> > > インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ

インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2017/02/20

引越し先でインターネット回線・プロバイダを継続、変更する手順

インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き

引越し先の新居で回線・プロバイダーをどうするか決めなければいけません。新居でも今と同じものを継続利用する場合、手続きは少しで済みますが、キャッシュバックなどお得な特典が各プロバイダから続々と出ていますので、引越しを機に変更を検討してみるのも良いでしょう。

引越し時のインターネット回線・プロバイダー手続きのポイントは以下です。

  • 新居でも継続して利用する場合は契約済プロバイダへ移転手続き
  • 新居でプロバイダを変更する場合、新規プロバイダと契約し旧プロバイダに停止手続き
  • 継続、変更どちらも旧居での回線停止と新居での開通工事が必要
  • 新居で既に回線契約(マンション単位で割引契約など)がされている場合があるので要確認
  • 引越しの1ヶ月前までに手続き ※混む時期だと工事が1ヶ月以上先になる場合も
  • 旧居での停止手続きに必要な書類は開通案内書 ※開通時に発行されている
  • 新規で契約する場合は特典やキャンペーンを比較検討

同じ回線・プロバイダーを継続利用する手順

引越しをすると電話と同様、インターネット接続の設定も変更しなければなりません。

同じ回線・プロバイダーを引き続き使う場合は新たに契約をする必要はないですが、切り替え作業が必要になります。手続きをしないままですとインターネットが使えなくなります。方法は各社によって変わってきますので、ホームページで引越しの際の手続きを確認しておきましょう。

継続利用にあたり、あらかじめ必要な情報は以下です。

  • 契約者名とお客様IDまたは回線IDが分かる開通案内の書類
  • 新居の住所
  • 新居で継続利用が可能かどうかの確認

ADSLや光回線を利用している場合、まずは回線事業者へ移転を申し出ます。NTT東西ではスムーズに移転手続きを行うため、引越しの3週間前までに移転手続きをするようホームページで推奨しています。移転手続きで最低限準備しておきたいものは、契約者名とお客様IDまたは回線IDが分かる開通案内の書類です。

回線の移転手続きは主に契約者の確認と回線調査結果の連絡、工事日の調整連絡です。移転手続きをすると、必ず回線事業主から必ず電話連絡が入ります。見慣れないフリーダイヤルから連絡が来たら、必ず電話に出るようにしましょう。

手順の確認ができましたら現在利用しているプロバイダーのサポートに連絡しましょう。連絡は電話がおすすめです。細かい希望が相談しやすく話が早く進みます。「引越しをするが引き続き利用したい」ことを告げて、引越し先の住所でも利用可能かどうかを調べてもらいます。

地域によっては使えない場合もあるので注意が必要です。

利用可能でしたら現在使っている回線の停止手続きと、引越し先での回線開通の日程調整をします。調整をしていないと長期間インターネットが使えないという事態に陥りますので、特に仕事などでインターネット接続をする必要がある人は、早めにプロバイダーと相談しておきましょう。

引越しが多い3月から4月に開通申し込みをした場合、高確率で開通工事が1か月以上先になります。移転の申し込みから1週間以内に回線工事の連絡が来ない場合、速やかにプロバイダーへ電話で連絡し工事連絡が来ないことを伝えることが重要です。

別の回線・プロバイダーを利用する手順

引越しに合わせてプロバイダを変更される場合の手続きをご紹介致します。変更にあたり、あらかじめ必要な情報と手続きの流れは以下です。

  • 旧居での解約、新居での契約と開通工事の日程調整
  • 旧居で契約者名とお客様IDまたは回線IDが分かる開通案内の書類
  • 新居の住所
  • 新居で契約するプランと支払い方法 ※提案を受ける場合も

【現在のプロバイダの解約】

現在契約しているプロバイダへ連絡し、解約手続きを行います。解約手続き前に新居で希望のプロバイダ・回線が確実に契約可能か確認することをおすすめします。マンションや団地等の場合、入れる回線が決まっていることも多いので注意が必要です。また、契約期間内の解約で違約金を取られるケースもあるので解約・新規契約で発生する費用・新規契約特典も含めて新しいプロバイダ・回線を選定するようにしましょう。

【新規プロバイダの契約】

新規で契約するプロバイダへ連絡し、契約手続きを行います。手続きは電話やインターネットで行うことができます。インターネットに接続できるようにするために工事が必要となるケースもあり、手続きに最短でも概ね1週間程度かかりますので早めに手続きと回線工事を済ませておきましょう。

プロバイダを選ぶなら『光コラボレーション』を選ぶ

数年前まではNTTなどの回線事業者とプロバイダを別々に契約する必要がありました。しかし現在は回線とプロバイダがセットになり料金もお値打ちなセット契約がメジャーになりつつあります。

