> > 引越しのとき忘れやすい照明器具。照明器具の運び方、取り付け・取り外し方法は?

引越しのとき忘れやすい照明器具。照明器具の運び方、取り付け・取り外し方法は?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/04/23

 

引っ越しの際、旧居に忘れがちな荷物のひとつが照明器具です。新居についてみて照明器具がないことに気がついても、すぐに取りに戻ったり新しく購入したりできない場合もあります。ここでは引っ越しの際の照明器具の取り付け、取り外しの方法や梱包、運び方などについて詳しく説明していきます。「引越し時に照明器具を置いていくことはできるのか?」という、よくある質問にもお答えしていきます!

【目次】


  1. 引越しの際の照明器具の取り扱いについて

    1. 引越しの際の照明器具の取り外し・取り付け方法


  2. 引っ越しするとき、旧居に照明器具 置いていくことはできる?

    1. 原状回復の観点から照明器具を置いていくことはNG
    2. 残置物を新たな設備としなければならなくなる


引越しの際の照明器具の取り扱いについて

賃貸住宅を退去する際、自分で設置した照明器具は取り外す必要があります。 物件によってはキッチンやトイレの蛍光灯などは入居したときから、設置されているものもあるかもしれません。もともとついていた蛍光灯や照明器具などはそのまま残しておくようにしてください。

引っ越し作業の段階になって「どの照明器具が最初から設置されていたものか、分からなくなってしまった」と慌てることのないよう、 事前に管理会社に確認しておくことをおすすめします。

引っ越しの際の照明器具の取り外しについては、 引越し業者に依頼している場合、作業スタッフが取り外してくれます。自分で取り外す場合は以下の手順で行います。

引越しの際の照明器具の取り外し・取り付け方法

一般的な照明器具の取り外し方法は以下の通りです。取り付けは手順を逆に追ってください。シーリングタイプの照明器具はシーリングアダプター(アタッチメント)を外し忘れてしまうことも多いので注意してくださいね。また、照明器具の落下を防ぐためにも2人以上で作業をすることをおすすめします。

シーリングタイプ

 

①カバーを取り外す(左側に回すのが一般的です)

②コネクターを引き抜きます

③ 照明器具本体と天井にある電源をつないでいるシーリングアダプタを外します。
照明器具が落下しないように本体をしっかりと支えながら、シーリングアダプタについているレバーを引いてロックを解除して、照明器具本体を取り外します

吊り下げタイプ

 

①フランジカバーを外す(天井部分に付着しているカバー)

②天井の電源から配線器具を引き抜く

照明器具の梱包・運び方について

引越し業者に作業を依頼している場合、基本的には照明器具の梱包もお願いできます。自力で引っ越しをする場合は、照明器具を購入したときの箱に詰めなおすのがベストです。

箱を捨ててしまっている場合は、箱を自作しましょう。大きめの段ボール箱を用意しておきます。照明器具本体はプチプチタイプの緩衝材でくるんでおきまましょう。その上で、照明器具の大きさに合わせてダンボールに切り込みを入れ、中身が動かないサイズに調整していきます。隙間部分には丸めた新聞紙などを詰めて中身が動かないようにしておきましょう。

自分で梱包したら「ワレモノ注意」のラベルを!

梱包のみを自分で行って淑徳、荷物の詰め込みは引っ越し業者に依頼する場合、中身が壊れものであることがわかるように「ワレモノ注意」のラベルを貼っておきましょう。

中身が分かるようにダンボールのフタを開けておいてもOKです。何も書いていないと、乱暴に扱われたり、ダンボールの上に物を重ねられたりして中身が破損してしまう場合があります。

高所の照明器具やシャンデリアなどは引越し業者に作業を依頼しよう

階段部分など高い部分に設置されている照明器具や重さのあるシャンデリアなどは引越し業者に取り付け取り外し作業を依頼するようにしましょう。

照明器具だけを単体で配送したいときには、ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」など、梱包から搬出、搬入、開梱設置まで依頼できるサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

・ヤマトホームコンビニエンス らくらく家財便

(画像出典:ヤマトホームコンビニエンス http://www.008008.jp/transport/kazai/)

引っ越しするとき、旧居に照明器具 置いていくことはできる?

賃貸物件から賃貸物件への引越しでは、新居に照明器具がついているため、今まで使っていた照明器具が不要になることがあります。

今まで使っていたものが自分で購入したものだった場合、処分すればOKですがまだ使えるものであったらもったいないですよね。買ったばかりのものであれば、なおさらです。

「安いものではなかったし、使えるものであればこのまま使ってほしい」
「照明器具を置いていく分、敷金を多めに返してもらえないか」

という考えも頭をよぎりますが、賃貸物件から引っ越しをするとき照明器具を置いていくことはできるのでしょうか。

原状回復の観点から照明器具を置いていくことはNG

賃貸物件から退去する際には、経年による磨耗など自然に価値が減少する部分以外については設備を入居したときの状態に戻さなければなりません。これを「原状回復」といいます。

原状回復というと壊したものや汚したものを元に戻すことと考えがちですが、自分が設置したものを全て撤去するということも含まれているのです。

照明器具だけではなく、エアコンや網戸など生活に必要なものであっても入居時に設置されていないものもあるでしょう。「自分が取り外しても、新しい入居者がまた設置することになるのにもったいない」と考えたくなりますが、これは残置物と呼ばれ、のちのちトラブルのもとになりやすいのです。

残置物を新たな設備としなければならなくなる

では、残置物はなぜトラブルになりやすいのでしょうか。

新しい入居者にとって残置物は「最初からあった設備」とみなされることになります。つまり大家さんや管理会社は、残置物である照明器具やエアコンなどに不備や故障があった際、 修理や交換に応じなくてはならないのです。

