> > 婚姻届けの用意・提出手続きまとめ

婚姻届けの用意・提出手続きまとめ見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2017/05/26

こんなことも?婚姻届の記入事項

婚姻届けの手続き

結婚を機に引っ越しをする場合、いろいろな手続きを同時進行することになります。なかでも重要なのが婚姻届けの提出。

婚姻届けが受理された日が入籍日となるため、誕生日や特別な思い入れのある日を結婚記念日にしたい場合、確実に受理してもらえるようにしなければなりません。ここでは婚姻届けの記入のしかたや必要書類、提出のルールなどについて詳しくご紹介していきます。

婚姻届けの記入事項

法務省のホームページに記載例がありますので、婚姻届けのイメージを確認しておきましょう。

  • 1. 届出日 婚姻届け提出する日。この日が入籍日になります
  • 2. 氏名 夫妻の婚姻前の氏名を記入
  • 3. 住所 結婚前に住民票をおいている住所と世帯主の名前を記入します
  • 4. 本籍 結婚前の本籍地と筆頭者の氏名を記入します。
  • 5. 父母の氏名 父母の氏名を記入します。両親が亡くなっている場合も氏名を記入します
  • 6. 婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍を記入します。
  • 7. 同居を始めたとき 挙式前、同居前であれば空欄のまま提出します。
  • 8. 初婚・再婚の別 再婚の場合、直前の婚姻の離別日、死別日を記入します。
  • 9. 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事と夫妻の職業を記入します。
  • 10. 届出人の署名押印 それぞれ本人が署名します。
  • 11. 証人(署名・住所・本籍)

『6. 婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍』では、夫妻のどちらかの苗字を選んで結婚後の氏とします。夫の苗字を選んだ場合、夫妻の戸籍の筆頭者は夫となります。新しい本籍地は夫妻の新しい戸籍をおく所在地となります。婚姻前の本籍地のままにしておくこともできますが、戸籍謄本などの書類が必要になったときに出向くのが面倒になるので、新居の住所にする人が多いようです。

『9. 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事と夫妻の職業』では、業種を選択できるようになっています。『仕事をしている者のいない世帯』という選択肢もありますので、仕事をしていなければ結婚できないというわけではありません。

『11. 証人(署名・住所・本籍)』では、結婚の証人になる人に署名、住所、本籍地の記入をお願いします。承認は家族や友人など20歳以上の方であれば誰でもかまいません。夫婦で証人になってもらう場合は別の印鑑を押印してもらう必要があります。

署名は必ず本人が自署してください。いずれの印鑑もシャチハタ印はNGです。また提出時にも印鑑が必要となるため、届出をする人が印鑑を持参するようにしてください。

婚姻届け提出時の必要書類

続いて必要書類についてみていきます。婚姻届の提出は夫婦どちらかの住所がある役所や新居がある住所の役所というイメージがありますが、一時的に滞在している場所からも提出することができます。新婚旅行先で提出というのもアリなのです。ただし、本籍地でない場所で提出する場合、必要書類が増えることになります。

必要書類

  • 婚姻届
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなど)
  • 婚姻届の提出先に本籍がない場合、戸籍全部事項証明書(謄本)を1部
  • 夫と妻の印鑑

提出時に記入内容の修正が必要となることもあるので、印鑑を忘れずに持っていくようにしてください。婚姻届けの提出は代理人でもOKですが、その場合、代理人の本人確認書類が必要です。また、代理人は記入に不備があっても訂正はできないので注意してください。

『婚姻届受理証明書』って何に使うの?

婚姻届は提出してしまうと手元に残りません。提出後「なんだかあっけないな。写真に撮っておけばよかった」という人も。そんなときに請求することができるのが『婚姻届受理証明書』です。

その名の通り、役所が婚姻届を受理しましたという証拠になるもので役所が発行してくれます。発行手数料は350円で上質紙に印字したきれいなものを発行してもらう場合1,400円かかります。記念にとっておくなら、きれいなものを発行してもらってもいいかもしれませんね。

婚姻届け提出のルール

「婚姻届を夜中に出したって聞くけど、そんなこと可能なの?」こんな疑問を持ったことはありませんか?実は婚姻届の提出は365日、24時間可能なのです。

もちろん、役所の戸籍課は平日の8:45~17:00、第2、第4土曜日の9:00~12:00など開庁時間が決まっていますが、これ以外の時間でも『夜間・休日受付窓口』で婚姻届を受け取ってもらうことができます。ただし、この場合、宿直を行っている業務員の方が『預かり』する形になるため、内容の確認ができません。

翌開庁日に改めて担当が確認を行い、不備がなければ受付日にさかのぼって婚姻届が受理されます。万が一、記入内容に不備があった場合、入籍日がずれてしまうことに。どうしても「この日を入籍日にしたい!」という場合は、事前に戸籍課で内容を確認してもらっておくとよいでしょう。

婚姻届、書き損じがあった場合、修正できるの?

新しい人生のスタートを切るために提出する婚姻届。「書き間違えがあってはならない…」と慎重になると思いますが、本籍地の番地表記などで修正が必要になるケースもあります。時間があれば、一から書き直しをすることも不可能ではありませんが、証人の方にもう一度、署名捺印してもらうのは難しい場合もあるでしょう。

訂正は役所の方の指示に従ってください。通常は、二重線で誤りを消して、空欄に正しい内容で記入し、修正印を押せばOK。修正液や修正テープの使用は認められていませんので、注意してくださいね。

証人の欄に修正が必要な場合はどうなるのでしょうか。こうしたケースに備えて、証人記入欄の欄外に捨印を押印しておいてもらいましょう。この捨印があれば、証人欄に修正の必要があっても、役所が修正に対応し手続きを進めてもらうことができます。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2017/05/26

