引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し見積もりを最大60%安くする方法 > 転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?

転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?

投稿日:2020/02/06

 

急な転勤や転職などによって、転居先の住所が未定であるものの引越し料金がどのくらいになるのか知りたい……というときがあります。こんなとき、引越し業者は見積もりをしてくれるのでしょうか。ここでは転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。

INDEX


  1. 転居先の大まかなエリアが分かっていれば見積もりは可能

    1. 引越しが確実なら日にちだけでもおさえておこう
    2. 引越しの詳細や変更は早めに引越し業者に連絡!
    3. 引越しのキャンセルをするときな3日前までに連絡を


  2. 引越し見積もりに最低限、必要な情報とは

    1. 引越し先の道路状況などによって追加料金が発生する可能性も


  3. 引越しは最低、何日前までに依頼すればいい?

    1. 直前まで引越し業者に依頼できない場合、梱包資材は自分で用意する
    2. 引越し荷物の一時預かりサービス


転居先の大まかなエリアが分かっていれば見積もりは可能

実際の引越し事情をみると転勤以外にも、直前まで転居先の住所が分からないということは意外によくあります。例えば進学に伴う引越し。合格する大学によって転居先が決まるため、2つ以上の新居を検討していてとりあえず日にちだけでも押さえておきたいという例もあります。

引っ越し料金は荷物の量や建物の条件、移動距離などによって決まります。そのため新居の住所が分かっていない場合でも〇〇市、△△区くらいまでおおよそのエリアを絞らないと引越し料金の見積もりは出せません。逆を言えば、このくらいのエリアまで分かっていれば見積もりはしてもらえるのです。そのため、エリアが決まったら段階で早めに見積もりを依頼するのがポイントです。

少しでも引越し料金を安くするために、一括見積りサービスを使う場合もエリアが決まった段階で見積もりを依頼しましょう。その際、「候補地は〇〇区と△△区なので、それぞれで引越し料金の見積もりをお願いします」と付け加えるようにします。

引越しが確実なら日にちだけでもおさえておこう

詳細はまだ分からないけれど、引越しすることだけは確実!という場合、日にちだけでも押さえておきましょう。直前になって依頼をすると、引越し業者の予約が埋まってしまうことがあるからです。

特に引越しの繁忙期である3~4月は、引っ越し難民にならないようにするためにも、早めに見積もりの依頼をして日程だけでも押さえておきましょう。

引越しの詳細や変更は早めに引越し業者に連絡!

見積もりを出してもらった後、引越し先の住所が決まったときはもちろん、
「引越し作業は午後でもOKになった」
「持っていくつもりだったダンボールの数が大幅に減った」
「冷蔵庫と洗濯機は新居で購入するので搬出不要になった」

こんなときも、早めに引っ越し業者に連絡して情報を共有しましょう。時間に余裕がある場合、見積もりを計算しなおしてくれることがほとんどです。その結果、引越し料金が安くなることもあるでしょう。

引越しのキャンセルをするときな3日前までに連絡を

引っ越し作業をキャンセルしたいというときは、引っ越しの3日前までに連絡すればキャンセル料はかかりません。引っ越しの前々日のキャンセルは「料金の20%以内」、引越し前日キャンセルであれば「運賃の30%以内」のキャンセル料が発生するので、注意してくださいね。

通常、「引越し業者は引っ越しの3日前までに連絡を入れ、見積書の内容に変更がないか確認する」のがルールになっています。 荷物が減っていたり、作業が不要になったりした場合は必ず、伝えるようにしましょう。

引越し料金の相場を知りたいなら見積もりシミュレータを利用しよう

転居先の大体のエリアが決まっていれば、旧居と新居の距離は想定できます。『LIFULL引越しの料金シミュレータ』を利用すれば、同一都道府県内か県外かと、距離と人数を選択するだけで大体の概算料金がわかります。

引越し見積もりに最低限、必要な情報とは

 

引越し料金の見積もりを依頼する際に最低限必要な情報は以下の通りです。

 

・引越しの日にち(週末でなければNGか、平日でもOKかなど)
・荷物の量(ダンボールの数、大型の家具や家電、自転車などの有無)
・特殊作業が必要かどうか(通路や玄関の幅)
・建物の条件(階数やエレベーターの有無など)
・引っ越し先のだいたいのエリア

 

