> > > 転校手続き

転校手続き見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2015/10/01

公立の小学校・中学校への転校

転校手続き

引越しに伴う公立の小学校・中学校への転校についてご紹介いたします。

同一市区内での転校手続き

現在通学している学校から在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいます。その後、役場へ転出届を提出し、入学通知書を発行してもらい、転校先へこれら3つの書類を提出します。

別の市区へ引越す際の転校手続き

現在通学している学校から在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいます。その後、現住所管轄の役場へ転出届を提出し、転出証明書を発行してもらいま す。引越し先の役場へ転入届と転出証明書を提出し、入学通知書を発行してもらい、転校先へ在学証明書・教科書給与証明書・入学通知書の3つを提出します。

新しい地域の小学校や中学校に転校することが遅くなるのを防ぐためにも早めに行動することが大切です。引越し準備や手続きで忙しいとは思いますが、子どもの教育のことを一番に考えながら行動することが重要です。

公立の高校への転校

公立高校の転校手続きには注意が必要です。小学校、中学校と異なり、高校は義務教育ではないため、手続きのみでは転校することができないためです。

公立高校への転校では、3点注意するポイントがあります。

欠員があるか

転校先の高校に欠員があるかどうかを確認する必要があります。東京都の場合は欠員が出ると学期毎に募集しているようですが、管轄の役所で条件を確認する必要があります。

条件を満たしているか

多くの高校が高校2年生を転校の条件としているようです。東京都の場合は欠員が出ると学期毎に募集しているようですが、具体的な応募条件などは学校毎に異なるので、こちらも管轄の役所で条件を確認する必要があります。

編入試験を通過できるか

これまでに挙げた条件が満たされていれば転校できるという訳ではなく、多くの場合はここから編入試験を受け、合格することでようやく編入する権利が与えられます。

転勤などで引越しが多い家庭でも小学校、中学校の手続きと高校の手続きは内容も注意する点も変わるため、気をつける必要があります。引越しが決まったら子供のためにもなるべく早く編入に関する準備や手続きを完了させましょう。

私立の中学校・高校への転校

引越しの手続きの中でも住民票同様、忘れてはならないのが転校手続きです。ここでは私立の中学校、高校への転校についてまとめます。

私立の中学校や高校へ転校の場合、公立の場合とは手続きが異なってきます。私立の場合も公立同様欠員、条件、編入試験に注意する必要があります。

中学校、高校ともに共通して言えることは、まずお子さんを受け入れるだけの空きがあることが絶対条件です。そして編入試験と簡単な面接試験に合格することが求められてきます。

特に私立の場合は学校によって編入の条件、選抜方法などがそれぞれ異なりますので、具体的な編入条件や方法などについては直接学校へ問い合わせるのが一番早い方法です。

また、私立は学費が高いため学期の途中で編入になる際は学費がいくらになるか事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

引越しによる転校は仕方ないこととはいえ、お子さんにはストレスのかかる状況ですので学校選びは慎重に行いましょう。

編入試験は一般入試よりは簡単な場合が多いので、あまり心配する必要はないかもしれませんが、念のため準備は行っておいた方が良いでしょう。入学金の準備と合わせて銀行の手続きも行いましょう。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2015/10/01