引越し手続きの一覧・チェックリスト関連リンク

引越しが決まったらすぐすること 引越しが決まったら早めにすべき8つの準備・手続き
引越しが決まったあなたへ、早めにやっておくべきことをご紹介します。
住民税の変更手続き 住民税の変更手続き
住民税の変更手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。住民税の支払い時期や変更手続き、就職や退職した場合の手続き方法などお役立ち情報が満載。
駐車場の解約と変更手続き 駐車場の解約手続きまとめ
駐車場の解約手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。解約手続きに必要な書類や手続き期間、費用などお役立ち情報が満載。
収入証明書の手続き 収入証明書(所得・源泉・課税証明)発行の手続き
普段は聞きなれない『収入証明書』ですが、引越しのタイミングで必要になることがあります。ここでは収入証明書とは何か、どこで入手するのかを詳しくご紹介します。
婚姻届けの手続き 婚姻届けの用意・提出手続きまとめ
婚姻届けの記入のしかたや必要書類、提出のルールならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。結婚を機に引越しをする場合、様々な書類作成、手続きに関するお役立ち情報が盛り沢山。
新聞の解約・新規購読手続き 新聞(日経など)の解約・新規購読手続き
日経新聞等の新規購読、解約手続きやキャンペーン情報などお役立ち情報をご紹介します。
ペットの引越し 犬・猫・特定動物などペットの引越し手続き
家族の一員であるペットの引越し手続きと注意点についてまとめました。
引越し挨拶のマナー 引越し挨拶のマナーと定番ギフト・挨拶状テンプレ
旧居や新居での引越し挨拶のマナーとは?その他、ギフトや挨拶状の書き方についてご紹介します。
水道局への使用停止の手続き内容・必要書類 水道の利用を止める・開始する引越し手続き
引越し手続きの際にガスや電気の手続き同様忘れてはならないのが、水道局へ旧居の利用停止と、新居での開始連絡の手続きです。引越しに伴う停止と開始の手続き方法と注意するポイントをご紹介します。
印鑑証明証の住所変更 印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ
自動車や不動産などの購入時や遺産の相続などの際に提出を求められる印鑑証明書。ここでは引越しの際に必要な印鑑登録と印鑑証明書の住所変更手続きについてご紹介します。
住所変更などの主な引越しの手続き 住民票・郵便局等の住所変更手続き
住民票の変更や郵便局への手続きやその他手続きに関して方法や注意点などをご紹介しております。
保育園の転園手続き 保育園の転園手続き方法と必要書類まとめ
引越しにともなう保育園の転園手続き、必要な書類やタイミング、転園の際の注意点などお役立ち情報をご紹介します。
NHKの引越し手続き NHKの引越し手続きと受信料を安くするコツ
引越しをする際にはNHKの受信料支払いのため住所変更手続きが必要です。引越しに伴うNHK関連の手続きと安くするコツについてご紹介します。
電気の引越し手続き 電気の解約・再開などの引越し手続き
引越し手続きの際に水道やガスのように必ず必要となるのが電気の使用停止手続きです。電気の使用停止と使用開始手続きについてご紹介します。
固定電話の手続き内容・必要書類 固定電話(NTT)と各種電話の解約・引越し手続き
引越しが決まったら、固定電話(NTT)やひかり回線の電話、携帯電話の引越し移転・変更手続きもしなければなりません。電話の移転手続きについてご紹介します。
車の引越し 車の住所変更など引越し手続きまとめ
引っ越しであなたの愛車(マイカー)を持っていく手続きとその運搬方法をご紹介します。
ガスの引越し手続き ガスの引越し手続きと停止・開通の準備手順
引越しが決まったら電気や水道同様、停止手続きをする必要があります。ガスの引越し手続きと準備手順をご紹介します。
児童手当(子ども手当)の手続き 児童手当(子ども手当)の変更手続きと支給日・金額まとめ
児童手当(子ども手当て)は引っ越しの際に変更手続きが必要な場合があります。ここでは引越しの際に必要な児童手当の変更手続き先や必要書類、支給日と金額についてご紹介します。
インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ
引越し後にインターネット回線の変更が必要です。変更方法についてご紹介します。
国民年金・厚生年金の住所変更など引越し手続き 国民年金・厚生年金の住所変更手続きまとめ
国民年金・厚生年金の住所変更など手続きはもうお済みですか?必要な書類や手続き方法、住所変更を忘れた場合や海外へ引越すケースについてご紹介します。
マイナンバーの変更手続き マイナンバーの変更手続き
2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。
バイクの引っ越し バイクの引越し手続きと運送・廃車料金
引っ越しに伴うバイクの輸送方法や料金、引っ越し先での手続き方法をご紹介します。
翌日以降すること こんなにある!引っ越し翌日以降するべき手続き
引越し翌日以降にするべき手続きについてご紹介します。
2週間前までにすること 済ませた?引越しの1~2週間前までにする手続き
引越しの1~2週間前までにしておきたい手続きについてまとめました。
海外への引越し 断捨離がカギ!海外への引っ越し事情と手続き
国内の引っ越しとは違う、海外への引越しについて解説しています。
現状回復 旧居の退去手続き:旧居の『原状回復』掃除のコツ
退去時の原状回復とは?敷金が戻ってくる掃除のコツをご紹介します。
出産と引っ越しの手続き 引っ越し前後の手続きあれこれ・出産編
出産を機に引越ししたいあなたへ、出産に伴う手続きと引越す際の注意点をご紹介します。
転入手続き 転入の手続き
引越の手続きは転入届以外にもいろいろあります。転入の手続きに必要なものや注意点などをご紹介します。
転出の手続き 転出の手続き
引越し時の転出届けや国民健康保険、印鑑登録廃止の手続き、児童手当の消滅届けなどお役立ち情報をご紹介します。
転校手続き 転校手続き
公立・私立の小学校・中学校・高校への転校の際に手続き内容と注意点をまとめてご紹介しております。

引越し業者を探す

婚姻届けの記入のしかたや必要書類、提出のルールならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。結婚を機に引越しをする場合、様々な書類作成、手続きに関するお役立ち情報が盛り沢山。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。