> > 日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?

日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?見積もり料金費用を徹底比較

投稿日:2020/03/10

hero

同じ引越しでも、国内とは勝手が違うのが海外への引越しです。荷物はどうやって運ぶのか、引越し料金がどのくらいかかるのか、どんな手続きが必要なのかなど、分からないことも多いですよね。ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。

INDEX


  1. 日本から海外への引越し費用、どのくらいかかる?

  2. 日本から海外への引越しの見積もり

    1. 見積もりの流れ
    2. 海外への引越し用のダンボールは有料?
    3. 荷物の種類によって輸送保険をかける必要も
    4. 持っていけない家具や家財はトランクルームへ


  3. 日本から海外への引越し・安くするポイントとは

    1. 荷物は少なく!ダンボールのみがベスト
    2. 新品を少なくする
    3. 船便を利用する
    4. 入国時、別送品申告書の提出を忘れずに


日本から海外への引越し費用、どのくらいかかる?

日本から海外へ引越しをするときの費用は以下の合計額になります。

・日本からの輸出料金
・滞在国への輸入料金
・荷物の運賃

 

売り物でもなく、自分で使うために自分が使っていたものを持っていくのに「輸出&輸入」することになるの?と疑問に思った方も多いでしょう。日本から海外へ荷物を送るときには税関で輸出入手続きをして、必要に応じて関税を支払う必要があるのです。

例えば中国は使用中の家財でも物によって10~30%の関税がかかりますし、発展途上国や開発途上国のなかには国家の収入にするため、あるいは自国の産業を守るという名目で使用している家財に対しても課税する国があります。

ただし、実際にはこうした一部の国を除き、先進国であれば「本人が本人宛に送る使用中の家財」であれば、関税はかかりません。

 

日本から海外への引越しの見積もり

通関手続きでは、複数の書類が必要となり手続きが煩雑です。海外引越しに対応している引越し業者は、通関手続きも代行してくれるので早めに積もりを依頼するのがベスト。依頼するタイミングは渡航の2カ月前くらいが目安となります。

渡航先の国に支店がある大手引っ越し業者を利用すれば、現地での対応も日本語で受け付けてくれる可能性が大です。日本語を話せるスタッフが配送してくれるところもあります。

通関に必要な書類は渡航先の国やどんな目的で海外に滞在するのかなどによっても異なります。海外赴任の場合はパスポートのコピーのほか、赴任証明書や雇用証明書を提出しなければならなかったり、留学の場合でもビザのコピーが必要になったりします。

海外への引越しに対応している引越し業者に依頼すれば、荷物を送るために必要な書類についても教えてもらえるので忙しい方でも安心です。

見積もりの流れ

海外への引越しを依頼すると、まず担当者が見積もりをかねて事前の打ち合わせのために来訪します。このときまでに「海外へ持っていくもの」「日本に残すもの(実家へ運ぶorトランクルームに保管など)」に分けておきましょう。

担当者が海外へ持っていく荷物の内容と量をチェックして引越し料金を提示し、後日必要な梱包材を届けてくれます。 自分で梱包をするときには関税手続きに必要な「梱包明細書」を箱ごとに記入してく必要があります。

海外への引越し用のダンボールは有料?

国内での引越しの場合、ダンボールをはじめとする梱包材は無料で引越し業者が提供してくれることがほとんどですが、海外への引っ越しの場合、どうなるのでしょうか。

海外引越しのプラン料金には、ダンボールの料金が含まれています。これは、引越し業者の名前が入ったダンボールです。

海外では、日本国内の配送業者のように荷物を丁重に扱ってもらえるとは限りません。放り投げられたり水に濡れたりということは日常茶飯時。特に時間がかかる船便では到着したときにはダンボールがすり切れているということもよくあります。引越し業者の海外用ダンボールはその点を考慮して丈夫にできているので安心です。

 

荷物の種類によって輸送保険をかける必要も

日本国内と比べて、海外では配送中の荷物がなくなる、中身が破損するという事故が起こる可能性が若干高くなります。大切な荷物には輸送保険をかけておきましょう。保険金額は「梱包明細書」に記入する「Value(荷物の価値)」の金額に応じます。

海外に支店のある引越し業者のなかには事故があった場合、保険金の請求も代行してくれるところがあります。引越し会社を通じて輸送保険に加入できることが多いので見積もりの際に営業担当者に確認してみましょう。

