2019年SNSで一番反響があった記事とは

2019年SNSで一番反響があった記事とは

年が明け、2020年となった。

昨年は、元号が令和にかわるなど新しい時代の変わり目を感じる年であった。
不動産市場は都市部を中心に上昇傾向が続いたが、昨年末は一部高止まりをみせはじめている。2019年一番読まれた記事(PV数)では、住宅ローンの金利の動向記事住宅ローンの低金利策のゆくえ住宅ローンのオーバーローンとローン関連の記事が並んだ。

一方でFacebookでいいね!を獲得した記事、Twitterはどうだったのだろうか?
拡散・話題性・注目度の高い記事は、PVランキングとはまた違い、現在の課題に対しての事例や、地域での注目されている取組みなどが多かった。
PVランキングと同じく、2018年12月1日~2019年11月30日までの間でFacebook経由で一番いいね!数がつき、Twitterで多く流入があり、反響があった記事をランキングで紹介したい。

2020年は、いよいよ東京五輪の開催、そして2025年大阪の国際博覧会に向けた新しい動きなどたくさんの話題が期待できそうだ。引き続き、不動産・住宅業界やまちづくりの取組みに注目し、昨年同様明るい未来を創る事例を記事としてお届けしていきたい。

読者の皆様、明けましておめでとうございます。
今年もLIFULL HOME'S PRESSを宜しくお願いいたします。

2020年 01月01日 11時00分