引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > ロフト付き物件への引っ越しで注意すること

ロフト付き物件への引っ越しで注意すること

投稿日:2020/04/14

hero

「ワンルームの限られた空間を有効に使える」
「布団を敷きっぱなしでも大丈夫」
「隠れ家みたいでワクワクする」

このような理由で人気が高いロフト付き物件。一人暮らしの人を中心に人気が高い物件ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリット、さらにロフト付き物件に引越しするときに注意したいポイントについて詳しくまとめています。

INDEX


  1. 「ロフト」とは?ロフトの定義を知っておこう

  2. ロフト付き物件のメリット

    1. 寝室として使える
    2. 物置として使える
    3. 洗濯ものが干せる
    4. 天井が高いので解放感がある
    5. 冬は暖かい


  3. ロフト付き物件のデメリット

    1. はしごの上り下りが面倒
    2. 荷物の上げ下ろしが面倒
    3. 自分や物が落下する危険性あり
    4. 掃除がしにくい
    5. 天井が低いので不便
    6. 照明の交換が大変
    7. 夏は暑い
    8. 冷暖房費がかかる


  4. 引っ越しでロフトに荷物を運び入れるときの注意点

    1. 荷物の大きさによっては吊り上げ作業が必要なことも
    2. ロフト付き物件から引っ越すときの注意点!


「ロフト」とは?ロフトの定義を知っておこう

ロフトは建築法上で、『小屋裏物置等』という扱いになり物置としてみなされます。「ロフトの高さがもっと高ければいいのに」「はしごは不安定で怖いから階段にしてくれればいいのに」など不満を感じたことのある方もいると思いますが、実はロフトの条件は細かく定められており、それを超えると建物が2階建て扱いとなってしまうのです。

・三角状の空間であること
・広さが床面積の2分の1未満であること
・ロフトの高さが1.4m以下であること
・用途は物入れ限定すること
・はしごは固定式でないこと

(参考:建築基準法 小屋裏物置等の取扱い http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000170285.pdf)

ロフト付き物件のメリット

hero

 

本来、物置であるロフトですが、実際には色々な使い方をしている方がいます。まずはロフトのメリットから見ていきましょう。

寝室として使える

ロフトにベッドを置くことでスペースを節約できます。 特にワンルームのマンションやアパートでは、ベッドを置くだけで部屋が狭くなってしまいますが、ロフトがあれば部屋を広々と使うことができます。

また、ベッドだけではなく布団で寝起きしている人は布団を敷きっぱなしにしておいても目につかないというメリットも。さらに天窓のあるロフトなら、布団をおいておくだけで日光にあてることができ快適です。

物置として使える

普段、使わないものを保管する物置として使用することもできます。はしごを使って登る必要があるロフト内部は来客の目にも止まりにくいため、不要なものはとりあえずロフトに置いておくという使い方をしている人も多いです。

洗濯ものが干せる

一人暮らしの場合、洗濯物をなかなか外に干すことができずストレスを感じることがありますよね。天窓があるロフトなら、部屋の中なのに外干ししたかのようにしっかり乾かすことができます。

ロフトの高さは1.4mと決して高くありませんが、折り畳み式の物干し台やハンガーラックなどを置けば、かなりの量の洗濯物を干すことができます。ただし天窓がない場合、夏場は高温多湿となり、雑菌がわきやすいので注意してくださいね。

天井が高いので解放感がある

と内部の高さは1.4mまでと制限がありますが部屋全体としてはロフトがある分、天井が高めに作られているため、通常の部屋より天井が高く開放感があります。

冬は暖かい

暖かい空気は上部に集まりやすいため冬場は暖かく過ごすことができます。

 

ロフト付き物件のデメリット

hero

 

部屋が広々と使えておしゃれなイメージのあるロフト付き物件ですが、実はデメリットも結構あります。ロフト付きを引っ越し先の新居として決める前に必ずデメリットも理解しておきましょう。

はしごの上り下りが面倒

初めはおしゃれでいいと思っていたけれど次第に上り下りが面倒になってオフと部分を使わなくなったという声もあります。夜中にトイレにいきたくなってもついつい我慢してしまうという人も。これでは体に良くありませんよね。

また、元気なときは問題なく上り下りできても、体調が悪いときや怪我をしているときなどは上り下りができず、ロフト部分が全く使えなくなる可能性があります。ロフト付き物件は健康な若い人向けと言えるかもしれません。

荷物の上げ下ろしが面倒

ちょっとした荷物でもはしごを使って上げ下ろしをするのは手間がかかります。そもそも はしごは両手でつかまっていないと危ないので、一人で両手がふさがるような荷物の上げ下ろしは危険。ロフト部分に布団を敷いて寝起きしている人のなかには「布団を干さなくなってしまった」という人も。

自分や物が落下する危険性あり

ロフトのハシゴは固定式ではないため不安定です。寝起きやお酒に酔っているときに、ロフトから危うく落ちそうになったという経験のある人もいます。また、枕元に置いておいたスマホを落として壊してしまったという笑えない例も。

掃除がしにくい

掃除機を持って上り下りすることができないため、ロフト部分はついつい掃除がおろそかになりがちです。ワイパー式のおそうじシートなどを用意しておくことをおすすめします。

天井が低いので不便

ロフトの高さは1.4 m までと制限があります。そのため、背の高い人ほど頭をぶつけやすいというデメリットが。洗濯物干しや物置として使用する際も、常に頭上注意、中腰で動かなければならず快適に使えるとは言い切れません。

照明の交換が大変

ロフト付き物件は通常の物件よりも天井が高いこともあり、照明が切れたときの交換作業が大変です。特に女性の一人暮らしの場合、大家さんや管理会社に連絡しないと照明が交換できないということもあるでしょう。

夏は暑い

ロフトの最大のデメリットといえるのがこちら。暖かい空気は部屋の上部に集まりやすいため、夏場は蒸し風呂のような暑さになります。特に天窓があると夏の室温は50°近くになることも。この温度では部屋として使うことはできませんね。

冷暖房費がかかる

高い位置にあるロフト部分には空調が届きにくく、冷暖房費がかさむというデメリットもあります。夏場は扇風機を置くという方法もありますが、コンセントがないロフトもあります。ロフト部分にコンセントがあるかどうかは必ずチェックしてくださいね。

 

引っ越しでロフトに荷物を運び入れるときの注意点

引っ越しでロフト部分に荷物を運び入れる予定がある場合、必ず事前に引越し業者に使えるようにしましょう。当日になって突然、依頼すると「階段作業」とみなされ、追加料金が発生する恐れがあります。特に中小規模の引越し業者に依頼する際は、必ず事前に確認しましょう。

荷物の大きさによっては吊り上げ作業が必要なことも

脚付きのベッドやタンスなど重量のある家具をロフト部分に上げる場合、吊り上げ作業が必要になることもあります。作業員も最低3人必要となり、その分引っ越し料金がアップすることも。家具によっては吊り上げ作業をでも運べないことがあります。

また、ロフトに上げた荷物は部屋を退去する際、再度吊り上げ作業でおろす必要があります。その都度料金が発生してしまうため、大きな家具や重量のある家具はロフトに置かない方が賢明と言えそうですね。

ロフト付き物件から引っ越すときの注意点!

反対にロフト付き物件から退去する場合、注意したい点があります。それは、ロフト部分に荷物を置き忘れないようにするということ。ロフトの奥の方にある荷物は目に付きにくく、気がつかずに置き忘れてきてしまうことが多いです。退去する前には必ずロフト内部に物が残っていないか確認するようにしましょう。

 

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/04/14

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しのタイミングで見直そう!地震対策
ここでは引っ越しのタイミングでできる地震対策についてご紹介していきます。
2021年4月以降の引越しは可能?緊急事態宣言はどうなる?
ここでは万が一、新たに緊急事態宣言が発出された場合の引越しの可否について説明していきます。
コロナで賃貸契約のキャンセルをしたらどうなる?学生向け支援まとめ
コロナ禍の影響によって不動産の賃貸契約をキャンセルした場合について詳しく紹介していきます。
コロナ禍における引越し。最適な新居の掃除の仕方とは?
ここでは賃貸物件の例を中心に特に気をつけるべき掃除箇所や正しい掃除の仕方について詳しく説明していきます。
コロナ禍での引越しと賃貸物件探し。できるだけ人と会わずに家を探す方法は?
ここではコロナ禍においてできるだけ人と会わずに新居を探し、引っ越しする方法をご紹介していきます。
引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは
ここでは引っ越しの時に冷蔵庫を運んでもらう場合の注意点や自分でやっておくべき準備について分かりやすく説明していきます。
コロナで変わる!リモートワーク向け人気の賃貸物件とは?
ここではテレワークに適した賃貸物件について詳しく説明していきます。
コロナ禍で増える地方移住・もう東京に住まなくてもいい?
ここでは東京と地方、家賃差がどのくらいあるのかを紹介しながら、地方移住のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。
引越しのベストなタイミング・賃貸の安い時期はいつ?
ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。
新型コロナの影響による収入減をサポートする給付金まとめ。引っ越し費用も出る?
ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます
ロフト付き物件への引っ越しで注意すること
ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。
2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
ルームシェアのトラブル例。引越しの前に注意する点は?
ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。
今年はどうなる?2020年引越し難民予測!
ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。
ルームシェアでの税金・世帯主は?家賃補助や住宅手当は
ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。
ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?
ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。
就職・転勤をされる方へ一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。
ロフトベッド、二段ベッドの引っ越しはできる?費用は?
ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。
引っ越し先に大切なぬいぐるみや人形を持っていくときの注意点
ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。
引っ越し先でプリンターの印刷ができないとき、どうすればいい?
プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。
ウォーターサーバーの引っ越し。新居でウォーターサーバーを契約するなら
引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。
高級ロードバイクや自転車ありの引っ越し。引っ越し業者に依頼できる?
自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。
ごみ屋敷化してしまった家からの引越し。引っ越し業者に依頼できる?
ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。
自分で引越荷物をレンタカーやレンタル軽トラックで運ぶのはお得?
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ゴミの種類 [まとめ]引越しゴミの回収や処分・廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
知らないと損する?引っ越しで受けられる補助金や助成金まとめ 
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。