> > 引越し見積もりの基本料金を安くする方法

引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/06/20

引越し料金の内訳を知ることで、費用の理解と料金を安するためのポイントをご紹介します。

INDEX


  1. 引越しの基本料金の内訳は?

    1. 引越しの基本料金とは?


  2. 引越しの実費にかかる意外なもの

  3. 引越し料金で実費となる部分を安くする方法は?

    1. 段ボール代を安くする方法
    2. 梱包を自身で行うor梱包サービスを依頼する?


引越しの基本料金の内訳は?

引越しの基本料金に含まれるもの

引っ越しの見積もりをとってみると、料金は大きくわけて「基本料金」「オプション料金」「実費」の3つから構成されていることが分かります。

特別な作業の必要がない近距離の引越しなどの場合、基本料金だけで済むのでは?と考えがちですが、実際には基本料金だけで済むことはほとんどありません。ここで引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについて詳しく説明していきます。

引越しの基本料金とは?

引越しの基本料金は「車両費」と「人件費」を合わせた金額になっています。車両費は移動の距離と使用する車両の大きさから算出し、人件費は積地と届地の作業人数合計や作業時間の目安から算出されます。これは逆に言えば、車両費と人件費以外のものはすべて基本料金以外になるため、想定していた料金よりも高く感じることもあるかもしれません。

引越しの実費にかかる意外なもの

オプションサービスというと、ピアノやエアコンの移動といった特殊な作業を思い浮かべがちですが、引越しにつきものと言える段ボールや梱包資材も実費となります。ここで「え?これも実費に含まれるの?」という意外なものについてみていきましょう。

 

作業基本料金

引越し作業全般に最低限かかる基本料金となります。

資材販売

段ボールやガムテープ、ふとん袋、ハンガーケース(洋服をハンガーにかけたまま運ぶためのケース)などは無料ではなく、実費となります。

 

大手引越し業者の場合、『段ボール10枚、ガムテープ1個、ふとん袋1枚、ハンガーケース5枚』など、一定の量を無料サービスとし、それを超える部分は有料としているところが多いようです。
これに対し、中小の引越し業者や赤帽などのサービスは、資材はすべて実費としている分、引越し料金そのものが安くなっています。

 

養生費、保防費

マンションなどの共同住宅で引越作業を行う場合、台車が通過する床や通路、エレベーター内部など共有部分の損傷を防ぐためにプラスチックのパネルやシートを貼る作業が必要になります。これを養生・保防作業と呼んでいます。

 

養生・保防は退去する建物・引越し先の両方で行う作業です。建物の管理会社がルールを設けているため、事前に管理会社と引越し業者の間で打ち合わせが必要なケースもあります。自身では決められない部分なので、値引きも難しい費用であると覚えておきましょう。特に新築一斉入居の際は養生のルールやエレベーターの使用時間帯なども決められているため、必ず事前に確認するようにしてください。

大手引越し業者であれば、引越し料金に養生・保防費が含まれていることもありますが、別途請求される場合、5,000円程度が相場になっています。

 

梱包費・解梱費

引越しにつきものの荷造りも梱包作業として、別途料金がかかる部分です。荷物をつめる梱包と荷物をほどく解梱にそれぞれ10,000円程度かかるのが相場です。

 

引越し料金で実費となる部分を安くする方法は?

引越しにかかる基本的な実費で安くできるのは資材購入にかかる費用と梱包費です。

段ボール代を安くする方法

 

引越し用の段ボールは1枚当たり200円程度。単身引越しであれば、最低でも10個、家族4人で3LDKの引越しであれば60個以上になるのが一般的です。まずはダンボールを自分で用意したときにどれくらい値引きしてもらえるか、確認してみましょう。

自身で調達するときはなるべく段ボールの大きさを揃えるようにします。大きさがバラバラになると、トラックにうまく荷物を積み込めなくなったり、荷崩れの原因になったりすることも。食品用のダンボールなどは強度が弱いものもあるので注意しましょう。

引越し用の段ボールの多くは1度使用して、その後は引越し業者が引き取ることがほとんどです。見積り時に引越し業者に中古の段ボールをもらえないか確認してみてもいいでしょう。中古段ボールをネットで安く購入することもできますが、送料が高く、時期によっては在庫がないこともあります。

 

梱包を自身で行うor梱包サービスを依頼する?

 

梱包作業は自身で行うことで10,000円程度の節約につながります。単身引越しや夫婦2人だけの引越しであれば、前もって計画的に荷造りをしていけば不用品を処理することもでき、スッキリとした気分で新生活をスタートさせることができます。

これに対し、小さなお子さんがいるご家庭や共働きのご夫婦などは梱包作業も含めたパックサービスを依頼した方がスムーズです。引越しは準備に約2週間、後片付けに1週間程度かかると言われています。梱包のみを依頼して、荷解きは自分のペースで行いたいという方はハーフプランを、とにかく時間がない方やお子さんのいるご家庭は、費用がかかっても梱包と荷解きの両方を依頼するフルプランがオススメです。

また梱包サービスでは、引越し業者が繰り返し使用できる独自の資材を使用することが多いため、ゴミが大幅に削減できるというメリットもあります。

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2019/06/20

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。
実家に戻る場合の引越し見積もり、コツや注意点は?
ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。
引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越しの見積もりをキャンセルしたい!料金と断る方法、理由は?
引っ越しの訪問見積もりをキャンセルするときの断り方や断る理由、またいったん決めた引越し業者をキャンセルして他の引越し業者に依頼するときの連絡のしかたなどについてまとめています。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
ゴールデンウィークの引越し料金相場。連休前と連休明けはどちらが安い?
ゴールデンウィーク中や連休前後の引越し料金の相場やゴールデンウィーク前後に引っ越しをする時のメリットとデメリットをご紹介します。
引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越しで安く見積もりを取る方法
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。

引越し見積もりの基本料金を安くする方法ならLIFULL引越し(旧HOME'S引越し)。段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。HOME'S引越しならネット見積もりだからこそ、安心簡単に業者が訪問する前に料金比較しながら無料で一括見積もりをすることができます。口コミ情報や初めて一人暮らしする人やカップル・家族ならではの住み替えのお悩みなど解決できる準備や挨拶に関するコンテンツを多数掲載中です。【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。