例えば『OCN光』や『BIGLOBE光』はキャッシュバックや月額料金半額キャンペーンを行っていることが多く、選ぶなら新規契約に関する特典が多いプロバイダを選んだほうが良いでしょう。

インターネット回線の契約・移転・解約の注意点

引越しをする上で、インターネット回線の解約や新規契約を検討される方も多いかと思います。そこで引越し時におけるインターネット回線やプロバイダを選ぶ際の注意点をご紹介します。

解約における注意

新規契約の前に現在利用しているプロバイダの解約に関して調べておくことをオススメします。契約期間内での解約ができなかったり、違約金が発生するケースが多いので、解約可否とどの程度費用がかかるか調査が必要です。また、新しいプロバイダ・回線が決まるまで解約手続きは行わないようにしましょう。

プロバイダー解約時の違約金

回線とは別にプロバイダーでも自動更新型の契約をしている方は、回線とは別の違約金が発生するため、回線事業者とプロバイダーの両方に違約金の有無を問い合わせることをお勧めします。

引越し先に対応しているか

賃貸マンションに引越しをする場合などは特に光ファイバーやADSL等のマンション指定のインターネット回線を申し込まざるを得ないこともあります。

また、一戸建てにおいて、地方へ引越す場合はインターネット回線に制限があることがあるようです。希望プロバイダの回線・プランが引越し先でも利用可能か調べておきましょう。また、住所記載の身分証明が必要なケースもあるので住民票などの変更は事前に行いましょう。

契約内容を確認

月額料金、回線速度などは非常に重要ですが、合わせて確認したいのが特典です。一定期間の無料特典やキャッシュバックなどプロバイダ・回線毎に内容が異なります。また、契約期間と解約手続きについても事前に確認しておいた方が良いでしょう。マンション等へ引越す場合、住居の契約期間とプロバイダの契約期間が一致しない場合、引越し時に再度解約の違約金を取られる可能性があるためです。

また、仮に2年契約中の光ファイバーをADSLに切り替える場合、違約金が発生します。やむを得ない事情があるとしても出費を避けられないこともあるようです。

引越し時のプロバイダ・回線手続きは慎重に行い、事前に準備を進めて新居でスムーズにインターネットが利用できるようにしましょう。

忘れがちなメールアドレスの変更

プロバイダを変更すると、これまで利用していたプロバイダ経由のメールアドレスも利用できなくなります。やり取りを頻繁に行っていたメールが閲覧、送信などできなくなるので、変更する場合は代替のメールアドレスを用意するなど使えなくなることを念頭にいれておきましょう。

プロバイダによっては使用しているメールアドレスを月額200円〜400円で使用可能なプランを設けています。現在の回線を解約する際に使用しているアドレスがあれば残す必要があるか検討しましょう。

キャッシュバックなどお得で安いインターネット回線・プロバイダのご紹介

Wi-Fiと固定回線のどちらを選ぶべき?

スマホやタブレットだけでインターネットを利用する人が増え、ADSLや光回線のような固定回線を求めない方も多くなりつつあります。家でも外出先でもLINEやスマホゲーム、ネットサーフィンを楽しみたい方はWi-Fiがおすすめです

今申込むとお得な光ファイバーはコレ!

新たにインターネットを契約するなら、特典の多いほうが嬉しいものです。そこで今(2017年2月現在)におすすめしたい特典付きの光ファイバーをご紹介します。※時期やプロバイダ、プランにより下記の費用は前後しますので目安としてご参考ください。

特典付きの光ファイバー
OCN光 国内最大手プロバイダーのOCNでは、1年を通してキャッシュバックや基本料割引キャンペーンを行っています。

【特典】
2016年冬春キャンペーンでは基本料が最大1,400円割引です。また、代理店を通じてOCNを申込むと最大18,000円のキャッシュバックが受けられます。

【費用】
月額利用料は戸建てタイプが5,100円、マンションタイプは3,600円です。キャンペーンの適用でそれぞれ4,400円、3,200円とかなりお安くインターネットを利用できます。

Softbank光 CMでもお馴染みのSoftbank。Softbank公式ホームページ上で行われているキャッシュバックキャンペーンがあります。違約金を払うのが嫌で他社に乗り換えられない方にピッタリですね。

【特典】
なんと他社からSoftbank光に乗り換えた場合、違約金を丸ごとキャッシュバックしてくれる太っ腹なキャンペーンを行っています。

【費用】
月額利用料は戸建てタイプが5,200円、マンションタイプは3,800円です。Softbankのスマートフォンやタブレットをお持ちの方は『おうち割 光セット』に申し込むと月々の料金が最大2,000円も割引されるというメリットがあります。

So-net光 So-net光はauの光回線を利用したサービスです。

【特典】
2017年2月のキャンペーンでは、新規申し込みで35,000円のキャッシュバックのほか様々な特典が受けられます。キャンペーン終了まであとわずか、これから申込む方はお急ぎくださいね。

