引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し手続きの一覧・チェックリスト > マイナンバーカードの記載事項変更

マイナンバーの変更手続き

投稿日:2020/12/22

 

引越しをして住所変更になると、マイナンバーカードも更新が必要です。現在では運転免許証の代わりに各種手続きに利用できるため忘れずに更新をしましょう。

INDEX


  1. マイナンバーは引っ越しするとどうなるの?
    1. 引っ越しによるマイナンバーに関する変更手続き
    2. 海外へ転出したときのマイナンバーの扱いは?
    3. 結婚して引っ越しするときのマイナンバーの扱いは?
  2. マイナンバーに関するQ&A
    1. マイナンバーの有効期限は?
    2. 通知カードって何?
    3. マイナンバーカードの申請方法は?
  3. マイナポイントとは
    1. マイナポイントの還元期間は?
  4. マイナポイントの申請方法
    1. ①マイナンバーカードを取得する
    2. ②マイナポイントの予約・申し込みをする
    3. ③登録した決済サービスを使って買い物やチャージをする
  5. マイナポイント還元を受けるときの注意点
  6. 引越しの手続きが一括でできる?マイナンバー制度の今後

マイナンバーは引っ越しするとどうなるの?

日本の国民一人ひとりがもつ、マイナンバー(社会保障・税番号)。年金や医療、福祉といった社会保障制度の利用や納税、災害対策などの行政手続きのほかにパートやアルバイトの勤務先へ通知したり、児童手当の申請をしたりするときに必要になります。

引越しや海外への転勤、結婚などのケースによりマイナンバーの更新・返納手続きが必要です。ここでは3つのケースによる手順や変更期間についてご紹介します。

引っ越しによるマイナンバーに関する変更手続き

12桁の番号であるマイナンバーは一度、発行されたものを一生使用することになっています。そのため、引っ越したからといってマイナンバー自体が変わることはありません。ただし、マイナンバーカードは住民票がある市町村で申請して発行されるもの。マイナンバーカードにも住所の記載があるので、引っ越の際には記載事項変更の手続きをする必要があります。

マイナンバーカードを発行している方はマイナンバーカードか通知カードを転入先の役所に持参し、変更手続きを行います。この手続きも転入後14日以内に行うようになっていますから、役所で行う他の手続きと一緒に変更を済ませるといいでしょう。

海外へ転出したときのマイナンバーの扱いは?

海外へ引っ越しをする場合、マイナンバーカードと通知カードを市区町村へ返納する必要があります。海外転出後、マイナンバーカードと通知カードは失効しますが、帰国した際にはまた同じマイナンバーを使用することになります。

将来、日本に帰国してまたマイナンバーを使用するときのために、失効したカードそのものは返してもらえるようになっているので、なくさないように保管しておきましょう。もし、海外にいる間、なんらかの手続きでマイナンバーの記入が必要になった場合は空欄で提出してOKです。

結婚して引っ越しするときのマイナンバーの扱いは?

結婚のために引っ越しをして苗字が変わる……というときには、マイナンバーカードに記載されている住所・氏名を変更する必要があります。転入後、14日以内に旧住所からの転出証明書とマイナンバーカード、通知カードを役所に持参し、変更手続きを行いましょう。

マイナンバーに関するQ&A

マイナンバー制度が導入されて間もないことから、利用に当たって色々な疑問点があるようです。ここでは代表的なものをご紹介します。

マイナンバーの有効期限は?

マイナンバーカードには、実は有効期限があります。運転免許証と同じく、更新の時期が近づいたら更新手続きをとる必要がありそうです。

マイナンバーの所有者が20歳未満の場合
発行されてから5回目の誕生日まで

マイナンバーの所有者が20歳以上の場合
発行されてから10回目の誕生日まで

更新方法については発行と同じく、お住まいの各市区町村窓口にお問い合わせください。また、マイナンバーの交付前に受け取った通知カードについては、有効期限がありません。

通知カードって何?

マイナンバー発行前に、各ご家庭に届く通知カードです。こちらはマイナンバーカードとは異なり、マイナンバーの確認のためだけに利用するカードです。この通知カードをもとに、マイナンバーの発行を申請します。

紛失した場合は再発行が可能です。お住まいの市区町村にお問い合わせください。

マイナンバーカードの申請方法は?

マイナンバーカードの発行には通知カードが必要です。通知カードを最初に受け取った際に、簡易書留で交付申請書類が届いていると思いますので郵送で申請できます。また、ご自宅のパソコンやスマートフォンでもオンライン申請が可能です。

マイナンバーカードの発行手続きに必要な書類は基本的に以下の3つです。お住まいの市区町村により異なる場合があるため、必要な手続きや書類の詳細は各市区町村にお問い合わせください。

通知カード

交付通知書
※通知カードと一緒に送付される

本人確認書類
※運転免許証等

マイナポイントとは

最近、マイナポイントについてよく聞くことがありませんか?マイナポイントは2020年9月からスタートした制度ですが、今でも「お得な制度みたいだけど、詳しくは知らない」という方が少なくないようです。

マイナポイントとは、キャッシュレス決済サービスをひとつ選んでマイナンバーと紐づけしておくことでポイントが還元される事業のこと。登録したキャッシュレス決済サービスでチャージや支払いをするとそのサービスの利用金額25%のポイントがもらえます。(限度額は5,000円)

マイナポイントが導入されるようになったきっかけは2019年の消費税増税にあります。増税後、キャッシュレス・消費還元事業によってクレジットカードやキャッシュレス決済サービスを利用し、キャッシュバックを受けた方も多いと思いますが、マイナポイント制度はこの制度に代わって導入された施策。マイナンバーカードやキャッシュレス決済の普及を目的にしています。

マイナポイントの還元期間は?

ポイントの付与期間は 2020年9月から2021年3月31日までで、先着4,000万人となっています。さらに、ポイント還元を受けられる期限も決まっており、登録したキャッシュレス決済で2021年3月31日までにチャージ、または支払いを終えている必要があります。なお、2020年11月20日に総務省からポイント還元を受けられる期間が2021年9月まで延長されることが発表されました。

マイナポイントの申請方法

マイナポイントの還元を受けるにはマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードを持っていない方はまずマイナンバーカードの申請をしましょう。マイナポイントの還元を受けるまでに必要な手続きは以下の通りです。

①マイナンバーカードを取得する

申請から1カ月程度かかることもあるので、早めに申請しましょう。スマホを使って申請することもできますが、受け取りは役所の窓口まで出向く必要があります。

②マイナポイントの予約・申し込みをする

マイナポイントの予約、申し込みをする手段は以下の3つがあります。

・スマホ
・パソコン(ICカードリーダライタが必要)
・マイナポイント支援端末(コンビニのマルチコピー機やドコモ、ソフトバンクなどの店舗に設置)

③登録した決済サービスを使って買い物やチャージをする

マイナポイントの予約をすると『マイキーID』が設定されます。その後、マイナポイントの申し込みへ進み、使用する決済サービスを選んで登録しましょう。決済サービスには電子マネー、プリペイドカード、QRコード決済、クレジットカード、デビットカードなどがあります。登録後はいつものように決済サービスを使うだけでOKです。

限度額である5,000円のポイント還元を受けるためには20,000円の買い物をする必要があります。ポイント還元を受けるために無理に買い物をするのはちょっと…と悩む方もいるかもしれません。そんなときは、電子マネーのチャージを利用するという方法もアリです。

マイナポイント還元を受けるときの注意点

20,000円の支払いで5,000円分のポイント還元が受けられるマイナポイント。還元率が高くお得な施策ですが、いくつかの注意点があります。

 

マイナンバーカードの申請に時間がかかる
まずマイナンバーカードの申請そのものに時間がかかるということ。申請はスマホやパソコンなどからできますが、マイナンバーカードを受け取るまでには一か月程度かかります。

ポイント還元が受けられるのは先着4000万人
2020年10月6日の総務省の発表によると、9月末の時点で660万人がマイナポイントの申し込みをしているそう。4000万人とは言え先着順という限りがありますから、マイナンバーカードを持っていない人は早めに申請するのがおすすめです。

マイナンバーカードのパスワード管理をしっかりしておく
住民票の受け取りや確定申告などの際に使うことができるマイナンバーカードですが、パスワードを覚えていないという方も多いのではないでしょうか。マイナンバーカードのパスワードは3回間違えるとロックされてしまい、役所の窓口まで行ってロックを解除してもらう必要があります。
マイナンバーカードは2021年3月から健康保険証の代わりとしても使用できるようになります。今後は生活をする上で、マイナンバーカードやパスワードの入力が必要な場面が増えるかもしれません。パスワードは忘れないようにしっかりと管理しておくようにしましょう。

一度選んだ決済サービスは変更できない
マイナポイントの予約・申し込みの際に登録した決済サービスは、一度登録すると変更することができません。

未成年が申請するときは、保護者が登録した決済サービスは選べない
マイナポイントの予約申し込みは未成年でも可能です。ただし、登録する決済サービスは他の家族と同じものにできません。 例えば親が自分のマイナポイントの決済サービスとして登録してクレジットカードを子どものマイナポイントの決済サービスとして登録することはできないということになります。

引越しの手続きが一括でできる?マイナンバー制度の今後

マイナンバー制度導入により、電気、ガス、水道といったライフラインや住民票、銀行、印鑑登録などの諸手続きも一括申請・変更ができたら便利ですよね。

政府では今後、このマイナンバーによる諸手続きをワンストップにするために2017年1月より『マイナポータル』サービスを開始しております。

2017年1月からライフライン等の変更が一括でできるようになるかはまだ未定ですが、今後はマイナンバーと連携してワンストップで変更・管理ができるようになると思われます。

