不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定住まいの売却データファイルマンション売却経験者にアンケート!売却期間は?売却方法は?データで見る実態

マンション売却経験者にアンケート!売却期間は?売却方法は?データで見る実態

1,002人のアンケート結果からマンション売却の実態を大調査!マンションを売るときに気になる【マンション売却にかかった期間】や【売却査定を依頼した社数】などの傾向が売却経験者のデータから分かります。マンション売却経験者に聞いた「失敗しない売却のコツ」も掲載。

更新日:2020年04月09日

このページの目次

  1. マンション売却にかかった期間はどのくらい?
  2. 最終的なマンションの売却方法は?
  3. マンションの売却査定は何社に依頼した?
  4. マンション売却の理由は?
  5. 売却依頼した不動産会社に決めた理由は?
  6. 売却したマンションの築年の割合は?
  7. これからマンションを売る方へのアドバイスは?
  8. マンション売却経験者に聞いた「失敗しない売却のコツ」
  9. まとめ

マンション売却にかかった期間はどのくらい?

3ヶ月未満で売れたのは5人に1人

3ヶ月未満 21.4%
3ヶ月~半年未満 21.8%
6ヶ月~1年未満 33.9%
1年~2年未満 11.9%
2年以上 3.1%
分からない・覚えていない 4.9%
不動産会社に連絡・接触していない 3.0%

不動産会社に最初に連絡を取ってから売却完了までの期間を聞いたところ、3ヶ月未満で売却完了できた方は21.4%という結果になりました。3ヶ月~半年未満まで含めるとやっと43.2%になります。
マンションを3ヶ月未満で売却できたのは5人に1人ということになりますので、住み替えなどで売却の期限が決まっている場合は、次の住まいが決まる前でも不動産会社探しを始めておくなど早めに動くことをおすすめします。

ちなみに早く家を売却できた人の売却傾向データを見てみると、売却を担当してくれる担当者を特に重要と考えて不動産会社を探している傾向がありました。担当者の良しあしを見極めるには、複数社に価格査定を依頼し、担当者から価格査定の根拠や売却計画について直接聞くのがいい方法です。
売ろうとしている物件と同じような条件のマンションを売却した経験があるかなども質問して、売却するマンションに合った担当者なのかを確認するようにしましょう。

LIFULL HOME'Sなら安心の不動産会社が探せます

会社の特色を見比べて希望の会社に査定依頼

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

最終的なマンションの売却方法は?

専任媒介、一般媒介、買取の割合がほぼ同じ

専任媒介契約 22.9%
専属専任媒介契約 10.7%
一般媒介契約 22.2%
買取 22.1%
個人売買 2.8%
その他 19.3%

専任媒介契約が22.9%、一般媒介契約が22.2%、不動産会社の買取が22.1%と3つの割合がほぼ同じという結果になりました。
買取は仲介手数料がかからない、早期売却が可能、瑕疵担保責任が免除されるなどのメリットがありますが、市場価格より安くなるなどのデメリットもあります。
ご自分のマンションにはどの売却方法が適しているか検討してみてはいかがでしょうか。

マンションの売却査定は何社に依頼した?

62.5%が複数社に売却査定を依頼

1社 24.7%
2~3社 36.0%
4社以上 26.5%
0社(査定は依頼していない) 6.3%
分からない・覚えていない 6.5%

マンション売却のために何社に価格査定を依頼したかを聞いたところ、2~3社に査定を依頼した方が一番多く36.0%、4社以上に依頼をした方は26.5%という結果になり、複数社に売却査定を依頼している人の合計は62.5%になるということが分かりました。
不動産会社に売却査定依頼をすることで不動産会社の対応も分かりますし、複数社の査定結果を知っておくことは価格の相場を知ることにもつながりますので、マンション売却の際には複数の会社に査定を依頼し、しっかりと見比べることをおすすめします。

マンション売却の理由は?

