> > 一人暮らし・単身の引越し注意点と料金相場

一人暮らし・単身の引越し注意点と料金相場見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2016/09/26

一人暮らし・単身の引越し費用・料金相場

一人暮らし・単身の引越し注意点と料金相場

一人暮らし・単身の引越しにおける注意点と引越し料金の相場をご紹介いたします。

一人暮らし・単身の引越し

一人暮らしの場合は、基本的に荷物が少ないため、スタッフも少人数で済み、トラックや運搬器具も小さいもので足りることで費用がかからないことから、引越 し業者もその分費用を相場より安い料金にしています。最近では一人暮らしの引越しを対象とした「単身パック」を利用する人が多くなっています。

単身パック

単身パックの場合は、同一市内(30km前後)であるか、ないかが価格をわける大きな目安になります。単身パックの相場は、同一市内であれば20,000 円~40,000円程、市外であれば40,000円~60,000円程、県外であれば60,000円~100,000円程となります。

料金に関する注意点

ピアノなどの大型荷物があったり、エレベータのない建物への引越しだったりすると、料金が上がる事があります。また引越しシーズン(3~4月と7~8月がピーク)は価格も高めに変動します。

荷造り・運送の注意点

一人暮らしであれば比較的荷物も少なく、プランや時期を選べば安い料金にすることも可能です。工夫次第では相場より安い費用で移動することも不可能ではありません。そこで費用を安くするための荷造り・運送の注意点をご紹介いたします。

梱包

業者のサービスを受けずに自分で行うことで引越し料金を節約することができます。梱包の際は特にお皿などの壊れやすいものは注意する必要があります。1つ 1つ紙などで包みましょう。面倒だからといってそのまま箱に入れることやいくつかをまとめて包んでしまうと、ぶつかり合って割れてしまいます。

運搬

いい加減な荷造りの仕方で運んでものを壊してしまっては節約にはなりません。きちんと梱包した後は丁寧に運ぶようにしましょう。また、ダンボールの底が抜 けるからとガムテープをたくさん貼る人もいますが、逆にすべりやすくなり危険です。底は十字にクロスさせて貼ると強度が十分に上がります。

一暮らしなら荷物が少ない方も多いので、他の引越しの日時と合わせて業者に調整してもらうとより費用が安くなるというメリットもあります。余裕を持ったプランで梱包・運送を行い、後悔のない引越しにしましょう。

新居での注意点

学生や女性に限らず、親元を離れて一人暮らしを始めるというのは、期待や不安など様々な気持ちが葛藤するものです。そこで一人暮らしの際の注意点をご紹介いたします。

適度なご近所付き合い

一人暮らしの場合、ご近所付き合いを行うのは難しいと感じる方も多いかもしれませんが、適度な関係を持つことをお勧めします。火災や空き巣など、家や自分 の身に何か起きた時、ご近所の方が手を差し伸べてくれるかもしれません。顔と名前を覚えてもらい、挨拶がきちんとできるようにしておくと良いでしょう。

郵便物の管理

一人暮らしの場合、郵便物を受け取れないことが多い傾向にあります。配達員が度々訪問する姿を目撃したり、郵便物がたまっているポストを見ると不在が多いと思われ、空き巣のターゲットや近隣の住民から不信がられてしまうことがあるようです。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2016/09/26

引越し業者を探す

一人暮らし・単身の引越し情報ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。一人暮らしならではの荷造り・運送のワンポイントや引越し料金相場、新居での注意点などのお役立ち情報満載。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。