> > 引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事

引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2019/01/15

引っ越しをできるだけ安くするため、自力で引っ越しをすることや、オプション料金が発生する作業を自力で行うことを考えている方は多いのではないでしょうか。

オプション料金が発生しやすいものに家電の移設があります。家電の移設は慎重に作業すれば自分でできるものもありますが、プロに作業を依頼した方がいいものも少なくありません。注意したいのが、引っ越し当日になって自分で行おうとしていた作業ができないことに気づいたり、不適切な作業をして家電を故障させてしまったりするケースです。

ここでは引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業やオプション作業を依頼するまでに事前にしておくべき作業にどんなものがあるか、依頼するといくらかかるかなどについてご説明していきます。

【目次】



  1. 引越し業者に依頼したほうがいい家電の移設と事前処理

    1. エアコン
    2. ウォシュレット は引越し先で使えるも確認を
    3. 事前に水抜きなど作業が必要な家電。灯油ストーブも注意


  2. 家電リサイクル法に応じて処理する家電はこれ

    1. 家電リサイクル法の対象となる家電
    2. 家電リサイクル法対象家電の処分方法


  3. ピアノだけじゃない?クレーンが必要になる作業

    1. 仏壇の引越しはお寺へ供養をお願いする必要あり?


引越し業者に依頼したほうがいい家電の移設と事前処理

プロに移設作業をお願いしたほうがいい家電は以下の通りです。

 

エアコン
ウォシュレット
冷蔵庫
洗濯機

 

エアコン

エアコンを自分で運ぶことを考えている方は意外に多いようです。ただし、エアコンの移設には内部のフロンガスを室外機内に封じ込める「ポンプダウン」や取り付け時に行う冷媒と空気が混ざらないようにする「真空引き」など特殊な作業が含まれています。

間違って作業を行うと、冷暖房機能の低下やエアコン本体の故障にもつながることも。エアコンの移設作業はプロに依頼することをお勧めします。

エアコンを着脱を依頼したときのオプション料金相場

  • 取り外し、運搬、取り付けすべての作業を依頼した場合20,000円~30,000円
  • 取り外しのみ 5,000円~10,000円
  • 取り付け作業 12,000円~15,000円
  • エアコンの処分費用 リサイクル料900円+1,000円程度

 

引越し業者のオプション料金が高いと感じた場合はエアコンの移設を専門に行う業者もありますので、そちらを検討してみてもいいでしょう。

ウォシュレット は引越し先で使えるも確認を

トイレは旧居を出るぎりぎりまで使用するため、盲点になりがちです。シャワートイレの取り外しをするには、まずトイレの水道の止水栓を締めなければなりませんが、それだけでも モンキーレンチや購入時に付属してきた専用のスパナが必要となります。

無理に取り外そうとすると水が大量に溢れて止まらなくなったり、漏電が起きて火災になったりする恐れも。 また、使用している型番や機器によっては自力での取り外しが難しいものがあるようです。まずはメーカーの公式サイトで自分で取り外しができるものか確認してみましょう 。

新居が賃貸物件の場合、新居のトイレにウォシュレットが設置できるかどうか確認する必要があります。 無断でウォシュレットを設置し、気づかない間に水漏れが起き、後から賠償請求を受けるという例もあるので注意が必要です。

ウォシュレットの着脱を依頼したときのオプション料金相場

  • 取り外し、運搬、取り付けすべての作業を依頼した場合 15,000円程度
  • 取り外しのみ 5,000円程度
  • 取り付け作業 6,000円~9,000円程度
  • 処分費用 500円+1,000円程度

 

詳しくはこちらのこちらのページを参照してみてください。

 

事前に水抜きなど作業が必要な家電。灯油ストーブも注意

冷蔵庫

引っ越し前日、冷蔵庫のコンセントを抜いておきます。 すると翌日には水受けトレイ(または水受けタンク)に水が溜まっているので、これを捨てます。水受けトレイは冷蔵庫の底部分、水受けタンクは背面に取り付けられていることが多いようです。