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/12/22

引越し手続きの一覧・チェックリスト関連リンク

水道局への使用停止の手続き内容・必要書類 引越し時の水道の解約と開栓手続き
引越し手続きの際にガスや電気の手続き同様忘れてはならないのが、水道局へ旧居の利用停止と、新居での開始連絡の手続きです。引越しに伴う停止と開始の手続き方法と注意するポイントをご紹介します。
国民年金・厚生年金の住所変更手続きまとめ
国民年金・厚生年金の住所変更など手続きはもうお済みですか?必要な書類や手続き方法、住所変更を忘れた場合や海外へ引越すケースについてご紹介します。
転入の手続き
引越の手続きは転入届以外にもいろいろあります。転入の手続きに必要なものや注意点などをご紹介します。
マイナンバーの変更手続き
2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。
引っ越しで子どもの幼稚園を転園するときに注意したいこと
ここでは、新しい幼稚園の選び方やお世話なった幼稚園関係の方への手続き、お別れのしかた、お子さんの心のケアなどについて詳しく説明していきます。
車の引越し 免許証、車関連の住所変更など引越し手続きまとめ
引っ越しであなたの愛車(マイカー)を持っていく手続きとその運搬方法をご紹介します。
引越し挨拶のマナーと定番ギフト・挨拶状テンプレ
旧居や新居での引越し挨拶のマナーとは?その他、ギフトや挨拶状の書き方についてご紹介します。
住宅ローン返済中の引っ越し。やるべき手続きは?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
引っ越し前後の手続きあれこれ・出産編
出産を機に引越ししたいあなたへ、出産に伴う手続きと引越す際の注意点をご紹介します。
同じマンション内の引越し。自力でできる?注意すべきことは?
同じマンション内での引越しのコツや注意点などについてまとめています。
住民票・郵便局等の住所変更手続き
住民票の変更や郵便局への手続きやその他手続きに関して方法や注意点などをご紹介しております。
引越しの際に必要なWi-Fiの変更、WiMAXへの切り替え手続き
引っ越し先で必要なWi-Fiの設定、WiMAXへの切り替え手続きの方法などについて詳しく説明します。
引越しが決まったらすぐすること 引越しが決まったら早めにすべき8つの準備・手続き
引越しが決まったあなたへ、早めにやっておくべきことをご紹介します。
転出の手続き 引越しで必要な転出届・転居届の手続きまとめ
引越し時の転出届けや国民健康保険、印鑑登録廃止の手続き、児童手当の消滅届けなどお役立ち情報をご紹介します。
電気の引越し手続き 電気の解約・開始などの引越し手続き
引越し手続きの際に水道やガスのように必ず必要となるのが電気の使用停止手続きです。電気の使用停止と使用開始手続きについてご紹介します。
収入証明書(所得・源泉・課税証明)発行の手続き
普段は聞きなれない『収入証明書』ですが、引越しのタイミングで必要になることがあります。ここでは収入証明書とは何か、どこで入手するのかを詳しくご紹介します。
済ませた?引越しの1~2週間前までにする手続き
引越しの1~2週間前までにしておきたい手続きについてまとめました。
バイク・原付の住所変更手続きと運送・廃車料金
引っ越しに伴うバイク(原付含む)の輸送方法や料金、引っ越し先での手続き方法をご紹介します。
銀行の住所変更手続き
引越しをすると、銀行へ住所変更の手続きが必要です。銀行への手続きについてご紹介します。
クレジットカードの住所変更手続き クレジットカードの住所・名義変更手続き
クレジットカードをお持ちの場合はクレジットカード会社に住所変更手続きが必要です。クレジットカードの住所変更手続きについてご紹介します。
パスポートの更新手続き パスポートの住所変更など更新方法や紛失時の手続き
パスポートの住所変更など更新方法や紛失時の手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引越しの際などにパスポートの更新方法や紛失したときの手続きについて詳しく説明していきます。
固定電話の手続き内容・必要書類 固定電話(NTT)と各種電話の解約・引越し手続き
引越しが決まったら、固定電話(NTT)やひかり回線の電話、携帯電話の引越し移転・変更手続きもしなければなりません。電話の移転手続きについてご紹介します。
NHKの引越し手続き NHKの引越し手続きと受信料を安くするコツ
引越しをする際にはNHKの受信料支払いのため住所変更手続きが必要です。引越しに伴うNHK関連の手続きと安くするコツについてご紹介します。
保育園の転園手続き 保育園の転園手続き方法と必要書類まとめ
引越しにともなう保育園の転園手続き、必要な書類やタイミング、転園の際の注意点などお役立ち情報をご紹介します。
母子手帳の変更手続き 妊娠中の引越しで必要な母子手帳、出産関連の手続き
妊娠中に引っ越すとき、忘れずに行いたい母子健康手帳や妊婦検診補助券などの手続きについてご紹介します。
火災保険 火災保険の契約・変更手続き
引越しなどで火災保険の契約変更が必要な場合や、新規加入方法について説明します。
地震保険の変更手続き 地震保険の住所・契約変更や解約手続き
引越しにともなう地震保険の住所変更や契約変更手続き、新規加入や解約方法について説明します。
住民税の変更手続き 住民税の変更手続き
住民税の変更手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。住民税の支払い時期や変更手続き、就職や退職した場合の手続き方法などお役立ち情報が満載。
駐車場の解約と変更手続き 駐車場の解約手続きまとめ
駐車場の解約手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。解約手続きに必要な書類や手続き期間、費用などお役立ち情報が満載。
婚姻届けの手続き 婚姻届けの用意・提出手続きまとめ
婚姻届けの記入のしかたや必要書類、提出のルールならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。結婚を機に引越しをする場合、様々な書類作成、手続きに関するお役立ち情報が盛り沢山。

マイナンバーの引越し手続きならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。