> > IKEA家具が引越しで敬遠される理由と3つの対処法

IKEA家具が引越しで敬遠される理由と3つの対処法見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2016/05/20

世界最大の家具販売会社、IKEA

イケアの家具の引越し

IKEA(イケア)はスウェーデンの家具販売会社です。皆さんも一度は来店したり、購入したことがあるのではないでしょうか。

IKEAは1943年に17歳の少年が開いた雑貨店にその源流をもち、いまでは世界中で展開し、その規模は世界最大とも言われています。

日本には1974年に進出し、千葉県船橋市に第1店舗、兵庫県神戸市灘区に第2店舗を設けました。しかし1986年に一度は撤退し、その後2001年に再進出、現在は8店舗が稼働中です。2020年には14店舗までに増えることが予定されています。

IKEAはアイテム数の多さから、週末にファミリーが出かける人気スポットにもなっており、家具のデザインのよさ、充実したアフターサービス、そしてなによりリーズナブルな価格で、日本でも大人気のブランドとなっています。併設されたスウェーデン料理のレストランも、自社商品のショールームとしての役割を果たしながら、ヨーロッパのおしゃれな雰囲気を醸し出すのに一役かっています。

購入した家具は客自身が車に載せて運び、自分で組み立てるという仕様で、DIY(日曜大工)に関心を持つ層からも人気です。しかし、この『組み立て』前提という理由で、引越しにおいて引越し業者から運搬を拒否されたり、分解や組立てを断られるといった事例があるため、その理由や注意点をご紹介します。

引越し時にIKEAの家具が問題となる理由

組立て式が多く分解・再組立てができない

IKEAの家具は基本、組立式です。ネジや金具、そして合板など、かなり多くのパーツからできあがっています。他の会社の組立家具とも異なり、板のレベルから組み上げていく仕様になっています。組み立てるときにはそれを解体して引越しをすることなど想定していません。ネジ山がつぶれたり、曲がって入っていたりして、分解しようとすれば壊れてしまい、再度組み立てができなくなることもあるのです。

さらにIKEAの家具は圧縮板という合板を使って作られています。そのため、合板を組み合わせる際には木ネジが多用されています。木ネジはナットなどを使わず、合板に直接差し込む形で固定する仕様のネジで大変便利なのですが、一度差し込めば、穴が広がってしまうため、分解してしまえばもう一度組み立てたところで同じ強度は維持できません。

組立て後はサイズが大きくなる

なにより、そのまま運び出せればよいのですが、室内で組み立てたこれらの家具は、組み立て後にサイズが大きくなり、解体してからでないと持ち出せないということもしばしば。そこでIKEAの家具を敬遠する引越し業者が多く、仮に引き受けてもらえたとしても別料金がかかったり、補償の対象外となることもあるようです。

IKEAの家具を引越ししてもらうための3つの対処法

1・事前に引越し業者へ相談する

IKEAの家具を所有している場合、引越し時にトラブルとなる前に引越し業者へ相談することが重要です。このタンスとこのテーブルはIKEA製である等、見積もりの際に業者さんへ告げてください。そうすることで、お気に入りの家具を壊してしまう可能性、引越し当日に作業が滞ってしまう可能性を少なくしてくれます。

2・事前に解体しておく

どこの業者もIKEA家具の取り扱いには苦慮しているようですが、解体せずに搬出できる商品については問題なく運んでくれるところが多いようです。どうしても解体しないと難しいものについては、事前に自身で分解しておけば、すんなり運んでもらえるはずです。ただし、再組立ては対応してもらえないケースが多いので、自身での対応となります。
もし再組立て時にパーツを破損させた場合は、IKEAにスペアパーツコーナーがあり、ネジや部品など交換が必要になったものについてはいつでも対応できるよう準備されています。

3・家具の解体・組立て対応をしている引越し業者に依頼する

例えばクロネコヤマト引越しセンターは、家具の解体が可能であれば対応できますし、アート引越センターは、家具の解体や組立をする専門業者に依頼して対応しています。引越し業者によっては別料金となったり、破損しても補償対象外になる場合があるので、見積もり時にIKEAの家具があることを伝えて確認を取りましょう。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2016/05/20