氷も捨てておきましょう。製氷機がついている場合は、製氷機の水も捨てます。最近の冷蔵庫には自動霜取り機能が付いていますが、この機能がない小さな冷蔵庫などは引っ越しの2~3日前にコンセントを抜き、霜を溶かして水を捨てておく必要があるので要注意です。

また、冷蔵庫の中の食材や冷凍食品は計画的に引っ越し当日までに消費しましょう。万が一の時のためにクーラーバックと保冷剤を用意しておくと便利です。

洗濯機

洗濯機の内部とホースに残っている水を抜く必要があります。水抜きを行わないと、洗濯機を傾けたときに水がこぼれる恐れがあるので、確実に実施しましょう。

 

  • ①洗濯機につながる水道の蛇口を閉めて、洗濯機をスタートさせます。これで給水ホース内の水が洗濯機の中に出てきます。
  • ②電源を切り、給水ホースを外します。タオルなどで押さえながら外すのがポイントです。 
  • ③再度、電源を切り脱水ボタンを押します。これで洗濯機内と排水ホースに残った水が出てきます。 

 

ドラム式洗濯機の水抜きについては、こちらのページを参照してみてください。

 

なお、冷蔵庫の取り外しや付けが別料金となっている引っ越し業者もあります。オプション料金の相場は取り外しが3,000~5,000円、取り付けが3,000~8,000円程度。 ドラム式洗濯機は重量が重く、取り付けに特殊な作業が必要となるためプロに依頼するのがベスト。別料金となることが多いようです。

灯油ストーブとポリタンクの灯油

冬場の引っ越しで気をつけたいのが灯油ストーブに残った灯油です。灯油は危険物なので引越し業者では運搬できないことがほとんど。同様にポリタンクに入った灯油も運んでもらえない可能性が大です。

灯油は当日までに使いきるか、ガソリンスタンドなどに処理をお願いする、または運搬を行う専門の業者に依頼するなどして対応しましょう。

家電リサイクル法に応じて処理する家電はこれ

家電の中には粗大ゴミとして回収してもらうのではなく、家電リサイクル法に応じて処分しなければならないものがあります。引っ越し直前になって捨てられないことに気づいたり、不要であるにもかかわらず新居に運んでもらうと手間も費用もかかります。また、便利に見える不用品回収業者のなかには高額な金を請求するところも。家電は事前に計画的に処分しましょう。

家電リサイクル法の対象となる家電

 

エアコン

テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)

冷蔵庫・冷凍庫

洗濯機・衣類乾燥機

 

家電リサイクル法対象家電の処分方法

対象家電を処分するにはリサイクル料金と収集運搬料金を支払う必要があります。ただし、自分で指定場所に持ち込む場合、運搬料はかからずリサイクル料金のみで OK です。処分する方法はいくつかあります。

 

  • ①家電を購入したお店を通して回収を依頼する
  • ②家電リサイクル協力店へ連絡し回収を依頼する 
  • ③自分で指定場所に持ち込む 

 

郵便局で家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を受け取り、必要事項の記入し、リサイクル料金を支払う。その際、「メーカー名、テレビについては画面サイズ、冷蔵庫、冷凍庫は内容積」を記入する必要があります。

リサイクル料金は2018年4月現在、エアコンで972円、液晶15型以下テレビ1,836円、冷蔵庫170L以下で3,672円、洗濯機・乾燥機で2,484円となっています。

ピアノだけじゃない?クレーンが必要になる作業

大型家具や家電など、マンションのエレベーターなどに乗らないものや玄関から入れることができないものはクレーンによる「吊り作業」、あるいは人の手による「手吊り」が必要になります。

「うちはクレーンがいるような特殊な家具はない」と思っていても、大きさや重量、新居の設備によってなどによって、身近なものが吊り作業や手吊りの対象となることがあります。以下の家具を新居に運ぶ必要がある場合、事前に引越し業者にオプション料金発生するかどうか、確認するようにしましょう。

 

ソファ

大型冷蔵庫

黒檀(こくたん)の家具

ピアノ

エレクトーン

本棚

食器棚

 

仏壇の引越しはお寺へ供養をお願いする必要あり?

