> > > 印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ

印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2017/04/11

印鑑登録と証明書の引越し手続きって必要なの?

印鑑証明証の住所変更

自動車や不動産などの購入時や遺産の相続などの際に提出を求められる印鑑証明書。この印鑑証明書を発行するのに必要な手続きが印鑑登録です。

印鑑登録や証明書の引越し手続きのポイントは以下です。

  • 同じ市町村内で引越しの場合は手続き不要 ※区は必要となる場合も
  • 別の市区町村へ引越しの場合は新居の方の役所で手続き
  • 手続きに必要なものは『登録する印鑑』『本人確認書類』『印鑑登録申請書』
  • 代理人が申請も可。代理人の『認印』『確認書類』『依頼主直筆の委任状』が必要
  • 手続きは即日可 ※代理人の場合は数日かかる
  • 『印鑑登録』後に『印鑑登録証』が発行され、それをもって『印鑑証明書』の発行手続きができる
  • 『印鑑証明書』は高額な自動車や不動産の購入、大事な契約の際などに必要
  • 登録できる印鑑は、1辺8mm以上、25mm以下

ここでは引越しの際に必要な印鑑登録の変更手続きについて詳しく説明していきます。

引っ越し後も同じ市町村に住み続ける場合

原則として同じ市区町村内で引越しした場合、住所の『転出届』を提出することで、印鑑登録の住所も自動的に変更になるため特に変更手続きは必要ありません。

ただし、東京の特別区である23区や政令指定都市では住んでいる区が変わる場合、印鑑登録の住所変更手続きが必要となる場合があります。該当するかどうかは『転出届』を出すときに市区町村役場の窓口で確認してみましょう。

別の市区町村へ転居する場合

転出届が出された時点で旧住所の印鑑登録は自動的に廃止されますので、旧住所での手続きは特に必要ありません。印鑑登録証も自分で破棄できますが、心配な方は旧住所の役場に印鑑登録証を返却して廃止とすることもできます。

その後、新住所で新たな『印鑑登録』をします。必要なものは以下の2点です。なお、行政サービスコーナーで印鑑登録の手続きはできません。

  • 登録する印鑑
    登録できる印鑑は、1辺8mm以上、25mm以下。他の人が印鑑登録している印鑑は登録できません。家族であっても同じ印鑑を印鑑登録することはできないので注意。
  • 本人確認書類
    免許証、パスポート、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード※など、発行後10年以内で有効期限内のもの。

※平成28年1月以降住基カードはマイナンバーカードとなり、発行されていませんが有効期間内のものであれば本人確認書類として使用できます。

手続き時には市町村役場にある『印鑑登録申請書』に記入する必要があります。市区町村のHPでフォーマットをダウンードできるところも多いので記入して持参すると時間の短縮になります。

印鑑登録と証明書の住所変更手順と必要な時間

本人が市町村役場の窓口で手続きを行った場合、すぐに手続きが完了して『印鑑証明書』も発行してもらえますが、代理人が手続きを行った場合、『文書照会方式』がとられるため、受付当日に手続きを完了させることができません。

文書照会とは、受付後本人宛に郵送で照会書が届き、必要事項を記入・実印を押印して再度窓口に出向くというもので数日かかります。引っ越し後、すぐに印鑑証明書が必要な場合はできる限り本人が手続きを行うほうがいいでしょう。

忙しくて本人が印鑑登録の手続きに行けない……というときは、代理人が手続きを行うことができます。次の4点を持参しましょう。

  • 登録する印鑑
  • 代理人の認め印
  • 代理人の本人確認書類
  • 申請する本人自筆の委任状

委任状はA4白紙に印鑑登録を行う本人が自筆します。委任状に書く内容は市町村役場のHPで確認しましょう。PDF形式のフォーマットがダウンロードできるところもあります。

印鑑証明の住所変更をしなかった場合どうなるの?

同一市内で引越しする場合、自動的に住所も変更されるので手続きを忘れていても問題はありません。異なる市町村に引越しする場合、転出届が出された時点で印鑑登録は無効となるので、住所変更(新住所での登録手続き)を忘れていると印鑑登録をしていない状態になってしまいます。

印鑑証明書が必要となったとき、慌てて手続きをしなければならなくなってしまうので、市外に引越しをしたら、なるべく早めに住所変更の手続きをするようにしましょう。

そもそも印鑑証明って何?なぜ必要?

若い方の中には実印を持っていないという方もいるかもしれません。ここからは「そもそも印鑑登録ってなに?」という方のために、印鑑登録について説明していきます。

印鑑登録とは?

日本では大事な契約や高額なものを購入する際などに本人の印鑑が必要となります。このとき必要な印鑑が間違いなく本人のものであると市町村役場に登録することを『印鑑登録』といいます。印鑑登録を行うと『印鑑登録証』が発行されますので大切に保管しましょう。

自動車や不動産の購入、契約の際などに提出を求められる『印鑑証明書』を発行する際には、印鑑登録証を役場に持参して手続きを行います。

登録できる印鑑は?

印鑑登録した印鑑は『実印』と呼ばれるもの。シャチハタや文房具店などで売られている大量生産されている印鑑(いわゆる三文判)は宅配便の受け取りなどに必要な『認印』として使うことはできますが、実印として印鑑登録することはできません。実印として印鑑登録する印鑑は偽装されにくいオリジナルのものを用意する必要があるからです。

実印は象牙や水牛の角、チタンなどで作られているものが人気。価格の相場は15,000円程度からで手彫りであることが多いため、注文をしてから受け取るまで10日から2週間程度かかるのが一般的です。

賃貸物件の契約や遺産の相続などで慌てて実印を作って印鑑登録をする人も多いのだとか。必要なときにすぐに印鑑証明書がとれるよう、成人になったら印鑑登録しておくのがいいかもしれませんね。

女性の印鑑登録あれこれ

女性は結婚して苗字が変わることが多いですよね。そのため実印は結婚後に作る、あるいは夫のものを使用するということが多くなっています。旧姓の印鑑で実印登録している場合、苗字が変われば印鑑も変更することになるので注意してくださいね。

実印はフルネームで作ることもできますが、女性の場合、運勢上「(苗字)家を背負うのは荷が重い」とみなされ避ける傾向があるのだとか。よく見かける開運印鑑を作ってくれるメーカーでは女性に名前のみの印鑑を勧めているようです。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2017/04/11

