> > > 不用品買取サービス:『捨てる』前に『売る』がある!

不用品買取サービス:『捨てる』前に『売る』がある!見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2016/05/27

引越しで出た不用品、捨てずに『トクする』方法

不用品買取01

引越しで出てくる不用品の数々。「こんなところにあったんだ!」と再会を喜ぶモノがある一方で、「もう何年も使っていない」「わが家ではこの先も使わない」モノたちも少なからず出てくるもの。

「新居には持って行かないけれど、中には売れそうな品物もあるし、そのまま捨てるのはもったいない。どうすれば価値のあるモノを、おトクに整理できるんだろう?」という方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは不用品回収と不用品買取の違いや、買取サービスの利用法、特に引越しの時のためのアドバイスなどをご紹介します。

循環型社会形成推進基本法が定める3R

これまで私たちは大量に造り、消費し、捨てるという生活を続けてきました。その結果、さまざまな環境問題に直面し、未来の世代のためにさまざまな取り組みが行われるようになっています。

そのひとつが『大量生産・大量消費・大量廃棄社会』を根本から見直し、循環型社会を構築するため、2000年に施行された『循環型社会形成推進基本法』という法律。この法律で導入されたのが『3R』=『リユース』『リデュース』『リサイクル』という考え方。リユースは「使えるものはもう一度再使用しましょう」、リデュースは「廃棄物の発生を抑制しましょう」、リサイクルは「今あるものを資源として再利用しましょう」というものです。

リユースとリサイクルの違い

『3R』の考え方はわかるけれど、ちょっとわかりづらいのが『再び使う』ことを意味するリユースとリサイクル。

ではその違いは何かというと、リサイクルは『廃棄物などを分解したり、いったん原材料の状態に戻したりしてから別物を作ること』。一方のリユースは『そのままの状態で再使用すること』。形を変えて作り直すか、そのまま使うかが大きく違います。

一般的に『リサイクルショップ』は、厳密に言うと『リユースショップ』ということになります。モノを手放す方法にも『不用品回収』や『買取サービス』がありますが、これもそれぞれ違うもの。『不用品回収』は、リサイクルするものも含め、いらないものをすべて回収してくれるサービス。場合によっては、モノを出す側が廃棄費用を支払って引き取ってもらうこともあります。

一方で『買取サービス』は、再び国内または海外の利用者が同じ用途として使用することを目的にした『リユース』。二次流通した時にある程度の価値が見込めるものなので、モノを出す側は買取業者さんからお金をもらうことができます。

不用品買取はこうして利用しよう

買取サービスはこういう手順で行います

買取方法は主に『店頭に持ち込む』『宅配便で送る』『出張してきてもらう』の3つ。

  • 店頭に持ち込む
    利用者が店頭に品物を直接持ち込む方法です。
  • 宅配買取
    段ボール箱のキットを自分で用意するか、業者さんに送ってもらって、そこに品物を入れて送り、買取をしてもらいます。
  • 出張買取
    店頭持ち込みや宅配便利用ができないものが対象で、業者の方が出張できてくれて、実物を見て買取ってくれるというものです。具体的には、冷蔵庫などの大型家電製品や、大量のカメラやフィギュア、楽器などのコレクションなどが出張買取になります。

【買取ってもらう時に必要なもの】

免許証などの身分証明書、外国人の方であれば、外国人登録証が必要。店頭と出張買取の場合はその場で現金で支払ってもらえますが、宅配買取はそれができないので、後日振り込んでもらうための口座情報が必要です。

【Webを使っての一般的な買取利用法】

  • 1.インターネットや電話で商品の必要情報や名前、電話番号、住所などを伝えて申し込みます。
  • 2.いくらで買取ってもらえるかが業者側から提示されます。
  • 3.その金額を見て、買取ってもらうかやめるかを判断します。

【買取価格提示】

  • 1.その場でサイト上に一般的な買取価格が出ている
  • 2.メールや電話で買取価格を伝えてくる
申し込みから買取終了までは約1週間

提示された買取価格によって、依頼する・しないを決める時に気をつけたいのが『実際の買取価格は提示金額より低い場合が多い』ということです。

理由は、業者さんは、『買取上限価格』を提示しているケースが多いから。これまではそれが業界のセオリーでしたが、新しい方法として採用されているものに「事前査定」があります。

これは、申し込んだあとに、商品の型番や状態を業者さんに直接伝えることで、幅を持たせた買取金額を提示してもらえるスタイル。「これぐらいからこれぐらいの金額」と教えてもらえるので、「最低でもいくらくらいか」がわかり、判断がしやすくなります。「その金額でOK」となったら、商品や住んでいる地域に合わせて、店頭か宅配か、出張かを買い取り業者側から伝えてもらい、実際に買取ってもらいます。この事前査定システムなら、実際に目でみて査定した時の買取金額とほぼ開きがないのが特長です。

【買取に要する時間】

  • 店頭
    当日で現金の支払いが基本。
  • 宅配
    申し込み後、キットが届くまで1~2日、品物を送って会社に到着してから1~2日で査定金額が提示。金額を了承すれば1営業日以内に入金されます。事前査定の場合は、必要な情報が揃っていれば、電話ならその場で、メールでもおよそ24時間以内に査定金額が提示されます。また、フィギュアや楽器などを大量に買取ってもらいたいなどという場合は、査定に時間がかかることを忘れずに。流れとしては、申し込み→事前査定金額の通知→買取方法の相談→商品確認→その日のうちに支払い。
  • 出張買取
    数が多くなければその場で現金で支払われます。高級オーディオや高級カメラレンズなど、動作確認に時間がかかるものは後日の支払いというケースもあり。

買取できる、できないものとは?

