引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?

赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/12/10

 

ただでさえやることが多く慌ただしい引っ越しの作業。特に赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭では引っ越し作業だけではなく、手続き面でもやることがいろいろあります。
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。

 

INDEX


  1. 赤ちゃんや子どもがいる引っ越しのコツ、注意点

    1. 荷造りや赤ちゃんが寝ている間や預けられるタイミングでまとめて!
    2. おまかせプランの利用も検討してみよう
    3. オムツやミルク着替えなど育児に必要なものはまとめて持参&梱包する
    4. 赤ちゃんがいる引っ越しで近所に挨拶をするときの注意


  2. 引っ越し後、赤ちゃんや子どもに起こりやすいトラブルとは?

    1. 環境の変化によるストレス
    2. 引っ越し後、赤ちゃんや子どものアレルギーの悪化・発症を防ぐために
    3. 転居先で小児科を探しておく


  3. 赤ちゃんや子連れ引っ越しで必要な手続きとは?

    1. 引っ越しが決まったら保育園の空き状態を確認しよう
    2. 児童手当の変更手続き
    3. 転居先でも予防接種を忘れずに!


赤ちゃんや子どもがいる引っ越しのコツ、注意点

荷造りや赤ちゃんが寝ている間や預けられるタイミングでまとめて!

赤ちゃんや小さなお子さんがいる引っ越しで一番、大変!と言われる荷造り。赤ちゃんが泣き出したり、授乳しなければならなかったりするタイミングではなかなか作業が進まないでしょう。

小さなお子さんがそばにいると梱包作業に集中できないうえ、重ねた段ボールが倒れてきたり、お皿などの割れ物を壊してしまったりすることも考えられます。荷造りをするときは、事前にダンボールに詰める配分を決めておき、大まかに分けておきましょう。その上で赤ちゃんやお子さんが寝ている間に一気に荷造りをするのがコツです。

もし、実家にお子さんを実家に預けられるなら1日お願いして、その日のうちにできる限り梱包を済ませてしまいましょう。

おまかせプランの利用も検討してみよう

役所での手続きやガス・電気会社への連絡、 近所への挨拶などただでさえ引っ越し前はやることがたくさんあります。前にやることをリストアップしていてもいざ着手してみるとスムーズには進まないことが多いようです。こんなときは無理をせず、他の人にやってもらえそうな作業はお願いしたり、サービスを利用したりすることも検討してみましょう。

家族や友人に頼めるなら見られたくないものだけ自分で梱包して、あとの荷物の梱包はお願いしてみてはいかがでしょうか。

また、「子供から目を離せないので、荷造りが難しい」という方や「小さな子どもがいる上、お母さんが2人目を妊娠中」そんな場合は安全面も考えて、引越し業者に荷造りから荷解きまでお願いできる「おまかせサービス」を依頼するのもおすすめです。

 

・ サカイ引っ越しセンター らくらく A コース

(画像出典:サカイ引っ越しセンター http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/plan/basic.html)

 

・ アリさんマークの引越社 アリさんフルパック

(画像出典:アリさんマークの引越社 http://www.2626.co.jp/family/)

 

・ アート引っ越しセンター おまかせパック フルプラン

(画像出典:アート引っ越しセンター https://www.the0123.com/plan/omakase/?showtab=full#course)

 

オムツやミルク着替えなど育児に必要なものはまとめて持参&梱包する

引っ越し当日、移動するとき用におむつや着替え、哺乳瓶、ミルクなどはマザーズバッグや紙袋などに入れて持参しましょう。引っ越し作業中は適温のお湯を用意することも難しいため、哺乳瓶に注ぐだけでいい液体タイプの『缶ミルク』を用意しておくと便利です。

新居に到着してから使う赤ちゃんグッズ&育児グッズやおもちゃなどもまとめてダンボールに入れておきます。このダンボールは旧居を出る前、最後に封をして到着後はすぐに開けられるようにしておきましょう。お気に入りのおもちゃもすぐに使えるように準備しておいてあげてくださいね。

赤ちゃんがいる引っ越しで近所に挨拶をするときの注意

引っ越し後、 当日から遅くとも一週間の間にはご近所に挨拶を済ませておきましょう。特に赤ちゃんがいる場合、泣き声などで近所の方に迷惑をかけることがあるかもしれません。

「隣に引っ越してきた△△と申します。○ヵ月(あるいは○歳)の子どもがおりますので、迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします」と一言添えるようにしましょう。

大きな荷物がある時は見積書に記入してもらう

追加料金の発生を防ぐために、もうひとつ重要なポイントがあります。それは荷物の種類や量をきちんと見積書に記入してもらうことです。

例えば、訪問見積もり時に営業担当者がクローゼットの中にしまってあった大型の家電を確認していたのに見積書に書いていなかった…となると、引っ越し当日になって作業スタッフが「見積書に記入がないので別料金がかかる」「この荷物は運べない」と言う可能性があります。

これは本来、訪問見積もりをする担当者が注意するべきポイントですが、利用する側も見積書に正確な荷物の種類や量が記載されているかどうかチェックする必要があると言えるでしょう。

引っ越し後、赤ちゃんや子どもに起こりやすいトラブルとは?

 

 

環境の変化によるストレス

引っ越しによる環境の変化によるストレスで赤ちゃんが夜泣きする、なかなか泣き止まないということがあるかもしれません。 そんなときは赤ちゃんが寝る部屋だけでもできるだけ静かな環境にしてあげることが大切です。道路に面した部屋は避ける、厚手の遮光カーテンをつけるなどして、騒音や明かりから赤ちゃんを守ってあげましょう。

 

引っ越し後、赤ちゃんや子どものアレルギーの悪化・発症を防ぐために

引っ越し後はできるだけ早めに新居の掃除をしましょう。ほこりやハウスダストなどにアレルギーのあるお子さんがいる場合は空気清浄機を設置するなどして、できるだけクリーンな環境を維持する必要があります。エアコンの清掃はもちろん、室温を20~25℃、湿度は50%程度に保つ工夫も必要です。

また、壁紙や建材などに使用されている化学物質による空気汚染で体調不良を起こす『シックハウス症候群』という症状についても知っておきましょう。引っ越し後、星5鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹、目がチカチカするなどの症状がある場合、地方自治体の相談窓口に相談してみましょう。

 

転居先で小児科を探しておく

転居先でも無理なく通院できる場所に小児科があるかどうかも探しておきましょう。アレルギーを持つお子さんがいて、転居先で理解のある医師の診察を受けられるか心配という方は、日本アレルギー学会のホームページから各都道府県の小児科医を探してみることをおすすめします。

 

 

赤ちゃんや子連れ引っ越しで必要な手続きとは?

 

赤ちゃん屋子連れで引っ越しをするときには、役所で行うべき手続きもたくさんあります。特に重要なのは保育園の空き状況確認、『児童手当』の受給に必要な変更手続き、予防接種の引継ぎなどです。

引っ越しが決まったら保育園の空き状態を確認しよう

お子さんを保育園に預ける予定があるなら、できるだけ早く引っ越し先の自治体の保育課に問い合わせをして空き状況について調べてもらいましょう。 住民票を移す前に手続きできないこともあるので事前に確認するようにしてくださいね。

児童手当の変更手続き

自治体から支給される児童手当は変更手続きを忘れると受給できなくなってしまいます。 転出予定日から15日以内に新居のある役所の児童手当担当課などで忘れずに手続きしましょう。必要な書類は以下の通りとなっていますが、自治体によって必要な書類が異なる場合もあるので事前に問い合わせしてから出かけましょう。

 

  • 同じ市区町村内で引越しする場合
  • ・児童手当
    ・特例給付
    ・口座
    ・氏名
    ・住所変更届
  • 異なる市区町村への引越し
  • ・児童手当認定請求書
    ・印鑑(シャチハタなどはNG)
    ・申請者(児童手当の受給者となる親)名義の普通預金通帳
    ・申請者と子どもの健康保険証
    ・申請者の課税(所得)証明書
    ・マイナンバー通知カードと本人確認書類(免許証・パスポートなどのいずれか1点か、健康保険証&年金手帳など)

 

転居先でも予防接種を忘れずに!

引っ越し先でも予防接種を受けられるように、旧居の自治体でどこまで予防接種を受けたか分かるようにしておきましょう。子どもの予防接種の種類は以下の通りです。1歳未満の赤ちゃんは特に受けなければならない予防接種が多いので「どの予防接種を何回受けたか」きちんと把握し、引き続き転居先で必要な予防接種を受けるようにしましょう。

 

※黄色は1歳未満が対象の予防接種

予防接種名

  • 接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法

Hib(ヒブ)

  • 【初回】生後2か月~7か月未満の間に接種開始し、生後12月までに27日~56日の間隔で3回
  • 【追加】初回接種終了後、7か月~13か月の間に1回

小児用肺炎球菌

  • 【初回】生後2か月~7か月未満の間に接種開始し、生後12月までに27日以上の間隔で3回
  • 【追加】生後12か月~15か月の間に初回接種終了後、60日以上の間隔で1回

