> > ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?

ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2020/01/17

 

近年、都会を中心に増えているルームシェアという暮らしかた。友達や知人と広いアパートやマンションをシェアすることで、家賃や水道光熱費の負担が軽減するだけではなく、住環境が向上するというメリットがある方法です。さらに女性の場合「ひとりではない」という安心感にもつながりますが、ルームシェアをするときには注意すべき点がいくつかあります。ここではルームシェアのための引っ越しについて知っておきたいことをまとめてみました。

INDEX


  1. ルームシェアをはじめるときの引越し見積もり

    1. 引っ越しで2か所積みするときは、見積もり時に伝えよう
    2. 別々に引越しを依頼するときの注意点


  2. ルームシェアを解消するときの引越し見積もり

    1. ルームシェア解消の引越し注意点
    2. ルームシェアを解消するとき「2か所降ろし」は使える?


ルームシェアをはじめるときの引越し見積もり

もともと別の場所に住んでいる人同士が、同時に引っ越しをするというのはルームシェアだけに限ったことではありません。 結婚や同棲をスタートさせるケース、高齢の親と同居するケースなど、別々の場所から1か所に引っ越しをするという例は意外に多いのです。

独身の人がルームシェアをする場合、お互いの荷物が単身プランでおさまる程度の量であれば、それぞれが別々に引っ越しの依頼をしてもいいでしょう。

しかし、ある程度荷物が多い引越しでは、2台のトラックで別々に搬入出を行うより、1台のトラックに2人分の荷物を運んだほうが安上がりです。トラックだけではなく、スタッフの人数も作業時間も少なくて済むからです。

このような引越しのことを引越し業者では「2か所積み」「立ち寄りプラン」などと呼んでいます。大手の引越し業者はほとんどがこの2か所積みに対応していますが、引越し業者によっては対応不可というところもあるので、一括見積もりサービスなどを利用して依頼できるかどうかか事前に確認することをおすすめします。

引っ越しで2か所積みするときは、見積もり時に伝えよう

ルームシェアの引っ越しで2か所積みを依頼するときには以下の点に注意しましょう。

 

  • 見積を依頼するときに2か所積みであることを伝える
  • 荷物を積む住所をそれぞれ伝え、2か所積みに対応してもらえるか確認する
  • 1台のトラックに荷物がおさまるようにする
  • 誰の荷物かダンボールの判別がつくようにしておく

 

まずは引越し料金の見積もりを依頼する際に「ルームシェアのため2か所積みをお願いしたい」と伝えましょう。一括見積もりサービスなどを利用する場合、備考欄などに「2か所積みを希望しています」と記入し、それぞれの住所と新居の住所を記入します。

お互いが住んでいる場所が遠く離れている場合、2か所積みに対応してもらえなかったり追加料金が発生したりすることがあります。追加料金が発生する場合、単独で引っ越しする場合とどちらが安いか検討しましょう。

また、2か所積みをする際には1台のトラックに荷物がおさまるようにする必要があります。難しい場合、洋服や雑貨など小さい荷物をダンボールに入れてゆうパック宅配便などを使用して運び、家具や家電など大きな荷物だけ引っ越し業者に運んでもらうという方法もあります。

別々に引越しを依頼するときの注意点

それぞれ別に引っ越し業者に依頼してルームシェアをスタートさせるという場合、引っ越し日をずらすのがベスト。 同日にしてしまうと、家の前の道路にトラックがかち合ってしまう恐れがあり、近隣の住民に迷惑がかかるからです。

 

 

1軒の家に同時に複数の引っ越し業者のスタッフが出入りすると、荷物の破損をはじめとするトラブルにつながりやすくなります。ルームシェア開始からトラブル発生!とならないよう、別々に引越しを依頼するときはタイミングをずらすようにしましょう。

 

ルームシェアを解消するときの引越し見積もり

 

多くの場合、ルームシェアという暮らし方はいつか解消するときがやってきます。同居人とうまくいかずルームシェアを解消するというケースだけではなく、どちらかが転職、就職、結婚するといった理由で家を出ることもあるでしょう。こうした引っ越しではどんな点に注意すればいいのでしょうか。

ルームシェア解消の引越し注意点

ルームシェアを解消するときの引っ越しは、同居人が家に残るか、同居人も引っ越しをするかどうかによって対応が違ってきます。それぞれの注意する点をみてみましょう。

 

