エンターテインメントの中心地として発展してきた道頓堀

豊臣秀吉の時代には日本の中心地となり、江戸に幕府ができた後も日本第二の都市として栄えてきた大阪。その中心街といえば大阪梅田界隈、いわゆるキタだろう。しかし、海外の観光客に人気が高いのはミナミ、難波や心斎橋近辺ではないだろうか。商店街を歩けば日本語はほとんど聞こえず、中国語や英語ばかりが耳に飛び込んでくる。観光客の目当てはショッピングや食事だけでなく、巨大看板にもあるようだ。グリコ、かに道楽、くいだおれ太郎といった有名看板の前では、ひっきりなしに人が立ち止まり、写真を撮っている。

しかしなぜ道頓堀には巨大看板が多いのだろう。道頓堀の歴史と合わせて、道頓堀商店会事務局長の北辻稔氏にお話を聞いてきた。

東横堀川と西横堀川を結んで、その水を木津川に流すため、成安道頓が南堀河の開削に着手したのは1612年のこと。成安道頓は大坂夏の陣で戦死するが従弟の道卜が後継者となって1615年に運河が完成し、道頓の名を残した。

「その10年後の1626年、道卜が南船場にあった芝居小屋を道頓堀に移したのが、芝居町の始まりと言われています。当初は人形浄瑠璃が盛んでしたが、次いで歌舞伎も盛んになります。そして竹本義太夫が登場。義太夫節を始めた人物で、近松門左衛門と組んで大評判となりました。こうして道頓堀はエンターテインメントの中心地として発展し、芝居客目当てのお茶屋が林立します。その後紆余曲折があったでしょうが、繁華街としてはほとんど衰退することなく400年間発展してきたと考えられています」と北辻氏。

大正期や昭和初期はジャズや漫才のメッカともなり、藤山寛美の新喜劇などの新しい演芸も、道頓堀で生まれている。沢田研二や和田アキ子を輩出した音楽喫茶「ナンバ一番」もあり、若者たちも集まってきた。

道頓堀のシンボルとも言えるグリコの看板。ネオンサインを宣伝に使用したものとしては先駆的存在だ道頓堀のシンボルとも言えるグリコの看板。ネオンサインを宣伝に使用したものとしては先駆的存在だ

繁華街としての道頓堀

観光客にも人気者のくいだおれ太郎観光客にも人気者のくいだおれ太郎

道頓堀に巨大看板が生まれたきっかけはどうだったのだろう。
「高層ビルが多く、地下街の整備された大阪キタは立体的ですが、ミナミは平面に近く、ファッション的なまちのすぐそばに飲み屋街があったり、演芸場があったりと、歩いて数分でいろいろなテイストを味わえる、回遊性が良いまちです。特に道頓堀は劇場と飲食で成り立つ『食とエンターテインメントのまち』というわかりやすい特徴があり、戎橋の周辺は連日多くの人出があり、PRのための看板が発展したのではないでしょうか」と北辻氏は分析する。

昭和期に新技術として登場したネオンを、巨大広告塔として用いたグリコネオンは、大変な評判を呼んだ。
当時の道頓堀界隈は歌舞伎や文楽などの古典を大切にするだけでなく、ジャズやレビュー、漫才、ボードヴィルなど、最新のショーアップをいち早く取り入れ、エンターテインメントの全分野において先進的であった。さらにアメリカで流行すれば即取り上げるなど斬新なものを受け入れる風潮があり、新しいタイプの広告を出すにはうってつけの場所でもあったのだ。現在は取り外されてしまったが、かつて「くいだおれビル」を飾ったネオンサインも、ラスベガスを視察したときに、刺激を受けて作られたものだったとか。

かに道楽の看板や、くいだおれ太郎が生まれたのも戦後で、当時は屋外広告物の規制条例もなく、大阪人の面白がりな気質から、「隣より面白いものを作ろう」と張り合っていくうちに、どんどん看板が大きくなっていったようだ。

「道頓堀500」を起ち上げ、商店街のさらなる発展を

1960年代後半ごろから環境問題がクローズアップされるようになり、道頓堀川の水質浄化にも取り組まれるようになる。1979年に浄化用噴水エアレーションが設置されたり、2005年には水辺のプロムナードとして「とんぼりリバーウォーク(戎橋~太左衛門橋)」が開通したりするなど、水辺への関心も深まる。近年、道頓堀川そのものも、観光名所になりつつあり、夏になれば、リバーウォークで毎日のようにコンサートが開かれているし、川側に入口をつくり、オープンカフェをつくる店舗も多くなってきた。

しかし、良いことばかりではない。
近年、道頓堀は海外からの注目を浴びているが、日本人客は減少してきている。インバウンド観光客を見込んで出店している店は、観光客が減ればすぐ撤退する可能性もあり、観光客の動向によっては寂しいまちになってしまうかもしれない。そこで、完成から400年目を迎えた道頓堀の、今後100年を考える特別委員会「道頓堀500」を立ち上げて、取り組みを開始。商店街がいつまでもにぎわい続けるためにはどうすれば良いか、中長期的に考えているそうだ。

「道頓堀500」のコンセプトは、「ライブ・エンターテインメントのまち道頓堀」。「芝居のまち」として立て直したいと考えている。そのために、たとえば拠点となるノンバーバルミュージカル仕掛けの劇場をつくったうえで、旅行会社と連携協定を結び、ツアーを組んでもらう計画がある。ノンバーバルにするのは、外国人観光客にも理解しやすいように。レビューや歌舞伎など、道頓堀で昔から披露されてきた芸を現代的にアレンジし、プロジェクトマッピングの映像もからませながら、セリフがあるものは部分的に4カ国語に通訳して上演しようと考えている。さらに「くいだおれのまち」をPRすべく、「串カツ男爵」や、「たこやき之丞」などのキャラクターが登場するフード・ミュージカルも考案中とか。

また、修学旅行や卒業旅行の学生に、道頓堀の歴史やまちづくりのレクチャーを受けながら歩いてもらい、芝居を見てもらうツアーも企画。若いころに道頓堀の良い思い出を作ってもらい、大人になってからの再訪を促す、客を育てる取り組みなのだ。「食とエンターテインメントのまち」の視点から、単純な値引きや大盛サービスではなく、たとえばうどん屋でのうどん打ち体験など、それぞれの店の特長を活かせるクーポン券のアイデアもある。

「道頓堀はたこやきや串カツのまちという印象があるかもしれませんが、それだけではなく、かに道楽などの料亭やさまざまな割烹もあり、かつては家族で芝居を観て、ごちそうを食べる場所だったのです。そういうまちに戻ればいいなと思っています」と北辻氏。

もうすぐゴールデンウィークで道頓堀を訪れる人もいるだろう。
巨大看板を見るだけではなく、長い歴史を持つ道頓堀のエンターテインメントも楽しんでみてはいかがだろうか。

かに道楽の看板は、ハサミや脚も動くかに道楽の看板は、ハサミや脚も動く

2018年 03月31日 11時00分