賃貸物件を探していると、募集図面に「保証料」と記載がされている物件を時々目にすることがあります。この保証料とは、一体なんのための費用なのでしょうか。

ここでは、賃貸物件を契約する際の「保証料」の詳細と、金額の目安、そして保証料を安くおさえるポイントについて解説していきます。

賃貸物件を契約する際にかかる保証料とは、「保証会社」に加入するために必要となる費用のことです。

 

保証会社とは、入居者の家賃を保証する会社のことで、万が一、賃借人が家賃を滞納した際は、保証会社が家賃を立て替えて大家さんに支払います。

 

通常、賃貸借契約を締結する際には「連帯保証人」を立てるよう大家さんや管理会社から求められるのが一般的です。ただ、人によっては連帯保証人を頼める人がいなかったり、いたとしても頼むことに気が進まなかったりするケースがあります。

 

そのような場合に対応するのが保証会社です。保証会社を利用して保証料を支払えば、連帯保証人を立てなくても賃貸物件を契約できるのです。

 

 

保証会社はどんな物件でも利用できるの?
保証会社は多くの物件で利用できますが、中には保証会社非対応の物件もあります。大家さんの中には、保証会社ではなく、家族の連帯保証人を必ず立てて欲しいという希望を持っている場合があるからです。

 

そのため、保証会社を利用したい場合は、内見に行く前に、不動産会社の担当者に保証会社の利用ができるかどうかを確認しておきましょう。

 

保証会社が保証すること、しないこと
保証会社は家賃を必ず保証してくれるため、大家さんの立場からすると連帯保証人を立てるよりもより確実なように感じます。しかし、保証会社が保証するのはあくまで家賃などの「金銭」に関する部分だけです。

 

例えば、入居中に賃借人が騒音を立てるなど、他の入居者に迷惑をかけているとしても、保証会社から入居者へ注意する責任はありません。
もしも、親などが連帯保証人になっていれば、親から子どもに注意してもらうことができるため、保証会社が普及してきた現在でも、連帯保証人を立てて欲しいという大家さんがいるのです。

 

保証会社を利用する際にかかる相場は、保証会社によって異なりますが、概ね家賃の50%~100%の間となっています。

 

例えば、家賃6万円のアパートで保証会社を利用する場合、賃貸借契約を結ぶ際に3~6万円が保証料として必要です。さらに、1年もしくは2年ごとに保証会社の更新料として1万円前後必要となります。

 

なお、契約期間中に家賃滞納を起こすと、更新料が割高になる場合もあります。保証料や更新料については保証会社によって違ってくるため、利用する際にはよく確認することが大切です。

 

 

保証会社は自分で選べるのか
保証会社については、仲介に入っている不動産会社、もしくは管理会社から指定されるのが一般的です。

 

保証会社は、代理店経由でなければ利用できないケースが多いため、利用できる保証会社は、不動産会社や管理会社が代理店契約を結んでいる保証会社に限定されます。

 

そのため、自分で保証料が安い保証会社を探してきても、必ずしもその保証会社が利用できるというわけではありません。どうしても利用したい保証会社がある場合は、事前に仲介に入っている不動産会社に聞いておくとよいでしょう。

 

保証会社を利用すると、家賃の50~100%を保証料として負担しなければならないため、できる限り安くおさえたいものです。ここでは、保証額を安くおさえる方法をいくつかご紹介します。

 

保証会社+連帯保証人で安くなることがある
保証会社を利用すれば、通常は連帯保証人を立てる必要はありません。
ただ、保証会社によっては、連帯保証人もプラスして立てることで、保証料が安くなるケースがあります。連帯保証人を頼める人がいる場合は、有効な手段となるでしょう。

 

保証範囲を限定する
保証される範囲を限定することで、保証料が安くなるケースもあります。
例えば、退去後の原状回復費用を保証の対象から外すことで、保証料が安くなるといったケースです。
ただ、保証範囲を限定する場合は、大家さんや管理会社の同意が必要となるため注意しましょう。

 

大家さんに交渉する
保証会社に支払う保証料自体は値引き交渉できるものではないため、上記2つの方法が使えない場合は、保証料を安くすることは難しくなります。

 

そんな場合は、大家さんに保証会社を使う代わりに、礼金を値引きしてもらえないか交渉することも有効です。
特に、引越しシーズンを過ぎた夏場から秋口にかけて部屋探しをする場合、空室が埋まらなくて困っている大家さんはたくさんいます。保証会社を利用する代わりに礼金を安くしてほしいという交渉に応じてくれるケースもあるので、諦めずにアプローチしてみるとよいでしょう。

 

 

保証会社の料金体系は、保証会社ごとにさまざまです。
また、利用できる保証会社は物件ごとに限定されます。気に入った物件が見つかって、保証会社の利用を希望する際には、事前に料金体系について確認してから内見に行くことをおすすめします。

 

 

まとめ
・保証料とは、「保証会社」に加入するために支払う費用
・保証会社に加入すれば、賃貸借契約における連帯保証人が「不要」になる
・保証料などの「料金体系」は、保証会社によって異なる

 

公開日: / 更新日: