不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定「任意売却」の相談をしよう差し押さえについて

お金に困った場合の不動産売買の知識

もしもの時の「差し押さえ」基礎知識

差し押さえによって債権回収をする時の仕組みや流れを、債権者側の視点もあわせてご紹介します。差し押さえで家を失う前に、任意売却という手段もありますので、迷ったり悩んだりしている方はまず相談をしてみましょう。LIFULL HOME'Sなら専門知識を持ったスタッフのいる会社に任意売却の相談をすることが可能です。

差し押さえとは

差し押さえとは

“差し押さえ”という言葉を一度は聞いたことがあると思います。差し押さえに始まる強制執行手続は、債権回収を行うに当たって債権者の助けとなる強力な効力を有する手続きですので、知っておくことは大変役に立ちます。ここでは、差し押さえに関する基本的な知識の概要を説明します。

差し押さえの法的手順

差し押さえの法的手順

どのような手続きを経て、財産の差し押さえが行われるのでしょうか。差し押さえが行われるまでの流れ、必要な手続きについて、順序立てて説明します。大まかには、債務名義の取得、執行文の取得、民事執行の申立て、差し押さえの開始という手順を踏むことになりますので、解説もその順序に従って行います。

差し押さえから換価までの流れ

差し押さえから換価までの流れ

差し押さえを申し立てた後、差し押さえた財産からどのように債権を回収していくのか説明します。対象財産の種類によって、取られる手続きも配当までにかかる時間も異なりますので、債務者の財産から強制的に債権の回収を行うことを考える場合には、配当までのスケジューリングを考慮したうえで、対象とする財産を考えるとよいでしょう。

差し押さえが可能な財産の種類

差し押さえが可能な財産の種類

差し押さえとは、債権者が債権を回収するために、債務者の財産の処分を制限する手続きです。金融機関への返済の滞りから差し押さえが行われるケースだけでなく、税金や保険料の滞納から差し押さえが行われることもあります。差し押さえは、債権者が債権を回収するうえで、有効な手続きですが、いかなる財産に対しても差し押さえができるわけではありません。

差し押さえの対処法

差し押さえの対処法

差し押さえがなされる前に適切な対処を行うことが差し押さえによる不利益を被らないようにするうえで非常に重要です。今回は債務者の側から、つまり逆に差し押さえを受ける側から、差し押さえを受けないため、又は受けた場合の対処法を解説していきます。

強制執行妨害に関する罪について

強制執行妨害に関する罪について

強制執行手続きは、債務者から任意の支払いを受けられない債権者が、債権の回収を図るうえでいわば最終手段というべき手続きです。強制執行手続きを妨害する者は、各罪に問われ、刑事罰が科されることになります。強制執行の妨害に関する罪について、詳しく見ていきましょう。

差し押さえの注意点

差し押さえの注意点

差し押さえは、債権者が債権を回収する際の最終手段であり、債権者にとっての大きな武器となる制度です。しかしながら、差し押さえを行うに際しては、債務者のもっている財産からして差し押さえを行うことが本当に有効なのか注意する必要があります。今回は、どのように債務者の財産を調査するか、差し押さえの費用対効果という点に焦点を当てます。

住宅ローン滞納でお困りの方。競売の前に「任意売却」の相談を!

大切な家が差し押えとなって手遅れになる前に!「任意売却」の相談をしてみましょう。

任意売却の進め方は物件や債務状況などによって変わってきます。また、任意売却の対応をできる会社は専門知識のある会社に限られるため、依頼をする時には専門知識を持ったスタッフがいることや実績がある会社を選ぶことが大切です。
LIFULL HOME'Sでは、任意売却を取り扱っている会社への依頼を承っています。任意売却について検討している、相談をしてみたい方は以下よりお問合せください。

相談無料・秘密厳守 任意売却の相談をする

当サービスは、ご本人またはご家族が所有する不動産の売却を希望する、個人のお客様向けサービスです

以下の査定依頼はお断りしています。恐れ入りますがご了承ください。
弁護士、不動産業者など、物件所有者以外からの査定依頼
競売物件の価格調査など、売却を目的としない査定依頼

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください