> > 引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?

引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2020/01/07

 

一般的に引越し業者が見積もりを受けつけるのは引っ越しの2ヶ月前からとなっていますが、それより早く見積もりをしてもらうことはできるのでしょうか。ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。これから半年以内に転勤やUターン、Iターンなどを予定している方、必見です!

INDEX


  1. 引越しの見積もりは1~3ヵ月前が一般的

    1. 3~4月の繁忙期は半年前の見積もり依頼もOK!
    2. 半年後でも引っ越しの日にちが決まっていれば見積もり可能
    3. 荷物の量を正確に把握してもらうことが重要
    4. 引越しの一括見積もりサービスはどのくらい先まで見積もりできる?
    5. 半年先の引越し見積もりに必要な情報とは?
    6. 引越しの見積もり金額には有効期限がある!


  2. 引越し料金、半年前に見積もりしたら早割りになる?

引越しの見積もりは1~3ヵ月前が一般的

引越し業者によって違いがありますが、通常見積もりは引っ越し日の1~3ヵ月程度前から受けつけているというところが多いようです。 例えばアート引越センターでは3ヵ月くらい前から受けつけ可能、余裕をもって引っ越したい場合、一か月から遅くとも2週間前までには見積もりを依頼することをおすすめしています。

転勤による引越しなどで使用する引越し業者が決まっている場合、その引越し業者がいつから見積もりを受けつけているか前に調べるのを忘れないようにしてください。

また、時期を問わず単身引越しよりも荷物が多い家族の引越しは、訪問見積もりが必要になるため、その分早めに見積もりを依頼するのがポイントです。

3~4月の繁忙期は半年前の見積もり依頼もOK!

転勤や進学などが重なる3月から4月の繁忙期は半年前の予約でも受けつけてもらうことができます。土日に引越したい場合などは特に早めに見積もり予約を入れるようにしましょう。この時期は1ヶ月前に見積もりを依頼しても予約がいっぱいということもあります。引っ越し難民にならないためにも、単身引越しなら最低1ヵ月、家族の引越しなら2ヵ月前くらいには見積もりを依頼しましょう。

早めに見積もりをして契約まで済ませれば、段ボールなどの資材もそのぶん早く持ってきてもらえます。ダンボールが手元にあれば、季節の衣類など普段使わないものから早めに荷造りができるのでおすすめです。

半年後でも引っ越しの日にちが決まっていれば見積もり可能

あまり早い時期に引越しの見積もりを依頼すると、引越し業者から「詳しいに引っ越しの日程や正確な荷物の量が決まり次第もう一度ご連絡ください」と言われることがあります。半年先に引っ越すことは確実だけれど、何日かまではまだ決まっていないというあいまいな依頼では、引っ越し業者はトラックをおさえることができません。よって正確な料金の見積もりをすることができないのです。

例外として、会社の転勤などで〇月×日の土曜日に引っ越すことが決まっているケースでは、半年程度先の日程でも見積もりを受けつけてもらうことができます。また、仕事の都合で土日しか引越しできない方は「6月の土日で見積もりをお願いします」など、週末限定であることを伝えれば、かなり先の引越しでも見積もりを計算してもらえることが多いようです。

荷物の量を正確に把握してもらうことが重要

見積もりの料金は運賃や人件費のほか荷物の量によっても大きく変わってくるため、荷物がどのくらいあるか訪問見積もりで確認してもらう必要があります。

見積もりを早めに依頼した後で、大きな家具や家電を購入したときや持って行くはずだった荷物が大幅に減ったときなどは引越し業者の営業担当に連絡して見積もり額を計算しなおしてもらうようにしましょう。

引越しの一括見積もりサービスはどのくらい先まで見積もりできる?

複数の引越し会社からまとめて見積もりを提示してもらうことができる一括見積もりサービスでは通常、2~3ヵ月先まで見積もりをしてもらうことができます。例えば2019年12月に一括見積もりサービスを利用する場合、2020年3月の引越しまで時期を設定することができます。

半年先の引越し見積もりに必要な情報とは?

引越しの料金を見積もりしてもらうためには、半年先に限らず以下の情報が必要になります。荷物の量と移動距離だけが分かれば大まかな金額は計算できますが、オプション料金が発生する要素がないかどうかも確認しましょう。

基礎運賃の算出に必要な情報

  • ・移動距離
  • ・荷物の量、大きさ

周辺や建物の状態によってかかる料金の算出に必要な情報

  • ・住居前の道路の幅
  • ・住居前にトラックが停められるか

実費の計算に必要な情報

  • ・梱包材の量
  • ・必要なスタッフの人数

オプション料金の有無

  • ・エアコンや洗濯機など家電の取り付け、取り外しの有無
  • ・吊り上げや吊り下げといった特殊作用の有無
  • ・建物の養生の有無
  • ・不要品処分にかかる費用

引越しの見積もり金額には有効期限がある!

引越しの見積もり金額には「見積もり有効日」があります。例えば、一度訪問見積もり依頼し、引越し料金を算出してもらっても、有効期間が過ぎてしまうと料金が高くなる可能性が大きいのです。 引越し業者や時期によって変わりますが、見積金額は訪問見積もりをしてから1ヶ月程度有効ということが多いようです。見積もりを出してもらったら必ず有効期限を確認し、その期限内に契約を済ませるようにしましょう。

引越し料金、半年前に見積もりしたら早割りになる?

 

大手引越し業者で早期割引を適用しているところはほとんどありません。以前は単身パックなどの荷物の増減が少ない引っ越しプランについて、早割を適用しているところがありましたが、2019年12月現在、ヤマトホームコンビニエンスの「単身者向け引越サービス」では割引がなく、日通の「単身パック」でも割引はWeb割引のみとなっています。

とはいえ同じ引越しの見積もりでも、2週間前と1カ月前では1ヶ月前の方が安いことがほとんどです。飛行機や新幹線のような早割りがなくても、引越し料金はもともと色々な割引が適用されていると考えていいでしょう。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2020/01/07

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
ここでは転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越しの見積もりをキャンセルしたい!料金と断る方法、理由は?
引っ越しの訪問見積もりをキャンセルするときの断り方や断る理由、またいったん決めた引越し業者をキャンセルして他の引越し業者に依頼するときの連絡のしかたなどについてまとめています。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
ゴールデンウィークの引越し料金相場。連休前と連休明けはどちらが安い?
ゴールデンウィーク中や連休前後の引越し料金の相場やゴールデンウィーク前後に引っ越しをする時のメリットとデメリットをご紹介します。
引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越しで安く見積もりを取る方法
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。
高く見積もられないための注意点 引越し難民とは?引越し見積もり料金が高くなる3つの理由
引越し業者から高めに見積もりが提示される理由があります。ここで引越しの見積もりで高めに見積もりをされがちな3つの理由についてご紹介します。
引越し見積もりと保険 見積もり外!?引越し時の物品破損と個人保険加入手続き
引越し時によくあるトラブルに物品の破損があります。破損したものは補償されるかどうかと個人で引越し保険に加入する手続きをご紹介します。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。