節分の起源

追儺の鬼やらいを描いた絵画 『吉田神社追儺』 - 都年中行事画帖(1928年)追儺の鬼やらいを描いた絵画 『吉田神社追儺』 - 都年中行事画帖(1928年)

現代人にとっての節分は、「豆を撒いて鬼を追い払う日」であると同時に「恵方巻きを食べる日」かもしれない。恵方巻きはコンビニエンスストアなどのPRにより、近年になってから広まった感があるが、鬼を追い払う行事としての節分の歴史は古く、平安時代の宮中行事である「追儺(鬼やらい)」が起源とされている。
平安時代、追儺は12月の大晦日に開催されるもので、方相氏と呼ばれる鬼役が手下役の役人を引き連れて宮中をまわり、厄を払うものだった。方相氏とは鬼神のことで、金色に光る目を四つもち、朱色の衣装を着て盾と矛を持った、いかにも恐ろしい風貌をしている。当初はその姿をもって悪鬼を祓う善神だったが、9世紀ごろになると悪鬼と見なされるようになり、弓矢でもって追われるようになってしまった。鬼は疫病を象徴しており、鬼の姿をした疫病を弓矢で追い払うことで、病気の流行を封じ込めようとしたわけだ。

豆まきは、もともと中国明時代の風習だ。日本に伝わったのは室町時代で、年男が「鬼は外、福は内」と言いながら、炒った豆を撒く。
また、地方によっては節分を「年取りの日」と言って、この日に一つ年をとると考えていた。そのため、年の数だけ豆を食べるという風習が生まれたのだろう。

一年に四回ある節分

では節分とはいったいなんなのだろうか。暦の上での節分は農作業の目安となる「雑節」の一つで、立春や立夏、立秋、立冬の前日、つまり季節のはじめの日を指す。だから本来は、年に4度訪れるものだとわかるだろう。この日は季節の分け目に当たるため、古来厄除けなどのさまざまな行事が行われてきた。それではなぜ、春の節分だけが残ったのかというと、この日が一年の初めと考えられていたからだ。現代人にとって年の初めといえば新暦の1月1日だが、昔の人々にとっての年初めは、
・冬至
・旧暦の1月1日
・春の節分
の3通りあった。
冬至は太陽の力がもっとも弱まる日でありながら復活する日でもあるため、太陽の運行を重要視すれば、年初めとなる。また農作業に従事する人々にとっては春を一年の初めとするのが自然だから、春の節分を年初めとみなしてきた。そして暦上の年初めは1月1日だろう。ちなみに2016年の旧正月は2月8日だから、節分と大きな開きはない。
また、春の節分は大寒の最後の日にあたるため寒い日が多く、病気にかかりやすい季節でもあるため、厄除けの儀式が重要視された一面もある。今でも春の節分には、各地の神社やお寺などで節分会が開催されるから、参加してみるのも良いだろう。

節分のしつらえ

節分の日には煎り豆を用意するほか、ヒイラギとイワシの頭を玄関に飾る。
これは追儺とは関係なく既に平安時代に始まっていた風習で、ヒイラギのトゲが目に刺さって鬼が近寄れないようにする意味があるという。イワシの頭は、その臭気に驚いて鬼が逃げるからだとか。

また本来、ヒイラギと並んで節分に欠かせなかった植物は桃の枝だ。桃は厄除けの力があり、中国では不老不死の実であると考えられていた。日本にも中国の思想が輸入され、たとえば「なぜ死者の世界と生者の世界が隔てられているか」を説明する神話に、桃は厄除けの神として登場する。
日本最初の夫婦はイザナギとイザナミの二柱の神だが、イザナミは火の神を産んだやけどが元で命を落としてしまう。愛する妻の死を嘆き悲しんだイザナギが黄泉の国を訪ねると、イザナミは「黄泉の神様にお願いしてみますので、その間私の姿をみないでくださいね」と頼む。この約束を守ればなにも問題はなかったのだが、好奇心にかられたイザナギは炎をともして腐った妻の死体をみてしまい、恐れて逃げ出すのだ。イザナミは恥をかかされたことに怒り、黄泉の鬼たちを引き連れてイザナギを追いかけてきた。もう少しで追いつかれそうになったとき、イザナギが髪につけていた髪飾りを放り投げるとノブドウとなる。食い意地の張った鬼たちが夢中で食べているうちに逃げるが、また追いつかれそうになり、今度は櫛を投げるとタケノコになった。また鬼たちがわき目もふらず平らげているうちにイザナギは逃げるが、黄泉と現世の境目あたりでまたまた追いつかれる。そこでそこに生えていた桃の実を投げつけると、鬼たちは散り散りに逃げたという。ちなみにこの神話の中で桃は「意富加牟豆美(おおかむづみ)」と呼ばれ、神様として扱われている。この後イザナギは二つの世界の境目に大きな石を置き、自由に行き来できないようにしまったと書かれているから、桃は最大にして最終手段的な、厄除けの果実だとされているわけだ。

また、ヒイラギや桃の枝のほか、ニンニクやネギを吊るす地方もある。

節分の日には、炒り豆の他に、ヒイラギやイワシの頭を玄関に飾る。節分の日には、炒り豆の他に、ヒイラギやイワシの頭を玄関に飾る。

豆はなぜ炒るのか

節分で撒く豆は必ず炒られている節分で撒く豆は必ず炒られている

なぜ大豆を撒くのかについてはさまざまな説があるが、「魔を滅する」から「魔滅(まめ)」になったという説が一般的だろう。
またなぜ炒るのかというと、こんな昔話がある。昔人を食べる鬼がいて、困った人々は神様に泣きついた。そこで神様は「この豆から芽が出たら人間を食べて良いが、もし出ないうちに人間を食べたら罰を与えるぞ」と鬼に豆を渡したという。「たやすいこと」と、畑に豆を撒いた鬼だが、いくら待っても芽が出ない。なぜならその豆は炒ってあったからで、この後鬼が人を食べることはなくなったという。
そこで、節分で使う豆は必ず炒らねばならず、もし万が一撒いた豆から芽が出たら、鬼……すなわち病魔に襲われると考えたとのだ。

また、五行で見ると「金」にあたる鬼に、「水」にあたる豆では弱い。そこで「火」を入れることで鬼より強くするのだとする説もある。

また恵方巻きの起源は大阪の船場で、この日に海苔巻を食べる風習があったと伝えられる。節分の夜、その年の歳徳神が坐する「恵方」に向って太巻きを丸かぶりすると願い事が叶うというのだ。

節分は暦の上でも大切な日だし、豆まきは古い歴史を持つ。今年の節分は病気を追い払うつもりで豆まきをしてみてはいかがだろうか。

2016年 01月30日 11時00分