不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定住まいの売却データファイルローンの返済が厳しくなった家の適切な売却方法とは?

ローンの返済が厳しくなった家の適切な売却方法とは?

ローン返済が厳しくなった家(一戸建て・マンション)は、状況によって「任意売却」や「業者買取」など、「仲介」以外の売却方法が適切なケースがあります。しかし、どの売却方法が適しているのかの判断は難しいもの。そこで、実際に住宅ローン返済難によって家を売却した経験者128人のアンケート結果から、適切な売却方法や注意すべき点を学んでいきましょう。ローンの返済が厳しくて家を売却した人から聞いた「失敗しない売却のコツ」も掲載。

売却相談する不動産会社を探す

物件の種別について

種別を指定してください

物件の所在地について

所在地を指定してください

  • 郵便番号がわかる方はこちら

    該当する郵便番号が見つかりません

査定依頼の流れ

  1. 種別・所在地を選ぶ
  2. 情報と連絡先を入力
  3. 不動産会社を選ぶ
  4. 確認・依頼送信
  5. 即日〜3日以内に連絡がきます

更新日:2020年06月11日

このページの目次

  1. ローン返済難で家を売った人が売却中に困ったことは?
  2. ローン返済が厳しくて家を売った人は売却を焦っていた?
  3. 不動産会社探しには何を利用した?
  4. 不動産会社をそこにした決め手は?
  5. 最終的な売却方法は?仲介?買取?
  6. 売却にかかった期間は想定より長かった?
  7. 売却後に「こうしておけば良かったと」後悔したことは?
  8. ローン返済が厳しくて家を売却した人から聞いた「失敗しない売却のコツ」
  9. まとめ

ローン返済難で家を売った人が売却中に困ったことは?

ローン残債を売却資金で埋められなかった人は24.3%

ローン返済難で売却 それ以外で売却
1 買い手がなかなか見つからなかった 30.9% 14.4%
2 売却金額の相場感が分からなかった 24.6% 16.4%
3 ローンの残債を売却資金で埋められなかった 24.3% 3.2%
4 売却損が出た 18.9% 6.1%
5 信頼できる相談先が無かった 18.5% 6.9%
6 買い手がなかなか見つからなかった際の不動産会社の対応が悪かった 18.1% 6.0%
7 何をすればよいか分からなかった 17.9% 8.7%
8 お金に関する知識が足りなかった 17.8% 8.3%
9 分からないことをどこに相談すればよいか分からなかった 15.3% 7.1%
10 何から始めればよいか分からなかった 15.1% 11.1%
11 買い先行で購入資金不足が起きた 14.8% 2.8%
12 不動産会社からの営業電話が掛かってきた 14.4% 4.5%
13 不動産会社とのやり取りが面倒だった 14.3% 7.8%
14 買い換えローンなどが受けにくかった 14.1% 3.1%
15 不動産会社の担当者が信頼できなかった 12.9% 5.2%
16 信頼できる不動産会社が分からなかった 11.8% 7.0%
17 法律に関する知識が足りなかった 10.0% 12.0%
その他 0.5% 1.9%
  • 複数回答

ローン返済難で家を売った人と、それ以外の理由で家を売った人の困ったことを比較すると差分が最も高かったのは、「ローン残債を売却資金で埋められなかった」の24.3%で、+21.1ポイント。そのほか、「買い先行で購入資金不足が起きた」の14.8%、「買い換えローンなどが受けにくかった」の14.1%など、「お金」や「ローン」のことで困った人が多いようです。

ちなみに「買い換えローン」とは、住み替え前の住まいの売却で住宅ローンが完済できなかったときに、新居のローンと旧居の残債とをまとめられるローン商品です。基本的に、売却後も住宅ローン残額がある家は、住宅ローンを借り入れている金融機関が該当不動産に対して設定している「抵当権」が抹消されないため売却できません。しかし、買い替換えローンを利用して残債と新居のローンをまとめることで、この抵当権は抹消され、家の売却及び住み替えが可能となります。
ただし、買い換えローンの融資条件は、一般的な住宅ローンと比べて厳しい傾向にあります。「買い換えローンなどが受けにくかった」と答えた人が多かったことからも分かるように、希望すれば誰でも融資を受けられるものではありませんので注意が必要です。

家や土地の売却をお考えなら、LIFULL HOME'Sで売却査定

会社の特色を見比べて希望の会社に査定依頼できます

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

ローン返済が厳しくて家を売った人は売却を焦っていた?

「急いだ」人が多く67.2%

ローン返済難で売却
67.2%
32.8%
それ以外で売却
43.1%
56.9%
急いだ
急がなかった

ローン返済が厳しくて家を売った人は、売却に焦っていた方が多いようです。「急いだ」と答えた人は67.2%と半数以上に及び、ローン返済難以外の理由で家を売却した人の約2倍の数値になっています。住宅ローンの支払いが厳しいと感じている人が売却に焦っていたのは当然の結果でしょうが、焦る理由は「厳しい」だけでなく、「競売」が差し迫っている状況にあったことも起因しているでしょう。

住宅ローンを借り入れている金融機関は、債務者による返済が滞納されたとき、先述した「抵当権」を行使して不動産を強制的に競売にかけます。金融機関にもよりますが、3ヶ月程度、返済が滞れば、競売の手続きが始まってしまうケースが多いものです。そのため、売却を検討し始めるのは、住宅ローンの返済ができなくなってからではなく、「厳しい」と感じたらすぐに行動を起こすべきでしょう。

不動産会社探しには何を利用した?

リアル・ネット含めてさまざまな方法を駆使して情報収集を試みている

ローン返済難で売却 それ以外で売却
1 不動産・住宅情報Webサイト 44.6% 32.5%
2 不動産会社が運営しているWebサイト 43.9% 41.2%
3 その他Webサイト 24.1% 14.4%
4 テレビ番組やCM 22.4% 9.8%
5 折込やポストインのチラシ、ダイレクトメール 21.2% 12.3%
6 新聞記事・広告 21.0% 9.0%
7 不動産会社からの営業 20.4% 16.2%
8 雑誌・住宅情報誌・フリーペーパー 16.4% 7.1%
9 屋外広告(看板や電車内広告など) 15.4% 6.4%
10 街で見かけた 13.8% 7.9%
11 付き合いのあった不動産会社を利用した 12.4% 22.6%
その他 4.6% 8.7%
  • 複数回答

複数回答可のこの質問では、住宅ローン返済難で売却をした人はそれ以外の理由で売却した人と比較して、ほぼすべての選択肢で回答の割合が多くなっています。最も割合が多かったのは、「不動産・住宅情報Webサイト」の44.6%でしたが、「テレビ番組やCM」22.4%、「新聞記事・広告」21.0%もそれ以外の理由で売却した人と比較すると高い割合を示しており、ローン返済が厳しくて家を売った人は、リアル・ネット含めてさまざまな方法を駆使して情報収集を試みていたことが分かります。逆に比較的少なかったのは、「付き合いのあった不動産会社を利用した」の12.4%でした。

売却に焦っていた人が多いにもかかわらず、幅広く情報収集している傾向が強いのは、それだけ慎重に売却を進めたいという気持ちの表れかもしれません。やはり住宅ローンの返済が厳しくて家を売る人は、できるだけ早く、高く手放したいと考えます。その理由は、住宅ローン完済のためであり、先述したとおり、競売を避けるためです。焦るだけでは、希望の価格で売却することは難しいもの。焦る気持ちを抑えつつ、事前の情報収集と不動産会社や担当者、査定額の比較を怠らないことが、より好条件で売却するための秘訣です。

不動産会社をそこにした決め手は?

