情報はとにかく早めに!そして多く!

どこにどんな住まいの掘り出し物があるとも限りません。情報はとにかく早めに、出来るだけ多く集めたいものです。今回は不動産情報の入手の仕方についてお伝えします。
入手方法としては、3つあります。

1.不動産屋へ直接出向
2.情報誌を利用
3.インターネットあるいは専用アプリで調べる


この3つが今は主流ですが、まずはじっくりインターネットを活用して物件を「見慣れていく」ことがオススメです。

情報誌の場合、印刷発行スケジュールの関係で、入稿から雑誌販売までの間に成約済みの物件もあるようです。不動産屋さんに現地直行の場合、相手と対面してしまうので、敷居が高いと感じる人も多いようです。

インターネットで住まい探しの仕方と注意点

インターネットで住まい探しをする際に、この記事を掲載しているHOME'Sのほか、SUUMO、athomeなどが有名です。こうした不動産情報サイトでは全国の物件が賃貸から売買ものまで幅広く掲載しており、希望する条件をしぼって色々と検索できます。

検索のコツとして、希望しているエリア以外にも周辺エリアも見るといいでしょう。駅によって相場が違うほか、もしかしたらあなたの希望にぴったりの物件が見つかるかもしれません。

エリアにこだわりがある人は、上記の不動産情報サイト以外にも地域に密着した不動産会社が運営する独自の不動産サイトをのぞくのもいいかもしれません。

インターネットから住まい探しは気軽にできるものの、気を付けたいのが「おとり広告」です。詳しくは下記のページに書いてありますが、こうしたケースもごく一部あるため、とてもいい条件の物件の場合にはよく確認するのが重要です。

【トラブルなく賃貸物件を借りるには1】こんな広告に注意!~定期借家編

【上手な情報収集で上手なお部屋探し】

■「上手な情報収集で上手なお部屋探し」シリーズ
上手な情報収集で上手なお部屋探し

<ステップ1:引越したいと思ったら>
引越し時、いったいいくらかかる?
条件をよく絞る
情報をとにかく集める
間取り図との付き合い方

<ステップ2:不動産屋へGO!>
いい不動産屋さん、悪い不動産屋さん
目的にあった不動産会社を探す
訪問時のポイント

<ステップ3:下見へGO!>
下見に持参するもの
できれば下見は友人・家族等と複数人数で
重要チェックポイントはココ
徒歩!徒歩!街との相性もチェック
よし!気に入った

<ステップ4:いざ、契約>
契約手続きに必要なもの
保証人って?
契約書・重要事項説明書への署名/捺印

<ステップ5:そして引越し>
次は引越し

関連記事

その年収なら、どんな家に住める?(1) これが「年収別適正家賃」!
【賃貸連載①】理想の住まいを想像して、まずは情報収集!
みんなが部屋探しで求めるものは?HOME’Sの物件検索設備条件ランキング
賃貸物件を借りる前にチェック!物件のココを見て築年数を見極めよう
2017年HOME'S住みたい街ランキング