> > > 家具・家電の処分・買取

家具・家電の処分方法と買取サービス利用見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2017/03/11

買取してもらえる家具・家電

家具・家電の処分・買取

引越しの際に不用な家具や家電を処分できれば、運ぶ家具や家電が減るので安い料金見積もりになります。 ただ処分するのではなく、リサイクルショップや引越し業者などの不要品買取りサービスを利用すれば買取代金が入る場合があり、出費の多い引越しの際は助かるはずです。

ここでは家具や家電の処分の方法や買取サービス、最近のニュースで取り上げられている『家電リサイクル法』『代替フロン規制』についてご紹介します。

家電

家電は製造後5〜8年以内のものであれば引越し業者を含めた買取サービスで引き取ってくれるようです。 ただし、ブラウン管テレビや地デジ非対応のテレビ・レコーダーなどは買取しない業者も多く、今後使用できないような家電は引き取ってもらえる可能性は低いと考えた方が良さそうです。

買取可能な家電の例としては冷蔵庫、洗濯機、PC、テレビ、炊飯器、掃除機等が挙げられます。状態が良く、製造後から期間が経ちすぎていなければ基本的には買い取ってもらえるでしょう。

家具

家具に関しては使用年数と買取可否はあまり関係なく、使用状態で買取価格が決まるようです。少しでも買い取り価格を上げてもらうためには掃除をしっかりとしてきれいに見せることが重要です。

洋服同様、あまりにも傷が多かったり汚れが落ちないと買い取ってもらえないこともあり、ブランド家具は通常より高額で買い取ってもらえるようです。買取可能な家具のとしてはソファー、食器棚、椅子、本棚、テーブル等が挙げられます。

家具・家電の処分・買取金額相場と家電リサイクル法

引越し時に、家具や家電の荷造り・移動は手間でお金がかかることから、不要な物は処分したいと考えている方は多いと思います。ここでは買取サービス業者か自治体を利用した場合の相場や処分方法についてご紹介します。

買取サービス業者を利用

家具の場合は、購入した年代や損傷の程度にもよりますが、購入時の金額の10%程度が相場となるようです。木製の家具は傷、布製のソファーなどの家具は汚れていると買取金額は大幅に減少します。

家電の場合は家具よりも高額で買い取ってもらえる傾向があるようで、買取相場は状態にもよりますが購入費用の20%〜30%程のようです。 製造後年数が経過しているもの、故障品、汚れや臭いがひどいものは買い取ってもらえないようですので注意してください。

自治体を利用して処分

大型の家具や家電等では自治体によっては有料戸別回収のケースがあります。 その場合は回収センターへ連絡し、コンビニや役所で購入可能なゴミ処理券を収集物へ貼り、外に出しておくと業者が回収してくれます。 自治体の粗大ごみ受付センター持ち込みが可能なケースもありますが、受け付けてくれないこともあるので事前に電話で確認しましょう。

【東京一部の区のゴミ処理券値段例】

  • 扇風機やコンロ等の小型家具・家電:300円程度
  • 一人掛けソファーや自転車:600程度
  • シングルベッド:900円程度
  • 二人掛けソファーやダブルベッド:1,600円程度

家具や家電の買取サービスは、社会のエコの流れに沿ったものです。積極的に活用し、引越し費用の負担を軽くできるようにしましょう。ただ、引越し時には少しでも荷物を減らしたいと思うものです。 あまり使わない物であれば、例え買値がつかないものでも、本やCDなどと合わせて思い切って処分をすることも必要です。

家電リサイクル法の対象となる4つの家電

引っ越しの際、ゴミとは別に家電を廃棄するという方も多いのではないでしょうか。家電は粗大ごみとして廃棄できるものと『家電リサイクル法』にしたがって処分しなければならないものがあります。家電リサイクル法ってよく聞くけれど、具体的になにが対象なのか分からないという方のために対象の家電と正しい処分方法を説明します。

【家電リサイクル法の対象となるもの】

  • エアコン
  • テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管も)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

なお、パソコンのディスプレイモニターはテレビのチューナーを内蔵していても、家電リサイクル法の対象にはなりません。非常用の電池で動かすタイプの小型テレビも対象外です。

家電リサイクル法って?

2001年から施行されている家電リサイクル法とはそもそも、どんな法律なのでしょうか。かつて大型家電はまだ使える有用な部品や材料が含まれているにもかかわらず、埋め立て処理されることがほとんどでした。ゴミを減らし、資源を有効活用するために作られたのが、この家電リサイクル法です。処理の方法は大きく分けて3つあります。

  1. 家電を購入または買い替えした小売店に引取りを依頼する
    家電を購入した店や買い替えをした店には古い家電を引き取る義務があります。消費者(廃棄する人)は『小売店の収集・運搬料金』と『メーカーのリサイクル料金』の2つの料金を支払います。まず、店頭で回収を依頼し『家電リサイクル券』に必要事項を記入し、料金を支払うと、後日回収業者が回収に来てくれます。
  2. 指定引き取り場所に持ち込む
    郵便振込などで料金を支払い、最寄りの指定場所に直接持ち込むこともできます。郵便局にある『家電リサイクル券』に記入し、リサイクル料金を支払います。指定場所に持ち込むときには料金支払い済のリサイクル券を忘れずに持っていくようにしましょう。
  3. 市町村に問い合わせる
    引っ越しをして家電を購入した小売店が遠い、海外で購入した製品なのでどこで回収してもらえるか分からないといった場合は市町村に問い合わせて回収方法を確認しましょう。自治体によっては対象の4つの家電を引き取っているところもあります。
大きさやメーカーのよって料金が異なることも

郵便局などでリサイクル料金を支払う場合、事前に確認しておくべきことがあります。テレビの場合、冷蔵庫、冷凍庫などはメーカーや大きさによって料金が異なることがあります。事前に『一般財団法人家電製品協会』のホームページなどで料金を確認しておきましょう。メーカー毎の料金相場が一覧で掲載されているので便利です。

代替フロン法って?消費者に影響はあるの?

家電リサイクル法の対象となるエアコンや冷蔵庫には有害物質であるフロンが含まれています。私たち消費者が支払うリサイクル料金にはこのフロンを適切に回収・処理するための料金も含まれているのです。

最近、ニュースで『代替フロン規制』という言葉をよく耳にすることがありますよね。皆さんもご存知の通り、フロンガスはオゾン層を破壊し地球温暖化を引き起こすと考えられています。そのため、以前からエアコンや冷蔵庫などにフロンガスとは異なる『代替フロン』と呼ばれる物質が使用されるようになってきました。しかし、今後は『代替フロン』の生産も今後は規制されることになったのです。

代替フロンとは

代替フロンとはHCFCやHFCと呼ばれる、水素、フッ素、炭素の化合物なのですが、このHFCはオゾン層を破壊することはないものの、温室効果は非常に高く地球温暖化防止という面から考えると極めて不適切な物質であることが分かってきました。

日本はこの代替フロンであるHFC等を2019年から2036年までの間に85%削減するという義務が課せられています。

代替フロン規制で何が変わるの?

この代替フロン規制によって私たち消費者が影響を受けることはありません。冷蔵庫やエアコンを製造するメーカー側が対応を迫られることになりますが、冷蔵庫はすでに温暖化に影響のない物質を使用したタイプになってきているので、これから新しく購入するという場合でも特に気にする必要はないでしょう。

エアコンに関しては現在、各社が環境保護に対応した物質の開発などに取り組んでいる最中です。

心配されるのは「有害なフロンを安全な冷媒に入れ替える必要がありますよ」「規制後は新しいエアコンに買い替える必要がありますよ」といった便乗商法が出ないかという点です。こうした冷媒の入れ替えや壊れてもいないエアコンを新しく買い替えをする必要はありません。

HFC等は『段階的に削減』していくことになっているため、私たち消費者は『エアコンを廃棄するときに適切な方法でフロンを処理する業者に廃棄を依頼すること』を意識すればよいでしょう。

よろしければこちらもご利用ください

  • 高く売れるドットコム

アート引越センター キャンペーン実施中

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2017/03/11

不用品回収サービス関連リンク

家具・家電の処分・買取 家具・家電の処分方法と買取サービス利用
引越しの際に不用な家具や家電を処分できれば、 運ぶ家具や家電が減るので見積もり費用も安くなります。
不用品買取01 不用品買取サービス:『捨てる』前に『売る』がある!
『捨てる』前に『売る』がある!不用品買取サービスを利用して不要なものを売るコツやノウハウなどご紹介します。
本の処分・買取 本の処分・買取サービス
引越しの際に本は大きな荷物になります。不要な本は買取サービスの利用で処分し、お金も手に入れてしまいましょう。
CD・DVDの処分・買取 CDの処分・買取サービス
少しでも引越しの荷物を減らすため、聞かなくなったCDはこの機会に処分してしまいましょう。
洋服の処分・買取 洋服の処分・買取サービス
捨てて処分してしまえばただのゴミですが、せっかくですから買取にだしてリサイクルすれば、節約にもエコにもつながります。

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

不用品回収サービス
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越し時の食器・皿(割れ物)などを梱包するコツ
自分で引越しをすると本当に安い?自力引越しの注意点
レンタカーやレンタル軽トラックで引越しならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。レンタカーを利用して自分で引越しする際の車種選びの注意点や軽トラックのレンタル料金相場などお役立ち情報満載。
ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
荷造りマニュアル 引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でポイントを貯める 引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。
生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
整理、整頓、収納はココが違う 『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
引越し当日の心構え 覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
必須アイテム 大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日すること 引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。
引越しにかかる費用(賃貸編) 引越しにかかる費用(賃貸編)-物件選び~新生活-
引越しは何かと費用がかかります。事前に予定を立てて準備をしておきましょう。
一人暮らしの準備 一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引越し業者ごとの強みを知ろう! 引越し業者ごとの強みを知ろう!
女性向けプランや、近距離引越し、不用品買取など引越業者それぞれの強みや特徴をチェック!

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

引越しの際の家具・家電の買取や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。不要な家電や家具を処分する際の買取サービスや金額相場などお役立ち情報が満載。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。