家電製品はPSEマークがついていないと引き取り不可

買取サービスには、買取ってもらえないものがあります。

  • 車、バイク、不動産、法律に抵触するもの
    例えば改造したエアガンは銃刀法に違反していないかどうか、弾速を測定してから買取可能かどうかが決まります。
  • 電気製品
    PSEマークがついていないものは買取不可。PSEマークは、『この家電製品は国として安全性が認められています』という表示です。
  • 圧力鍋やヘルメットなど、生命・身体に対して特に危害を及ぼすおそれが多い製品
    『国の定めた技術上の基準に適合しています』と認めたPSCマークがついていないものは買取不可。
  • 医療用品や医薬品、食品
    衛生上問題がありそうなものは基本的に買取不可。
  • 18禁のもの
  • 海賊版、コピー品
    法律で禁じられています。
  • 低価格ショップの家具
    値段がつかないことが多くあるので、不用品回収向きです。
  • 海賊版、コピー品
    法律で禁じられています。

高く買取ってもらえる可能性の高い商品には『趣味嗜好品』があります。フィギュア、楽器、カメラ、オーディオ製品、ロードバイク、釣具など。リサイクルショップではそこの相場感覚で買取がされてしまいます。

例えばカメラを専門店に持っていけば、査定ポイントが把握されているので、適正な価格をつけてもらえます。古本も、一律で買い取り価格を決めている店ではプレミアがついた本も一律価格で買取られますが、オークションなどに出すと10倍で売れる、というケースもあります。

専門店があるような商品は、比較的価格がつくものが多いことを知って、適正に判断してもらえる方法を選びましょう。

高く買取ってもらうためのポイントは?

【高く売るポイント】

  • 相場が下落する前に売る
    新製品や新モデルが発表・発売されると、これまでのものは古くなるから下落することがあります。例えば家電製品やスマートフォンは、毎年9月、10月にアップルの新製品が出ると、価格が下がるといわれています。その年の7月くらいの買い取り価格に比べて、12月の買取価格が3割くらい下げることもあります。ブランド品は、新しい商品が出ても「デザイナーが変わってしまって、古いほうがよかった」となることもあるので、必ずしも古いから下がるとも限りません。
  • 付属品を揃える
    家電製品の取扱説明書、リモコンなどの付属品、外箱。ブランド品ならギャランティカードと外箱。できるだけ新品で購入したときの状態に近づけることがポイント。もちろん、クリーニングして外観をきれいにしておくことも有効です。
  • 新製品・新商品が出る時期を事前にチェック
    買取をしてほしい商品があったら、それの新製品・新モデルが近々に出るのかでないのか、企業HPなどでチェック。新しいものが出る前の時期を狙って、売り時を逃さないことが大切です。
  • 季節要因で上下する商品もある
    例えばヒーターなどの空調家電は、夏は買取価格が低いですが、冬までは高くなる傾向があります。

【高く売れないもの】

  • 二次流通で需要がないもの
    数百円単位の雑貨、致命的な故障がある家電製品、状態が悪くて見栄えの悪いブランド品、発売して長期間経っている家電製品。家電では5年以上経っていると買取が難しくなります。低価格の健康器具やエクササイズ器具も数年経つと売れない確率が高くなります。

【売れなそうだけど、じつは需要が高いもの】

  • 専門的な器材
    レーザー墨出し器やチェーンソーなどの電動工具は値段がつきます。
  • マッサージチェア
    出張買取ができるところなら値段がつきます。

よろしければこちらもご利用ください

  • 高く売れるドットコム

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2016/05/27

不用品回収サービス関連リンク

家具・家電の処分・買取 家具・家電の処分方法と買取サービス利用
引越しの際に不用な家具や家電を処分できれば、 運ぶ家具や家電が減るので見積もり費用も安くなります。
不用品買取01 不用品買取サービス:『捨てる』前に『売る』がある!
『捨てる』前に『売る』がある!不用品買取サービスを利用して不要なものを売るコツやノウハウなどご紹介します。
本の処分・買取 本の処分・買取サービス
引越しの際に本は大きな荷物になります。不要な本は買取サービスの利用で処分し、お金も手に入れてしまいましょう。
CD・DVDの処分・買取 CDの処分・買取サービス
少しでも引越しの荷物を減らすため、聞かなくなったCDはこの機会に処分してしまいましょう。
洋服の処分・買取 洋服の処分・買取サービス
捨てて処分してしまえばただのゴミですが、せっかくですから買取にだしてリサイクルすれば、節約にもエコにもつながります。

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

不用品回収サービス
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
荷造りマニュアル 引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でポイントを貯める 引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
レンタカーやレンタル軽トラックでの引越し相場 自分で引越しされる方へ
レンタカーやレンタル軽トラックで引越しならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。レンタカーを利用して自分で引越しする際の車種選びの注意点や軽トラックのレンタル料金相場などお役立ち情報満載。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。
生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
整理、整頓、収納はココが違う 『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
引越し当日の心構え 覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
必須アイテム 大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日すること 引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。
引越しにかかる費用(賃貸編) 引越しにかかる費用(賃貸編)-物件選び~新生活-
引越しは何かと費用がかかります。事前に予定を立てて準備をしておきましょう。
一人暮らしの準備 一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引越し業者ごとの強みを知ろう! 引越し業者ごとの強みを知ろう!
女性向けプランや、近距離引越し、不用品買取など引越業者それぞれの強みや特徴をチェック!

『捨てる』前に『売る』がある!不用品買取サービスを利用して不要なものを売るコツやノウハウなどご紹介します。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。