> > 引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?

引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/11/19

 

引越しを依頼する際、訪問見積もりを依頼すると結果的に料金が安くなると言われています。とはいえ「引っ越しまで日にちがない」「仕事が休めない」といった理由で訪問見積もりに立ち会うことができないというケースもあるのではないでしょうか。

ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。

 

 

【目次】


  1. 訪問見積もりを家族にお願いする

    1. 家の外の荷物や電気工事が必要な家電も忘れずに!
    2. 訪問見積もりを家族に依頼するメリット


  2. 訪問見積もりの日にちを変えてもらう

    1. 訪問見積もりを夜に依頼する
    2. 一括見積サービスを使うなら、備考欄に時間を書いておく


  3. 訪問なしの見積もりを依頼する

    1. ヤマトホームコンビニエンスのLINE見積もり


訪問見積もりを家族にお願いする

自分が訪問見積もりに立ち会えないのなら、家族に立会いをお願いするという方法があります。実際、学生の単身引越しなど、保護者の方が見積もりの立会いをするケースもよくあります。単身引越しだけではなく家族の引越しでも、両親や成人している家族に依頼することが可能です。また、信頼できる親戚や友人に依頼することもできます。

家の外の荷物や電気工事が必要な家電も忘れずに!

同居していない家族や親戚などに訪問見積もりの立会いを依頼する場合、家の外に置いてある荷物などの申告を忘れてしまうケースがあるので要注意です。例えばベランダに置いてある自転車屋庭に置いてある犬小屋、物置の中身など。普段、その家に住んでいない場合なかなか気づきにくいですよね。

家の外にも荷物がある!という方は、家の中だけではなく家の外の荷物についても家族に伝え、引越し業者の営業担当に忘れずチェックしてもらうようにお願いしておきましょう。

また、エアコン、食器洗浄機、洗浄機付き便座(ウォシュレット)など、電気工事が必要な家電についても別途、料金がかかるため、家族に詳細を伝えておくようにします。

訪問見積もりを家族に依頼するメリット

訪問見積もりの際、営業担当からその場での契約を促されることがあります。セールストークに慣れている営業担当と対峙できず、不本意なまま契約してしまい後悔する…。女性一人の場合など、こうしたケースも少なくありません。

第三者に訪問見積もりの立会いを依頼すると、その場での契約を迫られても「本人に確認してから決めます」と言って断ってもらうことができます。いくつかの引越し業者に見積もりを出してもらってから決めたいというときは、あえて第三者に立会いしてもらうという方法もアリではないでしょうか。

大きな荷物がある時は見積書に記入してもらう

追加料金の発生を防ぐために、もうひとつ重要なポイントがあります。それは荷物の種類や量をきちんと見積書に記入してもらうことです。

例えば、訪問見積もり時に営業担当者がクローゼットの中にしまってあった大型の家電を確認していたのに見積書に書いていなかった…となると、引っ越し当日になって作業スタッフが「見積書に記入がないので別料金がかかる」「この荷物は運べない」と言う可能性があります。

これは本来、訪問見積もりをする担当者が注意するべきポイントですが、利用する側も見積書に正確な荷物の種類や量が記載されているかどうかチェックする必要があると言えるでしょう。

訪問見積もりの日にちを変えてもらう

 

「昼間は仕事で不在」「平日は時間が取れない」という場合は、引っ越しの訪問見積もりを土日や祝日に依頼するという方法があります。 週末の対応をしているかどうかは引越し業者によっても異なるので事前に確認しておきましょう。

訪問見積もりを夜に依頼する

引っ越し業者が訪問見積もりに対応している時間帯は引越し業者によっても異なりますが一般的に午前8時~午後7時ごろまでとなっています。ただし、極端に遅い時間や地方でなければ、対応してもらえるケースも。特に引越しの繁忙期などは、夜間の対応をしてくれるところが多いようです。まずは引越し業者に問い合わせてみるといいでしょう。

 

訪問見積もり対応時間

  • アート引越センター   8:00~19:00
  • サカイ引越センター   8:00~18:00

 

訪問見積もりの対応時間について公式サイトで明記している引越し業者はそれほど多くありません。訪問見積もりには1時間程度かかることを考えると各引越し業者、営業時間の1時間前までは対応してもらえると考えていいでしょう。

