引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引越し荷造りの段取りと上手な梱包方法

引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法

投稿日:2017/10/11

 

荷造りの前に新居での配置をイメージ

引越し日から逆算して、荷造りの手順、日程を考えておきましょう。最初からやみくもにダンボールに荷物をつめるのではなく、まずは新居のレイアウトと荷物の配置場所をイメージしておきます。

荷造りの開始は引越しの2週間前から開始するのがオススメです。その理由は、

  • 荷造りを始めると、新たにゴミが出てきます。
    引越し当日までに燃えるゴミ、燃えないゴミを最低でも2回は出すことができます。1週間前だと1回忘れると引越し先まで運ばなければなりません。
  • 荷造り途中で、予期せぬ衣類や食器など出てくる場合があります。
    そうなれば、追加のダンボールや梱包資材が必要となり、引越し業者に再度依頼、送ってもらう時間が必要となります。1週間前だと引越し当日にダンボールが来るなど慌しくなります。
  • 不用品の処分は時間がかかります。
    業者を選び依頼し、買取・回収に来る日を調整、実際に引取りに来てもらうまでに最低1週間は確保しましょう。

ステップ1:荷造りスケジュールを立てる

荷造りには通常1週間前後の時間が必要となります。

そのため、余裕を持って2週間前には普段全く使用しないものを整理しはじめ、1週間前にはシーズンオフの衣服や雑貨、前日には普段使うものを荷造りしていきます。そのスケジュールをもとに進めていきましょう。

ステップ2:新居の間取り図で収納イメージ

まず荷造りをする前に、新居での物の収納の仕方をしっかりと頭でイメージをしてみましょう。荷物と配置場所を決めておけば新居に引越す際の荷物の搬入作業がスムーズになり、荷解きも楽です。

まず住居を検討した際に利用した『新居の間取り図』を用意します。各部屋毎に『誰が何をどうする場所なのか』を決めましょう。次に、その各部屋毎に番号を振っていきます。例えばリビングをA、台所をB、ダイニングをC、パートナーの部屋をD、子供の部屋をE、、、と図に書き込んでいきます。

新居の間取り図を元に、荷物をどの部屋に運ぶべきかマッピングしていきます。例えば、A:リビングには電化製品のTVを配置するならTVにA、E:子供部屋に衣装ケースなどの大型家具を置くなら衣装ケースにEとマーキングしていくイメージです。

また、引越し当日には引越し業者にも同じものをコピーして渡しておくと搬入の際に『どの荷物をどこに運ぶか』指示ができるのでコピーを2枚用意しておきましょう。この指示書がないと、引越し業者から都度「この荷物はどこに置きますか?」と聞かれ、新居でかなり時間がかかり非効率です。

ステップ3:場所毎にまとめて荷造り

新居の間取り図をもとに、部屋ごと、収納する場所ごとに荷造りをしていきます。

荷造りを進めてしていく上で必ず必要になるのが、ダンボールです。 このダンボールを上手く活用することによって、引越し準備もスムーズになり、引越しが終わり荷解きをする際にも楽に片付けができるようになります。

ダンボールは蓋を閉めてしまうと、中のものを確認する方法が箱に書かれたメモ書きだけになるので『ステップ2』で決めた部屋毎の番号(A、B、、、)をダンボールの外側に分かるように記載します。

合わせて部屋ごとに色分けしたテープを見やすい位置に貼っておくと、番号分け・色分けで視覚的にも効率が上がり、引越し当日の作業がスムーズに流れます。

【大型家具の場合】

荷造り方法は家具により異なります。例えばTVや衣装ケースの場合は専用のボックスを引越し業者が準備できる場合があります。専用のボックスがあれば、引越し当日に引越し作業員に荷造りをお願いすることができるので、事前に荷造りをする必要はありません。