「今が売り時だと考えた」が一番多く28%

1 今が売り時だと考えた 28.0%
2 維持費が高いと思った 16.4%
3 生活に便利なところに住みたいと思った 10.4%
4 住宅・不動産の維持・管理が大変になった 10.1%
5 資金が必要になった 10.0%
6 住宅・不動産の老朽化 8.7%
7 投資目的で入手した不動産の価格が上昇した 6.9%
8 転勤・転職 6.8%
8 ご自身や子どもの通勤・通学を考えて 6.8%
10 住宅・不動産の相続 6.5%
11 住宅ローンの支払いが厳しくなった 5.2%
11 税金対策・節税 5.2%
13 ご自身の高齢化・病気 5.1%
14 家族や親族の高齢化 4.9%
15 家族(親や子どもなど)との同居 4.8%
16 居住者・名義人の死亡 4.7%
17 同居人数の減少(子どもの独立など) 4.6%
18 結婚・出産 4.0%
19 住宅・不動産の近隣トラブル 3.1%
20 離婚 2.5%
その他 6.2%
  • 複数回答

一番多かった回答は「今が売り時だと考えた」で28.0%、次が「維持費が高いと思った」で16.4%という結果になりました。維持費については、マンションはローン返済に加えて毎月、修繕積立金や管理費が発生するので、それが気になる方が多いのかもしれません。
一戸建てなどの他の種別と比べて、マンションで多かった理由としては「今が売り時だと思った」「資金が必要になった」「投資目的で入手した不動産の価格が上昇した」「転勤・転職」「住宅ローンの支払いが厳しくなった」「結婚・出産」「ご自身や子どもの通勤・通学を考えて」があり、投資目的の理由のほか、転勤や結婚、通勤・通学など生活スタイルの変化による売却が多いことが特徴と言えます。

売却依頼した不動産会社に決めた理由は?

「担当者の対応が良かったから」が一番多く29.4%

1 担当者の対応が良かったから 29.4%
2 査定価格が納得のいくものだったから 22.4%
3 会社が信頼できたから 21.8%
4 地元の不動産事情に詳しかったから 19.8%
5 過去に付き合いがある会社だったから 18.5%
6 早く売却できそうだったから 17.9%
7 物件の販売力がありそうだったから 16.8%
8 連絡が早かったから 15.4%
9 有名な会社だから 14.5%
10 取引実績が多いから 13.5%
10 担当者の知識が豊富だったから 13.5%
12 会社の規模が大きかったから 13.0%
13 近くに店舗があったから 12.1%
14 友人・知人だったから/友人・知人・家族の紹介だったから 11.5%
15 サービスが充実していたから 9.5%
16 保証が充実していたから 8.6%
17 次の住まいを契約・購入した不動産会社だったから 4.9%
その他 1.6%
  • サンプル数 961
    不動産会社の仲介/買取/任意売却で売却した方の回答を集計
    複数回答

媒介契約を結んだ不動産会社に決めた理由で一番多かった回答は「担当者の対応が良かったから 」で29.4%、次に「査定価格が納得いくものだったから」で22.4%という結果になりました。
マンションの売却はある程度の時間がかかるため、担当の方とはその期間パートナーとして一緒にやっていくことになります。対応の良さはもちろん、相性は重要なポイントです。

売却したマンションの築年の割合は?

築30年以上のマンションは16.6%と少数派

3年未満 3.8%
3年以上10年未満 22.8%
10年以上20年未満 22.9%
20年以上30年未満 21.1%
30年以上40年未満 9.7%
40年以上 6.9%
分からない・覚えていない 12.8%

築3年以上10年未満と10年以上20年未満がほぼ同じ割合で22.8%と22.9%でした。築20年以上30年未満も僅差の21.1%で、築30年以上のマンションの割合は16.6%しかありませんでした。
築年30年以上のマンションを売る際はリノベーションを検討するなど、売り方を工夫したほうがいいかもしれません。

これからマンションを売る方へのアドバイスは?

スケジュールには余裕をもち、担当者や会社は複数で比較すること

1 余裕のあるスケジュールを立てる 27.4%
2 価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する 27.1%
3 売れないからといって安易に価格を下げない 24.3%
4 不動産会社の言うことが正しいかどうか判断できるようにする 22.7%
5 査定価格の高さだけで不動産会社を選ばない 22.6%
6 不動産会社に任せきりにせず、自分でも情報収集する 22.0%
7 売り出し価格を高くしすぎない 20.6%
8 内覧時に良い印象を与えられるようにする 19.6%
9 設備の不具合などを正直に申告する 16.3%
10 不動産会社について詳しく情報収集する 16.2%
11 多少の損を覚悟しておく 16.1%
12 買う人がどんな経済状態か、どんな人なのかを確認する 11.1%
  • 複数回答

「余裕のあるスケジュールを立てる」27.4%、「価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する」27.1%、「売れないからといって安易に価格を下げない」24.3%などが多い傾向がありました。
売却期限が迫ると価格を下げざるを得ないことにもなりがちです。「売れないからといって安易に価格を下げない」を挙げた方が24.3%いますが、時間に余裕があれば希望の価格で買ってくれる方を待つこともできますので、売却の準備は早めに、価格や担当者は複数の不動産会社で比較して選ぶことをおすすめします。

マンション売却経験者に聞いた「失敗しない売却のコツ」

まとめ

一般的にマンションは一戸建てより、買い替えのことを考えのちのち売ったときの価格を想定しつつ買う人が多いといわれています。その分、売却時の価格設定にはこだわる方が多いのでしょうか、不動産会社を決めた理由の上位に「査定価格が納得いくものだったから」(22.4%)があるところにも、それが表れているように思います。
ですが、売却に時間がかけられないと値下げをして不本意な価格で売らざるを得ないことにもなりがちです。納得できる価格で買ってくれる購入者に出会うためにも、ある程度の時間をかけられるようにスケジュールを立てることを意識していきたいものです。

マンションの売却をお考えなら、LIFULL HOME'Sで査定依頼

独自の掲載基準で安心の不動産会社に査定依頼できます

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

アンケート対象者の内訳

売却経験者のデータで見る傾向

調査概要

調査日
2019/9/19
調査対象者
過去2年以内に不動産の売却をした方
調査方法
インターネット調査
有効回答数
3,000票
調査主体
LIFULL HOME'S

※上記調査のうち、マンション売却経験者のデータを抜粋して集計

マンションの売却をお考えなら、LIFULL HOME'Sで査定依頼

独自の掲載基準で安心の不動産会社に査定依頼できます

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

よくある質問

3ヶ月未満で売れた人はどのくらいいましたか?
3ヶ月未満でマンションを売却できた方は、約5人に1人の割合です。半年以内で売却できた人の割合など詳細なデータを見たい方は「マンション売却にかかった期間はどのくらい?」からご確認ください。
何社くらいに査定を依頼したのでしょうか?
62.5%の人が複数社に査定を依頼しています。査定を依頼していない人は6.5%しかいません。具体的に何社に依頼しているかを知りたい場合は「マンションの売却査定は何社に依頼した?」をご覧ください。
売却を依頼した不動産会社の決め方は?
「担当者の対応が良かったから」決めた人が最も多かったです。他にも査定価格などで決めた方も多くいました。「売却依頼した不動産会社に決めた理由は?」で全体の傾向を見てみてください。
マンション売却に失敗したくないです
マンション売却経験者に聞いた「失敗しない売却のコツ」で経験者からのアドバイスを紹介しています。売却の前にしておいた方がいいことや不動産会社の探し方など掲載されていますので、参考にしてください。

1,002人のアンケート結果からマンション売却の実態を大調査!マンションを売るときに気になる【マンション売却にかかった期間】や【売却査定を依頼した社数】などの傾向が売却経験者のデータから分かります。マンション売却経験者に聞いた「失敗しない売却のコツ」も掲載。【LIFULL HOME'S/ホームズ】