> > > ゴミ・廃品の処分・回収

引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2017/04/08

ゴミの種類

ゴミの種類

いざ引越しをしようとすると、どうしても避けられないのが大量のゴミです。 細かいゴミから大型のゴミまで……。どのような手順で廃棄したらいいのか分からず、途方に暮れてしまうかたもいるのでは?

ここではこれらのゴミを正しく処分するために、ゴミの種類や廃棄のしかたについて整理しながら説明していきます。これらのゴミを処分するために、ゴミの種類について整理しましょう。(分別方法等は各自治体で異なります)

可燃ごみ

引越し時に最も出るのが可燃ごみです。
生ゴミ、紙くず、プラマークの無いプラスチック製品など

不燃ごみ

金属、ガラス、陶磁器、缶、小型家電など

資源ごみ

ペットボトルのキャップ、発泡スチロール、瓶、缶、古紙など

粗大ごみ

引越し時に最も処理に困るのが粗大ごみです。
大型の家具・家電など

荷づくりをしていくなかで、不要の紙くず、衣類、雑貨といったものが幅広く不要になります。 マンションなどで廃棄業者に依頼して回収している場合、引越しに伴う一時的な大量ごみは出せないこともありますので、準備段階で小分けにして処分するのが無難です。 廃品はリサイクルショップなどで買取ってもらえることもありますので、時間があればリサイクルに出すのも一つの方法です。

大量に出る臨時のゴミは手数料を支払えば自治体で収集してくれる

ゴミの収集日や分別方法、ゴミの呼び名は各自治体で異なりますので、引越しでゴミを出す際は事前にお住まいの自治体HPで事前に確認してください。可燃ごみや不燃ごみを臨時で出す場合、自治体の清掃事務所などに事前に相談しましょう。収集日と費用を教えてくれます。

また自治体によって古着のリユースやまだ使える家具の引取りなどを実施しているところもあります。まずはお住いの自治体のホームページで調べてみましょう。

廃品処分・回収・廃棄にかかる費用

引越しを行なう時に、いろいろなゴミが大量にあることがわかります。引越しをする時が、掃除やゴミを処分する機会であると捉えて、一気にそれらを片付けると良いでしょう。

通常ごみの処分

ゴミの日に回収できるゴミは、定められた曜日に廃棄しましょう。かかる費用は通常のゴミ処理と変わりません。 引越し前に回収されるゴミの種類をきちんと確認し、収集スケジュールにそって廃棄しましょう。

粗大ごみの処分

特定の家電製品・精密機器を除く30センチ四方を超えるゴミを指します。 自治体によって金額が大きく異なりますが、冷蔵庫ですと1,000円程かかる地域もあります。また、重さで廃棄料が決まっている地域もあるようです。

リサイクルショップで引き取ってもらえる場合は廃品を回収してもらった方が処分にお金がかからない場合もありオススメです。

自治体によってごみや廃品の出し方が異なるので注意が必要です。ゴミを出して荷造りの荷物を減らすことで引越しの際の荷物の量を減らすことができます。

引越し業者や不用品回収業者にゴミの廃棄を頼む場合

引越しの際に出てくるゴミの量は、自分が思っている以上に、たくさん出てくることが多いようですので、回収業者に依頼して一度に片付けるのが便利です。

引越し業者

引越し業者へお願いする場合は見積もり時に回収してほしいゴミの内容を伝えるようにしましょう。回収が有料になるもの、無料のものを教えてくれます。

不用品回収業者

地域密着の業者が多いため、お近くのリサイクルショップや廃品回収業者へ見積もりを取ってみましょう。引越し業者と比較して総合的に判断するのがオススメです。

引越し準備はやることが多くて大変ですが、ゴミの分別を行わない・ゴミを残して引越すなどの迷惑行為を行わないよう、事前に計画を立ててゴミや廃品の回収・廃棄を行いましょう。分別していないゴミを大量に残していき、マンションの管理会社の方が分別しなければならない……というようなマナー違反は避けたいですね。

違法な不用品回収業者に注意!

最近、「無料で不用品の回収を行います」と謳っている業者に収集を依頼してトラブルが起こる例が増えています。無料といっていたのに、実際に荷物を引き渡してから高額な料金を請求されるケースもあるそうです。

こうした違法業者の中には無許可で回収を行っているところも。こうした業者や不法投棄や不適切な廃棄を行っている可能性があります。フロンガスや鉛といった有害物質を適切に処理せずに、破壊したり埋め立て処理を行ったりすれば、環境汚染にもつながるのです。

家電リサイクル法の料金をはじめ、回収にかかる費用は自分自身と環境を守るためでもあるということを忘れないようにしたいですね。

よろしければこちらもご利用ください

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2017/04/08

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

不用品回収サービス
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
整理、整頓、収納はココが違う 『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
荷造りマニュアル 引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し当日の心構え 覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
事前に新居ですること 引越し前が狙い目!新居でしておく準備って?
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
必須アイテム 大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日すること 引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
引越しにかかる費用(賃貸編) 引越しにかかる費用(賃貸編)-物件選び~新生活-
引越しは何かと費用がかかります。事前に予定を立てて準備をしておきましょう。
一人暮らしの準備 一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引越し業者ごとの強みを知ろう! 引越し業者ごとの強みを知ろう!
女性向けプランや、近距離引越し、不用品買取など引越業者それぞれの強みや特徴をチェック!
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
レンタカーやレンタル軽トラックでの引越し相場 自分で引越しされる方へ
レンタカーやレンタル軽トラックで引越しならHOME'S。レンタカーを利用して自分で引越しする際の車種選びの注意点や軽トラックのレンタル料金相場などお役立ち情報満載。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な預かりサービスを検討されている方へ
引越し荷物の一時保管やトランクルームについてご紹介します。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。

引越し業者を探す

引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。