引越し手続きの一覧・チェックリスト関連リンク

婚姻届けの手続き 婚姻届けの用意・提出手続きまとめ
婚姻届けの記入のしかたや必要書類、提出のルールならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。結婚を機に引越しをする場合、様々な書類作成、手続きに関するお役立ち情報が盛り沢山。
新聞の解約・新規購読手続き 新聞(日経など)の解約・新規購読手続き
日経新聞等の新規購読、解約手続きやキャンペーン情報などお役立ち情報をご紹介します。
ペットの引越し 犬・猫・特定動物などペットの引越し手続き
家族の一員であるペットの引越し手続きと注意点についてまとめました。
引越し挨拶のマナー 引越し挨拶のマナーと定番ギフト・挨拶状テンプレ
旧居や新居での引越し挨拶のマナーとは?その他、ギフトや挨拶状の書き方についてご紹介します。
水道局への使用停止の手続き内容・必要書類 水道の利用を止める・開始する引越し手続き
引越し手続きの際にガスや電気の手続き同様忘れてはならないのが、水道局へ旧居の利用停止と、新居での開始連絡の手続きです。引越しに伴う停止と開始の手続き方法と注意するポイントをご紹介します。
印鑑証明証の住所変更 印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ
自動車や不動産などの購入時や遺産の相続などの際に提出を求められる印鑑証明書。ここでは引越しの際に必要な印鑑登録と印鑑証明書の住所変更手続きについてご紹介します。
住所変更などの主な引越しの手続き 住民票・郵便局等の住所変更手続き
住民票の変更や郵便局への手続きやその他手続きに関して方法や注意点などをご紹介しております。
保育園の転園手続き 保育園の転園手続き方法と必要書類まとめ
引越しにともなう保育園の転園手続き、必要な書類やタイミング、転園の際の注意点などお役立ち情報をご紹介します。
NHKの引越し手続き NHKの引越し手続きと受信料を安くするコツ
引越しをする際にはNHKの受信料支払いのため住所変更手続きが必要です。引越しに伴うNHK関連の手続きと安くするコツについてご紹介します。
電気の引越し手続き 電気の解約・再開などの引越し手続き
引越し手続きの際に水道やガスのように必ず必要となるのが電気の使用停止手続きです。電気の使用停止と使用開始手続きについてご紹介します。
固定電話の手続き内容・必要書類 固定電話(NTT)と各種電話の解約・引越し手続き
引越しが決まったら、固定電話(NTT)やひかり回線の電話、携帯電話の引越し移転・変更手続きもしなければなりません。電話の移転手続きについてご紹介します。
車の引越し 車の住所変更など引越し手続きまとめ
引っ越しであなたの愛車(マイカー)を持っていく手続きとその運搬方法をご紹介します。
ガスの引越し手続き ガスの引越し手続きと停止・開通の準備手順
引越しが決まったら電気や水道同様、停止手続きをする必要があります。ガスの引越し手続きと準備手順をご紹介します。
児童手当(子ども手当)の手続き 児童手当(子ども手当)の変更手続きと支給日・金額まとめ
児童手当(子ども手当て)は引っ越しの際に変更手続きが必要な場合があります。ここでは引越しの際に必要な児童手当の変更手続き先や必要書類、支給日と金額についてご紹介します。
インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ
引越し後にインターネット回線の変更が必要です。変更方法についてご紹介します。
国民年金・厚生年金の住所変更など引越し手続き 国民年金・厚生年金の住所変更手続きまとめ
国民年金・厚生年金の住所変更など手続きはもうお済みですか?必要な書類や手続き方法、住所変更を忘れた場合や海外へ引越すケースについてご紹介します。
マイナンバーの変更手続き マイナンバーの変更手続き
2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。
バイクの引っ越し バイクの引越し手続きと運送・廃車料金
引っ越しに伴うバイクの輸送方法や料金、引っ越し先での手続き方法をご紹介します。
引越しが決まったらすぐすること 引越しが決まったら早めにすべき8つの準備・手続き
引越しが決まったあなたへ、早めにやっておくべきことをご紹介します。
翌日以降すること こんなにある!引っ越し翌日以降するべき手続き
引越し翌日以降にするべき手続きについてご紹介します。
2週間前までにすること 済ませた?引越しの1~2週間前までにする手続き
引越しの1~2週間前までにしておきたい手続きについてまとめました。
海外への引越し 断捨離がカギ!海外への引っ越し事情と手続き
国内の引っ越しとは違う、海外への引越しについて解説しています。
現状回復 旧居の退去手続き:旧居の『原状回復』掃除のコツ
退去時の原状回復とは?敷金が戻ってくる掃除のコツをご紹介します。
出産と引っ越しの手続き 引っ越し前後の手続きあれこれ・出産編
出産を機に引越ししたいあなたへ、出産に伴う手続きと引越す際の注意点をご紹介します。
転入手続き 転入の手続き
引越の手続きは転入届以外にもいろいろあります。転入の手続きに必要なものや注意点などをご紹介します。
転出の手続き 転出の手続き
引越し時の転出届けや国民健康保険、印鑑登録廃止の手続き、児童手当の消滅届けなどお役立ち情報をご紹介します。
銀行の住所変更手続き 銀行の住所変更手続き
引越しをすると、銀行へ住所変更の手続きが必要です。銀行への手続きについてご紹介します。
転校手続き 転校手続き
公立・私立の小学校・中学校・高校への転校の際に手続き内容と注意点をまとめてご紹介しております。
クレジットカードの住所変更手続き クレジットカードの住所変更手続き
クレジットカードをお持ちの場合はクレジットカード会社に住所変更手続きが必要です。クレジットカードの住所変更手続きについてご紹介します。

引越し業者を探す

印鑑登録と証明書の住所変更手続き手順ならLIFULL引越し。ここでは引越しの際に必要な印鑑登録と印鑑証明書の住所変更手続きはもちろん、そもそも『印鑑登録証』『印鑑証明書』は何に必要なのかご紹介。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。