効です。

環境にやさしい

コンパクトシティでは、居住地域と環境保全地域が分けられます。車に依存しなくても公共交通機関で移動できるため、二酸化炭素の排出量が削減されます。大気汚染防止にもつながりますね。

コンパクトシティのデメリット

中心地の地価・家賃が上がる

居住地域が集約されることで、地価や賃貸物件の家賃が高くなる傾向にあります。商業施設においても出店料、賃料が高いため成功しない店は長続きしません。

中心地の物価が上がる

利便性の良い場所に店が集中するため、他に買い物ができるところが少なくなりがちです。このことが中心地の物価上昇を招くことも。

個人商店の経営が難しくなる

コンパクトシティ化を図る際、もともとあった個人商店は商業施設に入るか元の場所で経営を続けるかの選択を迫られます。商業施設は賃料が高く、経営が立ち行かなくなるケースも。結果として、個人商店が減り、生き残るのは商業施設にある大手フランチャイズのみということも起こり得ます。

騒音の問題が起こりやすい

居住地域が集約されることで、人口が密集し騒音やプライバシーの問題が発生することがあります。

コンパクトシティはこんな人におすすめ

利便性が高く、快適な生活が送れそうなコンパクトシティ。具体的にはどんな人におすすめと言えるでしょうか。

子育て世代

学校や公共施設が集約されている、環境保全に配慮されているといった点から、子育てをしているファミリー世代におすすめです。 福祉や医療、教育機関も充実しているので安心して子育てができるでしょう。

高齢者世帯

車がなくても移動できるという点は高齢者の方にとって大きなメリットとなります。徒歩と公共交通機関での外出は健康増進や住民同士の交流促進につながるため、充実した生活を送ることができそうです。

定年後、地方に移住したいと考える人は少なくありませんが、実際に住んでみると車での移動が必須で意外に生活費が高くつくこともあるので、注意が必要です。

公共サービスやインフラが充実した場所に住みたい

移動の時間が短い、買い物が一か所で済むなど生活する上での利便性はかなり高いです。短時間で用事を済ませることができるので、仕事に忙しい一人暮らしの方でも無理なく生活できそうですね。

まとめ

子育て世代や高齢者世帯が安心して暮らせるコンパクトシティ。利便性の高さを重視する方だけではなく、長期的な目で見て発展し続ける活気のある街で暮らしたい……という方にも適しています。新しく住む街を探している方選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。なお、コンパクトシティとひとことでいっても街によって特色があるため、どんな点に力を入れているのか、自治体のホームページなどで調べてみるのがおすすめです!

LIFULL引越し

【LIFULL引越し編集部】この記事の作成・編集を担当。引越し業者の一括見積もりサービスを提供しているLIFULL引越し公式編集部です。引越しに役立つ情報をご紹介しています。


引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2021/10/22

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

2021年~2022年、年末年始の引越しで安くなる日はいつ?
ここでは2021年から2022年にかけての年末年始期間でいつ引越し料金が安くなるか詳しく解説していきます。
青色申告をする個人事業主が引越しの際注意すること
ここでは確定申告をする方が引っ越しで住所が変わったときに必要な手続きや必要な書類について詳しく説明していきます。
引越しした年の年末調整。注意することは?
ここでは引っ越しした年の年末調整で注意する点について詳しく紹介していきます。
引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
12月の引越しは安い?年末に引っ越しをする際の注意点とは
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しする際に必要な病院関連の手続きとは
ここでは、治療中の病気があるときやかかりつけの医療機関が変わるときなど、引越し前に必要な手続きやあらかじめ調べておくべきことを詳しく紹介していきます。
11月の引越しは高い?安い?
ここでは11月の引越し料金の相場や10月に引っ越すならいつが安いかなどについて詳しく説明していきます。
10月の引越しは高い?安い日はいつ?
ここでは10月の引越しにおける安くなるタイミングと高くなるタイミングについて詳しく紹介していきます。
9月の引越しは高くなる?
ここでは、9月の引越し料金がどのくらいになるか、その相場や安い時期と高い時期について詳しく紹介していきます。
2021年の引越しするのに良い日
ここでは2021年、引越しをするのに縁起がいい日についてまとめました。
引越し先でワクチンの接種は受けられる?
ここではワクチン接種の前後に引越しをした場合、どうなるのかについて詳しく説明していきます。
自然災害に備えた引っ越し先の選び方
ここでは検討している引っ越し先の災害危険度の調べ方や引越し先が決まったらしておきたい災害対策について説明していきます。
8月の引越しは安い?高い?猛暑の引越し作業で注意すること
ここでは引越しの訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
2021年7月の引越し。引越し料金が安い時期はいつ?
ここでは7月の引越し料金の相場と7月に引越しするメリット、引っ越しする時の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの際、ダンボールに入れてはいけない&入れないほうがいいものとは
ここでは引越し作業の際、ダンボールに入れてはいけないものや、ダンボールに入れなくていいものについて詳しく説明していきます。
首都圏での引越し、オリンピックの前と後、どちらがいい?
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
契約前に必ずチェック!引っ越し先の賃貸物件で後悔したこと
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
2021年、コロナ禍の家探し。賃貸物件の家賃は下がる?
コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか!?
引越しのタイミングで見直そう!地震対策
ここでは引っ越しのタイミングでできる地震対策についてご紹介していきます。
2021年4月以降の引越しは可能?緊急事態宣言はどうなる?
ここでは万が一、新たに緊急事態宣言が発出された場合の引越しの可否について説明していきます。
コロナで賃貸契約のキャンセルをしたらどうなる?学生向け支援まとめ
コロナ禍の影響によって不動産の賃貸契約をキャンセルした場合について詳しく紹介していきます。
コロナ禍における引越し。最適な新居の掃除の仕方とは?
ここでは賃貸物件の例を中心に特に気をつけるべき掃除箇所や正しい掃除の仕方について詳しく説明していきます。
コロナ禍での引越しと賃貸物件探し。できるだけ人と会わずに家を探す方法は?
ここではコロナ禍においてできるだけ人と会わずに新居を探し、引っ越しする方法をご紹介していきます。
引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは
ここでは引っ越しの時に冷蔵庫を運んでもらう場合の注意点や自分でやっておくべき準備について分かりやすく説明していきます。
コロナで変わる!リモートワーク向け人気の賃貸物件とは?
ここではテレワークに適した賃貸物件について詳しく説明していきます。
コロナ禍で増える地方移住・もう東京に住まなくてもいい?
ここでは東京と地方、家賃差がどのくらいあるのかを紹介しながら、地方移住のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。
引越しのベストなタイミング・賃貸の安い時期はいつ?
ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。
新型コロナの影響による収入減をサポートする給付金まとめ。引っ越し費用も出る?
ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます
ロフト付き物件への引っ越しで注意すること
ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。
2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。