はっきりとした住所が決まっていない場合でも、荷物の量は事前にだいたい分かるはず。できるだけ荷物を減らし、正確な荷物の量を引越し業者に知らせることで、より正確な見積り額を計算してもらうことができます。

引越し先の道路状況などによって追加料金が発生する可能性も

引越し先の市区町村に変更がなければ、移動距離によって決まる引越し料金にはそれほど差は出ません。しかし、引っ越し先の環境や道路状況などによっては見積額よりも引っ越し料金が大幅に高くなる可能性があります。

例えば、引っ越し直前になって新居の建物前にトラックが横づけできないことが分かった場合、建物から離れた場所にトラックを駐車してそこから荷物を台車などで運ばなければなりません。こうしたケースでは、スタッフの数や作業時間が増えてしまうため、引越し料金が高くなってしまうのです。エレベーターがない建物なども同様です。

不確定な要素が多い段階で見積もりを依頼するときは、追加料金が発生することがあるということも理解しておきましょう。

引越しは最低、何日前までに依頼すればいい?

3~4月の引越し繁忙期であれば2~3週間前まで、それ以外の期間であれば最低5日前くらいまでに依頼すれば梱包材やトラック、人員の手配は可能です。ただし、引越しが少ない時期で空きがある場合、前日でも対応してもらえることもあります。直前でも諦めず連絡をしてみることが大切と言えるでしょう。

直前まで引越し業者に依頼できない場合、梱包資材は自分で用意する

引っ越しまでの日にちが差し迫っているなら、早めに荷物の梱包を始めなければいけません。引越し業者にダンボールを用意してもらうには、最低でも2~3日程度の時間が必要になります。引っ越しまで時間がないケースでは、梱包資材は自分で用意し、荷造りを早めにスタートさせましょう。

引越し荷物の一時預かりサービス

ろいろな事情があって「退去日が決まっているものの、新居が決まらない」というケースがあります。

引越し業者の中には搬出した荷物を一時的に預かってくれるところもあります。「急な転勤で今、住んでいるところを出なければ行けないけれど、新居がまだ決まらない」というときなどは、 自社コンテナなどで荷物を預かってくれる引っ越し業者を探してみましょう。

荷物を保管してもらう場合、一般的には料金がかかりますが、 無料で預かってくれる引越し業者もあります。

 

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/02/06

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

離島への引越し料金相場と引越しの際の注意点とは
ここでは離島へ引越しする場合の料金の相場や対応している引っ越し業者、引っ越しする際に知っておきたいことなどについてまとめています。
引越しの見積もりに個人情報は必要or不要?
ここでは引越しの見積もり依頼時に個人情報を入力する必要が本当にあるのかどうか詳しく説明していきます。
不動産屋から紹介される引越し業者と 一括見積り・どちらが安い?
不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。
新型コロナ感染症対策・引越しの訪問見積もり、あいさつはどうする?
引越し平日の方が安い?休日・祝日の料金相場と比較
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
訪問不要?コロナ禍でも安心なリモート引越し訪問見積もり
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
引越しのフリー便はどのくらい安くなる?
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
引越しの見積もり、早めの予約(早割)がお得!
ここでは早割り制度を使える引越し業者とそのサービスの内容を説明していきます。
長距離の引越し見積もりを安くする方法
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
少量の荷物を運ぶ引越しを安くする方法。ミニ引越しプランは安い?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
シニアの介護施設への引越し見積もりはどうすればいい?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
引越しの見積もり、即決は価格が安くなる?
引越し料金は即決する場合について詳しく紹介していきます。
引越しの一括見積もりサイト、ヤバイって本当?その理由とは
ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
新型コロナの影響で家賃が払えない!賃貸住宅の家賃支払いは待ってもらえる?減額は?
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【5月~7月】新型コロナ感染症・緊急事態宣言解除後の引越し
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その3
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その2
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2
【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!
引越し料金の支払い方。見積もり時にキャッシュレス決済できるか確認しよう!
ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり・立ち寄りプランを利用するときに知っておきたいこと
どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。
引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?
ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。
日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?
ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。
引越しの見積もりを地域密着業者に依頼するメリットとは?
ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。
引っ越し見積もりの際、引越し業者に聞くことって?
ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。
引越しのLINE見積もりサービスって?
ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。

転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼ができるのか、その注意点についてご紹介します。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。