引越し見積もりサイトLIFULL引越し(旧HOME'S引越し) > 引越し見積もりを最大60%安くする方法 > 引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?

引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?

投稿日:2020/03/24

hero

引越し業者の訪問見積もりを受け、見積もりの明細書をもらったけれどどこをチェックすればいいのか分からない……と思ったことはありませんか?引越し料金の総額だけをチェックして安心していると、後から余分に費用がかかってしまうことがあるかもしれません。ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。

INDEX


  1. 引越しの見積もり明細書とは?

    1. 引越しの見積もり・明細書のチェックポイント

      1. ①支店名・担当者名・事業許可番号などの情報
      2. ② 各種日程・作業開始時間
      3. ③大きな荷物の記入もれがないか
      4. ④引越し料金の明細と総額
      5. ⑤支払い方法
      6. ⑥解約、延期の際の手数料について
      7. ⑦注意事項、備考欄の内容


    2. 内容に変更があった場合、見積もり書を再送して もらおう

引越しの見積もり明細書とは?

引越し料金は、訪問見積もりや Web 上からの報告された荷物の量や移動距離、住居のタイプなどによって決まります。この引越し料金の内訳を明確にしたものが見積もりの明細書です。見積もりの明細書は引越し業者を選ぶときの大切な基準になります。
フォーマットは「お見積書」となっているのが一般的で、「会社控え」「お客様控え」「作業指示書」の3枚複写になっていることもあります。

引越しの見積もり・明細書のチェックポイント

①支店名・担当者名・事業許可番号などの情報

後日問い合わせをする際にスムーズに連絡が取れるように、見積もりを作成した担当者名と在籍している支店名、連絡先などがきちんと記入されているかチェックしましょう。

大手の引越し業者であれば、まず問題はありませんが、中小規模の引越し業者に見積もりを依頼した場合、事業許可番号も念のためチェックするようにしてくださいね。

② 各種日程・作業開始時間

見積もりの明細書にはいくつか日程を記入する欄があります。日程を間違えるとトラブルの元になるので必ずチェックし、カレンダーなどに書き込んでおくといいでしょう。作業の開始時間についても同様です。
また、引越しの見積もり金額には有効期限があります。この期限を過ぎてしまうと約束した金額で作業をしてもらえなくなってしまうので注意が必要です。

・見積もり日
・資材到着日(ダンボールなどが届く日)
・引っ越し予定日
・お届け日(荷物が引越しの翌日以降に到着する場合)
・作業開始時間
・見積もりの有効期限
その他、おまかせプランを利用すると以下の日程も記入されます。
・梱包日(前日までに荷物の梱包を行う場合)
・お届け日、開梱日(荷物が引越しの翌日以降に到着する場合)

 

 フリー便を利用しない場合、作業開始時間が早いところを選ぼう

引越し料金を安くするために時間指定なしのフリー便を選ぶこともできますが、それ以外の場合、見積書に記入された作業開始時間が早い引越し業者を選ぶことをお勧めします。
作業開始が早ければそれだけ作業が早く終わるということ。つまり、廃棄する梱包材をまとめたり掃除をしたりする時間が余分に取れるということになります。

③大きな荷物の記入もれがないか

見積書には運ぶ荷物の内容が細かく書かれています。タンスやテーブル、椅子、ソファなど運搬するものにチェックと個数を記入するようになっているのでひとつひとつ確認していきましょう。大きな家具や家電の記入もれはありませんか?
また、ベランダや庭に置いてある荷物については、こちらから申告しないと気づいてもらえません。見積もり書に記載されていない荷物については、当日運んでもらえないことも。記入もれがないか忘れずチェックしましょう。

④引越し料金の明細と総額

見積書の総額だけを見て、引越し業者を決めるのはNG。引越し料金は「運賃・車両代」「人件費(作業員の人数)」「付帯サービス料金」「実費」などに分かれているので、必ず内訳を確認します。
まずは、総額に消費税が含まれているか、チェック。続いて車両の大きさや作業員の人数を見てみましょう。荷物がすべて積み切れる大きさのトラックか?作業員の人数は少なすぎないか?などを確認します。
引越し料金が安くても作業員の人数が少ない、引っ越し料金が同じなのに作業員の人数が異なる、ということもあります。当然、同じくらいの引越し料金なら作業人数が多い方がラクですよね。

 

付帯サービスがもれていないかもチェック!

