引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し見積もりを最大60%安くする方法 > 【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1

【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2020/04/21

hero

引越し業者に依頼するとき、誰もが悩むのが「どこの引越し業者に依頼するか」という点ではないでしょうか。実際に引越しを経験した人がどこの引越し業者に依頼をしたのかも気になりますよね。ここでは、「営業スタッフの対応」「提案プラン」「現場スタッフの対応」「作業内容」「オプションサービス」「補償内容」「コストパフォーマンス」、これら7つの観点からランク付けした『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!

 

 

 

INDEX


  1. 第1位 Akabou (赤帽引越し)

    1. Akabou(赤帽引越し)はこんな方におすすめ
    2. Akabou(赤帽引越し)のメリット
    3. Akabou(赤帽引越し)のデメリット


  2. 第2位 サカイ引越センター

    1. サカイ引越センターはこんな方におすすめ
    2. サカイ引越センターのメリット
    3. サカイ引越センターのデメリット


  3. 第3位 日本通運

    1. 日本通運はこんな人におすすめ
    2. 日本通運のメリット
    3. 日本通運のデメリット


  4. 引越し業者おすすめ9社と最新ランキング・まとめ

第1位 Akabou (赤帽引越し)

 

引越し業者のおすすめ第1位に輝いたのはAkabou(赤帽引越し)です。赤帽とは貨物軽自動車運送事業者の事業共同組合のこと。つまり赤帽は、貨物軽自動車運送業を営む個人事業主の集まりで、ひとりひとりがオーナーという位置付けになります。引越しを専門に営む業者ではありませんが、引っ越し作業の依頼は可能です。

赤帽の組合員は全国にいるのでどこの都道府県からでも依頼は可能です。あかぼうサーチを利用して近くの組合員を探すこともできます。

 

Akabou(赤帽引越し)は「営業スタッフの対応」「提案プラン」「現場スタッフの対応」「作業内容」「コストパフォーマンス」部門で1位を獲得しています。

Akabou(赤帽引越し)はこんな方におすすめ

・単身引越しをする予定
・同じ市区町村、都道府県など比較的距離の短い引越しをする
・荷物が少ないので、できるだけ安く引越しを済ませたい
・引っ越し日の日程が迫っている
・荷物の搬入出を手伝うことができる
・家電の設置など依頼するオプション作業がない

Akabou(赤帽引越し)のメリット

柔軟に対応できる

赤帽はさまざまな面で柔軟に対応してもらうことができます。大手の引越し業者では原則として受け付けていない夜間の引っ越し、大型トラックでは入れない狭い道路に面した住居からの引越しなどにも対応。引越し作業の他、大型の家具や家電だけの配送も依頼できます。
大手引越し業者に断られがちな依頼も、まず赤帽に相談してみてもいいかもしれません。

コストパフォーマンスが高い

作業の質に対して価格が安く、分かりやすいのも赤帽の大きなメリット。東京や神奈川をカバーする赤帽首都圏軽自動車運送協同組合の場合、ドライバー1名の対応で作業時間2時間以内、走行距離20Km以内の引越料金は13,750円となっています。割増料金も明確で土日、祝日は2割増、繁忙期は1割増しと良心的な価格設定です。(繁忙期は2月15日から4月15日までとなります)

では、赤帽のトラックにはどのくらいの荷物が積めるのでしょうか。軽トラックの荷台の大きさは奥行き200cm、幅140cm、高さ140cm。荷物の目安は冷蔵庫、洗濯機、ふとん、小型テレビ、パソコン、衣装ケース3つ、ダンボール10個程度で、自転車を積んでもらうこともできます。これだけ詰めれば単身引っ越しには十分と言えそうです。

価格の安さと明確さで評判の日通の単身パックSサイズが16,000円からであることを考えても、赤帽はかなりコスパがいいと言えるでしょう。

スタッフの人柄が分かる

赤帽は個人事業主の集まりなので、問い合わせをした際に対応した人が実際の引越し作業を担当してくれるということがよくあります。そのため、相手の人柄が分かるので依頼しやすいという声も。赤帽を利用した方の中には引っ越しの都度同じ赤帽の事業主さんに依頼しているという方もいるほどです。大手引越し業者と違って契約を強く勧めることもほとんどありません。

