> > 引越上手は知っていた!秘密の見積もりノウハウ3選

引越し見積もりの秘密のノウハウ3選見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2018/11/02

【目次】


  1. ノウハウ1:料金を安くしたいなら複数の業者に見積もりをとろう

    1. 引越し見積もりの取り方


  2. ノウハウ2:トラックの積載量と作業人数で引越し料金は違ってくる

    1. トラックのタイプと積載量
    2. 作業人数


  3. ノウハウ3:引越し見積もりに関して気をつけること

    1. 追加料金の発生
    2. 見積もりの内容と違ったら?


ノウハウ1:料金を安くしたいなら複数の業者に見積もりをとろう

見積もりノウハウ

引越し料金には各引越し業者毎に違ってきます。同じ条件なのにA社とB社で全然違うということも。もし引越し料金を抑えたい場合は見積もりを複数の引越し業者から取りましょう。最低でも4社、できれば7社前後が望ましいです。ただし、依頼した引越し業者から電話での見積もり確認の連絡が来るため、日中に電話対応ができない場合など事情があればメール連絡希望と伝えるようにしてください。

 

引越し見積もりの取り方

見積もりの際は、他社からも見積もりを取っていることや、他の会社から提示されたおおよその金額を伝えましょう。他社が提示した額の方が安ければ応じてくれる場合もあります。

各社の見積もり書が揃ったら、料金の安さだけに注目するのではなく、サービスの内容にも目を向け、総合的に判断しましょう。

提示額はA社のほうが安いが、B社ならエアコンの脱着サービスがあるので、別に専門の業者に頼まなくてもよく、トータルではB社のほうが安くなるといったケースもあります。

引越しの少ない時期は引越し料金も安くなります。引越しシーズンの春先と秋口は引越し料金が高いです。月単位で見ると、賃貸物件は月末で契約が切れることが多いので、月の上旬や中旬よりも下旬に引越しが集中します。

曜日で見れば、平日よりも土日に引越す人の方が多いです。
引越しはできれば大安に行い、仏滅は避けたいと考えるのが一般的です。
1日違うだけでも、引越しの相場は変動します。ですから、見積もりの際は条件を細かく設定し、同じ条件で複数の業者に問い合わせることが大切です。

ノウハウ2:トラックの積載量と作業人数で引越し料金は違ってくる

トラックのタイプと積載量

一般的に引越しに使うトラックには、以下のようなタイプがあります。

 

  • 2トンショートトラック
  • 2トンロングトラック
  • 4トントラック
  • 4トンロングトラック

 

下になるほど積載量が大きく、また料金も高くなります。複数の引越し業者に、同じ荷物の量で見積もりを取ったにもかかわらず、提示されたトラックの積載量がA社とB社で違うということがあります。荷物を積んでみて半分くらいスペースが余っていたら損した気分になりますし、一方で積みきれない場合は予定外の時間がかかってしまいます。業者によって車種が違うこともあるので、トラックの詳しいサイズとなぜこの積載量のトラックなのかを引越し業者の担当営業者に問い合わせましょう。

 

 

作業人数

作業員の数が多いとそれだけ人件費がかかりますので、当然引越し料金が上がります。見積もりを見ると、引越し業者によって作業人数が違うことがあります。他の引越し業者よりも多い人数を提示してきた業者には人数の削減を交渉してみるのもいいでしょう。

見積もりの段階で、当日の作業員に経験豊富なスタッフに担当してもらえるよう交渉してみるのもいいかもしれません。

ノウハウ3:引越し見積もりに関して気をつけること

追加料金の発生

基本的には見積もった以上の作業が発生すると追加料金を支払うことになります。搬出時までに荷造りが終わっていなかったり、見積もりよりも荷物が増えていたり、特殊な荷物があることを知らされていなかったり、エレベータの有無やマンションの階数を間違った場合など追加料金が発生することがあります。

後でトラブルにならないためにも、見積もり時に『よくある見積もり以上の料金がかかるケース』を確認しておくことをお勧めします。

 

見積もりの内容と違ったら?

引越しの当日に引越し業者が到着したら、見積もり書の記載と相違ないかきちんと確認しましょう。違うサイズのトラックだったり、作業員の人数が足りない場合があります。そんな時は必ず作業前に営業担当者に申し出て、なぜ見積もりの内容と違うのか説明を求めましょう。

もし記載した内容と異なるサービスしか受けられないのであれば、引越し作業後だと相談や交渉もできないため、必ず引越し作業前に申し出て、納得した上で引越し作業をはじめてもらいましょう。

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2018/11/02

引越し見積もりを安く依頼するポイント関連リンク

オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
引越し見積もりと保険 見積もり外!?引越し時の物品破損と個人保険加入手続き
引越し時によくあるトラブルに物品の破損があります。破損したものは補償されるかどうかと個人で引越し保険に加入する手続きをご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大50%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越し見積書のチェックポイント 引越し料金を安くするための引越見積書チェックポイント
料金を安くするための引越し見積書チェックポイントについてご紹介します。
見積もりノウハウ 引越し見積もりの秘密のノウハウ3選
引っ越しで見積もりを取る方法や比較のポイントなどを分かりやすくご紹介します。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越し見積もり術
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。
高く見積もられないための注意点 引越し難民とは?引越し見積もり料金が高くなる3つの理由
引越し業者から高めに見積もりが提示される理由があります。ここで引越しの見積もりで高めに見積もりをされがちな3つの理由についてご紹介します。

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

引越しの見積もりノウハならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。引っ越しの見積もりを取る方法やチェックポイント、見積もりで気をつけたいこと等についてのお役立ち情報が満載。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。