まずは、不動産屋さんのタイプを知ろう!

不動産会社にはどのようなタイプがあるのでしょうか
不動産会社にはどのようなタイプがあるのでし
ょうか

不動産屋さんには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは大手不動産会社、そしてもう1つが地域密着型の不動産屋さんです。CMなどで眼にする機会も多い大手不動産会社は取り扱っている賃貸物件数が多いのが最大の魅力。店舗も綺麗で明るく入りやすい印象があります。一方、地域密着型の不動産屋さんは、取り扱っている物件数は大手にはかなわないものの、大手にはない地域に根ざした情報や大家さんとのパイプがあるのが特色です。それぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

大手不動産会社
メリット
・物件数が豊富で、取り扱いエリアも広い
・利便性が良い場所に店舗がある
・接客が一定基準を保っている

デメリット
・自社管理物件が少なく、交渉が難しい
・希望の融通が利きにく


地域密着型の不動産屋さん
メリット
・地域情報に詳しく、掘り出し物件を持っていることがある
・古い物件も扱っていることが多いので、格安物件を紹介してもらえる
・大家さんとも直接パイプを持っていることが多く、交渉面で融通を利かせてくれやすい

デメリット
・取り扱い物件数が少ない
・扱っている物件のエリアが大手より限られてしまう
・接客やサービスレベルがまちまちなことが多い

もしも、まだ住みたいエリアが決まっていないのなら、まずは大手不動産会社を覗いてみるのが一つ。エリアが決まっているのであれば、地域密着型の不動産会社で掘り出しものを探すのも一案です。

外からみても分かる、いい不動産屋さんとは?

特に地域密着型の不動産屋さんは、個人店舗のため、サービスレベルは振れ幅が大きくなりがちです。どんなところでいい不動産屋さんを見分けたらいいのでしょうか? 外から眺めたり、ちょっとだけ店内を覗いただけでも分かることがあります。

貼りだされた広告から判断!
「日当たり良好」そんな貼りだしはよく見かけますが、こうしたうたい文句で分かることもあります。実は不動産広告は「宅地建物取引業法」(国土交通省等)と「不当景品類及び不当表示防止法」(消費者庁)によって、誇大広告などの不当表示が禁止されています。例えば、表示内容を裏付ける合理的な根拠がある場合を除き、その使用を禁止されているのが以下の言葉。むやみにこうした表現の広告を掲示している不動産屋の場合は、ルールを無視していると判断できるので避けた方が無難です。

【特定用語の使用基準】
① 完全、完ぺき、絶対などの用語
②日本一、抜群、当社だけなどの用語
③ 特選、厳選などの用語
④最高、最高級など最上級を意味する用語
⑤格安、掘出物、土地値などの用語
⑥ 完売など著しく人気が高く、売行きがよいことを意味する用語

出典:公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会「広告をするときのきまり」
http://www.sfkoutori.or.jp/consumer/c_002.html

宅建免許の認可番号に注目!
いい不動産屋さんならば、当然その場所で長く営業をしている可能性が高くなります。店舗に飾られたりHPで公開される「宅地建物取引業者免許証」の認可番号から確認することができます。店舗であれば免許証そのものが掲示されているはずですし、HPであれば、会社概要のところに「免許番号」の項目があるはず。

例:「東京都知事(●)第XXXXXX号」

といった形で表記されています。この(●)に入る数字がポイント。宅建は現在5年更新で、更新するたびに数字が1から増えていく形です。つまり
(1)なら営業が5年未満
(2)なら営業10年以上
……(4)であるなら20年以上営業していることになります。

一概に、営業年数の短い会社が良くない不動産会社と決めつけることはできませんが、長く続いている会社は、その分だけ色々と地域情報に詳しいのが普通。一つの目安としてチェックしてみましょう。

●看板や店内の様子は?
外観の清潔さや店舗に入ってみて、分かることもあります。看板は破損などがなく、店内はきちんと掃除され、整理整頓がされているかが一つの判断基準。特に店内の整理整頓は重要。机の上に書類が山積み!そんな会社は要注意です。不動産屋さんでは登録書類であったり、契約書類など私たちの個人情報が取り扱われています。書類が乱雑に扱われているということは、個人情報もいい加減に扱われている危険性があります。チェックポイントの1つとして念頭に入れておきましょう。

気をつけたほうがいいのは、こんな不動産屋さん!

少しやりとりをしてみて「危険」を察知できることもあります。気をつけたほうがいいのはこんな不動産屋さん。

・営業トークばかりで調子が良すぎる。
・(電話で)目当ての物件を告げたのに、とりあえず来てとしかいわない。
・目当ての物件がまだあるというから行ったのに、行くと他の物件ばかりすすめられる。

窓の外にはとても好条件な物件が貼ってあるにも関わらず、いざ中へ入って尋ねてみると、肝心な「あるかないか」には答えてもらえず、まず申込書類への記入ばかり求められる。仕方なく言われるままに記入し、改めて尋ねると、とってつけたように「ああ、もう無いよ」という無残な返答が……。
実際にこうしたことは存在します。好条件な物件というのは、いわゆる「おとり物件」と呼ばれるもの。こんな対応に出くわした場合は、注意をしたほうが無難です。

また、例えば下見後の一時金等の領収書をくれない、など物事に対して曖昧な点の多い不動産屋さんにも同じく注意しておきたいものです。お金に関する事項は特にきちんとさせておきましょう。こちらから確認した事しか説明しないような所も避けた方が無難です。

本当に大切なのは営業マンの態度!?

いい不動産屋、悪い不動産屋の見分け方をお話してきましたが、実は本当に大切なのは“いい営業マン”に出会えるか。もちろん、会社によって社員教育を行ってサービスレベルを高める努力をしているところもありますが、やはり営業マンの個人差は出てくるものです。では、どういった営業マンが“いい営業マン”なのでしょうか。

申込書の記入内容だけでなく要望をきちんとヒアリングしてくれる
その人にベストな物件というのは、千差万別。例えば駅チカ希望、南向き、2F以上、etcと条件を申込書に記入したとしても、実は書いた本人も優先順位が決めきれていなかったりします。そんなとき、担当者の方と話しながらベストな物件条件が見えてくる、というのはよくあること。“いい営業マン”は、申込書の内容だけで物件を探さずに、ライフステージやライフスタイル、いろんなことをしっかりとヒアリングして物件探しにあたってくれます。

デメリットも正直に言ってくれる
物件によってメリットだけではなく、デメリットもきちんと言ってくれるのも“いい営業マン”。いわくつき物件などでも嘘をつかない営業マンさんは“いい営業マン”と言えるでしょう。

むやみに内覧を絞らずに見せてくれる/やたらと契約をいそがない
内覧件数を極端に絞らせようとする営業マンには注意が必要。また内覧時に「ほかにも申込希望者がいる」なとど言って、すぐに契約を結ぼうといそぐ担当者にも気をつけた方がよいでしょう。少しでも悩む部分がある物件は、後悔の元。きちんと納得できるまで物件を見せてもらいましょう。

こうしてみてくると、不動産屋さんのチェックポイントというのは、結構あるものですね。しっかりとチェックしながら、素敵な不動産屋さんに巡りあいたいもの。もちろん、そのためには探す方も「客なんだから」と横柄な態度でいるのは厳禁。条件や要望ははっきりと口にしながらも、親身になってくれたことにはきちんと感謝。よりよいコミュニケーションを心がけ、お部屋探しの見方になってもらいましょう。

いい不動産屋、悪い不動産屋を見分けるチェックポイント
いい不動産屋、悪い不動産屋を見分けるチェックポイント

【上手な情報収集で上手なお部屋探し】

■「上手な情報収集で上手なお部屋探し」シリーズ
上手な情報収集で上手なお部屋探し

<ステップ1:引越したいと思ったら>
引越し時、いったいいくらかかる?
条件をよく絞る
情報をとにかく集める
間取り図との付き合い方

<ステップ2:不動産屋へGO!>
いい不動産屋さん、悪い不動産屋さん
目的にあった不動産会社を探す
訪問時のポイント

<ステップ3:下見へGO!>
下見に持参するもの
できれば下見は友人・家族等と複数人数で
重要チェックポイントはココ
徒歩!徒歩!街との相性もチェック
よし!気に入った

<ステップ4:いざ、契約>
契約手続きに必要なもの
保証人って?
契約書・重要事項説明書への署名/捺印

<ステップ5:そして引越し>
次は引越し

関連記事

【トラブルなく賃貸物件を借りるには1】こんな広告に注意!~定期借家編
不動産売買でトラブルが起きないために。不動産広告の正しいミカタ
広告を見てチェックする
不動産会社のパートナー選びが大事!知っておきたい中古マンションの売り方のコツとは
話が違う!倒産、設計ミス、キャラの変貌~不動産会社編【住まいの購入失敗談3】