引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト > 引越しのタイミングで見直そう!地震対策

引越しのタイミングで見直そう!地震対策

投稿日:2021/04/15

hero

いつ大きな地震が起きてもおかしくないと言われる日本。皆さんの地震対策は万全ですか?家の地震対策を見直したいと思っても、色々な家具が置かれていたり、タンスや食器棚の中身が入ったりした状態ではなかなか難しいですよね。そこで利用したいのが引越しのタイミングです。新居に入居する前に地震対策の準備をしておき、家具を設置しながら地震対策をしていけば無理がありません。ここでは引っ越しのタイミングでできる地震対策についてご紹介していきます。

INDEX

  1. 家のなかの地震対策

    1. 安全面を考慮して家具を配置する
    2. 重いものはできるだけ低い位置に
    3. 耐震マットや滑り止めで家具を固定する
    4. オプションでの依頼が発生しやすい
    5. 石油ストーブを保管するときは灯油を抜いておく


  2. 避難場所やハザードマップも確認しておこう

  3. 地震保険の加入も忘れずに!

  4. 入居前にしておきたい耐震基準の確認

  5. 引越し業者が行う地震対策サービスとは

家のなかの地震対策

安全面を考慮して家具を配置する

まずは暮らし始めてからはなかなか変えることができない家具の配置を考えてみましょう。背の高い家具はできるだけ、寝室や子ども部屋、高齢者の部屋などには置かないようにするのがベスト。また、置くときは家具や柱に密着するように置くと倒れてにくいと言われています。

壁を背にして配置されている家具は前方に倒れてきます。ベッドやふとんの位置は家具の前ではなく脇になるようにしましょう。

出入口付近にも背の高い家具は置かないようにします。難しい場合、万が一、倒れてきても完全に出口をふさがないようにしてあればOKです。

重いものはできるだけ低い位置に

テレビやオーディオなどの重量がある家電はできるだけ低い位置に配置すると安心です。また、本棚も百科事典や辞書など重い本はできるだけ下の段に入れておけば転倒を防ぐことができますし、本が落ちてきたときも被害を抑えることができます。

耐震マットや滑り止めで家具を固定する

家具を配置するときはL字型金具などで壁に固定し、倒れてこないようにししておきましょう。よくオフィスなどで見かける家具と天井の間に設置するつっぱりタイプのものは天井に家具を支えるだけの強度がないと難しいため、L字型のものを使うのが便利です。L字型家具はホームセンターなどで購入することができます。

また、水平方向に動かないように家具を置くときにゴム状の耐震シートを敷くのも有効です。特に畳はフローリングに比べてすべりやすいので、和室に家具を置くときは滑り止めのストッパーや滑り止めテープを底面に貼っておくことを忘れないようにしましょう。

窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る

食器棚や本棚の扉や窓のガラスが飛散するとケガの元になります。万が一ガラスが割れても破片が飛び散らないよう飛散防止フィルムを貼っておくといいでしょう。

石油ストーブを保管するときは灯油を抜いておく

気をつけていない石油ストーブでも中に灯油が残ったままだと、万が一火事が起きた時に被害が広がってしまいます。石油ストーブを使わない時期までに灯油を使い切っておくのがベストです。

避難場所やハザードマップも確認しておこう

新居に引っ越してきたばかてきたばかりで近所の地理にまだ詳しくない……そんなときに地震が来ないとも限りません。新居が決まったら早めに避難場所や避難場所までの経路、ハザードマップなどを確認しておきましょう。ハザードマップは自治体のホームページなどで確認することができます。

特に洪水や土砂災害、河川の氾濫、液状化、津波など 自分たちが住んでいる地域にどんなリスクがあるかを把握できるハザードマップは全員で確認しておくことをお勧めします。

地震保険の加入も忘れずに!

新居に入居する前、ほとんどの人が火災保険に加入するでしょう。その際、特約として地震保険に加入しておくことを忘れないようにしてください。なお地震保険は単独で加入することはできず、必ず火災保険に特約として付帯させる必要があります。

なお、最近は火災保険料と地震保険料にプラスして特約保険料を支払うことで家屋の全壊に備えることもできる保険会社が増えています。詳しくは火災保険の代理店か不動産会社の担当者に確認するようにしてください。

入居前にしておきたい耐震基準の確認

賃貸物件に入居する際や中古の物件を購入して入居する際は建物の 耐震基準を確認しておくことも大切です。昭和56年以前に建てられた建築物は古い耐震基準で作られています。 事前に耐震診断を受けて必要な対策を済ませてから入居するようにしましょう。