専用のボックスが無い場合は、TVは梱包財で包み、衣装ケースの中身はダンボールにいれていきます。

【食器や割れ物の場合】

梱包財や新聞紙に包み、割れないようカバーをしてダンボールに入れていきます。また、引越し業者によってはアート引越センターの『エコ楽ボックス』のような食器専用のボックスを準備できる場合があるので、あらかじめ引越し業者に確認しておきましょう。

荷造りに必要な梱包資材

引越しの際は住居内に存在するあらゆるものを荷造りしていかなければなりません。ダンボールなどに詰めていくものとして、洋服などに関しては破損の危険性が低いためそのままダンボールに詰めていけます。一方で、食器や花瓶などの割れ物は梱包資材に包んで割れないように注意が必要です。ここでは割れ物の荷造りに必要な梱包資材についてご紹介します。

タオル等の布

身近な梱包資材として大きな物を包む場合は衣服やタオル等の布で割れ物を守ることができます。

新聞紙

タオルと比べると衝撃吸収能力は劣りますが、新聞紙も立派な梱包資材です。新聞紙を丸めて詰めるだけで衝撃を吸収してくれますので小さい物を包むのに適しています。

気泡緩衝材

梱包資材として有名な気泡緩衝材いわゆるぷちぷちも高い衝撃吸収能力を誇ります。大きい物から小さい物まで包むことができます。

続いて、割れ物の形状から梱包資材の使い方を見ていきましょう。

筒状の割れ物

コップやワイングラスなどは梱包資材で外側を包み、内側にも梱包資材を詰めましょう。コップ等の小さいものはぷちぷちや新聞紙、花瓶などの大きな物はタオルなどで包みましょう。

平らな割れ物

お皿やPCのディスプレイなどの平らな物はダンボール等に入れる際に衝撃で動いてしまわないように隙間を埋めます。お皿は一枚ずつ包みましょう。

球形の割れ物

花瓶などの丸みを帯びた物は全体を包み、ダンボール等に荷物を詰めた際に生じる隙間に梱包資材を詰めます。

引越しの際は、梱包資材を大量に使用し、割れ物が壊れないように丁寧に梱包していきましょう。

ダンボールなどの梱包資材がもらえる引越し業者

引越し業者毎に提供している梱包資材は異なります。『ダンボールは無料で30枚、それ以上は有料』などの条件が付いているのが一般的です。ハンガーBOXや布団袋を提供している業者もあります。

LIFULL引越し

【LIFULL引越し編集部】この記事の作成・編集を担当。引越し業者の一括見積もりサービスを提供しているLIFULL引越し公式編集部です。引越しに役立つ情報をご紹介しています。