仏壇を新居に移動させる時はお寺の僧侶にお願いして閉眼供養(魂抜き、御霊抜きなどと呼ばれることも)をしてもらう必要があります。さらに新居では開眼供養をして魂入れをしてもらわなければなりません。

仏壇の運搬は一般の引っ越し業者では断られることがあります。運搬してもらえる場合でも取り扱いに慣れていないことが多く仏具を破損されてしまったり、新居で正しく設置ができなったりすることも考えられます。仏壇の引っ越しを行うときは、専門の業者などに相談するようにしましょう。

 

 

まとめ

オプション作業を自力で行うことは引越し料金の節約につながりますが、万が一、家電が故障したり水漏れトラブルが起きたりすると大きな損害をもたらすことがあります。エアコンやウォシュレットなどはできるだけ、引越し業者科専門の業者に作業を依頼するのがベストです。

また、特殊な作業が必要な家財がある場合、直前では対応してもらえないこともあります。作業費がかかりすぎる場合、新しく買いなおした方がいいものもあるでしょう。

オプション作業が必要かどうか、いくら費用がかかるかといった疑問は訪問見積もりをしてもらうことで解決します。「これは運べる?」「処分したほうがいい?」と迷うことがあればまずは引越し業者の訪問見積もりをお願いしてみてはいかがでしょうか。

引越し依頼完了でスマホ収納3ヶ月無料キャンペーン

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

投稿日:2019/01/15

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

引越オプション料金が発生する作業と事前にすべき事
引っ越し時にプロに頼まないとできないオプション作業と作業を依頼するまでに事前にしておくべきことをご紹介。
家具家電の引越し見積もり 家具家電の引越しで安く見積もりを取る方法
引越しは長年溜め込んできた不用品を処分する絶好のチャンス。ここで引越見積前に決めておきたい、家具や家電の運搬のしかたや不用品を賢く処分する方法についてご紹介します。
高く見積もられないための注意点 引越し難民とは?引越し見積もり料金が高くなる3つの理由
引越し業者から高めに見積もりが提示される理由があります。ここで引越しの見積もりで高めに見積もりをされがちな3つの理由についてご紹介します。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
引越し見積もりと保険 見積もり外!?引越し時の物品破損と個人保険加入手続き
引越し時によくあるトラブルに物品の破損があります。破損したものは補償されるかどうかと個人で引越し保険に加入する手続きをご紹介します。
引越しの基本料金に含まれるもの 引越し見積もりの基本料金を3万円~安くできる!?
段ボールの販売や梱包、養生など引越しの基本料金に含まれるものと含まれないものについてご紹介します。
訪問見積もり 引越しの訪問見積もりで料金を安くするコツ
最大50%も安くなる!?訪問見積もりを上手に受けて、料金を安くするコツについてご紹介します。
引っ越し見積もりは何日前? 引越しの見積もりはズバリ何日前がいい?
引っ越しの見積もりを取る時期とポイントについてご紹介します。
一人暮らしの引越し 自力VS業者見積 引越業者orレンタカー?一人暮らしの引越見積もり
一人暮らしの引越しを安くするなら引越し業者に頼むか?レンタカーなどで自力で行うか?という疑問に答えながら、それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして一人暮らしの引越を安くあげるためのコツについて詳しくご紹介します。
引越し見積書のチェックポイント 引越し料金を安くするための引越見積書チェックポイント
料金を安くするための引越し見積書チェックポイントについてご紹介します。
見積もりノウハウ 引越し見積もりの秘密のノウハウ3選
引っ越しで見積もりを取る方法や比較のポイントなどを分かりやすくご紹介します。

引越し業者を探す

引越し見積もりノウハウ

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。