個人の大家さんと直接契約をして借りている物件であれば、照明器具を置いていってもいいと言われることがあるかもしれませんが、管理会社を通して借りている物件であれば撤去するように言われることがほとんどです。

仮に残置物を認めてくれた場合でも、新しい入居者に説明が必要になり、かつ設備としてトラブルになることを踏まえてOKをしてくれているわけですから、これを理由に敷金が多く返ってくるということは、まずないでしょう。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

引越し依頼完了でスマホ収納3ヶ月無料キャンペーン

投稿日:2019/04/23

引越しの準備・手順やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引っ越し良品100均で買うべきものと買わないほうがいいもの
引っ越しの際に役に立つ100均グッズについて紹介していきます。
引越しの際の観葉植物、植木の梱包・運搬について
引っ越しの際に植物や植木を運びたいときの注意点や梱包の仕方、また引っ越し前に植物を処分する方法について詳しく説明しています。
ダンボール 引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツ
引越し用のダンボールを安く入手する方法と梱包のコツについてご紹介します。
引越し先に水槽を持っていくときの注意点。熱帯魚や金魚の運び方
引っ越しの際に水槽を運ぶときの注意点や運搬にかかる料金、梱包についての知識を詳しく紹介していきます。
引越しのとき忘れやすい照明器具。照明器具の運び方、取り付け・取り外し方法は?
引っ越しの際の照明器具の取り付け、取り外しの方法や梱包、運び方などについて詳しく説明しています。
引っ越し後、すぐにやるべきゴキブリ対策!
ゴキブリ対策は引っ越し後すぐにすべし!必見!ゴキブリ対策の方法について詳しく説明していきます。
引っ越し時の壁紙張り替え費用の支払いは義務?費用の相場を知っておこう
引っ越し時の壁紙張替えの費用についてのすべてをまとめてみました。
引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?
引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。
携帯電話やスマホの引越し手続き。新居を決めるときにチェックすべきポイント
引越し先でもスマホや携帯電話をスムーズに使用するための手続きや、新居での通信状況についてまとめました。
使いかけの調味料はどうする?台所用品の荷造りで抑えるべきポイント
食材や台所用品、台所の家電、家具などの荷造りで抑えておくべきポイントをまとめました。
引越しときのテレビの梱包。映らない場合の対処法や解約について
テレビを運ぶ際の正しい梱包方法や注意点、処分の方法、転居後の配線や設置方法についてまとめています。
引越し作業時間や見積もりにかかる時間を省いて効率的に進める方法とは
引越しのために必要な時間を短縮し、体力的にも楽をしたい人に向けたサービスを紹介します。
事前に新居ですること 引越し前にやっておくべき新居の引越し準備
引越し前にしておきたい、事前に新居でする準備についてご紹介します。
引越し時の食器・皿(割れ物)などを梱包するコツ
引越し時に役に立つ食器類の梱包の仕方をご紹介。
自分で引越しをすると本当に安い?自力引越しの注意点
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
引越し当日に新居ですること 準備OK?新居で当日するべき8つのポイント
引越し当日に新居でするべきことをご紹介します。
引越し荷造りの手順・コツと上手な梱包方法
引越しの荷造り・梱包ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ダンボールや梱包資材、養生用品を使用した引越し荷造りマニュアルなどのお役立ち情報をご紹介。
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める
引越し代金でTポイント・ANAマイレージ・Pontaを貯める方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ポイントやマイレージが貯められる引越し業者などお役立ち情報が満載。
掃除場所 引越し掃除・ハウスクリーニングで敷金返還
敷金返還にも大きく関わる引越しの掃除、ハウスクリーニングについて、掃除場所や便利グッズをご紹介します。
車・原付バイク・自転車 車・原付バイク・自転車などの引越し
車やバイクの場合は対応に困る方が多いでしょう。自分で乗って新居までいくことができない場合は陸送サービスを利用してください。
抗菌対策 見落としがち!?新居の抗菌対策・除菌や消毒対策まとめ
引越しで入居前にしておきたい新居の消毒・除菌・害虫駆除についてご紹介しています。
ゴミの種類 引越しの際のゴミの回収や廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
引越し荷物の預かり・保管サービス 一時的な引越し荷物の保管・トランクルームの利用方法
引越し荷物の一時保管やトランクルームならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越し荷物保管サービスのトランクルームを利用する際の注意点や預かり料金相場などお役立ち情報満載。
ガスコンロの引越し ガスコンロの取付け取外し方法と引越し注意点まとめ
ガスコンロの取付け取外し方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。ガスコンロの種類、取付外し手順やお手入れ、引越し相場など引越しお役立ち情報が満載。
生活用品 一人暮らしの生活用品、揃え方のキホン
必要な生活用品の情報や揃え方についてご紹介します。
前日にすること 忘れないで!引越しの前日にしておく3つのこと
もう一度チェック!引っ越し前日にしておくべき大事な準備についてご紹介します。
『PPAP』で汚部屋をキレイにする3つのコツ
整理・収納の考え方からすぐ実行できる収納ワザ、片付けることによるメリットなど『PPAP』のコツをご紹介します。
覚えておきたい!引越し当日の準備と過ごし方
引っ越し当日はどう過ごす?心構えと過ごし方についてご紹介します。
大活躍!引越し荷造りに必要な梱包資材まとめ
引越しで必要な資材や道具、あると便利なアイテムをご紹介します。
引越し当日に旧居でする事『基本のき』
引越し当日にやるべきことはたくさんあります。ここではその『基本のき』にあたることをご紹介します。

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。