当日になって追加料金が発生しないように、エアコンの取り外しや洗濯機の取り付け、ピアノの運搬など必要な付帯サービスが付帯されているか見てみましょう。『洗濯機の取り付け方法が分からないのに、見積もり書に書かれていなくて当日対応してもらえなかった』ということがないようにしたいですね。

⑤支払い方法

現金(元払い・着払い)、カード、会社請求、振り込みなど支払い方法を確認しておきましょう。元払いは旧居で作業開始時に支払うこと、着払いは新居に到着してから支払う方法です。
一般的に引越し料金の支払いは、当日の作業終了時です。慌てて ATM を探し回るということのないようお支払いのタイミングを忘れずに確認しておきましょう。
最近ではクレジットカードで支払うことができる引越し業者が増えていますが、どこの引越し業者も事前にカード払いすることを伝えおかないと対応してもらえないので注意してくださいね。

⑥解約、延期の際の手数料について

前々日、前日、当日の解約(キャンセル)、延期にかかる料金が記載されています。金額は
以下の通り規定があるので、この範囲を超えていないかだけ見ておくと良いでしょう。

・前々日 料金の20%以内
・前日  料金の30%以内
・当日で 料金の50%以内

 

⑦注意事項、備考欄の内容

見積もりの段階では、作業開始時間などを明確にできないことも多いです。その場合、備考欄などに『作業開始時間は引越しの〇日前までにお知らせします』などと書かれているので要チェックです。
また、運搬するバイクや石油ストーブについて『燃料を抜いておいてください』など忘れずに行うべき事前準備などについても、備考欄に追記されていることがあるのでチェックしておきましょう。

 

内容に変更があった場合、見積もり書を再送して もらおう

「荷物の量が減った」「荷物が増えた」「付帯サービスを依頼する必要がなくなった」そんな場合、営業担当に連絡して見積書を作り直した上で再送してもらうようにしましょう。
多くの場合、見積書は複写式になっており、その一枚が引っ越し当日の作業指示書になります。当日、作業をするスタッフが混乱しないように、また金額で相違が出ないようにするためにも見積書の内容は常に最新にしてもらうことが大切です。

引越料金相場シミュレータ
引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2020/03/24

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

離島への引越し料金相場と引越しの際の注意点とは
ここでは離島へ引越しする場合の料金の相場や対応している引っ越し業者、引っ越しする際に知っておきたいことなどについてまとめています。
引越しの見積もりに個人情報は必要or不要?
ここでは引越しの見積もり依頼時に個人情報を入力する必要が本当にあるのかどうか詳しく説明していきます。
不動産屋から紹介される引越し業者と 一括見積り・どちらが安い?
不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。
新型コロナ感染症対策・引越しの訪問見積もり、あいさつはどうする?
引越し平日の方が安い?休日・祝日の料金相場と比較
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
訪問不要?コロナ禍でも安心なリモート引越し訪問見積もり
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
引越しのフリー便はどのくらい安くなる?
ここでは平日と週末などの休日、祝日の引越し料金の相場を比較しながら、どのくらい引越し料金に差があるかを詳しく説明していきます。
引越しの見積もり、早めの予約(早割)がお得!
ここでは早割り制度を使える引越し業者とそのサービスの内容を説明していきます。
長距離の引越し見積もりを安くする方法
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
少量の荷物を運ぶ引越しを安くする方法。ミニ引越しプランは安い?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
シニアの介護施設への引越し見積もりはどうすればいい?
ここでは訪問見積もりの際に契約を即決すると安くなるのか?また、契約を迫られた時に上手に断る方法などについて詳しくご説明していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
引越しの見積もり、即決は価格が安くなる?
引越し料金は即決する場合について詳しく紹介していきます。
引越しの一括見積もりサイト、ヤバイって本当?その理由とは
ここでは引越しの一括見積もりサイトがなぜヤバイと言われているのか、その理由と実際に利用するときの注意点について詳しく紹介していきます。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
新型コロナの影響で家賃が払えない!賃貸住宅の家賃支払いは待ってもらえる?減額は?
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【5月~7月】新型コロナ感染症・緊急事態宣言解除後の引越し
ここでは緊急事態宣言解除後の引っ越し事情について最新情報を紹介していきます。
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その3
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その3
【2020年最新】引越し業者おすすめの9社と最新ランキングを比較・その2
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!その2
【2020年最新】ランキングに入った引越し業者のメリット・デメリット紹介 その1
ここでは『2020年最新版のおすすめの引っ越し業者ランキング』を紹介しながら各引越し業者のメリットやデメリットをチェックしていきます!
引越し料金の支払い方。見積もり時にキャッシュレス決済できるか確認しよう!
ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり・立ち寄りプランを利用するときに知っておきたいこと
どんなときに立ち寄り見積もりを使うことができるのでしょうか。また、立ち寄り見積もりを依頼するときの注意点についても詳しくまとめています。
引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?
ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。
日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?
ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。
引越しの見積もりを地域密着業者に依頼するメリットとは?
ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。
引っ越し見積もりの際、引越し業者に聞くことって?
ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。
引越しのLINE見積もりサービスって?
ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。