自治体によっては耐震診断が無料だったり、耐震補強工事の費用の補助を受けられたりすることがあります。詳しくはお住まいの自治体に確認してみてください。

昭和56年以前に建てられた建物は、古い耐震基準で建てられているため、耐震診断を受けましょう。また、昭和56年以降に建てられた建物でもバランスの悪い建物や地盤が悪い敷地に建てられた建物、壁や基礎にひび割れがある建物なども耐震診断を受けましょう。

引越し業者が行う地震対策サービスとは

「地震対策をしたいけれど何をしたらいいのか分からない」「女性の一人暮らしなので、工具を使った耐震グッズの設置は難しそう」そんなときにオススメしたいのが引越し業者の提供する地震対策サービスです。

一般的には家具の配置時に使用する家具の固定器具や耐震マットなどを引越し業者のスタッフが設置してくれるというサービスです。事前に依頼者が耐震グッズを用意しておいて設置だけお願いする、あるいは耐震グッズも販売も含めて設置まで引越し業者にお願いできるというサービスもあります。

引越し業者によっては耐震診断を実施しているところもあるようです。面倒な作業はすべてプロにお任せしたいという方は引越しの見積もりを依頼するときに地震対策サービスや耐震診断の有無や 料金を確認しておくとよいでしょう。

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2021/04/15

引越しの準備・手順が全てわかる! やることリスト関連リンク

引越しで出る不用品、粗大ごみを処分する!お得な方法はどれ?
引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。
大型家具・家電の引越し・処分

引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。

引越しのタイミングで見直そう!地震対策
ここでは引っ越しのタイミングでできる地震対策についてご紹介していきます。
2021年4月以降の引越しは可能?緊急事態宣言はどうなる?
ここでは万が一、新たに緊急事態宣言が発出された場合の引越しの可否について説明していきます。
コロナで賃貸契約のキャンセルをしたらどうなる?学生向け支援まとめ
コロナ禍の影響によって不動産の賃貸契約をキャンセルした場合について詳しく紹介していきます。
コロナ禍における引越し。最適な新居の掃除の仕方とは?
ここでは賃貸物件の例を中心に特に気をつけるべき掃除箇所や正しい掃除の仕方について詳しく説明していきます。
コロナ禍での引越しと賃貸物件探し。できるだけ人と会わずに家を探す方法は?
ここではコロナ禍においてできるだけ人と会わずに新居を探し、引っ越しする方法をご紹介していきます。
引越し時、冷蔵庫の運搬はどうする? 自分でやるべき準備とは
ここでは引っ越しの時に冷蔵庫を運んでもらう場合の注意点や自分でやっておくべき準備について分かりやすく説明していきます。
コロナで変わる!リモートワーク向け人気の賃貸物件とは?
ここではテレワークに適した賃貸物件について詳しく説明していきます。
コロナ禍で増える地方移住・もう東京に住まなくてもいい?
ここでは東京と地方、家賃差がどのくらいあるのかを紹介しながら、地方移住のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。
引越しのベストなタイミング・賃貸の安い時期はいつ?
ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。
新型コロナの影響による収入減をサポートする給付金まとめ。引っ越し費用も出る?
ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます
ロフト付き物件への引っ越しで注意すること
ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。
2020年5月6月の引越し業者予約状況。コロナウィルスの影響は?
新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
ルームシェアのトラブル例。引越しの前に注意する点は?
ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。
今年はどうなる?2020年引越し難民予測!
ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。
ルームシェアでの税金・世帯主は?家賃補助や住宅手当は
ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。
ルームシェアのための引越し。物件探しの注意点は?
ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。
就職・転勤をされる方へ一人暮らしの準備
一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
赤ちゃんや子連れの引っ越し前に準備すること。当日の注意事項とは?
ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。
ロフトベッド、二段ベッドの引っ越しはできる?費用は?
ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。
引っ越し先に大切なぬいぐるみや人形を持っていくときの注意点
ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。
引っ越し先でプリンターの印刷ができないとき、どうすればいい?
プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。
ウォーターサーバーの引っ越し。新居でウォーターサーバーを契約するなら
引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。
高級ロードバイクや自転車ありの引っ越し。引っ越し業者に依頼できる?
自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。
ごみ屋敷化してしまった家からの引越し。引っ越し業者に依頼できる?
ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。
自分で引越荷物をレンタカーやレンタル軽トラックで運ぶのはお得?
自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。
ゴミの種類 [まとめ]引越しゴミの回収や処分・廃品処理方法
引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。
知らないと損する?引っ越しで受けられる補助金や助成金まとめ 
引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。

引越しで見直すべき地震対策ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。家具の配置のコツや耐震マットなど地震対策をご紹介します。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。