引越したいと思ったら – 引越し時、いったいいくらかかる?

引越し時、いったいいくらかかる? | 上手な情報収集で上手なお部屋探し

「上手な情報収集で上手なお部屋探し」シリーズのSTEP1【引越ししたいと思ったら】の「引越し時、いったいいくらかかる?」です。

今の住まいに不満や要望が出てきたら、まずぼんやりと浮かぶのが「引越したい!」という思いでしょう。
一体どのくらい費用がかかるのでしょうか?まずはお金に関する基本用語と、住み替え時の費用感についてざっくりとしたものをお伝えします。

「家賃の6ヶ月分」、これがまず一般的な目安でしょう。

これは、敷金2ヶ月、礼金2ヶ月、仲介手数料1ヶ月、前家賃1ヶ月のこと。つまり、仮に家賃8万円のワンルームに住みたいと思ったら、最初にどーんと48万円は必要だという事なのです。加えてこれに引越し費用・生活用品の買い物、火災保険料など、+αの金額も必要になります。

また、現在の住居も賃貸物件の場合、退去の時期によっては、旧居と新居、両方の家賃を支払うことになるかもしれません。そのあたりも計算に入れておきましょう。

基本用語

敷金 大家さんに退去時まで預けておくお金。滞納の際や退去時に借り主負担の修繕費用が出た場合こちらから充てられます。退去時に清算し、残金があれば戻ってきます。
礼金 大家さんにお礼としてお渡しするお金です。例外として住宅金融公庫などの公的融資を受けて建てられた物件では、礼金は必要ありません。
仲介手数料 家主との間に入る不動産屋さんへの手数料です。これは不動産屋さんの収入となります。仲介手数料がいくらになるのか、広告の記載にも注目してみましょう。
管理費 家賃+管理費が大家さん、もしくは管理会社に毎月支払う金額になります。 ※管理費は物件によってかなり異なってきます。下見の際に、その物件の管理費と住居の実状(共有部分の掃除はされているか、切れっぱなしになっている電球はないか、など)との兼ね合いが不当ではないかも一考してみるべきでしょう。高い管理費を払っているのに、マンションのロビーに不審者がうろうろしていたり、チラシが空室のポストに何週間分もたまったりしていたら、たまりません。
火災保険料 入居時にセットで加入するのが一般的といえるでしょう。費用としては1~2万円前後、契約更新に合わせて2年毎に加入する形が多いようです。

実際の初期費用の目安

引越しも含めた初期費用の目安をこちらのページでご紹介しています。単身者の場合とファミリーの場合の2パターンの費用感を出しているので、ご参考にしてください。

初めての賃貸住宅、家賃だけじゃないこれだけかかる初期費用!

まずは費用感と用語を知ったうえで、次はどういう条件をもとに住まい探しをすればいいのかを、「条件をよく絞る」編でお伝えします。

全国の賃貸を探す 家賃相場を調べる

関連記事

公開日:

記事監修

LIFULL HOME'S編集部

LIFULL HOME'S編集部株式会社LIFULL

不動産賃貸や売買の流れから、ライフスタイルのことまで「住まいの様々なお役立ち情報」を配信していきます!

この記事をシェアしませんか?

住みたい街ランキング

ランキングページ
首都圏、近畿圏、中部圏、九州圏の住みたい街探しにお役立てください。

不動産サービス&関連ツール

不動産用語集
不動産に関する用語をわかりやすく解説しています。

LIFULL HOME'S
公式アカウント

ホームズくん
  • twitter@HOMES_kun

    Twitterでお部屋探し!ホームズくんに希望条件をつぶやくと手動で検索して返事をするよ!

  • facebookLIFULL HOME'Sページ

    LIFULL HOME'Sからのお知らせやキャンペーン情報などをお届けします。

「引越しする時、お金はいくら用意しておけばいいの?」という引越しの際の素朴な疑問にお答えします。物件に対する初期費用については「家賃の6ヶ月分」と思っていれば間違いありません。内訳は、敷金2ヶ月、礼金2ヶ月、仲介手数料1ヶ月、前家賃1ヶ月で計6ヶ月分です。しかし実際は、これらに加えて引越し業者に支払う費用や生活用品の買い物、火災保険料など、+αの金額も必要になってくるため、引越しを検討する時は余裕のある予算で臨むことをおすすめします。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。