引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?

ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?

投稿日:2020/01/21

 

気の合う仲間とルームシェアをしたい!と思い立ったとき、最初のハードルとなるのが物件探しです。家族や結婚を予定しているカップル以外でルームシェアができる賃貸物件はそれほど多くありません。

また、物件を見つけても、1人で部屋を借りるときとは違った点に注意しなければならないことも。ここではルームシェアのために引っ越すときの物件探しの方法や契約するときの注意点などについて詳しく説明していきます。

ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。来年4月、新入学や転勤などで引越しを考えている方、必見です!

INDEX


  1. ルームシェア物件の探し方。まずは不動産ポータルサイト

    1. 意外に少ないルームシェア可物件。時間に余裕を持って探そう
    2. ルームシェア可と相談可は違う!
    3. 男性同士のルームシェアは難しい?
    4. 大家さんに直接会う機会を設けてもらう


  2. ルームシェア賃貸契約名義は誰になる?連帯保証人は?

    1. 代表者1人が契約する場合
    2. 全員の連名で契約する場合
    3. 家賃の支払い方法、退去時のルールを明確に決めておこう
    4. 海外のルームシェア事情


  3. 2020年はヤマトホームコンビニエンスが単身引越しの受注を再開!

ルームシェア物件の探し方。まずは不動産ポータルサイト

一人暮らしの物件なら近所の不動産屋さんに行って条件を伝え、希望にあった物件を紹介してもらうという方法がありますが、ルームシェアをする物件を探すときは、まずインターネットで目星をつけておくのが基本です。不動産屋さんに直行しても、情報は少ないので注意しましょう。

意外に少ないルームシェア可物件。時間に余裕を持って探そう

通常、「駅近」「ペット相談可」「2階以上の物件」「オートロック」などさまざまな検索条件を指定できますが、サイトによっては「ルームシェア可(または相談可)」という条件を指定できないところもあります。

 

 

もともとルームシェアすることを想定して建築された物件は現状、とても少ないです。シェアハウスの影響もあってルームシェアできる物件も徐々に増えてきてはいる様子ですが、メンバー全員の希望を満たす物件が見つかるまで数ヶ月かかる場合もあるでしょう。

「今住んでいるところを退去しなければならない」「契約の更新が迫っていてそれまでにシェアする部屋を見つけたい」というときは、最低でも3ヶ月程度前から時間に余裕を持って物件探しをスタートさせるのがポイントです。

特に3人以上でルームシェアする場合「1人1人の希望条件×人数=ルームシェアする物件の条件」となり、物件選びのハードルが高くなる傾向にありますので、早め早めに行動を起こすようにしましょう。

ルームシェア可と相談可は違う!

ルームシェア可の物件を取り扱うポータルサイトでも、詳細をチェックしてみると「ルームシェア可」と「ルームシェア相談可」という物件があることがわかります。

ルームシェア相談可というのは、入居者の収入や職業、さらには人柄などによって「ルームシェアの相談にのってもいいですよという意味であり、場合によっては断られることもあります。「ルームシェア可」という物件でもなんの条件もなくルームシェアできるというわけではないのです。

男性同士のルームシェアは難しい?

女性同士と比べ、男性同士のルームシェア用物件を探すことは難しいと言われていますが、本当でしょうか。物件によって異なりますが、男性同士のルームシェアが好まれないのは、以下の理由が考えられます。

 

  • 友達を呼んで騒ぐことで周囲の住民からクレームが入る
  • 男性2人以上が使用することで、部屋が汚れやすい&掃除がおろそかになる
  • 退去時に原状回復費用が高くなる
  • 原状回復費用がきちんと回収できるか不安がある

大家さんに直接会う機会を設けてもらう

気に入った物件があるけれど、審査に通るか分からない…。そんなときは、不動産会社を通して大家さんに直接、会う機会を設定してもらうといいでしょう。

事前に不動産会社の担当者に相談してルームシェアの入居希望者がいるということを伝えてもらい、実際に会ったときに大家さんが懸念しているポイントをクリアできるということをアピールすればいいのです。

 

  • 社会人同士のルームシェアなので、大騒ぎはしない
  • 部屋の掃除はきちんとする。あるいは家事代行を依頼する予定である
  • 退去時の原状回復には責任を持って費用を負担する
  • それぞれが連帯保証人をつけることで家賃滞納への不安をなくす

 

大家さんにとっては信用できる入居者であるかがポイントになります。実際に会い人柄を知って安心してもらえれば、審査が通る可能性も高まるでしょう。

 

ルームシェア賃貸契約名義は誰になる?連帯保証人は?

 

ルームシェアでは「代表者1人が賃貸契約する」「入居者全員の連名で賃貸契約をする」2つの契約方法があります。どちらにもメリットとデメリットがありますが、最終的には全員が信頼できるメンバーなのかによって判断すべきでしょう。

代表者1人が契約する場合

代表者1人が賃貸契約をする場合、必要な連帯保証人も1人となります。メンバーの中に会社員とフリーランスの人がいる場合、会社員の人が代表して契約すれば審査もスムーズに通ることが多いです。

ただし、デメリットもあります。代表者が退去する場合、残った入居者のうち誰かが代表となって契約しなおし、新たに連帯保証人を設定しなければなりません。

また、代表者以外が部屋を汚したり、壊したりして先に退去した場合、最後には契約者が原状回復費用を負担することになります。家賃滞納の際も、家主側は契約者と連帯保証人にしか請求ができません。そのため、家賃の回収が難しくなるのでは?と懸念する大家さんもいます。

