終活とは「自分が人生を終えるための準備活動」のこと

人間の寿命には限りがあっていつか必ず死ぬ。しかし、そのための準備をすることは、"縁起でもないし気も進まない"、"積極的に何かしなければならないのは一部のお金持ちだけ"という考え方は、いまや過去のものだ。
今では「終活」という言葉も一般化し、誰でも(もちろんお金持ちでなくても)自分の死後に禍根を残さないように準備することが大切で、必要なことでもあるという意識が確実に浸透し始めている。

まず思い浮かべるのは、コストを含めた自分の葬式のこと、入るお墓のこと、身の回りで使っている品の整理などだろうか。
残された家族のことを考えるのは当然の事として、家族同然のペットの預け先。また、蔵書や趣味で集めたコレクションなど、一概に価値が高いかどうか判断しにくいものをどのように処分もしくは継承するか考えなければならないこともあるだろう。家族や親しい友人に感謝の印として自分の使っていたものを託そうと考えることもあるだろう。

「終活」は「遺産相続」だけではなく、もっと幅広く自分の人生の最終盤に向けて何をしておくべきかをイメージする作業になるが、現在自分が保有している「資産」や「権利」をどのように処理・処分し、必要なものを次世代以降に継承するのかということが「終活」において大切となる。

「資産」と「権利」を将来に継承するための準備とは

当事者が明確にその意思を示すことが「終活」の目的当事者が明確にその意思を示すことが「終活」の目的

端的に言うと、「終活」とはお金や不動産、証券などの資産や、所有権、賃借権などの権利の相続や処分について具体的に予め取り決めをしておく、ということだ。しかし、これらが簡単に決まることは稀で、そこには現保有者である「終活」当事者の意向だけでなく、相続する側の都合などもあり、すんなりと資産や権利が処分・継承されることは、なかなかないといって良い。

巷には「相続を争続にしないために」といわれるが、資産および権利の処分もしくは継承についての無用のトラブルを避けるためにも、当事者が明確にその意思を示すことが「終活」の目的ということになる。

「終活」においてまず重要なポイントになるのが、現保有者の「終活」当事者の考えを、法定相続人である家族や親戚、利害関係のある友人・知人などに丁寧に説明することだ。
特に家族や親戚は客観的に認識・判断することが難しい場合もあり、感情的な齟齬や軋轢が発生することによって「終活」自体の阻害要因になる可能性もある。なので、努めて丁寧に誤解のないように、かつ冷静に話をすることが求められる。

また、「終活」当事者の意思を明らかにすることが目的だとしても、一方的に伝えるだけであれば反発を招く可能性が高まる。その意思を伝える際に何故そういった気持ちに至ったかについても丁寧に説明すること、また理解を求める姿勢が必要となる。

意思を明確にし、誤解が生まれないよう書面を揃える

例えば、現在居住する住宅は、妻や子供が「相続」することになるケースが多いと思うので、生前相続を実施するのかどうかも取り決めることになる。そんなこと言わなくても当然のことだと思っている人が圧倒的多数だとは思うが、所有者が不明の土地の活用に関する特別措置法が立法化されたのは、家族間での相続によって登記が長期間更新されなかったことの弊害であるから、家族間であっても「相続登記」は必要であるとの認識は持っておくべきだろう。

家族間での所有権移転であれば名義が故人のままでもあまり問題は生じないという理由で、相続登記は義務ではない(売買などによる所有権移転登記は義務化されている)。が、やはり法定相続人である家族全員の合意の結果として相続登記をしておきたい。

なお、2018年度の税制改正によって1代前の相続登記にかかる登録免許税を免税にする特例措置が創設された。これは
①個人が相続により土地を取得し、
②その相続登記を行う前に死亡した場合、
③2018年4月1日~2021年3月31日の間に亡くなった個人を名義人とするための登記申請を行った場合は登録免許税が免除される
ので覚えておきたい。

これは、例えば父から受け継いだ自宅および土地を相続登記せずに所有していた息子が死亡して孫が相続する場合は、息子の相続登記については登録免許税が免除されるということだ(孫の登記については免除されないことに留意)。

また、1次相続(この場合は父から息子への相続)が単独相続であれば登記を省略し、2次相続(この場合は息子から孫への相続)において直接所有権を移転させる(父から孫への相続)登記が可能になる(中間省略登記)。この場合は2次相続のみなので登録免許税は免除されないが、1次相続分は自動的に免除されることになるため、結果的には登録免許税の負担は1回となる。

いずれにせよ、相続に関する意思を示した書面を作成し、また関連する書類も揃えてトラブルにならないように必要な措置を講じるというスタンスを維持することが「終活」のポイントになる。

相続させずに売却する場合も基本的には同じ

人生を終えた後に残るものについての行く先をきちんと決めておきたい人生を終えた後に残るものについての行く先をきちんと決めておきたい

また、法定相続人に不動産の権利を継承しなければほとんどの場合売却することになる(不動産を隣地の個人へ寄付する場合は譲渡対象の不動産評価額が110万円以上になると相手方に税金が発生する場合があることに注意)。
その際には、不動産購入時の価額の証拠となる「売買契約書」および「領収書」、境界線の確認を行なった「地籍測量図」などを揃えておく必要がある。
また、実家など現在の居住地から遠い場所にある不動産については、家財道具一式を処分・処理することも必要になる。

「終活」とは人生を終えるための準備活動ではあるものの、人生を終えた後に残るものについて自分が生きているうちにきちんと決めておきたい。

不動産関連で必要な「終活」の準備のまとめ

以上、「終活」することの目的とその重要性について書いてきた。
では最後に、何を準備しておけば良いのかについてまとめてみよう。

1. 法定相続人を確認する
資産や権利を相続できる範囲は法律で定められているので、法定相続人が誰になるか、何人いるかを確認する。法定相続人以外に相続させたい人(遺贈)がいる場合は、遺言によって死後に突然公表するのではなく、生前に法定相続人の理解と認識を得ておくことが「争続」にしないためにも必要だ。また法定相続人は子供がいる場合といない場合では違うので、その確認も怠りなく。

2. 遺言を書いて権利を確定しておく
遺言がないと遺族は遺産分割協議を行うことになる。相続させる者の意思・意向がわからないと揉めごとの原因となるので、遺言を残すことによって誰に何を遺すか、相続させる者の意思を明確にする。

3. 相続税について調べ、相続税対策を立てておく
資産を現金で残した場合と土地・建物で残す場合では相続税率は異なる。また土地・建物を賃貸している場合はさらに異なる相続税率が適用される。相続税の仕組みを知ってどのように残せば遺族の負担が軽減するのか、また効率的に資産や権利を継承することができるのかについては、一定の知識が必要。個人ではなかなか難しいことでもあるため、相続に詳しい弁護士、公認会計士、金融機関などの相談窓口などを利用して専門家の意見を聞き、相続税の仕組みそのものについて知識を得て対策を立てておくことは「終活」においてとても重要なポイントになる。

4. 家族に自分の「終活」について伝え、話し合う
死後のことを口に出すのは、家族も決して笑顔で聞ける話ではない。しかし生前に率直に話し合っておくことで、相続はスムーズに行なうことが可能になる。心理的なハードルはあるが、大事なことだから話し合うという姿勢で家族と向き合うことが必要。

5. お墓の準備と葬式の計画を立てておく
不動産としては「終活」に直接関連しないものの(お墓および墓地は相続財産ではなく祭祀財産として承継者の順位が民法で定められている)、「終活」というと最初にイメージされるのがお墓と葬式のこと。お墓は決して安い買物ではないので、ない場合は生前に準備しておくことが遺族に負担を掛けなくて済む。自分の死後には預貯金口座が原則として凍結されるため(遺族がお金を引き出すことは出来るが手続きに時間がかかる)葬式の希望や費用についてはお墓同様に準備しておくことが望ましい。しかも遺族となる家族から事前に準備して欲しいとはなかなか言い出せないと思うので、自らの意思で用意しておくと良い。

6. その他「形見分け」など
相続は現金や不動産、権利だけではない。これも冒頭述べた通り趣味で集めていたコレクションや生前使用していた愛用品など、自分の思い入れがあるものを遺族や友人に贈ることも「終活」のひとつ。
これら一般に「形見分け」と言われる行為は厳密には相続ではないが、一定以上の価値があると判断されるものだと財産の処分となるため、相続の対象となる可能性があることを頭においておきたい。

「終活」では、不動産や証券・預金などの資産と考えがちだが、意向を明確にしておくべきものは何も不動産に限らない。実際に「終活」をしている人々の中には前向きで、「死」を意識して初めて考えること、見落としていたこと、これまで面倒に感じて手をつけていなかったことに向き合うことで、改めて人生を振り返るきっかけを得たと感じている人も多いようだ。

また、人生を振り返ることはこれからの人生を考えることでもあるから、「終活」とは実は今を生きるために必要なことだ。漫然と死への不安を感じるだけでなく、自分亡き後について周囲にポジティブな影響を残すために、今、何ができるのかを考えることこそ「終活」なのだ。

自分亡き後について周囲にポジティブな影響を残すために、今、何ができるのかを考えることこそ「終活」自分亡き後について周囲にポジティブな影響を残すために、今、何ができるのかを考えることこそ「終活」

2019年 02月26日 11時05分