引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し見積もりを最大60%安くする方法 > 引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?

引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?

投稿日:2019/12/13

 

引越し料金を安くするため、複数の引越し業者に見積もりを依頼することはもはや基本中の基本。とはいえ、あまり多くの引越し業者に依頼するとその後の対応が大変です。ここでは引っ越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すべきなのかという疑問にお答えしていきます。これから引っ越しの一括見積もりを依頼する方は要チェックです!

 

INDEX


  1. 電話やメールの見積もりなら3~5社

  2. 訪問見積は3社くらいで充分

    1. 訪問見積もりで引っ越し料金が安くなる理由


  3. 一括見積サイトを利用して訪問見積もりの候補をしぼろう

    1. 一括見積サイトを利用するメリット
    2. 引越しの一括見積もりサイトを使うと、しつこい電話攻撃にあうってホント?


電話やメールの見積もりなら3~5社

何社くらいに見積もりを依頼するのがベストなのかは見積もりを取りよせる方法によっても違ってきます。

「引っ越しまであまり日がない」「特殊作業が発生する」といったケースなど、価格交渉以前に、引っ越し作業そのものに対応してもらえるかどうかをすぐ確認したいということもあるでしょう。この場合、ある程度引越し業者をしぼって電話やメールでダイレクトに見積もりを依頼するのがベストです。

入力フォームやメールで引越しの日時、荷物の量、特殊作業の有無を記入する場合、コピーして入力することができますが、電話で見積もりを依頼するときは、口頭で詳細を伝える必要があります。とはいえ、どこの引越し業者も質問してくるのは同じような内容。質問の内容をメモしながら見積もりを依頼していきましょう。

首都圏エリアなどカバーしている引っ越し業者が多い場合は5社程度、少ない場合でも3社程度にしぼって見積もりを依頼するのがおすすめです。

訪問見積は3社くらいで充分

 

訪問見積もりは単身引越しで20分程度、家族の引っ越しでは1時間程度かかります。あまり多くの引越し業者に訪問見積もりを依頼すると、対応に疲れてしまいます。かといって一社2社だけだと、料金やサービスの比較や価格交渉がしづらく参考になりません。

「引越しを頼むなら、ここの引越し業者かな」と想定している本命の引越し業者のほか、2社程度に依頼すれば充分でしょう。

この場合、先に本命以外の引越し業者に訪問見積もりに来てもらうようにし、後で訪問見積もりに来た本命の引越し業者に他社の価格を提示して価格交渉すれば安い引越し料金を引き出すことができます。

 

訪問見積もりで引っ越し料金が安くなる理由

 

「インターネットや電話で見積もりが依頼できるのに訪問見積もりしてもらうのは面倒」

「知らない人を家にあげるのは嫌」

 

このような理由で訪問見積もりをせずに引越し業者を決めようと考えている方もいるかもしれません。でも引越し料金を少しでも安くしたいなら、訪問見積もりをしてもらうのがおすすめです。

なぜなら、訪問見積もりをせずに引越し料金を算出する場合引越し業者は当日のトラブルを防ぐためやや高めに料金を計算せざるを得ないからです。少ないと申告されていた荷物が実はたくさんあったら、当日になって追加料金を請求しなければならなくなります。こうした事態は引越し業者側もできるだけ避けたいのです。

また、訪問見積もりでは他社の見積金額を提示してその場で価格交渉をすることもできます。「この場で決めていただければ他社より○○円安くします」と値引きを提示されることもありますし、ダンボールやガムテープなどの梱包資材をプレゼントしてくれることも。

訪問見積もり限定のサービスを用意している引越し業者もあるので、営業担当が家に来ることに抵抗がない方は訪問見積もりを依頼したほうが賢明です。

 

一括見積サイトを利用して訪問見積もりの候補をしぼろう

 

「訪問見積もりに選ぶ3社をどうやって選んだらいいのか分からない」そんな方におすすめしたいのが引越し料金の一括見積もりサイトの利用です。便利な引越し料金の一括見積もりサイトを使用すると以下のようなメリットがあります。

 

一括見積サイトを利用するメリット

対応してくれる引越し業者を選別できる

「クレーンを利用した特殊作業がある」「離島や遠方などに引っ越しする」こうしたケースでは、対応してくれる引っ越し業者が限られてきます。一括見積もりサイトを利用すれば、対応可能な引越し業者からのに返信が来るので、こちらで対応の可否を見極める必要がありません。

