> >

安い料金で引越しする方法見積もり価格比較

安い料金で引越しする6つのポイント

安い料金で引越しする方法

少しでも引越し料金を安いものにできれば良いですよね。
ここでは、安い料金で引越しするためのポイントをご紹介します。既に決まっていて、調整ができないものもあるかもしれませんが、できるものがもしあれば見積もりを取る前に事前に試していただきたいです。

見積もりをとった後だと、引っ越し予定日に間に合わないこともあるので、なるべく安い料金で引っ越しがしたい方は、なるべく早く行動をすると良いでしょう。

安い料金で引越しする6つのポイント
  1. 繁忙期(2月、3月)を避ける
  2. 土日・祝日を避ける
  3. 引っ越し当日の時間指定をしない
  4. オプションが必要な作業も可能であれば自分で作業する
  5. 不用品はなるべく処分し、荷物量を減らす
  6. チャーター便フリー便など用途に合わせて輸送方法を指定する
  • ※チャータ便 引越しの「輸送」部分を別の業者さんにやってもらうサービスのことです。荷物が少ない場合に良いです。
  • ※フリー便 1日の中で、時間帯でも引越し料金が変わってきます。「午前」や「午後」といった指定をせず、引越し業者におかませをすることで安い料金になる可能性が高くなります。

お得な料金プラン

業者によっては、料金そのものが格安になる「引越料金プラン」というものがあります。ただし、特定の時期だけ限定で行っているプランなどもあるので業者やプランの内容に注意して見てください。

単身パックプラン
ひとり暮らしの方向けに料金がお得な料金設定になっています。荷物量は単身者の引越しというだけあって少量という基準があるもののかなりお得な料金です。
限定プラン
これは引越業者によって様々なものがあります。例えば、基本的に荷物の梱包から搬入まで基本的な作業はしてくれますが、小物の荷解きだけは業者はやりませんというプランです。一連の引越し作業の中で一部分を自分がやることで安い引越し料金になるものもあるので、見積もりを取ってから業者を調べてみることも格安の引越をするコツです。
混載プラン
長距離の引越しをお考えの方もいると思います。そんな方にオススメなのが、混載プラン。
同一方向で他に引越しをする方の荷物と一緒に輸送するプランです。
誤配防止対策もしっかりしているので、長距離の引っ越しもお得にすることができます。

安くできない料金とは?

引越料金の内訳の中で、自分自身ではコントロールできないものもあります。ここはすでに決まっているものと思って、それ以外で調整ができるところを探して調整をしてみましょう。

基礎運賃
すでに引越し先(物件)が決まってから引越しを検討するケースがほとんどだと思います。
その場合、引越し元から引越し先への移動距離は決まっており、荷物の搬入をするための移動運賃(基礎運賃)については国土交通省の「標準引越運送約款」という既に決まったルールがあります。
この基礎運賃に関しては、業者によってもほとんど差が生じることがなく、調整ができません。
作業員の人件費
実際に荷物を運ぶ、現場の作業員の人件費も引越し費用に関わる重要な要素です。この人件費は引越し業者によって決められた引越しをするために必要な費用ですからこちらも調整することはできません。
もちろん、会社や時期によって費用はさまざまですが基本的に固定のものだという認識が必要です。
必要なオプション料金
必ず引っ越し先に持っていく荷物で、オプション作業が必要なものの場合、例えば、「ピアノ」などが挙げられます。オプション料金を削るために無理に自分で運ぼうと思っても、クレーン等の運搬機器が必要な場合もあり運搬自体が危険です。また、ピアノは精密なので音の調律がずれてしまったりしないよう運搬に関しても知識が必要です。
こういったケースでは無理にオプション料金を外すことはお薦めできませんので、固定の費用として考えてください。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

引越し費用の料金相場

他の方法で見積もり依頼

引越し見積もりノウハウ

引越し業者を探す

引越し準備をスムーズに!準備や手続きなどやるべきことをカレンダーでチェック

引越しの料金を格安で実現する方法をご紹介!!引越の見積もりならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)にお任せ!!全国100社以上の引っ越し業者が提供するサービスを簡単比較!!【LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)にお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。