早さや価格を重視した傾向が見られる

ローン返済難で売却 それ以外で売却
1 担当者の対応が良かったから 37.3% 29.3%
2 査定価格が納得のいくものだったから 32.3% 21.8%
3 地元の不動産事情に詳しかったから 29.1% 23.9%
4 会社が信頼できたから 28.3% 23.9%
5 近くに店舗があったから 28.1% 13.2%
6 早く売却できそうだったから 27.8% 16.4%
7 過去に付き合いがある会社だったから 25.0% 17.2%
8 連絡が早かったから 23.7% 15.0%
9 取引実績が多いから 23.3% 12.5%
10 友人・知人だったから/友人・知人・家族の紹介だったから 22.4% 13.1%
11 担当者の知識が豊富だったから 22.2% 13.5%
12 物件の販売力がありそうだったから 21.6% 16.7%
13 会社の規模が大きかったから 19.4% 11.6%
14 サービスが充実していたから 17.8% 7.6%
15 有名な会社だから 17.2% 12.2%
16 保証が充実していたから 9.1% 7.1%
17 次の住まいを契約・購入した不動産会社だったから 3.2% 3.3%
その他 0.0% 2.2%
  • サンプル数 109
    仲介/買取で物件を売却した方のみが回答
    複数回答

ローン返済難以外の理由で家を売った人の差分という点から見ると、「近くに店舗があったから」の28.1%(+14.9ポイント)の差分が最も大きく、次いで、「早く売却できそうだったから」の27.8%(+11.4ポイント)、「査定価格が納得のいくものだったから」の32.3%(+10.5ポイント)と続きます。不動産会社を探すうえでは、広く情報を収集していた傾向が強かったものの、手っ取り早く売却することを優先させた人も一定数いたということでしょう。その一方、売却金額にこだわった人も同程度います。

いくら売却を焦っても、ローン残債が売却金額を下回る「オーバーローン」になってしまえば、基本的に不足分を自己資金でまかなわない限り売却はできません。そのため、住宅ローンの返済が厳しくて家を売る人のなかでも、“スピードを重視した人”と“売却価格を重視した人”が、二分する形になったと考えられます。

最終的な売却方法は?仲介?買取?

「買取」が最も多かったが、「任意売却」も目立つ

専任媒介契約 16.8%
専属専任媒介契約 9.5%
一般媒介契約 18.5%
不動産会社の買取 26.9%
個人売買 3.1%
その他 25.2%

「不動産会社の買取」によって家を売却した人が最も多く、26.9%と1/4以上にのぼっています。また、「その他」の割合も多いですが、この中で「任意売却」と回答する人が多い傾向が見られました。逆に不動産会社の仲介による売却は少なかったようです。

不動産会社に買い取ってもらうメリットは、仲介による売却より早く手放せること。一般消費者ではなく不動産会社が買主であれば、内見やローン審査などの過程を踏まずに売買契約に至りますので、早ければ数週間以内で決済・物件引き渡しまで終えることが可能です。

一方、「任意売却」とは、住宅ローンが完済できない人や、すでに競売手続きが開始してしまった人が選択する不動産売却方法です。本来であれば、先ほど説明したように、住宅ローンが完済できない家は「抵当権」が抹消できないため売却できません。しかし、住宅ローンを借り入れている金融機関に特別な許可をもらい、競売開札までに任意売却によって家を売却できれば、売却後に債務が残ったとしても抵当権は抹消されます。任意売却後の残債務については、金融機関と相談のうえ、無理のない返済計画を立てて少しずつ返済してくことが可能です。ただし、任意売却を行う過程で、故意にでも住宅ローンを滞納させる必要があり、債務者個人の信用情報に傷がついてしまいます。したがって、安易に選択していい売却方法ではないということを認識しておきましょう。

任意売却は、金融機関との交渉が必要な点と、競売手続きと平行して手続きを進めていくため、弁護士との連携が不可欠な点が一般的な不動産売却とは異なります。そのため、担当者に法律の知識が欠けていたり、金融機関や弁護士とのやり取りに不慣れだったりすれば、任意売却ができない、もしくは任意売却が成功しない可能性があります。不動産会社による買取もそうですが、住宅ローン返済が厳しい家を売却するには、イレギュラーな不動産売却方法を取らなければならないケースもしばしばあります。ご自身の状況に最適な不動産売却方法を提案してもらうためにも、事前の情報収集と不動産会社及び担当者の見極めは、とくにしっかり行うべきでしょう。

売却にかかった期間は想定より長かった?