【費用】
月額利用料は戸建てタイプが3,200円、マンションタイプは1,400円から3,750円です。固定回線の中でも群を抜いて安いという点がSo-net光を利用するうえで最大のメリットと言えます。

auひかり こちらもCMでお馴染みのサービス。インターネット回線とスマートフォン、タブレットとセットで申し込むと割引があり、ご家族単位で申し込む方への特典も盛りだくさんです。

【特典】
auひかりはNTTのフレッツ光と比較すると大胆なキャンペーンを打ち出しているのが特徴的です。代理店経由で申し込むと最大70,000円のキャッシュバックが受けられます。(先着50名限定)

【費用】
月額利用料は戸建てタイプが5,100円、マンションタイプは3,800円と他社とさほど差がありません。しかし、インターネットと固定電話、auのスマートフォンをセットで利用すると最大2年間2,000円割引される『auスマートバリュー』を利用するとかなりお得です。

モバイルサービスを選ぶなら? 各社サービスを徹底比較!

スマートフォンでインターネットを利用すると速度制限が気になります。そこで早くてパケット容量を気にしないモバイルサービスが選ぶ人が増えているようです。

しかし近年『格安SIM』と呼ばれるサービスが増え、どこを選ぶべきかとても悩んでしまいます。そこで、モバイルサービス各社のサービスと料金を比較してみました。※時期やサービス、プランにより下記の費用は前後しますので目安としてご参考ください。

モバイルサービス
WiMAX(ワイマックス) 【メリット】
WiMAXのメリットは速度が速くパケット容量を気にしなくてもよい点です。さらに固定回線のような回線工事も必要なく、追加料金も一切かかりません。ただし、格安SIMのように自前で用意したWi-Fiルーターを利用できるわけではありません。必ずWiMAX用ルーターを購入する必要があります。 

【費用】
月額利用料は2年契約で4,880円です。『とくとくBB』でWiMAXを申込むと、最大33,000円のキャッシュバックが受け取れるため、公式サイトから申し込むよりも大変お得です。

docomo 【メリット】
ドコモのデータ通信を利用するメリットは、クレードル付きで家の中で利用する際の電波強度が強い事です。また対応地域は日本一広く、電波が入らない場所が非常に少ないこともメリットとして挙げられます。 

【費用】
データ通信では使い放題プランが無く、仮に20GB/月のプランを選ぶと月額7,400円と高額です。ドコモで申し込んでもキャンペーンやキャッシュバックを受けられないため(2017年2月現在)、費用より品質を求める方へおすすめです。

Y!mobile ふてニャンでおなじみのワイモバイルは、スマホだけではなくPocket WiFi サービスも行っています。

【メリット】
毎月7GBまでは4Gの高速通信が可能ですが、7GB以降は低速ながら無制限で利用可能です。

【費用】
3年契約することで月額2,480円とかなりお安いのですが、速度制限なしで利用したい場合月額4,380円と固定回線より高くなります。また、3日で1GB以上利用すると7GB未満であっても速度規制の対象となるため、ヘビーユーザーへのおすすめ度はかなり低めです。

HOME’SからオススメのWifiをご紹介!

最近は固定回線に加えて、便利なWifiのお申し込みが増えています。 今回2種類のWifiをご紹介しますので、ぜひ検討してみてください。 もちろん、ここだけの限定特典付きです。

■とくとくBB Wi-Fi

追加料金なしで、使い方に合わせて選べる料金プランがあります! 安さに加えて、今ならキャッシュバックが最大で33,000円!!! プランは契約後も変更可能なので、キャンペーン重視の方なら迷わずこちら! キャッシュバックは受け取るまでステップがあるようなので 説明をしっかりと読んで忘れずに受け取ってください!

■スマモバ

Wi-Fi 使い放題で通信料制限がありません! ということは、動画も見放題! 重さが約117gなので、家でも外出中でもカンタンにネット接続ができます。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

