工事が…遅れているけど大丈夫?

工期が遅れているけど大丈夫?工期が遅れているけど大丈夫?

2009年に「マンガはじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)という、自分の体験談+家づくり情報を盛り込んだ本を描きました。
私の実家を二世帯住宅にしたときの、家づくりの基本的な知識と、すったもんだの体験を面白おかしく描いたマンガ書籍です。
そこでこのコラムでは、今家づくりを考えているみなさんの役に立ったり立たなかったりする情報を、楽しくお伝えしていきたいと思います。

家の工事が着々と進んでいる。
平たく石が敷かれ、防湿シートというビニールが敷かれ、格子状の配筋が張られる。木枠がはめられ、中にコンクリートが流され、固まったらパカッと外すとべた基礎ができあがる。

コンクリートがすっかり乾いたら、次に1階部分の床張り。
縦型の窓のような大きさの木枠をつけていき、枠にぴったりの大きさの断熱材をはめこんでいく。分厚いスチロールのようなものだ。
その上にベニヤの板を打ち付けたら1階の床のできあがり。

ほんとうに着々なのだが、ここまで大工さんはたった一人。
(基礎工事は別会社なので床張りからの作業が一人)
なんだかどんどんスケジュールも遅れている気がする。

じゃがバタホームの営業さんM田君に確認すると
「はい…大工さんは3人、お願いできるはずだったんですが…」

なにぃ!?じゃあはよ、呼んでこんかい!(私の心の声)

「住宅ローンの承認が遅れたので、スケジュールが変わってしまい大工さんが確保できなくなったんです」

ええーーー!…。
→詳細は「【住宅展示場の歩き方⑱】住宅ローンの契約をする!でも審査結果が…!?」
でご覧ください。


「来月には来てもらえるように調整しています」
そうか。よかった来月には作業が進むかも。
と、ほっとしたのもつかの間、この年はアレの当たり年だったのだ。

屋根がない家に雨が降ったらどうなるか?

屋根がない家に雨が降ったらどうなるか?屋根がない家に雨が降ったらどうなるか?

じゃがバタホームはツーバイフォー工法。
ツーバイフォーは面で支える構造なので、耐震性能が高いと言われている。
もともとはカナダで生まれた工法で、1階の床、1階の壁、2階の床、2階の壁とつくっていき、
最後に屋根が上がる作り方だ。
それに比べ、昔からある日本の工法、「木造軸組み」は、最初から2階までの長い柱を建ててゆく。どんどんどんっと柱を建てたら、すぐ屋根をつくる。
この工法は雨の多い日本の家には適しているのだ。

そこでだ、ウチの家はツーバーフォー。季節は秋。
秋と言えば…さんま…じゃなくって台風だ!

天気予報をつけると
「今年は台風の当たり年です」なんて言ってる。
「大きな被害が予想される」「十分お気を付けください」なんて言ってる!

まだ屋根も上がっていないのに、ウチの家はどうなっちゃうんだろ??
どうか、台風さん、進路をそれておくれ!

という願いもむなしく、関東地方に台風直撃。
「勢力を保ちつつゆっくりと移動」
なんて意地の悪い台風なんだ!!
やっと過ぎたと思いきや、また新しい台風が生まれている。
次の週にもまた1コ、2コ。

そして、週末に現場に行くと、ひどい光景が…。

カビだらけの家になってしまう?

カビだらけの家になってしまう?カビだらけの家になってしまう?

「新築なのに…廃墟みたい…」

天井や壁や床には雨のシミができて汚れてしまった。
昨日の暴風雨のせいで床には水たまり。床板の端は水を吸ってめくれかけている。
基礎のコンクリートは雨水がたぷたぷに溜まり、水槽みたいになっていた。

「ここんとこ毎日、たまった雨水をすくって捨ててるのよ」
母は毎日現場に来ていた。水浸しの床を拭いたり、たまった雨水をバケツですくって捨てる作業を毎日してくれていた。大工さんや現場監督さんも一緒に作業をしてくれた。

「もっと屋根を早く上げてよ!」と母は現場監督さんに頼んだそうだが、工法が違うので無理な話なのだ。

床は歩くとふにゃっとする。さすがに悲しい気持ちになってきた。
こんなに水浸しになって、乾燥するのかな?
水分が乾かないまま工事をすすめたら、家じゅうカビだらけになるんじゃないの?
いつもはなにも言わない父親も
「あんな状態じゃ住める家じゃないぞ!」なんて怒ってる。
私に怒ってもどうにもならないよ。

そんな悲惨な状態の現場だったが、台風も去りしばらくしたら、ぬれた部分はすっかり乾いていた。シミはそのままになってしまったが、板が反ったり、ひどい部分はあたらしいものと取り替えてくれた。
「水分含有計」という機械で材木の水分を計り、きちんと乾いてから作業を進めています、とのことだった。

新築だけど、壁や床にはツギハギ…。まあ、でもそれもいいかな。
キチンとした仕事をしてくれているのは解ったし、毎日雨水の処理をしてくれていたことは、ほんとうにありがたかった。母も、現場のみなさんも。
こんなにすごい台風が来るなんて、まるで後で本やコラムのネタにしてくれって言われているような気もするし…。

ところで、ツーバイフォー工法ですが、現在はウチの時と少し状況が変わっているようです。
屋根を先に上げる、というのはさすがに無理ですが、雨の時にはブルーシートでぬれないように養生をしています。ツーバイフォーの材料は、もともと水に強いものを使っているそうで、濡れても乾燥しやすい工夫がされているのだそうです。
詳細は、施工会社さんに確認してくださいね。

2015年 03月16日 11時08分