Akabou(赤帽引越し)のデメリット

家族の引越し、長距離引っ越しには向かない

軽トラックでの移動なので長距離の引越しには適していません。また積める荷物の量が限られているため、大型の家電や家具などが多い引越しや家族の引っ越しで利用するのは難しいでしょう。

オプションサービスが少ない

洗濯機やテレビといった家電の設置や吊り上げ作業が必要な大型の家財を運ぶといった、いわゆるオプションサービスがあまりありません。不要品の回収など依頼すれば引き受けてもらえることもありますが、事前に対応可能かどうか確認しておくことをおすすめします。

梱包資材のサービスがない

大手引越し業者のようにダンボールやガムテープといった梱包資材を無料で提供してくれるサービスはありません。

荷物の積み下ろしを手伝う必要あり

赤帽は原則として運転手が一人で対応します。そのため荷物の積み下ろしは依頼する側が手伝わなければならないことがほとんど。他に作業員を頼むと割高になってしまうので、自分で手伝うか、家族や友人などに声をかけて手伝ってもらうのがベストです。

荷物の破損や紛失に対する補償は?

「大きな会社ではなく個人事業主と言うと万が一荷物の破損や紛失があった時にきちんと補償してもらえるか心配」という方がいるかもしれません。

引越し業者ではない赤帽は 「標準引越運送約款」ではなく「標準貨物軽自動車運送約款」に基づいて補償をすることになります。とはいえ赤帽の経営者は『貨物賠償保険』や『第三者者賠償保険』に加入して対応しているため、補償内容が引越し業者に比べて大きく劣るということはありません。

もちろん、荷物の運搬に関しては細心の注意を払って対応してもらえます。ただし賠償額は経営者によって異なるため、依頼をする前に補償内容と万が一の際、いくらまで補償されるのか確認しておくとよいでしょう。

 

第2位 サカイ引越センター

 

第2位は引越し業者大手のサカイ引越センターです。サカイ引越センターは「オプションサービス」「補償内容」部門では1位に、それ以外の5つの部門でもすべて3位以内にランクインしている実力派です。

サカイ引越センターはこんな方におすすめ

・荷造りも依頼したい
・引越し業者として質の高いサービスを求めている
・補償内容がしっかりしたところを選びたい
・オプションで依頼したい作業がある

サカイ引越センターのメリット

サービスの質が高く心配りが行き届いている

サカイ引っ越しセンターは、大手引越し専門業者ならではの『作業の質の高さ』『臨機応変さ』が評価されています。

自分で梱包するプランであるにも関わらず、スタッフが到着した時に荷物の梱包が終わっていなかった場合でも、嫌な顔をせずテキパキと対応してくれたり、坂道の途中や狭い住宅街の中にある家からの引っ越しでも時間内に終わらせてくれたりと、引っ越し作業に慣れているからこそできる気持ちのいいサービスが受けられると好評です。

また、引越しの作業中に近隣での作業を終えたスタッフが応援にかけつけてくれ、予定よりも早く引越し作業が終わったという声も。引越しの受注数が多い大手ならではの対応と言えそうですね。

提案プランやオプションサービスが豊富

サカイ引越センターは提案プランやオプションサービスの種類が非常に充実しています。タンスの中身を出すことなく梱包から荷解きまでお願いできるプランやできるだけ節約したい方向けのプランまで揃っているので、予算や状況に応じて過不足のないサービスを受けることが可能です。

 

サカイ引越センターのデメリット

支店によって対応に差がある

全国展開している引越し業者だけに、支店によって対応に差があるという声もあがっています。契約、見積もり時に聞いていた内容と当日の作業内容が違ったというケースも。特に複数回、見積もり料金を算出し直してもらっている場合、はじめの見積もりとは割引金額が変わることもあるので、見積もり書の「備考欄」などは毎回、必ずチェックしましょう。

引越し料金は若干高め

質の高いサービスを提供しているだけあって一括見積もりサービスなどを利用しても他の業者よりも高いということがあるようです。

 

第3位 日本通運

 