B型肝炎

  • 【1回目・2回目】生後2か月~3か月の間に27日以上の間隔で2回
  • 【3回目】1回目接種後、139日以上の間隔で1回(生後7か月~8か月)

四種混合
(DPT-IPV)
ジフテリア・百日せき
破傷風・ポリオ

  • 【1期初回】生後3か月~12か月の間に20日~56日の間隔で3回
  • 【1期追加】初回接種終了後、12か月~18か月の間に1回

BCG

  • 生後5か月~8か月未満の間に1回

麻しん風しん混合(MR)

  • 【1期】生後12か月~24か月未満の間に1回
  • 【2期】小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日までの間に1回

水痘

  • 【初回】生後12か月~15か月未満の間に1回
  • 【追加】初回接種終了後、6~12か月の間に1回

日本脳炎

  • 【1期初回】3歳中に6日~28日の間隔で2回
  • 【1期追加】4歳中に1回(1期初回接種終了後おおむね1年後)
  • 【2期】9歳中に1回(1期追加接種終了後おおむね5年後)

二種混合(DT)
ジフテリア
破傷風

  • 【2期】11歳中に1回

子宮頸がん予防

  • 中学1年生の間に3回

(参考:横浜市 こどもの予防接種について https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/yobosesshu/child.html)

 

・無料の予防接種スケジューラーアプリ

(画像出典:NPO法人VPD http://www.know-vpd.jp/vc_scheduler_sp/index.htm)

 

「どんな予防接種を受けたのか分からなくなってしまう」という方のために無料で予防接種のスケジュールを管理できるアプリがあります。忘れっぽい方、予防接種を受けた日にちが分からなくなってしまいそうという方は活用してみてはいかがでしょうか。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2019/12/10

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

新型コロナの影響による収入減をサポートする給付金まとめ。引っ越し費用も出る?
ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます
ロフト付き物件への引っ越しで注意すること
ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。
2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
ルームシェアのトラブル例。引越しの前に注意する点は?
ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。
今年はどうなる?2020年引越し難民予測!
ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。
ルームシェアでの税金・世帯主は?家賃補助や住宅手当は
ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。
ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?
ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。
就職・転勤をされる方へ一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。
ロフトベッド、二段ベッドの引っ越しはできる?費用は?
ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。
引っ越し先に大切なぬいぐるみや人形を持っていくときの注意点
ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。
引っ越し先でプリンターの印刷ができないとき、どうすればいい?
プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。
ウォーターサーバーの引っ越し。新居でウォーターサーバーを契約するなら
引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。
高級ロードバイクや自転車ありの引っ越し。引っ越し業者に依頼できる?
自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。
ごみ屋敷化してしまった家からの引越し。引っ越し業者に依頼できる?
ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。
自分で引越荷物をレンタカーやレンタル軽トラックで運ぶのはお得?
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ゴミの種類 [まとめ]引越しゴミの回収や処分・廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
知らないと損する?引っ越しで受けられる補助金や助成金まとめ 
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。
引っ越し先の立地条件と周辺環境、これだけはチェックしよう!
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。
新築分譲マンションへの一斉入居、なにが大変?
一斉入居について詳しく説明していきます。
無職や転職直後でも引っ越しできる?賃貸契約を交わす条件とは
無職や転職直後のタイミングでも引越しはできるのかについて詳しく紹介していきます。
引越しに犬を連れていくとき。出発前、移動中、到着後に気をつけることとは
引っ越しの際、できるだけ犬にストレスがかからないようにするために注意するべい点や新居到着後に気をつけてあげたいポイントなどをまとめてご紹介します。
引っ越し先でうさぎやハムスターを飼うときの物件探しや運搬方法について
うさぎやハムスターといった小動物を連れた物件探しの注意点や引っ越しの際の注意したいポイントについてお話ししていきます。
引越しを機にミニマリストを目指すコツとは?
引っ越しをきっかけにミニマリストを目指すための荷物の減らし方や最低限残しておきたいものについてまとめています。
シングルマザーの引越しで必要な費用や手当などの手続きとは
シングルマザーの皆さんが引越しをする負担を軽くする方法について説明していきます。
引越し前、新居が決まったら確認&採寸するポイント
新居のサイズを採寸しておくべき理由やポイント、確認しておくべき点についてご紹介していきます。
引っ越しの際、手荷物として自分で持っていくものリスト
ここでは引越しのときに手荷物として自分で持っていくと便利なものについてまとめてみました。

赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。