不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定プロが解説!離婚時のチェックポイント

人生の転機に知りたい不動産売却の知識

プロが解説!離婚時のチェックポイント

離婚の時に問題となることが多いのが「財産分与」。マイホームは売却するのか、住み続けるのか?ローンが残っている場合はどうするのが賢いのか?お互いが納得いくよう、離婚問題に強い弁護士が解説。離婚時のマイホームに関する相談なら、複数の会社を比較検討して相談したい会社を見つけられる一括査定をおすすめします。

離婚の心構え

離婚の心構え

厚生労働省の発表によると、平成28年に我が国で離婚した夫婦は約21万7,000組、離婚率(千人に対して)は1.73となっています。これは、約2分25秒に1組が離婚する計算です。同じ平成28年に結婚した夫婦は、約62万1,000組、婚姻率(千人に対して)5.0という統計が出ているので、もはや日本では、離婚は決して珍しいことでありません。

離婚時に必要な手続き

離婚時に必要な手続き

「離婚問題」と言うと、とかく慰謝料・養育費・親権などについて取り上げられることが多いですが、当事者が離婚に合意した後の手続きについては、意外と知られていません。今まで同じ名字(氏)で、一つ屋根の下で暮らしていた男女が、「離婚届」を提出することで、全く別々の生活を送ることになります。

離婚の種類

離婚の種類

「離婚」は、配偶者同士の話し合い、合意によって成立します。これを「話し合い」と言う意味の「協議」を使って、「協議離婚」と言います。ただし、一方の配偶者が「離婚」に応じない場合、家庭裁判所での調停、審判となり、それでも合意できない場合には、「裁判」となります。このように、「離婚」と言ってもいくつかの種類があるのです。それぞれの「離婚」の流れについて、ご説明します。

離婚の原因ランキング

離婚の原因ランキング

もはや離婚が珍しくなくなった現代、それぞれの夫婦が様々な因・理由で離婚しています。ただ調査をしてみると、いくつかの原因・理由に分類することができます。そこで、「離婚の原因」を1位から10位までに分けて、ランクごとに詳しく説明します。

離婚時の問題点

離婚時の問題点

よく「離婚は結婚の数倍エネルギーが必要です」と言われます。結婚はお互いが相手に惹かれて決意をし、周りが祝福してくれることもあって、勢いでしてしまう傾向にあります。しかし離婚は、今まで一緒に暮らしていた夫婦が離れて、全く違う道を歩むために、色々なことを考えた上で決断することになり、精神的負担が多いのです。また、協議や調停で多くの問題点をクリアしなければなりません。どのような問題点があるか、詳しく説明します。

離婚慰謝料とは

離婚慰謝料とは

夫婦が離婚する理由には、“相手の浮気”や“相手の暴力”など、自分に非がないものがあります。このような場合、離婚の原因を作った本人は配偶者に、金銭で償う義務があります。この金銭のことを“慰謝料”と言います。“慰謝料”は、離婚の際に最も意見が対立する問題の1つです。ここでは、“慰謝料”の基本から具体的な請求方法などをご説明します。

離婚相談は誰にすればいい

離婚相談は誰にすればいい

「悩みごとは専門家に相談します」-みんなが常識だと思っていることですが、もし自分の身に“離婚問題”が降りかかってきたら、「この悩みは誰に相談したらいいのでしょうか」と、多くの人が悩み、戸惑うはずです。現在、“離婚問題”を取り扱う職業は数多く存在しますが、それぞれに得意分野を持っています。どのような専門家がいて、どのような段階で相談したらいいのか、詳しくご説明します。

離婚後に考えるべきこと

離婚後に考えるべきこと

“離婚”は、誰にとってもそれまでの生活が一変するでき事です。特に結婚生活が長ければ長い夫婦ほど、それまで家族で築き上げたものが多くなりますから、それだけ離婚後の変化の度合いが大きくなると言えます。離婚後の生活について考えておくべきこと、覚悟しておくべきことを詳しくご説明します。

住宅ローン滞納でお困りの方。競売の前に「任意売却」の相談を!

早く売却をしたい、親身になって相談にのってほしい、ニーズにあわせた不動産会社が選べます。

地域密着から大手まで、信頼できそうと思える会社に一括で売却査定を依頼できる無料サービスです。 売却査定依頼を始める

当サービスは、ご本人またはご家族が所有する不動産の売却を希望する、個人のお客様向けサービスです

以下の査定依頼はお断りしています。恐れ入りますがご了承ください。
弁護士、不動産業者など、物件所有者以外からの査定依頼
競売物件の価格調査など、売却を目的としない査定依頼

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください