引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し豆知識 > 引っ越しで失敗した!と思ったことは?後悔しない新居選び

引っ越しで失敗した!と思ったことは?後悔しない新居選び見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/08/02

 

引っ越しで失敗するのは避けたい!と思っていても、新居となる賃貸物件を大量にチェックしていると「数が多すぎてどれがいいのか分からない」「何を基準に選ぶべきなの?」とうんざりしてしまうことも多いですよね。初めて一人暮らしをするときはなおさらでしょう。ここでは引っ越しの具体的な失敗例をあげながら、新居選びのコツについて説明していきます。引っ越しで失敗したと思ったことがある人や初めて一人暮らしをする人、必見ですよ!

INDEX


  1. 引越しのよくある失敗例って?

    1. 引っ越しの失敗例①騒音がひどかった
    2. 引っ越しの失敗例②日当たりが悪かった
    3. 引っ越しの失敗例③立地条件や周辺環境を見落としていた
    4. 引っ越しの失敗例④家賃や諸経費が高くて負担になった
    5. 引っ越しの失敗例⑤事故物件だった


  2. 引っ越しで失敗&後悔しないためにチェックするポイント

    1. チェックポイント①騒音チェックは壁に耳を!時間を変えて内見するのがベスト
    2. チェックポイント②壁紙やサッシの状態、ニオイなどで湿気をチェック
    3. チェックポイント③地図で回りの環境や施設をチェック
    4. チェックポイント④内見や不動産会社へは友達や経験者と行く
    5. チェックポイント⑤何度もオーナーが変わっている物件は注意
    6. まとめ


引越しのよくある失敗例って?

 

家に引っ越してから「失敗した…」と後悔したことのある人のエピソードを元に、具体的な例を紹介していきます。

 

引っ越しの失敗例①騒音がひどかった

 

隣の家の騒音がひどい!

少しの失敗例で最も多いのが「騒音に気づかなかった」というもの。鉄筋コンクリート造りのマンションなのに隣の家の普通の会話が丸聞こえだったり、携帯電話のバイブレーション音が聞こえたりするという極端なケースも。こちらの会話や音も隣に聞こえているかと思うと、ちょっと怖いですよね。

また、人気の『テラスハウス』での騒音トラブルもよくあります。テラスハウスというと友達同士で同居するシェアハウスをイメージする人が多いのですが、 本来は『2階建ての長屋』のこと。メゾネットとも呼ばれている物件で、2層構造の一戸建ての家同士がくっついているような建物を指しています。

テラスハウスは『鉄筋コンクリート造』となっていても、鉄筋が入っているのは屋根部分だけで各戸は壁一枚で区切られているだけという物件も。 うるさい住民がいるならともかく、普通の会話まで聞こえてしまうようでは問題です。

また、上階や両隣の住民が四六時中ドタバタしている、毎日のように人を頼んで大騒ぎするなどの深刻な人的騒音トラブルも起きています。近所にどんな人が住んでいるかは実際に引っ越してからでないと分からないため、引っ越してから後悔している人が圧倒的に多いようです。

 

外からの騒音がひどい!

便利さを考えて大通りや幹線道路沿いの物件を選ぶと、思っていたより交通量が多く昼夜を問わず騒音に悩まされる…ということも。

また、住宅地の静かな環境でも近くに運送会社や工事会社などがあって、早朝からダンプカーやトラックが出入りしていて騒音に悩まされることになったという場合も。早朝や深夜の騒音は内見したときにはなかなか気づけないので要注意です。

 

引っ越しの失敗例②日当たりが悪かった

 

日当たりに関する失敗も少なくありません。家賃の安さを重視して日当たりの悪い部屋を選んでしまうと洗濯物が全く乾かない、洋服にカビが生える、壁の結露やカビに悩まされるということも。

 

共働きや男性の一人暮らしで、日中あまり家にいないからと日当たりの悪さを問題視せず入居したところ、カビが大発生。こうなるとなんらかの対策をとらなくてはならない場合もあるでしょう。アレルギーやぜんそくといった持病のある人にとっては重大な問題になるので妥協してはいけません!

 

引っ越しの失敗例③立地条件や周辺環境を見落としていた

実際に住んでみないと分からないのは立地条件や周辺環境も同様。「バス10分」とあったので許容範囲かなと思ったら、バスの本数が少なかったり、近所に有名な渋滞スポットがあったりして所要時間が読めず困るケースも。

 

また、近所に買い物できるスーパーや安いドラッグストアがないなど買い物の利便性の悪さも長く住むとストレスになる上、経済的な負担も大きくなるので注意が必要です。

 

引っ越しの失敗例④家賃や諸経費が高くて負担になった

家賃の目安は月収の1/3程度がベスト。駅から近い、オートロック、バストイレ別、築浅など全ての条件を満たす物件はどうしても家賃が高くなります。毎月支払う家賃が高いと他の部分で生活を切り詰めなくてはいけなくなってしまうのでときには諦めることも大切です。

 

また、家賃の他に毎月支払う管理費も要チェック。駐車場代、敷金、礼金、仲介手数料、保険料などの初期費用も合計いくらになるのか必、ず物件を決める前に計算してみましょう。

 

引っ越しの失敗例⑤事故物件だった

あまり考えたくない例ですが、心霊現象が起こる物件も実際にあるようです。霊感の強い人だと内見の時に気がつくということもあるそう。 入居してから近所の人に事故物件であることを聞いて、怖くなってすぐに引っ越ししたという人もいます。

 

不動産会社には、事故や事件があった物件について「心理的瑕疵(しんりてきかし)」がある旨、入居者に告知する義務があります。「告知事項あり」と書かれている物件が該当しますが、告知義務があるのは次に入居する一人目の入居者に対してのみ。次の次に入居する人には説明義務すらないため、簡単に見極めることはできないでしょう。

 

また、心理的瑕疵は事故物件だけではなく周辺に「嫌悪施設」と呼ばれる変な人から嫌われる施設がある物件も該当します 。

 

 

引っ越しで失敗&後悔しないためにチェックするポイント

 

引っ越しで失敗しないようにするためには内見時のチェックや情報収集が重要になります。最後に引っ越しで失敗&後悔しないためのチェックポイントをまとめてみました。「更新が迫っていて、急いで次の家を探さなくてはならない」という人も内見の際、ココだけはチェックしてくださいね!

 

チェックポイント①騒音チェックは壁に耳を!時間を変えて内見するのがベスト

部屋の防音性は必ずチェックしましょう。近隣の住民による騒音や周辺道路の騒音は時間を変えて2度以上、内見に訪れるのがベストです。昼だけではなく夜も行ってみたり、実際に生活することを想像して確認しましょう。隣の部屋の音が聞こえるかどうかは、壁に耳を当てて聞いてみるとよく分かります。

 

チェックポイント②壁紙やサッシの状態、ニオイなどで湿気をチェック

部屋の湿気をチェックするポイントは窓枠やサッシ部分。変色や塗り直しがある場合、結露しやすい環境であることが考えられます。 壁紙が一部だけ張り替えられていたり不自然に浮いたりしていないかも要チェックです。

 

チェックポイント③地図で回りの環境や施設をチェック

通勤や通学に使う通りにどんな施設があるかも確認しましょう。コンビニやスーパー、ドラッグストアなどがあると便利。病院や公共施設があるかどうかも見ておきましょう。また、周辺に下水処理場や火葬場、刑務所などのいわゆる嫌悪施設がないかも調べておいてくださいね。

 

 

チェックポイント④内見や不動産会社へは友達や経験者と行く

不動産屋で色々な物件を見ていると「これくらいの家賃なら何とかやっていけるかも」と考えて、ついつい家賃の高い物件に手を出してしまうことがあります。冷静な目で物件を選ぶためにも、不動産会社に行く際には、一人暮らしの経験がある友人や家族に一緒に行ってもらうことをお勧めします。

 

チェックポイント⑤何度もオーナーが変わっている物件は注意

「告知事項あり」と書かれていない場合、事故物件であることを事前に知ることは難しいのですが、オーナーや管理会社が何度も変わっている物件やマンションの名前自体が変わっているような物件は要注意と言えます。

 

また、不動産会側も告知義務はなくても、質問されれば正直に答えざるを得ないはず。周囲の物件と比較して家賃が極端に安い場合など、「おかしいな」と思ったらどんどん積極的に質問しましょう。以前、心霊現象のある部屋に住んだ経験があるなど、どうしても気になるなら、内見の際に霊感の強い友達に一緒に来てもらうという手もアリです。

 

まとめ

快適で条件がよく、お手頃な家賃の部屋はなかなか空きが出ず、空室でもすぐに借り手がついてしまいます。更新時期が迫っているなど引越しすることが確実な場合、早め早めに物件探しに着手するのがポイント。また、不動産会社の担当者にはどんどん質問するのが吉です。時間を変えて何度か内見することも多くの場合、快く受け入れてもらえるはず。嫌な顔をされた場合、別の不動産会社にあたってみることも検討してくださいね。

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2019/08/02

引越し豆知識関連リンク

ストーカーやDV被害から逃げるための引っ越しをするときに注意すること
ストーカーや DV の被害から逃れるための引越しをするときの注意点について説明していきます。
引っ越しで失敗した!と思ったことは?後悔しない新居選び
引っ越しの具体的な失敗例をあげながら、新居選びのコツについて説明していきます。
引っ越し作業中の防犯対策。盗難や紛失を防ぐための注意点とは
引っ越し作業中の盗難や紛失を防ぐための対策について詳しく説明していきます。
引越しの際に必要なWi-Fiの変更、WiMAXへの切り替え手続き
引っ越し先で必要なWi-Fiの設定、WiMAXへの切り替え手続きの方法などについて詳しく説明します。
引っ越し時の壁紙張り替え費用の支払いは義務?費用の相場を知っておこう
引っ越し時の壁紙張替えの費用についてのすべてをまとめてみました。
引越しでの布団・ベッドの運び方。処分する場合はどうする?
引っ越しの際の布団や寝具類、ベッドなどの運び方や荷造り、処分の方法などについてまとめています。
携帯電話やスマホの引越し手続き。新居を決めるときにチェックすべきポイント
引越し先でもスマホや携帯電話をスムーズに使用するための手続きや、新居での通信状況についてまとめました。
引越しの手伝い、家族や友達に頼む?プロに頼む?
引越しの作業を業者に頼まず周りの人の力を借りる場合のメリット、デメリットをまとめました。
引越しのときの方位、気にする?気にしない?方位が悪いときの対策法とは
「九星気学」を元に、引越しの際に知っておきたい方角の知識をまとめました。
引越し祝い 引越し祝いのマナーとタブー
引越し祝いに関するマナーやタブーをご紹介。定番品や選び方など、祝い品選びにお困りの方はこちらからどうぞ。
引越し後のはがきで通知。転居したことを知らせるべき?
引越し後に、知人や会社、友人へ転居のお知らせをするはがきについてご紹介します。
引越したその日から必要なものは?
引越し初日から絶対に必要なものをご紹介!意外に忘れがちな物もここでチェック!引越に関するお得情報はこちらから。
安い引越し料金を引き出すコツは…早めの予約!?
すぐに引越し業者を予約すると料金が安くなるコツについてご紹介します。
住民票って移さないとダメ? 住民票って移さないとダメ?
引越し後に住民票を移さなければいけない?移さなかった場合のデメリットはどんなものがあるの?知っておくべき住民票についての情報はこちらから。
引越しにふさわしい日 引越しで縁起が良いのは大安・仏滅・友引・赤口?
引越すのに縁起の良い日って?知らなかった六曜のこと、引越しにふさわしい日をご紹介。
風水の吉方位で選ぶ間取り 引越し先の間取りは風水の吉方位で決める
引越しの際に風水を気にする方、意外と多いのはご存知でしょうか。吉方位から家具の配置まで、開運できる引越し情報をご紹介。
引越して新生活が待ち遠しくなる映画4選
引越しをテーマやモチーフにした映画をご紹介します。
ご存知ですか?賢く電気代を節約する3つのポイント
賢く電気代を節約する3つのポイントについてご紹介します。
電気料金を月1000円~節約!?『アンペア』が話題
引越しの際の電気料金見直し情報ならLIFULL引越し。契約しているアンペアを見直すことで電気代を節約する方法をご紹介します。
自然なエネルギーを使った電力に切り替えられる?
自然エネルギーの電力利用を検討するならLIFULL引越し。太陽光や風力発電など自然エネルギーを使った電力や自然エネルギーを利用している電力会社への切り替えについてご紹介します。
IKEA家具が引越しで敬遠される理由と3つの対処法
引越し時、IKEA(イケア)の家具の取り扱い注意点について詳しくご紹介しています。
西高東低?地域で違う引越しの初期費用
引越しは地域でどう違う?敷金、礼金など初期費用の違いについてご紹介しています。
簡単3ステップ!電気料金を年1万円~!?節約する方法
簡単3ステップ!電気料金を年間1万円~!?節約する方法についてご紹介します。
電力自由化 2016年4月からスタートした電力の自由化とは?
2016年4月からスタートした電力の自由化についてご紹介します。
これでスッキリ!引越し用語集
引越しの見積もり時に引越しの時期・時間帯、輸送方法に関する引越し専門用語が出てきます。見積もりをスムーズに進めるために用語の意味や用途についてご紹介します。
隣人トラブル 隣人がうるさい、そんな時は?
隣人とのトラブルが起こってしまった場合の対処方法をご紹介します。
原状回復ってどこまで必要?
回復の費用は借主・賃主のどちらが負担?トラブル防止ポイントなど引越しに関する知っておきたいお役立ち情報はこちらから。
連帯保証人って何をする人?
連帯保証人とはどういうものか?一般的に、誰に依頼するのが良いの?引越に関するお得情報はこちらから。
あっと驚く引越しのコツ
あっと驚く引越しの便利なコツをご紹介。スケジュール、業者選び、荷造りなどやることが多くて大変な引越しを楽にするコツはこちらから。
本当にあった引越しトラブル事例
業者との喧嘩、家具の破損、不当なキャンセル料請求など、本当にあった引越しトラブルをご紹介。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。