持っていけない家具や家財はトランクルームへ

海外に持っていくことができない家具や家財を実家などに預けられない場合、トランクルームに保管しておくと便利です。引越し業者のなかにはワンストップでトランクルームの手配をしてくれるところもあります。こちらも見積もりの際に合わせて依頼することができます。

日本から海外への引越し・安くするポイントとは

関税額は物によって定められており、安くすることはできません。海外引越しを安くするためのポイントは以下の3点です。

・荷物を少なくする
・新品を少なくする
・船便を利用する

荷物は少なく!ダンボールのみがベスト

送る荷物が多ければ多いほど運賃も関税額も高くなります。大きな家具や家電は現地で調達した方が安くあがることがほとんど。海外には家具付きの物件も多いです。事前になにが必要かよく検討し、渡航先で買えないようなものやどうしても必要なものだけを送るのがベストです。

新品を少なくする

新品を送る場合、自分が買って自分が使うものであっても課税されることも覚えておきましょう。 EU 諸国では購入から6ヶ月以内、 オーストラリアやニュージーランドでは購入から1年以内のものが新品と見なされ課税されます。

この新品課税については渡航先の国によって厳しい国とチェックがゆるい国があります。中国やイギリス、オーストラリアなどは厳しく正しく申告しない場合ペナルティが課されることも。日本人にとって必需品となる炊飯器などは特に要注意です。

また、荷物を梱包するときに記入する「梱包明細書」には「Value(荷物の価値)」を記入しますが、この金額が高いと新品とみなされて課税されることがあるので注意しましょう。

船便を利用する

海外への引越し料金を安くしたいと思っても関税の金額は決まっているため、安くすることはできません。安くできるのは運賃のみと考えておきましょう。引越し料金を安くするには航空便ではなく船便を利用するのがポイントです。

日本通運の海外引越しサービスを利用するときの料金の目安を見てみましょう。船便を利用する「セルフパックコンビ」と航空便を利用する「留学パック」の料金の差は以下の通りとなっています。

航空便の場合

縦x横x高cm=60,000(cm3)10kgまで 33,000円

 

船便の場合

3辺の合計170cm以内、重さ30kg以内のダンボール5個で82,000円

 

このように航空便と船便では運賃が倍以上になります。航空便は荷物の到着までにかかる日数が短いのがメリットですが、大量の荷物を送るときには船便を選ぶのが基本となります。

荷物の到着時期も考慮しよう

航空便と船便では荷物の到着までにかかる日数が倍以上になることがあります。アメリカやEU諸国では航空便の場合、到着までに2週間程度、船便では1~2カ月程度かかると思っておきましょう。

なお、関税手続きは本人が入国する前にはできません。自分が入国した後に荷物が到着するようにスケジュールを考えて発送する必要があります。

入国時、別送品申告書の提出を忘れずに

渡航先に先に荷物を送った場合、「別送品申告書」を入国の際、手荷物検査の税関職員に提出する必要があります。海外旅行から日本へ帰国する際、飛行機のなかで「別送品申告書」を記入しますが、海外への引越しの場合も同じように別送品申告書を提出しなければならないので、忘れないようにしてくださいね。

海外への引越しに対応している引っ越し業者に依頼すれば、別送品申告書の記入方法のアドバイスもしてもらえるので安心です。

引越料金相場シミュレータ

引越しタイプ
引越し時期
移動距離
平均料金相場
0

あなたのお引越しはいくら?

無料引越し見積もりスタート

キャンペーン実施中!自動車保険の加入、見直しをお考えの方へ

三井ダイレクト損保

投稿日:2020/03/10

引越し見積もりを最大60%安くする方法関連リンク

不動産屋から紹介される引越し業者と 一括見積り・どちらが安い?
不動産会社で紹介される引越し業者と一括見積りシステムで探す引越し業者を比べると、どちらがお得なのでしょうか。
引越しの見積り明細書・どこ をチェックすればいい?
ここでは引越し業者が訪問見積もりで作成する明細書の見方と大切なチェックポイントについて詳しく説明していきます。
引越し料金の支払い方。見積もり時にキャッシュレス決済できるか確認しよう!
ここでは引越し料金をキャッシュレス決済できる引越し業者や支払いをするときの注意点などについて詳しく紹介していきます。
日本から海外への引越し。見積もりはどうなる?手続きは英語?
ここでは日本から海外へ引越しするときの注意点や見積もりの内容、流れなどについて詳しく説明していきます。
引越しの見積もりを地域密着業者に依頼するメリットとは?
ここでは引越しの見積もりを地域密着型の引越し業者に依頼する際のメリットやデメリット、選び方のポイントなどについて紹介していきます。
引っ越し見積もりの際、引越し業者に聞くことって?
ここでは訪問見積もりの際にこちらから確認するべきポイントをまとめてみました。
引越しのLINE見積もりサービスって?
ここではそんなLINEでできり見積もりサービスを紹介していきます。
引越しの見積もり、学生におすすめの安くする方法はコレ!
ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。
引越しの見積もり、簡単アプリでスイスイ済ませよう!
ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。
転居先が未定でも引越しの見積もりは依頼できる?
転居先が確定する前に引越しの見積もりを依頼するときの注意点などについてまとめています。
実家に戻る場合の引越し見積もり、コツや注意点は?
ここでは実家に戻るための引っ越しについて、事前に準備しておくべき点や引越し料金を格安にするためのコツなどについて詳しく説明していきます。
引越し見積もり。オフィス移転の場合の費用は?
ここではオフィスの移転を格安で行うために必要な見積もりのポイントや注意点などについて、詳しくご紹介していきます。
ルームシェアの引越しで見積もりを依頼するときの注意点とは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しで夜逃げ。どんな見積もり先や方法がある?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりはいつからできる?半年後の引越しは?
ここでは半年くらい先に引っ越しを控えているという方のために、引っ越し見積もりをいつとったらいいか、早く予約することで割引があるのかといった点について詳しく説明していきます。
引越しの見積もりが写真を送るだけでできるサービスとは
ここでは写真を送って引越しの見積もりをしてもらうサービスについて詳しく説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり。当日、引越し業者が来ないときの対処法
引越し業者に訪問見積もりを依頼し、当日待機していても担当者が来ないということがあります。また、約束していた時間に遅れたり逆に早く来たりということもあるようです。ここでは引っ越しの訪問見積もりで担当者が来ないとき、連絡がないときなどの対処法についてまとめています。
引っ越しの相見積もり。何社に依頼するのが良い?
引越しの相見積もりを依頼する際、何社くらいに依頼すると料金が安くなり、短時間で決定できるのか疑問にお答えしていきます。
引っ越しの訪問見積もり、引越し業者に飲み物は出すべき?
ここでは訪問見積もりの際に営業担当に飲み物を出すべきかどうかについて説明していきます。
引っ越しの訪問見積もり、立会いできないときの対処法は?
ここでは引越しの訪問見積もりの立会いができないときの対処法を紹介していきます。
引っ越しの訪問見積もり、クローゼットの中を見せる必要はある?
ここではクローゼットの中をはじめ、引越しの訪問見積もりで営業担当者がチェックするポイントをあげていきます。
引っ越しの見積もり、生活保護を受けている場合どうなる?
生活保護を受給しているときに引っ越しする場合の注意点についてまとめています。
引越しの見積もり時に確認される道幅。引越し時に車を停められる?
引っ越し料金にも影響する、周辺道路のチェックポイントについてまとめています。
引っ越しのキャンセル料金はいつからかかる?延期は可能?
住宅ローン返済中に引っ越しするときに注意する点についてまとめています。
【2019年最新】引越し業者に訪問見積もりを依頼するともらえる特典まとめ
訪問見積もりでもらえる引越し業者の特典についてまとめています。

引越しの一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリット・デメリットと、番号なしで見積する裏技紹介
一括見積もりサイトで電話番号を提示するメリットとデメリットのほか、電話番号を提示せずに見積もりを依頼する方法などについてまとめています。

女性の単身引越し。訪問見積もりが嫌な場合どうすればいい?
引越し業者の女性向けプランなど、女性の単身引越しに関する不安を解消するための情報についてまとめています。
オプションサービスのエアコン設置 引越しの見積もりが○万高くなる5つのケース
荷物の梱包や一時保管、エアコン・バイク・ペットの運搬などを依頼できる引越しオプションサービスと料金についてご紹介します。
急な引越し、最短で決める方法とは?見積もりから引っ越し当日までの手順
最短の期間で引っ越しするために知っておきたいことや注意点についてまとめています。
オフィスや事務所の引越しでやるべきこと。引っ越し業者の法人向け引っ越しサービスとは
オフィスの引越しで必要な作業や引越し業者の法人向け引っ越しサービスの内容について詳しく紹介していきます。

【LIFULL引越し】引越しの見積もり・予約ならLIFULL引越しにお任せ!!全国100社以上の引越し業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較でき無料一括見積もりや1社予約ができます。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULL MOVEは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。