全員の連名で契約する場合

入居者全員の連名で賃貸契約をする場合、それぞれが連帯保証人を設定します。この場合、家賃の滞納や原状回復費用もそれぞれに請求できるので、トラブルがあったとき代表者が責任を1人で責任を負う羽目になる…ということがありません。

ただし、誰かが退去した際には賃貸契約を再度締結しなおす手間がかかります。またルームシェアを解消することになり全員が退去するとき、誰に敷金を返したらいいのか、原状回復費用をどのように請求したらいいのかなど、問題になることも考えられます。

家賃の支払い方法、退去時のルールを明確に決めておこう

ルームシェアを始めるときは楽しい気分でも、将来的に誰かが家賃を滞納したり、一方的に退去してしまったりする可能性はゼロではありません。

ルームシェアをスタートさせるときには、あらかじめお金に関するルールを明確にしておきましょう。家賃はどのように支払うか、滞納があったときはどうするかなど決めておくことは特に重要です。

万が一、お金のトラブルが起きたときのために、全員で毎月少しずつお金を積み立てておくという方法もあります。マンションの共益費、管理費のようなイメージでお金を集めておけば突然、修繕費用が必要になったときも安心です。

誰かが一方的に家賃を滞納したまま退去したというときは、いったん積み立ててあるお金から支払っておけば、全員が退去を迫られる事態も避けることができます。

海外のルームシェア事情

海外ドラマなどを見ていて「海外では気軽にルームシェアしているのに、どうして日本はこんなに面倒なの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

実際には海外のルームシェアでもトラブルはよく起こります。例を挙げてみましょう。

 

  • シェアメイトの彼氏、彼女が入りびたりで、リビングやキッチンを使えない
  • メンバーのうち1人が大型冷凍庫や個室のテレビなど、明らかに電気を多く使っているのに同じ電気代金を請求される
    (海外では共有スペースにテレビが1台あるだけ、またはテレビ自体がない家もあります)
  • 新しい入居者を見つけてこないと退去させないと言われた
  • 敷金を返してくれない
  • 不当な原状回復費用を請求された
  • 退去して何年も経ってから費用を請求された

 

海外でも連名契約は少なく、代表者1人が契約することがほとんど。また、街中の掲示板やインターネットなどで入居者を募るため、仲間意識が少なく何かとお金を請求してくる代表契約者もいます。

海外では不動産業者を通さない物件が多い

海外では不動産業者を通さず、大家さんと直接契約して部屋を借りるケースが少なくありません。不動産業者に支払う手数料がかからないというメリットがありますが、トラブルが起きたらすべて自分で対応しなければならなかったり、不当な要求を突きつけられたりすることもあるのです。

 

その点、日本では不動産会社が仲介している限り、理不尽な請求がくるトラブルは少ないと言えます。ルームシェアの賃貸物件探しが難航している、契約が面倒…とくじけそうになっても、物件が見つかればあとは快適な生活が送れるはず。楽しいシェアライフを目指して、頑張りましょう!

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/01/21

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しのタイミングで見直そう!地震対策
ここでは引っ越しのタイミングでできる地震対策についてご紹介していきます。
2021年4月以降の引越しは可能?緊急事態宣言はどうなる?
ここでは万が一、新たに緊急事態宣言が発出された場合の引越しの可否について説明していきます。
コロナで賃貸契約のキャンセルをしたらどうなる?学生向け支援まとめ
コロナ禍の影響によって不動産の賃貸契約をキャンセルした場合について詳しく紹介していきます。
コロナ禍における引越し。最適な新居の掃除の仕方とは?
ここでは賃貸物件の例を中心に特に気をつけるべき掃除箇所や正しい掃除の仕方について詳しく説明していきます。
コロナ禍での引越しと賃貸物件探し。できるだけ人と会わずに家を探す方法は?
ここではコロナ禍においてできるだけ人と会わずに新居を探し、引っ越しする方法をご紹介していきます。
引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは
ここでは引っ越しの時に冷蔵庫を運んでもらう場合の注意点や自分でやっておくべき準備について分かりやすく説明していきます。
コロナで変わる!リモートワーク向け人気の賃貸物件とは?
ここではテレワークに適した賃貸物件について詳しく説明していきます。
コロナ禍で増える地方移住・もう東京に住まなくてもいい?
ここでは東京と地方、家賃差がどのくらいあるのかを紹介しながら、地方移住のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。
引越しのベストなタイミング・賃貸の安い時期はいつ?
ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。
新型コロナの影響による収入減をサポートする給付金まとめ。引っ越し費用も出る?
ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます
ロフト付き物件への引っ越しで注意すること
ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。
2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
ルームシェアのトラブル例。引越しの前に注意する点は?
ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。
今年はどうなる?2020年引越し難民予測!
ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。
ルームシェアでの税金・世帯主は?家賃補助や住宅手当は
ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。
ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?
ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。
就職・転勤をされる方へ一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。
ロフトベッド、二段ベッドの引っ越しはできる?費用は?
ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。
引っ越し先に大切なぬいぐるみや人形を持っていくときの注意点
ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。
引っ越し先でプリンターの印刷ができないとき、どうすればいい?
プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。
ウォーターサーバーの引っ越し。新居でウォーターサーバーを契約するなら
引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。
高級ロードバイクや自転車ありの引っ越し。引っ越し業者に依頼できる?
自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。
ごみ屋敷化してしまった家からの引越し。引っ越し業者に依頼できる?
ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。
自分で引越荷物をレンタカーやレンタル軽トラックで運ぶのはお得?
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ゴミの種類 [まとめ]引越しゴミの回収や処分・廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
知らないと損する?引っ越しで受けられる補助金や助成金まとめ 
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。