「想定より長かった」が48.8%と約半数

ローン返済難で売却
48.8%
51.2%
それ以外で売却
35.8%
64.2%
想定よりも長かった
想定どおり、もしくは短かった

売却に焦っていた人が多いものの、売却にかかった期間が「想定よりも長かった」と答えた人は48.8%と約半数に及んでおり、思ったよりも時間がかかったと感じた人は多いようです。

ただ、売却に焦っていたからこそ、「想定より長い」と感じた方も一定数いるでしょう。先述した不動産会社による買取であれば、売却スケジュールは立ちやすいものですが、不動産会社の仲介によって家を売る場合は「いつ売れるか分からない」ということを認識しておかなければなりません。

売却後に「こうしておけば良かったと」後悔したことは?

「価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する」が最も多く36.6%

ローン返済難で売却 それ以外で売却
1 価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する 36.6% 26.2%
2 余裕のあるスケジュールを立てる 36.3% 28.2%
3 設備の不具合などを正直に申告する 30.0% 14.5%
4 売れないからといって安易に価格を下げない 28.9% 23.7%
5 内覧時に良い印象を与えられるようにする 26.8% 14.5%
6 査定価格の高さだけで不動産会社を選ばない 25.4% 18.4%
7 不動産会社の言うことが正しいかどうか判断できるようにする 25.0% 24.3%
8 買う人がどんな経済状態か、どんな人なのかを確認する 24.8% 11.9%
9 不動産会社に任せきりにせず、自分でも情報収集する 22.8% 23.3%
10 不動産会社について詳しく情報収集する 22.6% 15.7%
11 多少の損を覚悟しておく 21.8% 19.4%
12 売り出し価格を高くしすぎない 21.7% 20.0%

「価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する」の36.6%、「設備の不具合などを正直に申告する」の30.0%、「内覧時に良い印象を与えられるようにする」の26.8%、「買う人がどんな経済状態か、どんな人なのかを確認する」の24.8%の4つが、ローン返済難以外の売却経験者と比べて10ポイント以上多い結果となりました。売却を焦っていた人が多かったこと、また売却完了までに想定以上の期間がかかったと感じた人が多かったことから、「売却までのスピードを早めるためにもっとできることがあったのでは?」と後悔している人が多いものと見られます。

この4つの中で最も割合として多かったのは、「価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する」ですが、早期売却のためには、売却中の対応以上に、売却前の不動産会社の比較が重要な鍵を握ります。不動産会社や担当者が優秀であれば、内覧時にいい印象を与えるための方法や、早期売却に重要なことを助言してくれるからです。不動産売却では、査定の担当者がそのまま売却担当者となることが多いもの。査定時には、査定額のみならず、その不動産会社がもつ雰囲気や担当者の能力・人柄についてもしっかり見定めるようにしましょう。

ローン返済が厳しくて家を売却した人から聞いた「失敗しない売却のコツ」

まとめ

ローンの返済が厳しくて家を売却する人の中には、差し迫った状況にある方もいらっしゃるでしょう。住宅ローンを完済するため、また競売を避けるためには、より早く、より高く売りたいと考えるでしょうが、スピードを優先させるか、金額を優先させるかによって適切な売却方法は異なります。
そして、そもそも住宅ローンが残っている家は、「売却金額>住宅ローン」のアンダーローンの状態なのか、「売却金額<住宅ローン」のオーバーローンの状態なのかによって、選択できない売却方法もあります。オーバーローンの場合は、自己資金などで不足分を補えない限り、任意売却や買い替えローンを利用した買い替えでしか家を売ることはできません。
住宅ローンの返済が厳しい家の売却経験者は、売却前に、慎重に情報収集をしている傾向がありますが、結果として「もっと早く売りたかった」と考えている方が多いようです。
適切な売却方法を選択し、できる限り早く家を売るには、売却を依頼する不動産会社の担当者の助言が最も重要だといえます。また、査定額についてもアンダーローンかオーバーローンか判断する指標となりますから、一般的な不動産売却以上に重視されるといえるでしょう。
たとえば、住宅ローン残債が2,000万円あって、A社の査定額が1,800万円、B社の査定額が2,100万円だとしたらどうでしょう? 査定額は、あくまで各社の売却予想額ではありますが、A社のみにしか査定を依頼せず、任意売却しか選択できなかったとなれば、結果として損してしまうことにもなりかねません。重要なのは、売却前に複数の不動産会社の見解を聞き、査定額の妥当性と担当者の専門性や提案力などを見極めること。そのためにはできれば4社以上の不動産会社に査定依頼し、実際に担当者に会って、査定額の根拠や適切な売却方法など、じっくり話を聞くことをおすすめします。

家や土地の売却をお考えなら、LIFULL HOME'Sで査定依頼

独自の掲載基準で安心の不動産会社に査定依頼できます

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

アンケート対象者の内訳

売却経験者のデータで見る傾向

調査概要

調査日
2019/9/19
調査対象者
過去2年以内に不動産の売却をした方
調査方法
インターネット調査
有効回答数
3,000票
調査主体
LIFULL HOME'S

※上記調査のうち、売却理由が住宅ローンの支払いが厳しくなったと回答したデータを抜粋して集計

家や土地の売却をお考えなら、LIFULL HOME'Sで査定依頼

独自の掲載基準で安心の不動産会社に査定依頼できます

LIFULL HOME'Sの不動産売却査定は、地域密着の不動産会社から大手まで充実の会社情報を比べ、連絡が欲しい複数の会社に一括で査定依頼できます。依頼後、即日~3日以内に不動産会社から連絡がきます。

査定依頼へ進む

よくある質問

売却を依頼する不動産会社はどうやって決めた?
「担当者の対応が良かった」ところにした人が最も多かったですが、「近くに店舗があったから」「早く売却できそうだったから」そこにした人もローン返済難で家を売却する人では多い傾向がありました。割合など詳しいデータについては「ローン返済難で家を売った人は不動産会社をどう決めた?」からご覧ください。
仲介、買取、どの方法で売却した人が多い?
最も多かったのは「不動産会社の買取」で4/1以上の人が買取で物件を売却していました。任意売却も多い傾向がありましたが、任意売却にはデメリットもあり注意が必要です。「最終的な売却方法は?仲介?買取?」では任意売却をする際の注意点についても解説しています。
失敗したくないので、経験者の話を参考にしたい。
ローンの返済が厳しくて家を売却した経験のある人から聞いた「失敗しない売却のコツ」を紹介しています。
売却する物件は違っても経験者からのアドバイスは参考になります。一度目を通してみてください。
売却にあたって、注意した方がいいことは?
売却経験者は売却後「価格や担当者を複数の不動産会社でしっかり比較する」や「設備の不具合の正直な申告」について後悔している人が多い傾向がありました。「ローン返済が厳しくて家を売った人が後悔していることは?」では、後悔したことをランキング形式で見ることができます。これを参考に、後悔のない納得の売却につなげてください。

ローン返済が厳しくなった家は、状況により「任意売却」や「業者買取」など、「仲介」以外の売却方法が適切なケースがあります。実際に住宅ローン返済難によって家を売却した経験者128人のアンケート結果から、適切な売却方法や注意すべき点を学んでいきましょう。【LIFULL HOME'S/ホームズ】