営業スタッフの対応、補償内容で2位、現場スタッフの対応、作業内容、コストパフォーマンスで3位にランクインしたのが総合物流企業である日本通運の引越し部門「引越しは日通」です。スタッフの対応がよく、補償内容が充実、さらにコスパも〇。コールセンターの担当者もてきぱきと質問に答えてくれるなど安心感のある対応に定評があります。

日本通運はこんな人におすすめ

・長距離の引越しをリーズナブルに済ませたい
・スタッフのマナーや対応の良さを重視したい
・質の高いサービスとコスパ面、両方を重視したい
・補償内容が安心できる引越し業者を選びたい
・引越しが初めて
・単身パックを利用したいけれど、荷物を積み切れるか心配

日本通運のメリット

コンテナ便で長距離引っ越しが安い!

総合物流企業である日通は海上コンテナや鉄道コンテナを利用して長距離引っ越しに対応しています。自社の内航船があるというのは価格面で大きな強みになっています。また鉄道コンテナなら、荷物の一時預かりにも対応してくれるので到着日に合わせて荷物を搬入してもらうことができます。日程に余裕がある&長距離引っ越しをするという方は日通がイチオシです!

顧客対応レベルが高い

営業スタッフ、現場スタッフだけではなくコールセンターで対応するスタッフに至るまで顧客対応のレベルが高いのが日通の特徴です。

「見積もり時になかった荷物が出たものの、トラックに余裕があったので追加料金なしで運んでもらえた」「対応がていねい、礼儀正しくて気持ちの良いサービスを提供している」「現場スタッフが親身に対応してくれて助かった」といった声があがっています。

その他にも「良心的」「誠意を感じた」「日通に依頼してよかった」という意見が少なくありません。物流業界最大手のサービスだけあって総じてサービスのレベルが高く、安心感があると言えるでしょう。

エリア限定割引やWEB限定割引など割引制度が充実

単身パックで有名な日通の単身引越し。カーゴにはSサイズとLサイズがありますが、荷物が多い場合カーゴを二つ頼むこともできます。この場合、W割引が適用となるのでお得に引越しできます。これなら「単身引越しだけど、荷物が多いから心配」という人でも安心ですね。さらに単身パック当日便「コ・ス・パPLAN」や「お部屋模様替えサービス」など地域限定でユニークなサービスを提供しているところも。

 

荷物預かりや車の輸送などもワンストップで依頼可能

日通なら、荷物の一時預かりや車やバイクの輸送などもまとめて依頼することができます。建て替えのために仮住まいに引っ越しするケースや転勤で車やバイクを別に運ばなければならないといったオプションサービスを利用する予定の方に最適です。

日本通運のデメリット

繁忙期はサービスの質にムラが出ることも

大手引越し業者である日通でも繁忙期になると、アルバイトのスタッフが増えてサービスの質にムラが出ることがあるようです。 ただし、これはどこの引越し業者でも起こる可能性があるため、日通だけのデメリットというわけではありません。

 

引越し業者おすすめ9社と最新ランキング・まとめ

ここでは1位から3位までにランクインした引越し業者を紹介しました。近距離の単身引越しに強い引越し業者、長距離の引越しに強い引越し業者、あらゆるニーズに対応できるオプションがある引越し業者など、それぞれに強みがあるということが分かりました。引越しを依頼する時にはまず何を最優先するかを基準に引越し業者を選ぶといいかもしれませんね。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/04/21

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

新型コロナの影響で家賃が払えない!賃貸住宅の家賃支払いは待ってもらえる?減額は?
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【5月~7月】新型コロナ感染症・緊急事態宣言解除後の引越し
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
新型コロナ感染症対策・引越しの訪問見積もり、あいさつはどうする?
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その3
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その2
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2
【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!
引越し料金の支払い方。見積もり時にキャッシュレス決済できるか確認しよう!
ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり・立ち寄りプランを利用するときに知っておきたいこと
どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。
不動産屋から紹介される引越し業者と 一括見積り・どちらが安い?
不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。
引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?
ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。
日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?
ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。
引越しの見積もりを地域密着業者に依頼するメリットとは?
ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。
引っ越し見積もりの際、引越し業者に聞くことって?
ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。
引越しのLINE見積もりサービスって?
ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。
実家に戻る場合の引越し見積もり、コツや注意点は?
ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。
引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。