> > 引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?

引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2020/01/28

hero

通常の引っ越しと比較すると、より多くの作業が発生するオフィス移転。荷物の運搬や什器のレイアウトのほか、回線工事や内装工事など専門業者に依頼しなければできない作業も多く、早めの対応が必須です。ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。

INDEX


  1. オフィス移転で必要な作業とは?

    1. 新オフィスで必要な作業
    2. 旧オフィスで必要な作業


  2. オフィス移転の見積もり、チェックポイントはここ

    1. 作業内容の確認
    2. 補償内容の確認
    3. サポート体制やアフターフォローが整っているか


  3. オフィス移転の費用を抑えるなら一括見積サービス

オフィス移転で必要な作業とは?

オフィス移転の見積もりをする際には、必要な作業を洗い出すことから始めます。その上で見積もりを依頼し、すべての作業をワンストップでひとつの引越し業者に依頼できるのか、あるいは別途専門の業者に依頼しなければならないのか判断しましょう。

新オフィスで必要な作業

引越し(移転)作業

オフィス移転の場合、什器の分解や組み立て、複合機(コピー機 )の移動など、会社の美品を移動させるだけでも、プロに依頼しないとできない作業があります。デスクや書棚など重量物の運搬も必須です。

什器の分解や組み立て、重量物の運搬は引っ越し業者に依頼できますが、複合機の移転はメーカーやレンタルしている代理店に依頼しなければできないこともあります。早めに複合機メーカーまたは代理店の担当者に確認しておきましょう。

 

レイアウト設計・内装工事

新オフィスの環境をより快適にするために必要なのがレイアウト設計です。旧オフィスで使いにくさを感じていた点を伝えることで、新オフィスをより使いやすいレイアウトにすることができます。

よりデザイン性の高いオフィスにするなら、内装工事も検討しましょう。壁クロスやタイルカーペット、天井の塗装、パーテーションの間切りなど入居する新オフィスの環境に応じて必要な作業を洗いだします。

オフィスのレイアウトや内装は、入居後になるとなかなか変更しづらいので引っ越しのタイミングをいかすのがポイントです。

 

電気・ネットワークなどの工事

電話やFAX、ネットワークの回線工事や照明、空調の工事も早めに依頼したい作業です。照明や空調の設置は経験が豊富な業者にすることで、省エネにつながるアイデアを提案してもらえることもあります。

 

引越しマニュアルの作成

社員の人数が多い場合、引越しまでに個々で行う作業の詳細や期限をマニュアル化しておくと作業がスムーズに進みます。「個人のデスクの荷物は〇日までにダンボールに入れ、名前と番号、新オフィスのフロア番号を書いておく」といったルールやトラブルがあったときの対処法、連絡先などをまとめたマニュアルも必要に応じて引越し業者が作成してくれます。

旧オフィスで必要な作業

不用品処分(什器やOA機器を含む)

不要になった書類棚やデスクを処分する場合、まずは解体しなければなりません。リユース可能な什器や備品は不用品回収に出すこともできます。

OA機器は個人情報や企業情報や顧客情報などを確実に消去し、情報漏えいが絶対に起こらないよう信頼できる業者に回収を依頼しましょう。

 

原状回復工事

旧オフィスが賃貸物件である場合、退去の際に原状回復工事が必要です。下記のように作業は多岐にわたるので、早めに見積もりを依頼するようにしましょう。

 

  • タイルカーペットの張り替え
  • 壁のクロスの張り替え・塗装
  • パーテーションの撤去照明の撤去や回復
  • 床下配線の撤去
  • 窓やブラインドの清掃・交換
  • 残留物の撤去

 

最近は店舗物件と同様、オフィスでも内装や什器が揃っている「居抜き物件」があります。退去時の原状回復費用を節約するために、新オフィスをこうした居抜き物件の中から選ぶという方法もあります。

 

オフィス移転の見積もり、チェックポイントはここ

hero

オフィスの移転では、さまざまな作業が発生するため費用も高くなります。とはいえ移転がスムーズに行えないと移転後の会社の業務に影響を与える恐れがあります。そのため価格の安さだけにこだわって引越し業者を選ぶのは避けるようにしましょう。コスパ面で納得のいく移転をするには、見積もり段階で以下のポイントをチェックすることが大切です。

作業内容の確認

見積書にどのような作業が含まれているのか確認しましょう。「一式」と書かれた部分も内容を確認します。

移動距離や建物の条件などに基づいて算出する基本費用の金額のほか、レイアウト設計、内装工事、回線工事など、必要な作業をすべて網羅しているか、また不要な作業が含まれていないかもチェックしてください。引越し業者が対応していない作業は別途手配しなければならないため、その分コストがかかることになります。

作業内容について詳細に書かれていれば、引越し業者が綿密な計画をした上で見積額を算出している考えることができます。

補償内容の確認

引っ越し作業の際に破損や紛失があった場合の補償内容を確認します。どんなケースで補償対象となるのか、補償金額もチェックしましょう。高価な備品や美術品がある場合、別途保険に加入するべきか検討する必要があります。

サポート体制やアフターフォローが整っているか

複数の作業を同時に行うオフィスの移転では、思わぬトラブルが発生することがあります。不具合が出ると移転後の業務に差し支えることもあるでしょう。

オフィス移転を依頼する引越し業者を選ぶときは、トラブル対応やスケジュール管理といったサポート体制やアフターフォローの内容が充実しているところを選ぶこともポイントのひとつになります。トラブルや作業遅延があった際のアフターフォロー内容もチェックしましょう。オフィス移転対応の引越し業者をお探しならこちらの引越しサイトもご覧ください。

オフィス移転の費用を抑えるなら一括見積サービス

普通の引っ越しと同様、オフィス移転も費用を格安にするなら一括見積もりサービスを利用するのが有効です。ただし、オフィス移転作業はすべての引越し業者が対応しているわけではありません。普通の引っ越しと違って特別なノウハウが必要であるため、対応していない引越し業者も多いのです。

オフィス移転に対応しているかどうかの目安は「法人営業部」など法人専門の部門があるかどうか。法人部門がない引越し業者には、オフィス移転の作業は依頼できないので見積もりの段階で候補から外すようにしましょう。

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2020/01/28

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。
実家に戻る場合の引越し見積もり、コツや注意点は?
ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。
引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越しの見積もりをキャンセルしたい!料金と断る方法、理由は?
引っ越しの訪問見積もりをキャンセルするときの断り方や断る理由、またいったん決めた引越し業者をキャンセルして他の引越し業者に依頼するときの連絡のしかたなどについてまとめています。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
ゴールデンウィークの引越し料金相場。連休前と連休明けはどちらが安い?
ゴールデンウィーク中や連休前後の引越し料金の相場やゴールデンウィーク前後に引っ越しをする時のメリットとデメリットをご紹介します。
引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。