一括見積サービスを使うなら、備考欄に時間を書いておく

引越し料金を安くするために効果的な一括見積りサービスを使用する場合、必要な情報を入力した後最後の備考欄に「19:00以降の訪問見積もりを希望」など立会いできる時間帯を書いておくといいでしょう。一括見積もりサービスを利用すれば、夜間に対応してもらえる引越し業者のみ返信がくるので、1件ずつ問い合わせをする手間が省けます。

訪問なしの見積もりを依頼する

 

訪問見積もりの立会いができない、家族にも依頼できそうにないというときは引越しWeb予約サービスを利用してみましょう。

入力フォームから荷物の量や引越し内容を入力するだけで条件にあった引越業者のサービスや引越し料金を比較できます。じっくりと比較検討したら、そのままネット上で予約申込みできるので訪問見積もりをしてもらう必要がありません。

訪問見積もりに立ち会えない方だけではなく、「引越し業者から何度も電話がかかってくるのがイヤ」「知らない人を家にあげたくない」という人にもぴったりのサービスです。

また、荷物の量が少ない人や「ダンボール5箱に自転車1台、ベッドと大型のたんす1つ」など、自分の荷物量を正確に把握できる人は電話での見積もりで済ませてもいいでしょう。ただし、この場合は引越し業者1件ずつに電話連絡していかなければなりません。

ヤマトホームコンビニエンスのLINE見積もり

各引越し業者では訪問見積もりに立会いできない人のためにさまざまな代替サービスを提供しています。

ヤマトホームコンビニエンスでは LINE を使ってスマホから画像を送りながら、引っ越し料金の見積もりを出してもらうサービスを実施。写真は1部屋につき1枚撮影。部屋全体が写るように撮影します。お風呂トイレ玄関などは送らなくてOKです。

LINE見積もりは365日、10:00~20:00まで対応しています。クローゼットの中やタンスの中など、追加で画像が必要になればLINEで連絡がくるので、都度送り返せばOK。すべての画像がそろってから20~30分で見積金額を教えてもらえます。

サービス提供エリアと間取りは下記の通り限られていますが、忙しい人にはとても便利な自時代に合ったサービスと言えるでしょう。

 

対象エリア

引っ越し元:埼玉県全域、神奈川県(川崎市以外)、山梨県全域

引越し先:全国(沖縄を除く)

対象間取り

1K、1R(ロフト付き含む)、1DK、1LDK、2DK、2LDK、2LSDK

 

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2019/11/19

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点とは?
引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼する?
引っ越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すべきなのかという疑問にお答えしていきます。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大60%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越し見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越しの見積もりをキャンセルしたい!料金と断る方法、理由は?
引っ越しの訪問見積もりをキャンセルするときの断り方や断る理由、またいったん決めた引越し業者をキャンセルして他の引越し業者に依頼するときの連絡のしかたなどについてまとめています。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
ゴールデンウィークの引越し料金相場。連休前と連休明けはどちらが安い?
ゴールデンウィーク中や連休前後の引越し料金の相場やゴールデンウィーク前後に引っ越しをする時のメリットとデメリットをご紹介します。
引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越しで安く見積もりを取る方法
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。
高く見積もられないための注意点 引越し難民とは?引越し見積もり料金が高くなる3つの理由
引越し業者から高めに見積もりが提示される理由があります。ここで引越しの見積もりで高めに見積もりをされがちな3つの理由についてご紹介します。
引越し見積もりと保険 見積もり外!?引越し時の物品破損と個人保険加入手続き
引越し時によくあるトラブルに物品の破損があります。破損したものは補償されるかどうかと個人で引越し保険に加入する手続きをご紹介します。
引越し見積書のチェックポイント 引越し料金を安くするための引越見積書チェックポイント
料金を安くするための引越し見積書チェックポイントについてご紹介します。
見積もりノウハウ 引越し見積もりの秘密のノウハウ3選
引っ越しで見積もりを取る方法や比較のポイントなどを分かりやすくご紹介します。

引越しの訪問見積もりで立ち合いできないときの対象をご紹介します。LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。