引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2017/10/11

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しで賃貸契約する前に知っておきたい賃貸保証会社とは
ここでは連帯保証人と賃貸保証会社とはどのような会社なのか詳しく説明していきます。
梅雨が来る前にしておきたい!引っ越し先の結露対策
ここでは本格的な梅雨が来る前にしておきたい、結露対策について詳しく紹介していきます。
引っ越し後、すぐにやっておきたいこと&用意しておきたいアイテムとは
ここでは家具や家電を設置してから「あれをやっておけばよかった」と後悔しないように、引っ越し後すぐにしておくべき最低限の作業と掃除に必要なアイテムをまとめました。
引っ越しの賃貸物件選び。妥協してもいい&ダメなポイントとは
ここでは引っ越し先の賃貸物件選びをする際、妥協してもいい条件と妥協するべきでない条件について詳しく説明していきます。
コロナ禍の家トレ。引っ越し先にホームジムを作るときの注意点とは
ここではトレーニング初心者の方が自宅にホームジムを設置するときや家トレに適した引っ越し先の選び方について詳しく説明していきます。引っ越し先で本格的な家トレをしたい!という方は是非、チェックしてみてくださいね。
引越しで考えたい・在宅ワークやオンラインレッスンでも快適なネット環境とは
ここでは引っ越し先を探すときに確認したい新居で導入されている回線の調べ方やいま使っている回線がそのまま使えるかどうかの確認方法、新しいインターネット回線を契約するときのポイントなどについて詳しく説明していきます。
UR賃貸住宅や公社の賃貸への引っ越し・メリットとデメリット、審査の違いは?
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
新型コロナワクチン、3回目接種の前後に引越しをするときの注意点
ここでは引っ越し後や海外からの帰国後などにワクチン接種を受けるときの注意点について詳しく説明していきます。
引っ越しの費用をカードローンで支払うことはできる?
引越しの際、カードローンなどを利用して引っ越し費用を支払う場合のメリットとデメリットをまとめました。
話題の子育て世帯への臨時特別給付金引越してももらえる?
ここでは、この子育て世帯への臨時特別給付金はどんな世帯がもらえるのか、また、令和2年度中に引越しをしてももらうことができるのかなどについて詳しく説明していきます。
引越し難民、2022年繁忙期はどうなる?
2月下旬から4月にかけては引越しの繁忙期となりますが、来年の引越し情報を詳しく紹介します。
【最新】コロナ禍における引越しのあいさつと粗品選び
ここでは新規感染者が減っている今だから注意したい引越し時の近所へのあいさつの仕方と最適な粗品選びについて詳しく紹介していきます。
2021年~2022年、年末年始の引越しで安くなる日はいつ?
ここでは2021年から2022年にかけての年末年始期間でいつ引越し料金が安くなるか詳しく解説していきます。
青色申告をする個人事業主が引越しの際注意すること
ここでは確定申告をする方が引っ越しで住所が変わったときに必要な手続きや必要な書類について詳しく説明していきます。
引越しした年の年末調整。注意することは?
ここでは引っ越しした年の年末調整で注意する点について詳しく紹介していきます。
引越し先の選び方。コンパクトシティってなに?
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
12月の引越しは安い?年末に引っ越しをする際の注意点とは
ここでは12月の引越し料金相場や12月の引っ越しがどのくらい安くなるか、また12月に引っ越しをする際の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しする際に必要な病院関連の手続きとは
ここでは、治療中の病気があるときやかかりつけの医療機関が変わるときなど、引越し前に必要な手続きやあらかじめ調べておくべきことを詳しく紹介していきます。
11月の引越しは高い?安い?
ここでは11月の引越し料金の相場や10月に引っ越すならいつが安いかなどについて詳しく説明していきます。
10月の引越しは高い?安い日はいつ?
ここでは10月の引越しにおける安くなるタイミングと高くなるタイミングについて詳しく紹介していきます。
9月の引越しは高くなる?
ここでは、9月の引越し料金がどのくらいになるか、その相場や安い時期と高い時期について詳しく紹介していきます。
2021年の引越しするのに良い日
ここでは2021年、引越しをするのに縁起がいい日についてまとめました。
引越し先でワクチンの接種は受けられる?
ここではワクチン接種の前後に引越しをした場合、どうなるのかについて詳しく説明していきます。
自然災害に備えた引っ越し先の選び方
ここでは検討している引っ越し先の災害危険度の調べ方や引越し先が決まったらしておきたい災害対策について説明していきます。
8月の引越しは安い?高い?猛暑の引越し作業で注意すること
ここでは引越しの訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
2021年7月の引越し。引越し料金が安い時期はいつ?
ここでは7月の引越し料金の相場と7月に引越しするメリット、引っ越しする時の注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの際、ダンボールに入れてはいけない&入れないほうがいいものとは
ここでは引越し作業の際、ダンボールに入れてはいけないものや、ダンボールに入れなくていいものについて詳しく説明していきます。
首都圏での引越し、オリンピックの前と後、どちらがいい?
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
契約前に必ずチェック!引っ越し先の賃貸物件で後悔したこと
ここでは賃貸物件を借りてどんな点について後悔している人が多いのか詳しく紹介していきます。
2021年、コロナ禍の家探し。賃貸物件の家賃は下がる?
コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか!?

引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。