投稿日:2017/02/20

引越し手続きの一覧・チェックリスト関連リンク

電気の引越し手続き 電気の解約・再開などの引越し手続き
引越し手続きの際に水道やガスのように必ず必要となるのが電気の使用停止手続きです。電気の使用停止と使用開始手続きについてご紹介します。
固定電話の手続き内容・必要書類 固定電話(NTT)と各種電話の解約・引越し手続き
引越しが決まったら、固定電話(NTT)やひかり回線の電話、携帯電話の引越し移転・変更手続きもしなければなりません。電話の移転手続きについてご紹介します。
車の引越し 車の住所変更など引越し手続きまとめ
引っ越しであなたの愛車(マイカー)を持っていく手続きとその運搬方法をご紹介します。
児童手当(子ども手当)の手続き 児童手当(子ども手当)の変更手続きと支給日・金額まとめ
児童手当(子ども手当て)は引っ越しの際に変更手続きが必要な場合があります。ここでは引越しの際に必要な児童手当の変更手続き先や必要書類、支給日と金額についてご紹介します。
インターネット回線とプロバイダーの引越し手続き インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ
引越し後にインターネット回線の変更が必要です。変更方法についてご紹介します。
印鑑証明証の住所変更 印鑑証明・登録の住所変更手続きまとめ
自動車や不動産などの購入時や遺産の相続などの際に提出を求められる印鑑証明書。ここでは引越しの際に必要な印鑑登録と印鑑証明書の住所変更手続きについてご紹介します。
国民年金・厚生年金の住所変更など引越し手続き 国民年金・厚生年金の住所変更手続きまとめ
国民年金・厚生年金の住所変更など手続きはもうお済みですか?必要な書類や手続き方法、住所変更を忘れた場合や海外へ引越すケースについてご紹介します。
引越し挨拶のマナー 引越し挨拶のマナーと定番ギフト・挨拶状テンプレ
旧居や新居での引越し挨拶のマナーとは?その他、ギフトや挨拶状の書き方についてご紹介します。
ガスの引越し手続き ガスの引越し手続きと停止・開通の準備手順
引越しが決まったら電気や水道同様、停止手続きをする必要があります。ガスの引越し手続きと準備手順をご紹介します。
NHKの引越し手続き NHKの引越し手続きと受信料を安くするコツ
引越しをする際にはNHKの受信料支払いのため住所変更手続きが必要です。引越しに伴うNHK関連の手続きと安くするコツについてご紹介します。
水道局への使用停止の手続き内容・必要書類 水道の引越しで利用を止める・開始する手続き方法
引越し手続きの際にガスや電気の手続き同様忘れてはならないのが、水道局へ旧居の利用停止と、新居での開始連絡の手続きです。引越しに伴う停止と開始の手続き方法と注意するポイントをご紹介します。
住所変更などの主な引越しの手続き 住民票・郵便局等の住所変更手続き
住民票の変更や郵便局への手続きやその他手続きに関して方法や注意点などをご紹介しております。
マイナンバーの変更手続き マイナンバーの変更手続き
2016年1月から本格導入されたマイナンバー制度。すでにマイナンバーカードを申請したという方も多いのでは?ここで、引っ越しに伴うマイナンバーに関する変更手続きについてご説明します。
バイクの引っ越し バイクの引越し手続きと料金
引っ越しに伴うバイクの輸送方法や料金、引っ越し先での手続き方法をご紹介します。
引越しが決まったらすぐすること 引越しが決まったら早めにすべき8つの準備・手続き
引越しが決まったあなたへ、早めにやっておくべきことをご紹介します。
翌日以降すること こんなにある!引っ越し翌日以降するべき手続き
引越し翌日以降にするべき手続きについてご紹介します。
2週間前までにすること 済ませた?引越しの1~2週間前までにする手続き
引越しの1~2週間前までにしておきたい手続きについてまとめました。
ペットの引越し 忘れないで!愛するペットの引越し手続き
家族の一員であるペットの引越し手続きと注意点についてまとめました。
海外への引越し 断捨離がカギ!海外への引っ越し事情と手続き
国内の引っ越しとは違う、海外への引越しについて解説しています。
現状回復 旧居の退去手続き:旧居の『原状回復』掃除のコツ
退去時の原状回復とは?敷金が戻ってくる掃除のコツをご紹介します。
出産と引っ越しの手続き 引っ越し前後の手続きあれこれ・出産編
出産を機に引越ししたいあなたへ、出産に伴う手続きと引越す際の注意点をご紹介します。
転入手続き 転入の手続き
引越の手続きは転入届以外にもいろいろあります。転入の手続きに必要なものや注意点などをご紹介します。
転出の手続き 転出の手続き
引越し時の転出届けや国民健康保険、印鑑登録廃止の手続き、児童手当の消滅届けなどお役立ち情報をご紹介します。
転校手続き 転校手続き
公立・私立の小学校・中学校・高校への転校の際に手続き内容と注意点をまとめてご紹介しております。
クレジットカードの住所変更手続き クレジットカードの住所変更手続き
クレジットカードをお持ちの場合はクレジットカード会社に住所変更手続きが必要です。クレジットカードの住所変更手続きについてご紹介します。
銀行の住所変更手続き 銀行の住所変更手続き
引越しをすると、銀行へ住所変更の手続きが必要です。銀行への手続きについてご紹介します。

引越し業者を探す

インターネットの引越し移転・解約手続きならHOME'S引越し。引越し時のプロバイダーやインターネット回線トラブル対応マニュアルなどお役立ち情報をご紹介。【HOME'S引越し】引越しの見積もり・予約ならHOME'S引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。