訪問見積もりしてもらう引っ越し業者をしぼることができる

3社程度の引っ越し業者訪問見積もりを依頼する引越し業者を選ぶ前に一括見積もりサイトを利用すれば、より効率的です。

引っ越し料金を安くできる

より多くの引越し業者から見積もりを取り寄せることで、安い引越し業者にしぼることができます。極端に高い引越し業者は避けて、訪問見積もりをすることで引越し料金を安くできます。

引っ越し日時や荷物の量などの入力が1度で済む

一括見積もりサイトを利用すれば、引っ越しの日時、荷物の量、必要な作業の種類など一度入力するだけで複数の業者から見積もりを取り寄せることができます。

引越し料金の相場を把握できる

一括見積もりサイトは、引越し料金の相場を把握するのにも役立ちます。特に引っ越しが初めてという人は料金の相場が分からず、価格交渉がしにくいという人が多いのではないでしょうか。一括見積もりサイトを利用すれば、料金の相場を把握することができますし、大手引越し業者とそれ以外の価格差も一目瞭然です。

意外な引っ越し業者が見つかる

一括見積サイトを利用すると、安い料金で対応してくれる意外な引越し業者が見つかることがあります。自分で引越し業者を探して見積もりを依頼する場合、どうしても大手引越し業者に偏りがち。でも、一括見積もりサイトを利用すれば自分が引っ越しするエリアをカバーしている中小の引越し業者や地域密着型引越し業者に見積もりを出してもらうことも可能です。

 

一括見積もりサイトはサイトごとに提携している引越し業者が異なるため、 本命の引っ越し業者が提携しているかどうかチェックしてから利用してみてください。

引越しの一括見積もりサイトを使うと、しつこい電話攻撃にあうってホント?

「引越しの一括見積もりサイトに登録した直後に色々な引越し業者から電話がかかってきて困惑した」という声をよく聞きます。 残念ながらこれはほぼ事実。あなたが入力した内容を見て対応できるようであればどんどん電話がかかってきます。

 

電話対応の時間を限定しておこう

大量の電話がかかってくるのを避けるためには、電話に出られる時間を限定しておくことがポイント。例えば「平日の18:00~20:00までの間に連絡をお願いします」と書いておけば、良心的な引っ越し業者はルールを守って電話してくるはずです。

メールアドレスは普段使用していないアドレスで

案内メールや確認のメールも頻繁に送られてくるようになります。仕事やプライベートで使っているアドレスを登録すると、引越し業者からのメールで受信トレイがいっぱいになってしまうということもあるので、一括見積もりサイトに登録するのは普段あまり使用していないアドレスを選ぶのがオススメです。もちろん、引越し業者を決めるまではきちんとそのアドレスを確認するようにしてくださいね。

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2019/12/13

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越しの見積もりに個人情報は必要or不要?
ここでは引越しの見積もり依頼時に個人情報を入力する必要が本当にあるのかどうか詳しく説明していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
離島への引越し料金相場と引越しの際の注意点とは
ここでは離島へ引越しする場合の料金の相場や対応している引っ越し業者、引っ越しする際に知っておきたいことなどについてまとめています。
不動産屋から紹介される引越し業者と 一括見積り・どちらが安い?
不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。
新型コロナ感染症対策・引越しの訪問見積もり、あいさつはどうする?
引越し平日の方が安い?休日・祝日の料金相場と比較
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
訪問不要?コロナ禍でも安心なリモート引越し訪問見積もり
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
引越しのフリー便はどのくらい安くなる?
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
引越しの見積もり、早めの予約(早割)がお得!
ここでは早割り制度を使える引越し業者とそのサービスの内容を説明していきます。
長距離の引越し見積もりを安くする方法
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
少量の荷物を運ぶ引越しを安くする方法。ミニ引越しプランは安い?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
シニアの介護施設への引越し見積もりはどうすればいい?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
引越しの見積もり、即決は価格が安くなる?
引越し料金は即決する場合について詳しく紹介していきます。
引越しの一括見積もりサイト、ヤバイって本当?その理由とは
ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
新型コロナの影響で家賃が払えない!賃貸住宅の家賃支払いは待ってもらえる?減額は?
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【5月~7月】新型コロナ感染症・緊急事態宣言解除後の引越し
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その3
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その2
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2
【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!
引越し料金の支払い方。見積もり時にキャッシュレス決済できるか確認しよう!
ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり・立ち寄りプランを利用するときに知っておきたいこと
どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。
引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?
ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。
日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?
ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。
引越しの見積もりを地域密着業者に依頼するメリットとは?
ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。
引っ越し見積もりの際、引越し業者に聞くことって?
ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。
引越しのLINE見積もりサービスって?
ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。