引越し豆知識関連リンク

引越したその日から必要なものは? 引越したその日から必要なものは?
引越し初日から絶対に必要なものをご紹介!意外に忘れがちな物もここでチェック!引越に関するお得情報はこちらから。
住民票って移さないとダメ? 住民票って移さないとダメ?
引越し後に住民票を移さなければいけない?移さなかった場合のデメリットはどんなものがあるの?知っておくべき住民票についての情報はこちらから。
引越しにふさわしい日 引越しで縁起が良いのは大安・仏滅・友引・赤口?
引越すのに縁起の良い日って?知らなかった六曜のこと、引越しにふさわしい日をご紹介。
風水の吉方位で選ぶ間取り 引越し先の間取りは風水の吉方位で決める
引越しの際に風水を気にする方、意外と多いのはご存知でしょうか。吉方位から家具の配置まで、開運できる引越し情報をご紹介。
引っ越しの映画 引越して新生活が待ち遠しくなる映画4選
引越しをテーマやモチーフにした映画をご紹介します。
電気代を節約する ご存知ですか?賢く電気代を節約する3つのポイント
賢く電気代を節約する3つのポイントについてご紹介します。
電気料金を節約 電気料金を月1000円~節約!?『アンペア』が話題
引越しの際の電気料金見直し情報ならLIFULL引越し。契約しているアンペアを見直すことで電気代を節約する方法をご紹介します。
電力と自然エネルギー 自然なエネルギーを使った電力に切り替えられる?
自然エネルギーの電力利用を検討するならLIFULL引越し。太陽光や風力発電など自然エネルギーを使った電力や自然エネルギーを利用している電力会社への切り替えについてご紹介します。
イケアの家具の引越し IKEA家具が引越しで敬遠される理由と3つの対処法
引越し時、IKEA(イケア)の家具の取り扱い注意点について詳しくご紹介しています。
引っ越し 地域で違う 西高東低?地域で違う引越しの初期費用
引越しは地域でどう違う?敷金、礼金など初期費用の違いについてご紹介しています。
電力会社の手続き 簡単3ステップ!電気料金を年1万円~!?節約する方法
簡単3ステップ!電気料金を年間1万円~!?節約する方法についてご紹介します。
電力自由化 2016年4月からスタートした電力の自由化とは?
2016年4月からスタートした電力の自由化についてご紹介します。
引越し見積もり用語10選 これでスッキリ!引越し用語集
引越しの見積もり時に引越しの時期・時間帯、輸送方法に関する引越し専門用語が出てきます。見積もりをスムーズに進めるために用語の意味や用途についてご紹介します。
隣人トラブル 隣人がうるさい、そんな時は?
隣人とのトラブルが起こってしまった場合の対処方法をご紹介します。
引越し祝い 引越し祝い
引越し祝いに関するマナーやタブーをご紹介。定番品や選び方など、祝い品選びにお困りの方はこちらからどうぞ。
あっと驚く引越しのコツ あっと驚く引越しのコツ
あっと驚く引越しの便利なコツをご紹介。スケジュール、業者選び、荷造りなどやることが多くて大変な引越しを楽にするコツはこちらから。
本当にあった引越しトラブル事例 本当にあった引越しトラブル事例
業者との喧嘩、家具の破損、不当なキャンセル料請求など、本当にあった引越しトラブルをご紹介。
引越しプラン利用&困ったことランキング 引越しプラン利用&困ったことランキング
「どのサービスを選べばよいかわからない」という方へ、引越し業者の独自サービスをランキング形式でご紹介。
原状回復ってどこまで必要? 原状回復ってどこまで必要?
回復の費用は借主・賃主のどちらが負担?トラブル防止ポイントなど引越しに関する知っておきたいお役立ち情報はこちらから。
連帯保証人って何をする人? 連帯保証人って何をする人?
連帯保証人とはどういうものか?一般的に、誰に依頼するのが良いの?引越に関するお得情報はこちらから。

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

IKEAの家具引越しに関するお役立ち情報ならHOME'S引越し。IKEAの家具特有の注意点、引っ越しの際気をつけるポイントなどご紹介します。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。