> > 引越し手続きの一覧・チェックリスト

引越し手続きの一覧・チェックリスト

住所変更などの主な引越しの手続き

引越し手続きの一覧・チェックリスト

引越しが決まったら、住所変更など特定の手続きをしなければならないことがたくさんあります。漏れのないようにリストなどで一覧にして計画的に行っていきましょう。

役所への届け出

まず、転出届です。引越し前の住所の市区町村役場で「転出証明書」を発行してもらいます。これを引越し後14日以内に新住所の市区町村役場へ持参し、転入届の手続きを行います。

インフラ

電気・ガス・水道 などの会社に連絡し、使用中止の手続きを行いましょう。新居の住所によっては同時に引越し後の使用開始依頼を行える場合もあります。

そのほか、電話、インターネットプロバイダ、新聞や牛乳配達などでも事前に住所変更の必要があります。各会社によって住所変更の方法が違う場合もあります。転校の場合も学校に確認しておきましょう。

パスポート

パスポートは、結婚などで氏名が変わる場合と、本籍地も変わる場合以外は特に手続きは必要ありません。所持人記入欄を自分で訂正すればOKです。

免許証

運転免許証については、同じ都道府県内であれば、免許証と転居後の住民票(もしくは住所を証明できるもの)を持って、管轄の警察署にいけばOK。免許証の 裏面に新住所が記載されて手続きは完了です。違う都道府県への転居の場合には、免許証ごと作り替えになりますので、写真も必要となってきます。

銀行やクレジットカード

銀行・クレジットカードなどは後でも住所変更は可能です。引越し後の住所が記載された住民票などが必要な場合もありますので、前に行うか、後に行うかは一覧化し、リストで事前に整理しておきましょう。

引越し手続きを一覧で確認できるチェックリスト

引越しをする際には、様々な手続きが発生するため大変です。慣れている人であれば、内容がすぐにわかるものですが、前回から数年経過していると何をすべきか忘れてしまっていたりするものです。そこで便利なのが、引越しやることリストです。

早めにやっておくべきこと
現住まいの管理会社に退去の連絡 駐車場を借りている場合は解約の連絡も忘れずに
引越し方法・引越し日を決める 2月・3月・4月の繁忙期や、土日祝日の休日割増、深夜や早朝に合わせた引っ越しの場合は深夜・早朝割増などの割増料金があります。この他にも雪が多い地帯では冬季割増が発生する場合があります。
引越し見積もり・予約をする 引越し業者に依頼する場合。
>一括見積もり >WEB予約
トラック・大型車を手配する 自分で引越す場合。レンタカー会社で予約
必要な資材(ダンボールなど)を手配する 引越し会社に依頼 or スーパーなどでもらう
不用品を売る・処分する リサイクル業者もしくはフリマアプリで
粗大ごみを処分する 現住まいの自治体・専門業者に依頼
固定電話の移転を手配する NTT(局番なしの116番)に連絡
インターネット移転を手配する 回線・プロバイダ事業者で手続き方法を確認
引越し1~2週間前にやること
転出届けを出す 現住まいのある役所で手続き ※引越し日の14日前から受付
転校届を出す 転出証明書を準備 在学中の学校長に提出
国民健康保険の資格喪失届を出す 身分証明書、保険証、印鑑を準備 現住まいのある役所で手続き
印鑑登録の廃止 印鑑登録証を準備 現住まいのある役所で手続き
原動機付き自転車(125cc以下)の廃車申告 ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑などを準備 登録のある役所で手続き
ガス会社への移転連絡 ガス会社のHPもしくは電話で手続き
電力会社への移転連絡 電力会社のHPもしくは電話で手続き
水道局への移転連絡 水道局会社のHPもしくは電話で手続き
NHK・ケーブルテレビへの移転連絡 NHK・ケーブルテレビのHPもしくは電話で手続き
郵便局の転送手続き 現住まいを管轄する郵便局で転出届を出す(インターネットでも手続き可)
携帯電話会社への移転連絡 携帯電話会社のHPもしくは電話(窓口)で手続き
銀行・保険などの住所変更 利用している銀行・保険会社で手続き方法を確認
新居レイアウトを決定、荷造り開始 カーテンのサイズを確認 引越し後すぐに使うダンボールにしるしをつける
引越し前日までにやること
掃除・ゴミだし ゴミだしの日程を確認し、前もって準備
洗濯機の水抜き 傾けて中の水を出す ホースの中の水も抜き、コードと一緒に固定
引越し挨拶の手土産の準備 必要な個数をあらかじめ確認しておく
当日持っていく貴重品類(現金を含む)をまとめる 掃除用具、ハサミやガムテープなどの梱包用具は出しておくとよい
引越し当日にやること
現住まいの明け渡し 伴(スペアキーも忘れずに)を用意 管理会社の立ち会いが必要
ガス・電気・水道の開通 ガスは開栓に立会いが必要なので、あらかじめ連絡しておく
ご近所へのご挨拶(賃貸の場合は貸主にも) 準備した手土産を忘れずに
引越し後にやること
転居届・転入届を出す 転出証明書・印鑑を準備 新居のある役所で手続き ※引越し日から14日以内
転入学届を出す 在学証明書・転入学願いなどを準備 役所もしくは学校で手続き
国民健康保険の住所変更・加入 国民健康保険証・印鑑を準備 新居のある役所で手続き ※引越し日から14日以内
国民年金の住所変更 国民年金手帳・印鑑を準備 新居のある役所で手続き ※引越し日から14日以内
印鑑登録 登録する印鑑・身分証明書を準備 新居のある役所で手続き ※引越し日から14日以内
運転免許証の住所変更 運転免許証・住民票・印鑑などを準備 管轄の警察署・運転免許試験場で手続き
自動車の登録変更・車庫証明の発行 新居を管轄する陸運支局で手続き ※住所変更から15日以内
バイクの登録変更 新居を管轄する役所もしくは陸運支局で手続き ※住所変更から15日以内
飼い犬の登録 新居のある役所または保健所で手続き ※引越し日から30日以内
荷ほどき ダンボールは引越し会社へ引取りを依頼、または自分で廃棄

>引越しやることリスト(PDF版)

市役所や水道、ガス等の住所変更のリストです。年金や住民票からインターネットまで、様々な必要な事務処理を一覧にしてあります。これらは業者が代行して くれるものではありませんので、自分できちんと完了させる必要があります。転入届は、引越ししてから14日以内の届出が必要です。国民健康保険・国民年金 に加入の場合はこちらも14日以内ですので一緒に行いましょう。また、転校手続き、印鑑登録なども忘れずに。

自動車を所有している場合には、新車庫もしくは駐車場が確定したら、転入届手続き後、管轄の警察署に申告します。必要書類は、車庫の見取り図・配置図・印鑑など。地域によって違う場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。

車庫証明が取れたら、陸運支局にて自動車の登録変更を行います。引越してから15日以内となります。同じ陸運支局管轄内かどうかによって必要書類も変わり ますので気をつけて。違う管轄に引っ越す時は、当然ナンバープレートも変更となりますので、車で出向く方が良いでしょう。バイクを所持している場合には、 同時にこちらも必要になります。

一覧に含まれていないものがある場合は、一覧に書き出すことによって、自分が何を完了しており、何から始めたらいいのかがわかりやすくなりますので、チェックリストを活用して無理のない引越しを行いましょう。

引越し見積もり・予約をする

ご希望の見積もり方法を選んでね!
複数の業者からお見積もりを取って比較したい方
一括見積もり依頼をする!(無料)
Webで料金・サービスを比較し申込みたい方

引越し業者を探す

3日以内に
引越ししたい方へ

通話無料・単身限定・短距離のお引越し、お電話でご相談承ります。0120-234-573(24時間年中無休)

住所変更などの引越し手続きの一覧・チェックリストならHOME'S引越し。役所への届出、電気・ガス・水道、パスポート、免許証、銀行・クレジットカードなどの主な引越し手続き一覧のご紹や、手続きのやることリストなどお役立ち情報が満載。【HOME'S引越し】引越しの見積もり・予約ならHOME'S引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。