> > シングルマザーの引越しで必要な費用や手当などの手続きとは

シングルマザーの引越しで必要な費用や手当などの手続きとは見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/06/11

 

シングルマザーの皆さんが引越しをする場合、どのくらいの費用を用意すればいいのか気になりますよね。ここでは母子家庭の方が引っ越しする際に必要な費用の目安や手続きの他、自治体の助成金や手当の申請のしかたなど、負担を軽くする方法についても説明していきます。

【目次】

  1. シングルマザーの引っ越しに必要な費用
    1. 家賃だけじゃない!引っ越しの初期費用
    2. UR賃貸住宅のお得な割引制度
    3. バツイチ、シングルマザーに優しい不動産会社も
  2. シングルマザーの引っ越しの費用を軽減する助成金や手当・貸付制度
    1. 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
    2. 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の申し込みに必要なその他の書類
    3. 母子家庭等家賃助成・住宅手当
    4. 家賃助成や住宅手当の金額の目安
    5. 母子家庭等家賃助成・住宅手当の申請に必要な書類
  3. シングルマザーが引っ越し後に必要となる手続き
    1. 児童扶養手当の転居手続き
    2. 児童育成手当
    3. 就学援助
    4. 福祉乗車券手続き
    5. 上下水道基本料金減免手続き

シングルマザーの引っ越しに必要な費用

子供の成長に合わせてもう少し広い部屋に引越したい、実家の近くに住みたい、仕事の都合で転居が必要になるなど、シングルマザーの皆さんが引っ越しを決める理由はさまざまです。なかには、これから離婚を控えている人もいるかもしれません。まずは引っ越しに必要な費用について見ていきましょう。

家賃だけじゃない!引っ越しの初期費用

毎月の家賃を払えるかどうかも大切ですが、引っ越しをする際には数か月の家賃を前払いしなければならなかったり敷金や礼金などがかかる場合がほとんどです。

また、不動産会社に支払う仲介手数料や火災保険などの保険料、 連帯保証人を設定できないときの保証料、カギの付け替え費用といった初期費用が必要となります。

これらの初期費用の目安は家賃の4~5か月分が目安。5万円の家賃の部屋なら20~25万円程度、さらに引越し業者に引っ越しを依頼する場合はその費用もかかります。特にお子さんが小さい場合自分一人で荷造りをしなければならないため、自力での引っ越しは難しいかもしれません 。

引越し業者に依頼する際には、大人一人、子供1人の引越しで同一都道府県内の場合、66,000円程度が相場となっています。お子さんが小さく、荷物が少ない場合は大手の引っ越し業者だけではなく、赤帽に見積もりを依頼するなど、費用を抑える方法を検討してみましょう。

UR賃貸住宅のお得な割引制度

 

一般の賃貸住宅と比べて若干、家賃が高いと言われるURの賃貸住宅ですが、仲介手数料や礼金、更新手数料などを支払う必要がなく初期費用を抑えられるというメリットがあります。また、物件によってはシングルマザーに嬉しい割引制度があることも。

3年間家賃がお得になる「そのママ割」や最大で9年間家賃が安くなる「子育て割」、35歳以下の方が契約するときに安くなる「U35割」のほか、入居後1~2カ月の家賃がタダになる「フリーレント」期間を設けている物件などさまざまです。

一般的にURの賃貸住宅は子育て世代が多く、一人で子供を育てるにあたって安心できる住環境であるというメリットもあります。

バツイチ、シングルマザーに優しい不動産会社も

「シングルマザーは入居審査に通りにくい」そんな声を聞いたことはありませんか?確かにシングルマザーというだけで、家賃の支払いが滞るのではと思う大家さんもいるようです。
なかには「住む所をどうするか考えると離婚する勇気が出ない…」そんな方もいるかもしれません。

こうした場合まずは、シングルマザーの入居に理解を示してくれる物件を特化して扱っている不動産屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。

離婚する人が増えている近年、シングルマザーに理解のある大家さんが所有する物件を紹介してくれたり、連帯保証人がたてられない場合に保証会社を紹介してくれたりといった配慮をしている不動産会社が増えているようです。まずは「シングルマザー 不動産会社」で検索してみましょう。

シングルマザーの引っ越しの費用を軽減する助成金や手当・貸付制度

ひとり親の家庭限定で支給される手当や公的制度があります。少しでも負担を軽くするために使えるものは全て申請するようにしましょう。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

シングルマザーの皆さんが引越しをする場合、「転宅費用」として260,000円を上限に腰にかかる費用を借りることができます。 ご両親など連帯保証人を立てられる場合は無利子で、保証人なしの場合は年1.0%の利率で3年以内に返済を終える必要があります。

貸付金制度の申請は転居する先の自治体で行う必要があります。すなわち転居先が決まってからでないと申請はできません。審査には「転居先を明らかにする書類」「転居費用の見積もり書」を提出します。審査から実際に貸付を受けるまでに時間がかかるので余裕をもって申請するようにしてくださいね。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の申し込みに必要なその他の書類

「転居先を明らかにする書類」「転居費用の見積もり書」の他にも以下の書類が必要となります。本人の状況によって必要な書類が変わってくるので、まずは転居先の自治体の窓口で相談するようにしましょう。 自治体の児童福祉所管課や保健福祉事務所などが窓口となります。

  • ・戸籍謄本
  • ・貸付申請書
  • ・世帯の全員にかかる住民票記載事項証明書又は住民票の写し
  • ・貸付を受ける本人と連帯保証人の印鑑登録証明書
  • ・父母および連帯保証人の収入を明らかにする書類
  • ・生活費収支内訳

 

母子家庭等家賃助成・住宅手当

こちらは引っ越し用ではなく家賃に対する助成金です。年収が一定金額以下で生活保護を受けていないこと、家賃が6万円以下であること、民間の賃貸住宅を借りているなど条件がいくつかあります。

元夫や三親等以内の家族の所有する住宅に住んでいる場合、家賃を払っていても女性を受けることはできません。

こちらは国の制度ではなく、限られた自治体で支給されているもので助成金制度のない自治体も多いです。制度の名前も「ひとり親家庭住宅手当」「母子家庭等家賃助成」など自治体によって異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

家賃助成や住宅手当の金額の目安

例えば、神奈川県厚木市の場合、家賃が50,000円以上、60,000円以下の場合で10,000円の助成金が支給されています。支給額は自治体によって異なり5,000~10,000円程度が一般的です。

支給されるタイミングは毎月ではなく、 児童手当てなどと同様に年3回、4カ月分まとめてといった形で支払われるようになっています。

母子家庭等家賃助成・住宅手当の申請に必要な書類

自治体によって必要な書類は異なりますが、多くの自治体で必要となるのは以下の書類です。

  • ・助成金の申請書
  • ・戸籍謄本
  • ・世帯の全員にかかる住民票記載事項証明書又は住民票の写し
  • ・所得を証明する書類
  • ・借家賃貸借契約書のコピー
  • ・県営住宅の場合は、「家賃決定通知書」又は「減免承認書」の写し、市営住宅の場合は、「家賃決定通知書」の写し
  • ・児童扶養手当証書
    ・家賃の領収書(申請する月のもの)のコピー
  • ・住民税課税・非課税証明書
  • ・認め印
  • ・銀行口座情報が分かるもの

 

シングルマザーが引っ越し後に必要となる手続き

 

転居の際に受けられる助成金の申請の他にも、シングルマザーの皆さんが引っ越しをした後に必要な手続きはいくつかあります。申請の時期が決まっているものもあるので、忘れずにチェックしましょう。分からない点があるときには、ひとりで悩まずまずは役所の子育て支援課などで相談してみてくださいね。

児童扶養手当の転居手続き

旧居のある自治体で「児童扶養手当証明書」と印鑑を持参して、手続きします。自治体によっては転出届を提出するだけで手続きが終了するところもあります。

その後、新居のある自治体で児童扶養手当転入届を提出します。必要な書類は以下の通りです。

  • ・児童扶養手当証書
  • ・印鑑
  • ・個人番号が確認できる書類
  • ・身元確認ができる書類

 

児童育成手当

自治体によっては児童扶養手当のほかにも児童育成手当を支給しているところもあります。転出先の自治体に児童育成手当の制度があれば、申請をしておきましょう。

「子ども医療助成制度」または「ひとり親家庭等医療助成制度」の変更手続き

こちらは義務教育を受けている子供が病院にかかるとき、保険診療でかかった医療費の自己負担額を助成してくれる制度。自治体によって無料になるところや、一部負担金があるところがあります。転入手続きの際に合わせて申請をしておきましょう。

なお、同じ市町村内で引越しをする場合にも「子ども医療費助成制度申請事項変更届」で住所が変わったことを届け出る必要があります。

就学援助

学校での学習に必要な費用を援助してもらえる就学支援、就学援助も申請が必要です。申請に必要なのは、印鑑、証明書類(児童扶養手当 証書)、キャッシュカードや通帳なおです。申請先はお子さんが通う学校または教育委員会・教育支援課などになります。

福祉乗車券手続き

自治体によっては母子家庭に対し、一世帯で1人に限って市バスや民営バスなどの無料特別乗車券を支給しているところがあります。制度のある自治体に転入するときにはぜひ利用しましょう。

上下水道基本料金減免手続き

児童扶養手当を受給している家庭に対して、水道料金の減免手続きを取っている自治体があります。詳しくは水道局のホームページなどで確認してみましょう。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2019/06/11

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しを機にミニマリストを目指すコツとは?
引っ越しをきっかけにミニマリストを目指すための荷物の減らし方や最低限残しておきたいものについてまとめています。
シングルマザーの引越しで必要な費用や手当などの手続きとは
シングルマザーの皆さんが引越しをする負担を軽くする方法について説明していきます。
引越し前、新居が決まったら確認&採寸するポイント
新居のサイズを採寸しておくべき理由やポイント、確認しておくべき点についてご紹介していきます。
引っ越しの際、手荷物として自分で持っていくものリスト
ここでは引越しのときに手荷物として自分で持っていくと便利なものについてまとめてみました。
引越しでフィギュアを運ぶ。オタクグッズの運搬や処分で気をつけること
引越しの際に注意したいフィギュアなどの運び方や処分の方法などについてまとめてご紹介します。
引越し当日の昼食のスケジュール。夕食の準備は?
引っ越し当日の朝食、昼食、夕食の用意のしかたや引越し業者のスタッフへするべき配慮などについて詳しく説明していきます。
引っ越し良品100均で買うべきものと買わないほうがいいもの
引っ越しの際に役に立つ100均グッズについて紹介していきます。
引越しの際の観葉植物、植木の梱包・運搬について
引っ越しの際に植物や植木を運びたいときの注意点や梱包の仕方、また引っ越し前に植物を処分する方法について詳しく説明しています。
ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し先に水槽を持っていくときの注意点。熱帯魚や金魚の運び方
引っ越しの際に水槽を運ぶときの注意点や運搬にかかる料金、梱包についての知識を詳しく紹介していきます。
引越しのとき忘れやすい照明器具。照明器具の運び方、取り付け・取り外し方法は?
引っ越しの際の照明器具の取り付け、取り外しの方法や梱包、運び方などについて詳しく説明しています。
引っ越し後、すぐにやるべきゴキブリ対策!
ゴキブリ対策は引っ越し後すぐにすべし!必見!ゴキブリ対策の方法について詳しく説明していきます。
引っ越し時の壁紙張り替え費用の支払いは義務?費用の相場を知っておこう
引っ越し時の壁紙張替えの費用についてのすべてをまとめてみました。
引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?
引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。
携帯電話やスマホの引越し手続き。新居を決めるときにチェックすべきポイント
引越し先でもスマホや携帯電話をスムーズに使用するための手続きや、新居での通信状況についてまとめました。
使いかけの調味料はどうする?台所用品の荷造りで抑えるべきポイント
食材や台所用品、台所の家電、家具などの荷造りで抑えておくべきポイントをまとめました。
引越しときのテレビの梱包。映らない場合の対処法や解約について
テレビを運ぶ際の正しい梱包方法や注意点、処分の方法、転居後の配線や設置方法についてまとめています。
引越し作業時間や見積もりにかかる時間を省いて効率的に進める方法とは
引越しのために必要な時間を短縮し、体力的にも楽をしたい人に向けたサービスを紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
引越し時の食器・皿(割れ物)などを梱包するコツ
引越し時に役に立つ食器類の梱包の仕方をご紹介。
自分で引越しをすると本当に安い?自力引越しの注意点
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。