引越し手続きの一覧・チェックリスト関連リンク

電気の引越し手続き 電気の解約・再開などの引越し手続き
引越し手続きの際に水道やガスのように必ず必要となるのが電気の使用停止手続きです。電気の使用停止と使用開始手続きについてご紹介します。
固定電話の手続き内容・必要書類 固定電話(NTT)と各種電話の解約・引越し手続き
引越しが決まったら、固定電話(NTT)やひかり回線の電話、携帯電話の引越し移転・変更手続きもしなければなりません。電話の移転手続きについてご紹介します。
車の引越し 車の住所変更など引越し手続きまとめ
引っ越しであなたの愛車(マイカー)を持っていく手続きとその運搬方法をご紹介します。
児童手当(子ども手当)の手続き 児童手当(子ども手当)の変更手続きと支給日・金額まとめ
児童手当(子ども手当て)は引っ越しの際に変更手続きが必要な場合があります。ここでは引越しの際に必要な児童手当の変更手続き先や必要書類、支給日と金額についてご紹介します。
インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ
引越し後にインターネット回線の変更が必要です。変更方法についてご紹介します。
印鑑証明証の住所変更 印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ
自動車や不動産などの購入時や遺産の相続などの際に提出を求められる印鑑証明書。ここでは引越しの際に必要な印鑑登録と印鑑証明書の住所変更手続きについてご紹介します。
国民年金・厚生年金の住所変更など引越し手続き 国民年金・厚生年金の住所変更手続きまとめ
国民年金・厚生年金の住所変更など手続きはもうお済みですか?必要な書類や手続き方法、住所変更を忘れた場合や海外へ引越すケースについてご紹介します。
引越し挨拶のマナー 引越し挨拶のマナーと定番ギフト・挨拶状テンプレ
旧居や新居での引越し挨拶のマナーとは?その他、ギフトや挨拶状の書き方についてご紹介します。
ガスの引越し手続き ガスの引越し手続きと停止・開通の準備手順
引越しが決まったら電気や水道同様、停止手続きをする必要があります。ガスの引越し手続きと準備手順をご紹介します。
NHKの引越し手続き NHKの引越し手続きと受信料を安くするコツ
引越しをする際にはNHKの受信料支払いのため住所変更手続きが必要です。引越しに伴うNHK関連の手続きと安くするコツについてご紹介します。
水道局への使用停止の手続き内容・必要書類 水道の引越しで利用を止める・開始する手続き方法
引越し手続きの際にガスや電気の手続き同様忘れてはならないのが、水道局へ旧居の利用停止と、新居での開始連絡の手続きです。引越しに伴う停止と開始の手続き方法と注意するポイントをご紹介します。
住所変更などの主な引越しの手続き 住民票・郵便局等の住所変更手続き
住民票の変更や郵便局への手続きやその他手続きに関して方法や注意点などをご紹介しております。
マイナンバーの変更手続き マイナンバーの変更手続き
2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。
バイクの引っ越し バイクの引越し手続きと料金
引っ越しに伴うバイクの輸送方法や料金、引っ越し先での手続き方法をご紹介します。
引越しが決まったらすぐすること 引越しが決まったら早めにすべき8つの準備・手続き
引越しが決まったあなたへ、早めにやっておくべきことをご紹介します。
翌日以降すること こんなにある!引っ越し翌日以降するべき手続き
引越し翌日以降にするべき手続きについてご紹介します。
2週間前までにすること 済ませた?引越しの1~2週間前までにする手続き
引越しの1~2週間前までにしておきたい手続きについてまとめました。
ペットの引越し 忘れないで!愛するペットの引越し手続き
家族の一員であるペットの引越し手続きと注意点についてまとめました。
海外への引越し 断捨離がカギ!海外への引っ越し事情と手続き
国内の引っ越しとは違う、海外への引越しについて解説しています。
現状回復 旧居の退去手続き:旧居の『原状回復』掃除のコツ
退去時の原状回復とは?敷金が戻ってくる掃除のコツをご紹介します。
出産と引っ越しの手続き 引っ越し前後の手続きあれこれ・出産編
出産を機に引越ししたいあなたへ、出産に伴う手続きと引越す際の注意点をご紹介します。
転入手続き 転入の手続き
引越の手続きは転入届以外にもいろいろあります。転入の手続きに必要なものや注意点などをご紹介します。
転出の手続き 転出の手続き
引越し時の転出届けや国民健康保険、印鑑登録廃止の手続き、児童手当の消滅届けなどお役立ち情報をご紹介します。
転校手続き 転校手続き
公立・私立の小学校・中学校・高校への転校の際に手続き内容と注意点をまとめてご紹介しております。
クレジットカードの住所変更手続き クレジットカードの住所変更手続き
クレジットカードをお持ちの場合はクレジットカード会社に住所変更手続きが必要です。クレジットカードの住所変更手続きについてご紹介します。
銀行の住所変更手続き 銀行の住所変更手続き
引越しをすると、銀行へ住所変更の手続きが必要です。銀行への手続きについてご紹介します。

引越し業者を探す

転校などの引越し手続きならHOME'S。公立・私立の小学校・中学校・高校への転校手続きの内容や注意点をご紹介。【HOME'S引越し】引越しの見積もり・予約ならHOME'S引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。