同居人が家に残るとき

  • 引越し見積もりの際に「ルームシェアからの引越し」であることを伝える
  • 搬出する荷物(ダンボール)だけをまとめておく
  • 引っ越し作業時に同居人に立ち会ってもらう

 

まずは見積もりを依頼するときにルームシェアからの引っ越しであることを引越し業者の営業担当に伝えます。通常の引っ越しは、積み残しが出ないよう、全ての荷物をトラックに積みます。しかし同居人が家に残る場合、必要な荷物だけを判別してトラックに積まなければなりません。

見積もりの段階で、ルームシェアを解消するための引っ越しであることを伝えないと引っ越し当日になってスタッフが混乱してしまいます。荷物が少ない場合でも、必ず見積もりの際、営業担当に伝えるようにしてください。

引っ越し当日までに搬出する荷物はできるだけ、ひとまとめにしておきます。通常ダンボールから先にトラックに積んでいくので、ダンボールはダンボールでまとめておきましょう。

また、搬出するときには間違えて同居人の荷物をトラックに積んでしまわないよう、同居人に立ち会ってもらうのがベストです。

 

同居人も引っ越すとき

  • 引越し見積もりの際に「ルームシェアからの引越し」であることを伝える
  • どちらが搬出する荷物(ダンボール)か印をつけるなど分かるようにしておく

 

引っ越し日をずらすお互いに引っ越しをしてルームシェアを解消するという場合も、見積もりの際、営業担当に伝えます。

同じ日に引っ越しをすると引越し業者のトラックがかち合ってしまう恐れがあるので引っ越し日をずらすのがベスト。とはいえ家賃の日割り計算などの関係もあり実際には数日遅れでバラバラに引っ越し作業を行うことになるため、一時的に家の中が引っ越しのダンボールが山積みになる可能性が大です。

お互い別々の引っ越し業者を使えば、ダンボールの判別はつくはずと考える方が多いのですが実際の引越しでは、自社以外のダンボールが混在してこともよくあります。

お互い引っ越しをするときは、引越しのスタッフがあなたの荷物であることが分かるようにダンボールや家財に印をつけることを忘れないようにしましょう。

ルームシェアを解消するとき「2か所降ろし」は使える?

ルームシェアを解消するとき「1台のトラックにまとめて荷物を積んで2か所に降ろしてもらえないの?」と思った人もいるのではないでしょうか。

確かに「2か所積み」と同様、荷物を別々の場所に降ろす「2か所降ろし」という引越しプランも存在します。荷物をトラックに積むとき「先に降ろす荷物を後に積む」ことで、途中で荷物を降ろせるようにしておくのです。

しかし、実際には2か所降ろしは「新居の建て替えで仮住まいとトランクルームの2か所に荷物を運ぶ」「大きな荷物を実家に立ち寄って降ろしていく」といったケースで使うことが多く、ルームシェアの解消や離婚など2人以上の引っ越しをひとつまとめるという方法では適用しないことが多いです。

ルームシェア解消後の新居が近い場所である場合やどちらかの荷物がごく少ないときは、引越しの見積もり時に営業担当に相談してみてもいいでしょう。

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2020/01/17

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
ここでは転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越しの見積もりをキャンセルしたい!料金と断る方法、理由は?
引っ越しの訪問見積もりをキャンセルするときの断り方や断る理由、またいったん決めた引越し業者をキャンセルして他の引越し業者に依頼するときの連絡のしかたなどについてまとめています。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
ゴールデンウィークの引越し料金相場。連休前と連休明けはどちらが安い?
ゴールデンウィーク中や連休前後の引越し料金の相場やゴールデンウィーク前後に引っ越しをする時のメリットとデメリットをご紹介します。
引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越しで安く見積もりを取る方法
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。
高く見積もられないための注意点 引越し難民とは?引越し見積もり料金が高くなる3つの理由
引越し業者から高めに見積もりが提示される理由があります。ここで引越しの見積もりで高めに見積もりをされがちな3つの理由についてご紹介します。
引越し見積もりと保険 見積もり外!?引越し時の物品破損と個人保険加入手続き
引越し時によくあるトラブルに物品の破損があります。破損したものは補償されるかどうかと個人で引越し保険に加入する手続きをご紹介します。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。